February 2006

February 27, 2006

トリノオリンピックも終わってしまいましたね

 二月も残すところ後二日。

 昨日の深夜にトリノオリンピックの閉会式があったようで、始まるに比べて『あぁ、終わったの?』ってくらいの感想ですね。
 フィギュアスケートはショートもフリーもエキジビジョンも見ることが出来て、満足でした。でも、エキジビジョンはもっと遊んで欲しかったかなぁ。僕の中で、長野の時のキャンデロロ選手の三銃士の印象が強くて、あーゆーのを期待してしまうんですよねぇ。
 あと、今回のオリンピックのエアリアルを見逃したのが残念!!予約したと思ったんだけどなぁ?おっかしいなぁ。
 日本のメダルが金一個で、マスコミの論調は随分不満気ですが、もっと違った見方が出来ないモノかと常々思います。

 まぁ、なにはともあれ、全世界の選手の皆さんお疲れ様でした。あと、一週間も楽しませて頂き、ありがとうございました。

 
 僕の病状報告ですが、最近は睡眠薬を使わないで寝れるようになりました。ってか、今貰ってる睡眠薬は使う気になりません。
 睡眠薬って、超短期、短期、中期みたく効果の継続時間で分けられているんですが、睡眠への導入力(この表現で合ってんのかな?)は変わらないんですよ。僕としては、時間を長くして欲しいワケじゃなく、導入力の強い薬が欲しかったんですが、やっぱ睡眠薬ですからねぇ。色々問題もあるんでしょうねぇ。
 でも、前回の短期の薬では睡眠の時間が短かくて、一応ワンランク上の中期型の薬にしてもらったんですが、コレを飲んでしまうと昼の頃まで効果が残っちゃうんですよ。効果がちょっと長すぎます。
 で、使わないでいたら何となく寝れる様になってきました。使わないで済むならソレに越したこたぁないので、そのままフツーに寝ています。良い感じ。


 今日は、岩井俊二の『リリィ・シュシュのすべて』って映画を午前中に見てしまった為、気分が落ちています。哀しくて、なんとも救いが無い映画なんだもんなぁー。
  
 映画を見ていられる様になって来たので、ちょっと挑戦して、土曜の夜に『THE有頂天ホテル』を劇場のレイトショーで観てきました。足は少し気になりましたが、ちゃんと映画にのめり込んで楽しむコトが出来ました。これまた良い感じです。

 地味に地味にですが、回復してる自分に少しだけ喜びを感じる今日この頃です。

know_the_base at 16:47|PermalinkComments(10)TrackBack(0) 療養生活 | 日記

2月20日 夜になる前に

No.3

夜になる前に

 1950年代。キューバ革命の時代に多感な10代を過ごした青年レオナルド・アイナス。実在した亡命作家の自叙伝的作品。
 彼は文章を書く才能を認められ。国立図書館に勤めながら文筆活動を行い、性の開放革命にも参加していた。
 1970年代。共産主義軍部による独裁政権が暴走を始め、文化活動や芸術家と呼ばれる人間は革命家と同じ扱いを受け、弾圧の対象になっていた。言論は統制を受け、自由な表現と精神は失われようとしていた。

 1980年 カストロ政権による突然の開放。思想の異なる人間の亡命の自由が気まぐれのごとく与えられる。

 このストーリーにはエンターテイメントも、クライマックスも無い。ただ、書くことでしか自分を表現出来ない男がもがき、もがき、人生の最後に自由の国・アメリカへたどり着くが、そこは彼の考えた楽園とは言えなかった。

 ユン・チアン著の『ワイルドスワン』を呼んだ時に中国の近代化への革命の流れや、文化大革命の凄惨さを市民の目線で感じるコトが出来た。今回のこの作品も、キューバ革命やカストロ独裁政権の統治下で1人の作家が見た世界を1人の市民としての視点で見るコトが出来る。
 文化への弾圧。言論統制。戦時下の日本でも行われた行為だが、その言葉の響き以上に危険で、人間性や文明・文化にとって致命的な意味を持つ。
 
 万人にとって面白い作品ではないですが、その映像の意味は深いと思います。

最終評価 B

人気ブログランキングランキングに参加してます。

know_the_base at 16:06|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 2006年に観た映画 | 映画 や行

February 25, 2006

延長戦の更に延長戦は何て言うんでしょう?PK戦?

