ブログネタ
どんなエコをしていますか? に参加中!
わが社のタクシー車両も半数以上がアイドリングストップ機能付です。

会社から「燃料費高騰」と「環境」対策を兼ねてエコドライブ
厳命されています。

会社では、ドライブレコーダーのデータから、
乗務時間中のアイドリング時間数や急加速減速回数を
チェックし、管理・指導しています。

気候が丁度良い季節は兎も角、ここのところの真夏日続きでは
正直言って日中のアイストはシンドイですね。

炎天下の路上では、車内は一瞬で蒸し風呂です。

なので、お客様が乗ってきそうな場所ではアイストは出来ません。
勿論、お客様乗車時もアイストは出来ません。

でも、納金時にチェックがあるので、なるべくアイストします。

暑くて体力の消耗が激しいですね。

あと、信号待ちでアイストしていると、
エンジン再始動して走り出しますので、
ワンタイミング発進が遅くなります。

すると、横に並んでいたタクシーにかまされお客を取られる。

精神的にダメージが激しいですね。


タクシーのエコドライブは、
地球には優しいかも知れませんが、
ドライバーには厳しいですね。


私自身のデータで見ると、
アイスト車と普通車で1日(21時間)当り
アイドリング時間で3時間程度の差が有り、
燃費で10から20%の差が出ますね。