April 2007

April 30, 2007

BABEL

4/28封切りの映画『BABEL』を公開初日に見てきました。

バベル

カンヌ国際映画祭の最優秀監督賞を受賞し、アカデミー賞では日本人女優・菊池凛子さんの助演女優賞ノミネートで話題となった作品。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神よ、これが天罰か。
言葉が通じない。心も伝わらない。想いはどこにも届かない。
かつて神の怒りに触れ、言葉を分かたれた人間たち。
我々バベルの末裔は、永遠に分かり合う事が出来ないのか?
モロッコの片隅で偶然放たれた一発の銃弾がアメリカ、メキシコ、日本の孤独な魂をつなぎ合わせてゆく。
耳をすませば聞こえてくるはずだ。初めて世界に響く、魂の声が。
2007年、世界はまだ変えられる。

about the movie BABEL −パンフレットより−

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんな話なのか情報が少なく、でも、興味をそそられるタイトルとキャスティング。更に、アカデミー賞絡みで話題となり、ずっとどんな作品か想像してて、期待値がモノ凄く上がってしまっていました。
それもあまり良くなかったのでしょうが、ちょっと『うーーん。』って感じでした。
まぁ、アカデミー賞ね。
確かにアカデミックではあるかも。って感じ?

四つの全く立場も居る場所も違う人間が、たった1発の銃弾が起こした波紋にある人は大きく、ある人は小さく揺られる。その様子をそれぞれを断片的に追い、時間軸をズラし、繋ぎ合せていく。
基本的には淡々と紡がれていくストーリィ。
何も都合の良いコトの起こらない展開に現実味と、現実の持つ残酷さ、切なさ、でも、少しの安心をおぼえる。

やりたいこと、やらんとすることは分かるし、出演の役者さんたちの演技も凄い。
でも、ちょっと難解かなぁ。
最後まで見させる力はあるし、見て損したとは思わないけど、期待値を越えるか?と言われると微妙。
まぁ、アカデミー賞絡みの作品を見た後に、まま陥り易い状況ですね。期待値が高くなりすぎてしまって、悪い作品じゃないのにイマイチ感を感じてしまう。

結局、チエコの最後のメモには何て書いてあったのかなぁ?


最終評価 B


って、まだ2006年に見た映画100本のアップも済んでないのに、映画のコト書いちゃった。
『どろろ』も『それでもボクはやってない』も我慢したのになぁ。
いや、だって公開初日に見たんですよ・・・。書きたくもなりますよ。


know_the_base at 07:03|PermalinkComments(9)TrackBack(1) 2007年に観た映画 | 映画 は行

April 27, 2007

ラッシュ期ピーク

今日、大学時代の後輩から結婚式の招待状が届いた。

ココ数年で「結婚」する知人が増えてきたなぁ・・とは思っていましたが、今年はピークを迎えています。確実です。

んもう、すんごいピークです。

えーーー、どの位ピークかと言いますと、確定しているだけで↓の様な予定です。

5月は1組。出席は嫁様のみ。開催地・青森。
6月に1組。僕と嫁様出席。今回招待状が来たのはココ。開催地・福島。
10月に2組。1組は僕と嫁様出席。開催地・新潟。もう1組は多分、僕だけ出席。開催地・沖縄。

あと2組は年内に開催予定で、時期はまだ未定。

ね? ラッシュでしょ?

スゴイなぁ。年間で6組かぁ。しかも4月段階で分かっているだけで。

結婚される皆様。
それぞれの式を楽しみにしているので、楽しんで、祝って、盛り上がりましょう。
こんな嬉しい祝い事なら、どこであっても駆けつけますよ。

know_the_base at 20:34|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

April 25, 2007

睡眠時間

僕の平均睡眠時間は約6時間。
23:00に寝始めると、目覚ましなんか掛けなくても勝手に5:00に目が覚める。
そして、基本的に快眠。
眠くて眠くて寝てしまうってコトはあっても、寝ようと思って寝れないって経験は無い。寝ようと思えば、いつでもドコでも寝れる。枕なぞ選んだコトも無い。
そして勝手に6時間で目が覚める。