 えー、先日からの予想通りっちゃあ通りなんですが、療養休暇が更に延長とあいなりました。
 期日は3月の末日まで。

 正直、こんなに長引くとは考えていませんでした。12月の中旬からなんで、丸々三ヶ月半もですよ。うーーむ。予定外だなぁ。
 でも、現実的に考えて『今すぐの状態で働けるか?』と言われれば『無理ですね。』って話ですし、気持ちだけ先走って周囲に迷惑をかけるダケなんで、申し訳有りませんが、もう少し時間を貰うことにしました。
 有り難い事に、職場の上司も急かすでもなく、万全で出て来いと言ってくれているので(ドコまで本気かは知りませんが・・・)その言葉に甘えさせてもらおうと思います。

 もう、こうなってしまった以上は三月末にはグダグダしたコトを抜かさず、バチッと働ける状態にもって行くしか有りません。
 自分的にも、これ以上の延長戦は有り得ません。

 足も回復傾向をシッカリしめしてくれているので、好感が持てます。もし、三月末にまで多少なり症状が残っても、あの忙しい日常に忙殺される様になれば、そんな症状は吹っ飛ぶコトでしょう。
 
 うし。頑張ります。 励みになるので、皆さん暇な時にはコメントして下さいね。

know_the_base at 09:28|PermalinkComments(9)TrackBack(0) 療養生活 | 日記

February 23, 2006

昨日の脱力から脱出(中)!!

 もー、今日はですねぇ。昨日のウヤウヤした気分と決別する為、朝からカラ元気だろうが関係無く、ヤル気全快モードです。

 洗濯? もう干したっつうの。
 掃除? フローリングフロアの履き出しから掃除機までかけたちゅうの。
 流し? ステンレスまでピカピカよぉ。
 
 さらーに。連続階段上り下り&中距離散歩のセルフリハビリもスデに終了。

 今日の今後の予定は、映画一本の鑑賞(DVD)と靴を履いての気合の買い物じゃぁーーー!!(レンタル屋と近所の店だけどね)


 ・・・・

 (いや・・。自分でも無茶してるなぁって思いまして・・・。なんかイタイタしいなぁと・・・。)

 
 いやいやいやいやぁ!! イタイタしくたって、何だって、昨日の精神状態に戻るよりはマシ!!(なハズ!)

 よぉーしやるぞぉー。今日はやったるぞぉー。明日の外来なんか気にしないぞぉぉぉーーー!!

know_the_base at 10:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 療養生活 | 日記

2月20日 トラフィック

No.2

トラフィック

 アメリカ・メキシコの抱える重要課題・麻薬。酒よりも簡単に手に入り、ティーンエイジャーのみならず、社会の隅々にまではびこる。そして、その密輸組織は両国上層部の髄にまで食い込む。
 その麻薬密輸組織の撲滅の為、メキシコ軍と合衆国麻薬捜査局はメスを入れるが、その病巣は想像以上に深い。
 ライバル組織の勢力を削ぐ為の密告。その情報に左右される末端の警察官達。そして、また抗争の犠牲となるのも結局は同じく末端の警官。麻薬組織の撲滅の為に仲間が死んでいくのに、自分達のやっていることが麻薬組織に利用されている違和感。

 そして捜査局の上層部には結局、麻薬組織の金が入り込み、トカゲの頭は生き延びる。その繰り返し。
 麻薬と戦うのを諦める人。家族の中毒に向き合う人。戦うことを辞めない人。どの人の答えも正解じゃなく、間違いじゃない。

 アメリカ・メキシコにある麻薬問題の根の深さをえぐる作品。
 そして、結局、麻薬に立ち向かうのは取り締まりや、暴力でなく家族や社会が無関心を装わず、向き合うしかない。社会が少しでも健全であるしかない。

 アメリカ・メキシコそれぞれの麻薬捜査の組織、手法についてもっと知識があればよりエキサイティングに見れるんだろうなぁ。
 ラストには凄いハッピーエンドじゃないけど、かすかな希望を見せてくれる。その希望の形がすごく自然で良かった。

最終評価 A−

人気ブログランキングランキングに参加してます。

know_the_base at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2006年に観た映画 | 映画 た行

February 22, 2006

いやー今日はイカン

 天気は良いし、別に何がっコトは全然無いんですが、今日はダメな日ですねぇ。

 いやぁーーーー。今日はヤル気がひとっっっつも起きない

 こんな気分の日は、足の痛みも三割マシの大サービスをくれるので、台所の洗いもんを片付ける気にさえならない。
 昨日は曇りだったのに何故か元気で、嫁の車のオイル交換やら、レンタル屋やらに行けたんですよ。それに、そう言う気分の日には足の痛みも『気合じゃあー』とか思って、靴を履いて強引に歩いていると、足も気合に負けるのか、案外平気に出歩けたり出来るモンなんですが・・・。

 今日はダメ。眠くも無いクセに昼まで布団でモジモジと足を揉みながら、どうしても起き上がる気になりませんでした。
 今さっき、学校帰りの子供の声が聞こえてきて、さすがにヤバイと思って起きてはみたものの・・・。足に走る血管の数が数えられそうなほどにビキビキと青筋立っちゃって、イテーのなんのって・・。こんなん久し振りだ。

 まぁ、原因は多少分かってはいるんですがね・・・。昨日調子に乗って、ちょっと失敗があったんです。いつもならもう少し上手いフォローとか出来る気がするんですが(自分を過大評価か?)、昨日はダメな人でしたねぇ。
 やっぱり、現在はちょっとメンタル面が弱めなんですかねぇ。メンタル面はモロに体調に影響してきます。

 こんな閉ざされた空間にいつまでも居たら、マジでダメな人間になる気がする。でも、あと10日間での復帰はかなり微妙・・・。進むことも引くことも出来ない心理状況に嵌りました。

 あーーーーーーもーーーーーー!!!! やんなる。超グチブログだ・・・。オチも無えし。
 
 今回の記事を読んだ皆様。うんざりさせて本当にスイマセン。これに懲りずにまたのお越しをお待ちしております。

 いつもなら、今日みたいのはアップしないんですが、こんな日もあったと後で自分で振り返るように残してみました。

  

know_the_base at 15:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 療養生活 | 日記

2月16日 うる星やつら 2 ビューティフルドリーマー

No.1

うる星やつら 2 ビューティフルドリーマー

 超借金スタートで始まった今年の映画100本。今年も押井守監督作品での開始となりました。

 高橋留美子原作で一世を風靡した『うる星やつら』の劇場版アニメ第2作。
 『攻殻機動隊』の押井守監督の名を世に出した作品と言われているらしく、観てみるコトに。

 ラムちゃんや諸星あたる・チェリー等の主要キャラクターは大体憶えていたんですが、細かい他のキャラクターは観て、思い出しながらの鑑賞だったんで、当時に有ったお約束での面白さは分かってないで観てると思われます。

 旅行前日や文化祭前夜って、実際の当日より楽しかったりしませんか?

 明日に文化祭を控えた友引高校。校内は学生達が連夜の様に泊り込み、文化祭の準備が急ピッチで進められていた。校内のほとんどの人間はココ数日、学外へ足を運んでいなかった。
 そんな中、一度家に帰るコトになった教師・オンセンは状況の違和感に気付き、霊能力者である保険医のサクラに自分の感じる違和感を説明する。

 『昨日も文化祭前日じゃありませんでしたか・・・?』
  
 永遠に終わらない文化祭前夜が続いている・・・?答えを探る為、サクラとオンセンは文化祭前夜の学校を閉鎖し、強制的に状況を変化させてみる。すると、友引町から出ない電車・バス。人の居なくなった町。無くなった橋・・・。世界は急に形を変え始める。
 世界は友引町とラム・あたると少しの友人を残して、滅んでしまったのか?しかし、諸星家には普通に電気・ガスが通り、近くには物の無くならないスーパーがある。この世界は一体?世界の正体をサクラが探り、行き着いた答えは・・?
 