まぁ、そうは言っても当然、睡眠時間に関しては体・精神の疲労度によってもズレは生じてきます。なんで、時々ですが長く寝たりする日も有ります。

で、何で急にこんな話かと言いますと、この体内時計で困っているからなんです。

御存知かと思いますが、僕は最近、転勤をしました。
新しい環境に入り、流石に僕もちょっとは気を使い、そりゃあ僕だって疲れる。
で、疲れているので、早く寝る。(始めは22:00位)
6時間で目が覚める。(22:00ってコトは4;00)
早くから起きていて、疲れるので、より早く寝る。(21:00位)
また目が覚める。(3:00位)

なんだコノ生活時間??
まぁ、多少オーバに書きましたが、おおむねこんな感じ。

こんな時間に目が覚められてもさぁ。
どうしろって言うのよ。


know_the_base at 05:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

April 22, 2007

あぁ、遂に着手

映像資源
ここ数年で溜まったディスクの山。

もう、どのディスクがドコにあるんだか・・・。
でも、あまりの面倒臭さに見て見ぬフリを決め込んで来たのですが、今日、遂に着手しました!!
偉い自分!! 凄いぞ自分!!
ふぅー。

はい。
じゃあ、まずジャンル分け。
映画、音楽、アニメ、お笑い、その他。

で、映画を五十音分け。
あかさたなはまやらわ。

で、あ行を分ける。
あいうえお。
「あ」のディスクを片付け、今後増えるコトも予測して、3つ程空きを作り「い」を入れる。以下同様。


黙々と作業。

黙々と作業。


で、結果、予想通りの展開。
入れるケースが足りなくなってしまいました。
まぁ、そりゃあそうですよ。だって、さっきまでギリギリ一杯一杯だったのに余裕を持たせて整理してるんですから。

整理中

じゃあ、ケースを買ってくるまでは途中のコノ「床に平積み」状態で保留ってコトで。

まぁ、仕方ないですよね。そう、仕方ないんですよ。だってケースが無いんですから。そうそう、物理的にコレ以上は無理。あー仕方ない。

えっ??
コレは散らかしたんじゃないですよ。片付け中で保留にしてるだけなんですよ。本当ですよ。

さてと・・・。逃げますか・・・・。


know_the_base at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

April 15, 2007

レオナルド・ダ・ヴィンチ ー天才の実像ー に行きました。

ダヴィンチ 近景


今日は、東京国立博物館で開催されている展覧会『レオナルド・ダ・ヴィンチ −天才の実像ー』を見るために上野まで行ってきました。

ダヴィンチ 遠景

今回の展覧会の目玉は、日本初公開となるフィレンツェ・ウフィツィ美術館の至宝『受胎告知』

受胎告知

イエスの懐妊を告げる天使・ガブリエルと、それを受け止める乙女・マリア。
地面の花、服の布、聖書の文字など、細部までを正確に描ききる確かな技量と、後の『モナ・リザ』や『最後の晩餐』に続く実験的な挑戦を感じさせるダ・ヴィンチの実質的なデビュー作。
もの凄く並んで、そのクセ人混みになっちゃって全然見れないものかと思っていましたが、案外に並ばずに(30分位?)展示室に入れ、展示室の中では少しずつ進みながらではありましたが思いのほか、ゆっくりと見る事が出来ました。

実際にダ・ヴィンチの作品と言えるモノは「受胎告知」と「少年キリスト像」だけで、あとは複製画やレプリカ、掲示物や映像でしたが、企画展として充分に満足のいく内容。

受胎告知の本物を見てから、展示室の方にある、原寸大のデジタル複製画を見て『コレは明らかに本物とは違うね。』などと、にわか鑑定士気分を満喫してました。
いや、やっぱり奥行きと言うか、立体感と言うか、レプリカはなーんかショボく見えるんですよ。まぁ、本物は『本物!!』って思って見るからだと思いますけど、質感と言うか、見る側を圧するプレッシャを持ってるんです。で、それを感じるんです。 いや、本当ですよ。

最後にミュージアムショップで「ウィトルウィウス的人体」(何か円の中で男の人が手足を広げた有名な絵↓の写真のヤツね)の携帯ストラップなぞを買い、会場を後にしました。

ウィトルウィウス的人体

あー、楽しかった。満足満足。



know_the_base at 20:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 | 旅行記

April 14, 2007

帰ってきた時効警察

時効警察

総武警察署の時効管理課に所属する霧山修一朗(オダギリ ジョー)は、ある日突然、自分が無趣味であることに気づき、がく然! ふとしたきっかけから、“時効になった事件を調べて真相を突き止める”ことを趣味にしようと思いつく。彼に思いを寄せる交通課の婦人警官・三日月しずか(麻生久美子)と共に、“あくまで趣味で”謎に迫るコメディーミステリー。