 テーマは『胡蝶の夢』 
 夢が現実なのか、現実が夢なのか。今、目の前にある世界はラムの望んだ『みんなといつまでも仲良く、今のように過ごし続けたい』そのままの世界。ここはラムの夢の中なのか・・?ある意味で理想の生活。わざわざコレを壊す意味は・・?


 いやー、この作品自体を見るのは初めてなんでしょうケド(だって当時5歳だし)すごく懐かしい気分にさせてくれました。それに、流石は押井守作品。ただ個性の強いキャラクター達に振り回されること無く、難しいテーマを案外サラっと見せて、ラストまでストーリーに引き込んでくれます。
 このシリーズを知らない人には『なんだこりゃ』な作品ですが、知ってる方にはオススメです。

最終評価 A−

人気ブログランキングランキングに参加してます。

know_the_base at 14:51|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 2006年に観た映画 | 映画 あ行

February 20, 2006

やっと去年観た映画がアップし終わりました。

 いやぁー、もう2006年も二月の下旬ですよ。それで、やっと去年の映画のブログが書き終わりました。ちょっとホッとしますね。

 少しづつですが足の調子も回復傾向(何回も言ってますねコレ)にあって、一応、映画を1本座って観て居られる様になってきました。座って居られる様になったおかげでブログも書く気になるんです。

 で、始めましたよ今年の映画100本。でも・・・現在はまだ2本・・・。

 年間で100本の映画を観るには、月平均8〜9本ペースが必須なんですが、二月二十日現在で2本って・・・。スデに大借金スタートですよ。どうしますコレ? 


 ・・・・・・・。


 いや、結果も重要ですが、ソコに向う過程も重要ですよね。そうですよね。そう思いません?

 ですよね〜〜〜〜。過程が重要ですよね〜〜。

 最近は『ミュンヘン』と『有頂天ホテル』が観たいです。あと劇場で観ないと意味が無さそうなんで『サイレン』とか?
 あーそうそう。友人の強烈なプッシュがあったのでDVDレンタルが始まった『妖怪大戦争』も観る予定です。ダウンタウンの松っちゃん激似の『のぞき坊主』楽しみだなぁー。

 ブログの文章上だと元気そうに見せてますが、二月下旬でやっと座って居られる様になったって・・・あれ?
 んんっ? 僕は三月から復帰なんじゃないですか? あれれ? 何かおかしくないですか?
 
 まぁ、その辺は今週の金曜日の主治医と要相談ってコトでお願いします。
 はぁーあ、コノ足の痛みでこんなに療養が長引くとは・・・。本気で予想外だったなぁ。

know_the_base at 09:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 療養生活 | 日記

12月17日 g@me

No.95
g@me

 2005年。入院中に観始めた映画だったったんですが、持ち込んだノートとの相性が悪く、完全に観終わったのは退院後(年越し)でした。
 この作品が2005最後の映画にすべきか、2006年の1本目にすべきか悩んだんですが、一応2005年の最後ってコトにしました。

結果、2005年は95本で終了だったコトになりますね。


仲間由紀恵・藤木直人 出演

イベント企画を次々に成功させ、エリート街道をひた走る男・佐久間(藤木直人)。
巨大なプロジェクトを運営していた彼の企画が突然、スポンサーサイドの一方的な通告によって破棄される。
スポンサーサイドの突然の方向転換はヤリ手の副社長・葛城(宇崎竜堂)の就任によるものだった。
葛城によって完全な敗北感を与えられた佐久間は、偶然に葛城の娘・樹理(仲間由紀恵)の家出に鉢合わせる。

樹理に接触する佐久間。

樹理は葛城の後妻の娘で、家庭の中では非常にツライ立場にいた。
家には戻らないと主張する樹理と葛城に恨みを持つ佐久間。
二人の共通の敵は同じ。

二人は狂言誘拐を計画し、人生を賭けたゲームを始める・・・。


二転三転するスリリングな展開。
次々に覆っていく事実。

誰が真の勝利者なのか?
最後までしっかりと魅せる内容は流石。演技陣も十分にストーリーに応える。


なーんてね。

いやーー、コノ映画は仲間由紀恵に尽きますよ。
上の評価も本当ですよ。
最後までシッカリ観れるサスペンスなのは本当です。

でもねー。

この映画の真価は仲間由紀恵のコスプレオンパレードですよ(筆者の個人的変態評価)。
男物ワイシャツ一枚の仲間由紀恵。
スーツメガネで髪をアップにした仲間由紀恵、等ナドなど・・・。

いやぁーコレは耐えられません。普通の評価じゃなくてゴメンナサイ。

でも、コレ抜きにしても十分観れるサスペンスです。
本当です。
信じて下さい。

でも、仲間由紀江は、功名が辻も和服姿がイイですよねぇ。

最終評価 A−

人気ブログランキングランキングに参加してます。

know_the_base at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 か行 | 2005年に観た映画

February 16, 2006

今日は天気が悪い (怒)

 最近、調子が良いなぁ〜。このまま治っちゃうのかなぁ〜。

 ナドと調子に乗っておりました。

 駄目です。天気が悪いと駄目です。駄目なんですよ。なんでなんでしょ?はぁ〜〜。



 P.S

 うじこさんへ。

 嫁は元気です。本人がそう伝えてくれと言っていました。

 コレは僕からなんですが。 『ナゼに僕を中継する?』

know_the_base at 14:46|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 療養生活 | 日記

12月14日 プラトニックセックス

No.94
プラトニックセックス

飯島愛の自叙伝的作品として話題を集めた『プラトニック・セックス』の映画化作品。

17歳。
目的を無く街を彷徨う少女・アオイ。
彼女は男にマワされ身も心も傷つく彼女は、世間体を気にする親からまで見離され、自殺を図る。

ビルの屋上で飛び降りようとする瞬間・・・彼女の携帯に間違いメールが入る。

間違いメールの言葉にかすかな温かみを感じ、自殺を思いとどまったアオイ。
だが、行くあては無く、再び自分を傷つけた街を彷徨うようになる。

街を彷徨う中で援助交際をし、自分の価値を失って行くアオイ。
スカウトの目に留まったアオイは年齢を偽って、キャバクラへ勤めるようになる。

部屋を借り、なんとか生活を始めるアオイだが、異常なまでの物欲をとめるコトが出来ず、借金を重ねていく。
彼女の返済能力を超えた時、1本100万円でのAV出演話が舞い込む。

5本契約で500万円・・・。
そして彼女は自分を売った。

AV出演契約が結ばれ、1本目の作品に出演してしまった後、自殺を思いとどめさせてくれたトシと出会ってしまう。
互いの傷を少しずつ癒しあう2人。
やっと自分の価値を見つけられそうになるアオイ・・。

しかし、無常にもAVの仕事は次々と進んでしまう。


主役とその他モロモロの役者の演技がヘタすぎませんか? 

恋人役のトシにオダギリ・ジョーと、正体不明の慈善家の阿部寛が流石の演技を魅せるので、一応作品として観れるかなぁ。

内容は悪くはナイですが、なんだかありがち浜崎あゆみ的(偏見)と言うか、共感出来る部分が少ない。
とにかく僕にはイマイチでした。共感が得られる人には良いのかもね。


最終評価 B−

人気ブログランキングランキングに参加してます。

know_the_base at 14:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 2005年に観た映画 | 映画 は行

February 15, 2006

昨日、職場に行ってみました。

 昨日、療養休暇が12月14日から始まって、約二ヶ月振りに職場へ足を運びました。

 以前の記事で、車の運転が怖いって話をしましたが、最近徐々に慣らしてきてまして、完全ってワケじゃないですが感覚は大体戻ってきたようです。

 ウチの職場は自宅から50キロ程ありまして、車で往復3時間〜3時間半位かかるトコにあるんです(なんでそんな遠くに通ってるかはまぁ、置いといて下さい)が、なんと自分で運転して行く事が出来ました。

 昨日は本当に理由も無く(あえて言うなら天気かなぁ)職場にフラッと訪問してしまいました。実際、最初は職場に行く気なんかサラサラ無かったんですよ。

 僕の足は最悪の状態は一応抜け、痛いコトは痛いんですが、階段の上り下りをしたり、長時間歩いたりする位は出来る様になっているんです。そのリハビリの一環で車の運転も少しずつ慣らしていたんです。
 ただ、調子が良くなったとは言え、靴や靴下の様な足を締め付ける系の履物は駄目で、外に出る時は基本サンダル履きなんです(今は二月です)。