脚本・ 監督は三木聡、岩松了、園子温、ケラリーノ・サンドロヴィッチら、映画界・演劇界の奇才たちが名を連ね、オダギリとのコラボレーションで、TVでは見た事のない独自の世界に、何となくやみつきになってしまう。斬新な発想とミステリー、随所に散りばめられた小ネタに注目のドラマ。
「単なる趣味ですが、自白してください。」 霧山は、数々の事件の謎を解き、時効を迎えた犯人たちに「誰にも言いませんよ」カードを進呈するのだ。

↑この内容は「テレビ朝日 番組紹介」より。


コレがねぇ。好きだったんですよ。
独特のユルイ空気感と、オダギリの間抜けなのに格好良いトコと、麻生さんの可愛さ、とにかく凄く良かったんです。僕のツボ。
2006の3月に放送されていたので、療養中で動けない僕の密かな楽しみでした。

で、昨日の夜から、その続編が始まりました!!
皆さん、金曜の夜11:15から。テレ朝ですよ。

とりあえず毎週録画するようにセットしちゃいました。

オダギリジョーはホント格好良いなぁ。霧島君でも、ゲイでも、ケツ丸出しでも、カードを切れない優柔不断でも、勃起持続症でも格好良い。
ボカァ、あんたを仮面ライダークウガの時から見てますよ。ファンですよ。

久し振りに毎週の楽しみになるドラマです。

三日月君の恋は実るのかなぁ。どーかなぁ。楽しみ楽しみ。


know_the_base at 19:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

April 12, 2007

ACCESSを勉強

転勤しました。

新天地での勤務をして5日目が終了。
まだ、分からないコトは多いですが、とりあえず何とかなりそうです。
どうせやる事は医療事務。日本全国、保険証は大して変わらんし、書類だって何だって、まぁ、見慣れたモノ。
その場所でのやり方さえ分かれば何と言う事は無し。って感じですかね?

あんまし調子に乗ってると仕事を増やされそうで怖いのですが、まぁ、大丈夫だと思います。

今はとにかく、僕を鍛えてくれた前の環境に感謝。


で、まぁ、まだ今の職場で僕のブログは内緒なので、少しだけグチを・・・。

あのー。はい。言いづらいのですが、残念ながら今の職場は前時代的過ぎます。
もう、何て言ったら良いのか。とにかくもう、全部手書き。コレ基本。
「〜〜台帳」 = 「B4ノート」
え〜〜、ソレはどうなんですかね・・・。

いや、手書きの良さもあるとは思いますケド・・・。非効率的過ぎませんかねぇ・・?

前の職場では、自分でEcxell、Wordは当たり前だったし、Accessも使える人が居たので、ソレで働くのが普通だった人間にアノ環境はキツイ。てか、今時こんなんやってるトコがあるコトに軽いカルチャーショックを隠しきれない。

で、あんまりなので自分でAccessを勉強するコトにしました。

場所が近くなって作れる時間を無駄にしても仕方ないので、自費と自分の時間を使って勉強しちゃいます。

さてさて、コレはモノになるのかな? どうでしょうねぇ。

あ、僕のグチは内緒ですよ。内緒。

know_the_base at 19:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

April 08, 2007

さくら咲き、桜散る

桜 近

桜 遠

雨と言う予報だったのに、暖かく晴れた日曜の午後。
終わりかけの桜を見に行ってきました。
所々に緑が混じってはいましたが、まだまだ鑑賞に耐える咲き様。

緩く風が吹くたびに花吹雪。

この季節以外、見向きもされない樹の1年に1度の晴れ舞台。

咲き、散る。

別れ、出会う季節、春。
咲き誇り、散りゆく、桜。

その潔さにちょっと感傷的な気分になった日曜の午後。


know_the_base at 18:21|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 日記 | 旅行記

April 04, 2007

今後の予定

更新しない言い訳に、ちょっと忙しいアピールです。

今週の金曜日(4/6)で丸6年通った今の職場が終ります。
で、土曜日(4/7)は次の転勤先へ初出勤。

転勤先の業務は基本的には今の仕事とそう変わらない部署になったようです。まぁ、実際の所は行ってみないと分からないんですが。
流石に今週から来週にかけてはバタつく感じかな。

know_the_base at 06:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記