 で、昨日は天気が非常に良く、三月下旬の陽気。こりゃあ気持ちが良いゾ。サンダルだって平気ダゾ!と思って、床屋に行くコトに決定。家を出る時は、本当に床屋に行ったら帰るつもりで、洗濯機なぞ回してから床屋に行きました。
 んで、髪を切って、サッパリしちゃって、ムースなんか付けられちゃって気分が良くなってしまった僕は、ただ家に帰るのが惜しくなってしまったんですねぇ。お調子モンですねぇ。 

 そして、『行けるかなぁー・・?』なんて思って、目標は職場ってコトにしてドライブに行くコトにしました。疲れたり、眠くなったり、足が痛くなったらその場で終了。即、帰宅ってルールで走り出してみたんです。

 したら、途中一回休憩は挟みましたが、着いちゃった。

 やっぱ、目標の再確認って言うか、何て言うか、行って良かったですよ。変わらない同僚達の顔を見て、いつも通りに軽口なんか叩かれていると、なんとも表現出来ないんですが良いんですよねぇ。 

 あんまり調子に乗って、帰れなくなっても困るので程々にして帰ってしまったのですが、気分的には業務の終わりまで居たい気分でした。(実際、そんなんが居たら邪魔でしょうねぇ)働いている時は一刻も早く帰りたがっていたクセにね。

 帰りは無事に着いたんですが、流石に疲れてしまいました。現実的な復帰にはまだまだ体力が足りないなぁ。

know_the_base at 15:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 療養生活 | 日記

12月 6日 オーシャンズ12

No.93
オーシャンズ12

金庫破り、スリ、詐欺師、軽業師・・・その他、犯罪のスペシャリスト達をオーシャンと言う男がまとめ上げた犯罪チーム・オーシャンズ。
ラスベガスの巨大カジノの地下金庫から1億6000万ドルを奪い、それぞれの生活に戻って数年の月日が経っていた。

カジノの支配人ベラージオ(アンディ・ガルシア)は、保険金がおりて実質的な損失は出なかったものの、潰された面子の恨みは忘れていなかった。
ベラージオはある情報からオーシャンとその仲間達の居場所を突き止め、彼らに1億6000万ドルの返却を迫る。

全員の金を足しても1億近く足らない。
もし、条件を満たせず、返却が出来なければ彼らに待っているのは確実な死。

オーシャンズが二再び集結し、大きな計画が動き出す・・・。


ジョージ・クルーニー。マット・デイモン。ブラッド・ピット。ジュリア・ロバーツ。アンディ・ガルシア。など等の超豪華キャストで話題をさらった『オーシャンズ11』の続編。
僕は第1作が結構好き。
画面の構成も音楽も格好良く、最後までサッと観ることが出来る良作でした。で・・・。

いわゆる2ってやつですよ。2。

『今度は12人だ!!』って言われてもねぇ。
実際、第1作を気に入っている作品ほど2は見たくないモノで・・・、しばらく観てませんでした。

結局は公開から随分時間が経ってから、趣味の合う後輩が『ソコまで酷くないっすよ。』と薦めてくれたので観たんですよね。

で、感想です。

超豪華メンバーはそのままにセンスとスピードのある映像と音楽もそのまま。
ゴメンナサイ。普通に楽しめました。

ただ、ちょっと要素が増えてしまったので、ひとつ1つの盛り上がりが、こじんまり。
導入から一気に駆け上がるクライマックスって感じが無く、盛り上がりが今1つかなぁ。

最終評価 B+

人気ブログランキングランキングに参加してます。

know_the_base at 15:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2005年に観た映画 | 映画 あ行

February 13, 2006

やっぱりトリノオリンピック助かるなぁ

 トリノオリンピックが始まったお陰で、深夜の暇つぶしに困りません。

 それに、昼にやるダイジェストだと日本選手の演技ばかりが編集されてしまってますが、ライブで見る分には外国選手のスゲー演技をドンドン観れるので楽しいんですよねぇ。
 開会式なんて全部見ちゃいましたよ。選手入場の後にあったイタリアの歴史を振り返る舞台演劇的な部分とか、演出にはちょっとやり過ぎ感は否めませんでしたが、全体としては非常に面白かったデス。
 各国の入場衣装を見比べるのも面白く、日本の衣装も恥ずかしくない程度でヨカッタ良かった。アテネの時の花柄は見てて、イタイタしすぎて見てられませんでしたからなぁ。

 また最後に全然違う話。

 本気で映画100本を目指す場合、ソロソロ本気で見始まらないとイケマセン。あと、去年観た映画のブログさえ書き切れていない現状は良くない。このままじゃタイトルの意味が不明になってしまう。

 う〜〜〜ん。地味に足が痛くて集中出来ないんで、明日からね。明日。

know_the_base at 14:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 療養生活 | 日記

February 10, 2006

今晩からトリノオリンピックが開催ですね

 四年に一度の冬の祭典。冬季オリンピックが今夜開幕しますね。

 イタリアはトリノと日本の時差は8時間。
 今日の開会式も早朝の4時頃からのスタートのようです。

 世の正常な社会生活を送ってらっしゃる方々にとっては、不眠の続く時期の始まりなのかもしれませんが、こんな生活の僕にとっては都合の良い限りです。
 不眠で苦しんだとしても、TVをつければオリンピック中継が見れる。今までは、NHKの流す風光明媚な風景とクラシックに催眠効果を期待するか、やたらアメリカンな筋トレマシーンを眺めるかしか無かったのですが、今晩からは不眠も多少は楽しめ?そうです。

 最近のオリンピックとかは見てて良いですよね。あんまり日本ニホンしてなくて。選手も自分の良いプレーを見てもらえればって感じで、昔のオリンピックとかの国際戦モノに感じたナショナリズム感が随分少なくなったと思います。
 『日本の威信を背負って・・・』とかは僕はダメなんで。日本の選手がメダルを取るのは素晴らしいコトだと思いますが、それぞれの選手の努力の上に有るものであって、別に日本が幾つとかって関係ナイでしょ?と思ってしまうんですよねぇ。
 他の国の選手であっても、素晴らしいプレーがあれば称えられるべきだしね。

 生で中継が見れるってのは、他の国の選手の演技もノーカットで見れるワケなんで、僕にとっては楽しみな限りです。
 僕は競技を観るのは好きなのですが、日本大好きなナレーションが嫌いです。なので、オリンピックとかを観る時は極力ナレーションの少ない局を選びます。選択肢が無くてしょうがない時とかには消音とかにしちゃうもんね。
 
 
 全然関係のナイ話。

 今日。初めて声優の変わったドラえもんを最初から最後まで観ました。で、感想。

 声の違和感はともかく、キャラさえも変わってません?

know_the_base at 20:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 療養生活 | 日記

February 07, 2006

寝れない時に寝る方法。 (31日目)

 昨日の記事に『あね』さんより

>眠りたいときに羊を数えるのは日本語人には意味ないんだって。英語圏の人はスリープとシープの発音が似てるから羊を数えると眠くなるらしい。だから、日本語人は合歓木(ねむのき)を数えるといいんだってさ。ピンクのふわふわの花が咲く木です。いかがかな?

 とコメントを頂きました。んで

 『合歓の木』ってどんな木?って思いまして、調べてみました。そしたら自分の良く知ってる木でした。昔、造成したサラ地にチョコチョコ生えていた木だよね?コレ。2〜3メータ位の背で、シダ?みたいな葉っぱの木だったと思います。

 自分の頭の中の広大なサラ地に、ズボズボと合歓の木が生えてくるイメージを思い浮かべ、それって寝れるの?とまず考えました。サスガにそれはオカシイので、車の車窓から街路樹の様な『合歓の木』をカウントするのか?ナドナド考えていました。

 そこで、母にこの話をした所。『そう言うのは、イメージなんか浮かべずに言葉だけでやるのよ。』と言われ、目からウロコでした。

 皆さんは羊や合歓の木を数える時って、映像イメージを付けてないんですか?

 しかも、この記事を書いている途中でコメントをもらった『がわら』さんも映像イメージを付けないとのコト。

 映像・・・いらないんだ・・・。へぇ〜〜〜。


オマケ>
『退院後自宅療養 26日目』のコメントシリーズに参加してくれる方を募集しております。皆さんの心の中の最強パターンをお待ちしております。

know_the_base at 17:14|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 療養生活 | 日記

February 06, 2006

もう何日目だか良くわかんなくなってきました。(30日目)

 いやー薬のせいにして暫くサボっておりました。

 どうやら最近、徐々にですが調子が上向いてきました。痛くないか?と聞かれればイテーんですが、少しずつ痛みの状態と言いますか、程度が変わって来ているのを感じます。ただ、その変化の周期が1週間単位だったりするんで、回復速度は地味なんですけどね。まぁ、とりあえずはこのままのペースで回復してってくれれば、二月の末頃には結構イイ感じになっているんじゃないかなぁ。

 実際、仕事してた時って、多少の体調不良位だったら職場に出てしまえば忘れてしまうコトとかも良くあったし、ちょっと今までは『万全な状態で!!』ってのにこだわり過ぎた面もあるかもしれません。術前の体に完全に戻るコトはありえないんだから、ある程度適当なトコで手を打つしか無いんですよねぇ。コノ痺れが完全に無くなるのを家で悶々と待っていたら一年経っても駄目な気がしますしね。

 でも、アレですよ。無茶するってのとは違いますからね。現状の痛みのまま職場に出るって言う様な話じゃないですからね。

 
 この間、寝るための方法ってコメントを貰いました。『眠らないぞ!』と思うってのは実際イイですよ。人が来る予定の三十分前とかメチャメチャ眠いですもの。
 で、寝ちゃイケナイ環境を自分で演出しようと思って考えたのが、横になって微妙な映画を観る。コレでしょ。
 金曜ロードショーとかって最後まで見たコトあんまり無くないですか?TVで吹き替え、CM有りだと、どんな名画も微妙な感じになっちゃうでしょ?でも、一応観だしたら最後まで観たい! だから途中で寝てしまう。コレだ! 
 この間のナウシカもアスベルが襲ってきて『なんちゅうモロい船じゃ』辺りで意識が飛んでました。(わかります?)

 あと、皆さんは羊を数えて寝る時の羊ってどうしてます? 僕は右から羊が現れて、柵を跳び越して行くんですが、飛び越したアトの羊が画面の奥のほうに並んでしまうんですよねぇ。だから三十頭も数えると画面が羊で一杯になって、ソコで終了になってしまうんです。本来なら、羊は柵を飛び終えたら、左に抜けて行くだけなんでしょうか?

know_the_base at 17:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 療養生活 | 日記

February 02, 2006

退院後自宅療養 26日目 

 今日は午前中は天気が良かったので、イロイロとヤル気が出て、掃除やら洗濯やらチョコチョコやっていられたんですが、午後は天気が悪くなってきてしまったぁ。むむ、残念。

 こうやって、完全に天気に気分やら体調やらを左右されてしまっている自分は、もしかしたら本気でウツ病になりかかっているんじゃないかと、自分自身が不安になる今日この頃。

 今日はどうしても郵便局に行きたい用事があって、久し振りに車を運転してしまいました。車の運転なんて何時以来でしょう?軽く一ヶ月半振り位だと思うんですが、いやー怖かった。療養に入る前までは手足の様に感じていた愛車がまるで別物。筋力の低下や薬の副作用が有るにしたって、あの違和感は一体・・・?。車の運転って、自転車の運転と同じで、一度覚えたら多少期間が開いたって忘れるってコトも無いと思うんですが・・?

 日常生活を取り戻す為のカベをまた1つ発見してしまった気分です。

 なんだか、最近ブログのネタも1日家に居るばかりなので、病状やら、天気やら自分で読んでてもコノ内容はいかがなモノかと思いますが、飾り気の無い実情なのでしょうがない。

 なんだか、自分が出来るコトが術前より随分と減っているみたいなんで、回復後には、カメハメ波でも出せる様になってないとワリに合わない気がするなぁ。 

know_the_base at 15:38|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 療養生活 | 日記