August 2007

August 30, 2007

小論文 テーマ 『無神論者数』  (非常に長いですよ。)

今日、古い友人からメールが来ました
以下はその内容です。

...................................

件名:国別、無神論者数

http://native.way-nifty.com/native_heart/2007/08/post_0d34.html

だってさ。

さぁ、コメントをば。

...................................

まぁ、まずは彼の送ってきたブログのURLに飛んでみて下さい。

要約すると全世界の国々の『無神論者』の人口比ランキングの記事です。

イキナリのこの出題。
この無茶な振り。

でも、僕は案外好きなので、真面目に応えました。以下はその内容。

...................................

件名;リクエストにお応えして。


なかなか興味深く、面白い記事を拾ってくるね。

じゃあ、ひとコメント。

そもそも、宗教と言うのは、自分の努力や人間の力でどうにもならないもの、理解できないことの理由付けの為の装置。
代表的な例を上げるなら、死や天災、世界の始まりとか終わりとかそう言ったものね。
要は自分自身や身近で起こる病気や死であるとか、自分の力で越えられない劣悪な社会環境とか、社会情勢の不安定さが人を宗教に走らせると言える。

あと、宗教の作用として考えられるのは尺度。
例えば、現代日本の尺度だと「年俸」とかが代表的かな。その人間世界の尺度から離れた「神の尺度」を人が求める時に宗教は力を発揮する。
そもそも人間世界の尺度は不安定で、例えば、年俸の尺度では、その尺度の中では評価が高くても、その為に家族を犠牲にし、仕事人間であることは人間性の面からはマイナス要素だったりもする。
そう言う、一面的であり、合ってるかどうかも分からない人間の尺度。
でも、その尺度で測られてしまう人間の世界。そのレースで落ちこぼれたり、そもそも格差が付いた上にそのレースに乗せられたりしてると、違う視点、人間世界から離れた尺度を求めて宗教に頼ると言うのは容易に想像できる。
まぁ、単純に考えても、1つの局面に捉われがちな人間に、別の視点を作る作用はあるだろうね。

その二つの宗教の作用から、今回のランキングを見ると、社会保障の行き届き、社会が安定してるスウェーデンを初めとする北欧、ヨーロッパが上位を占めることがうなずける。特に老後の保障が安定してると、本来ならば死に向かい合って宗教にその答えを求める高齢者が宗教に走らないから、無神論者が増えるのは想像に難くない。
なんだかんだ言って、日本も韓国も相当に安定してる社会だし、格差も中国やアメリカほどじゃないしね。
格差が大きい国(アメリカ・中国・サウジをはじめとする中東産油国)になると金を持ってるか持ってないかの尺度が人間の価値に結びつきがちになる。金が無ければ医療さえ満足に利用できない国で人間の価値は平等と言ったって、虚しいだけ。
でも、金を持ってるか否かは、神の尺度からすれば意味の無いコト。むしろ「金持ちが天国に行くのは、ラクダが針の穴を通るよりも難しい。」と金持ちは非難される側にあるからね。格差が広がって貧乏人が増えると宗教は流行るよ。むしろ、宗教は貧乏人の負け惜しみに近い部分もある。

まぁ、要は人間社会の中で大多数の人が安定し、幸福を得ることが出来る社会の中で宗教は流行らない。
逆を言えば、アフガニスタンの様な社会が不安定で、いつでも死の恐怖に晒される様な国や、アメリカ・中国の様に先天的で理不尽かつ、絶大な格差の中で競争を強いられる国だと宗教が絶大な力を発揮するわけだ。

そう考えてランキングを見ると納得でしょ?

まぁ、でも日本で流行ってるスピリチュアル(バカバカしいけど。)とかも、格差の広がる日本の中の、宗教の走りなのかもしれないね。

こう考えていくと、人間にとっては宗教の無い世界こそが理想なんだろうね。
科学技術によって死や天災を乗り越え、世界の始まりや終わりを解明し、格差も差別もない世界。そこを目指すことが人類の1つの究極的な目標なんだから。

なーんて感じでどう? 
ふぅ。15分も人の時間を使わせおってからに。

.............................................


本当に15分くらいで書きました。まぁ、仕事中から『こんな感じ。』って構想は練ってましたけどね。

突然、こんなやりとりをする友人関係。 って・・・んー。どうなの?

でも、良く書けてて勿体ないからブログにアップしてみました。もちろん友人の許可も得てますよ。

まぁ、僕は小論文で大学に入った人間ですからね。
口からでまかせの勢いだけは自信があります。


さて、最後まで読んで頂いた物好きな方には、コメントで採点と感想を入れて頂けると幸いです。



know_the_base at 22:09|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 海外情勢 | 雑感と意見表明

August 28, 2007

夏の終わり。

八月も最終週。
まだまだ暑い日が続きますが、暑さを伝える天気予報士(愛ちゃん)の使う言葉が『残暑』に変わった。

あんなに煩かったセミの声が少なくなり、夏を盛り上げた彼らの亡骸がそこかしこに転がる。
そして、微かに聞こえる鈴虫の声。

日差しのある時間が短くなったのを体で感じる。

あぁ、夏が終っていくな。と感じる。
大人になって、夏でも冬でもあまり関係が無くなってきているのに、夏の終わりには寂しさを感じる。

know_the_base at 06:29|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

August 26, 2007

『政党が操る選挙報道』を読んで。

集英社新書 『政党が操る選挙報道』
           鈴木哲夫 著

「あなたの一票、巧みに操作されている!」

2005年。
その年、メディアを巧みに利用してきた小泉劇場の最大の見せ場が訪れる。
郵政民営化法案の参議院での否決を機に小泉の仕掛けた最大の賭け、衆議院解散総選挙。
「郵政民営化、是か、非か。」の掛け声の下、自民党の歴史的大勝に終ったこの選挙の裏で何が行われたのか?

この解散総選挙を影からコントロールした男、参議院議員・世耕弘成。

彼は議員になる前はNTTに勤め、広報畑を歩んだ企業広報のプロ。
その彼が立ち上げたコミュニティ戦略本部(コミ戦)は旧態然とした自民党の情報戦略に革命を起こした。
コミ戦は自民党の中心で、あらゆる情報を集め、あらゆる危険因子を取り除く危機管理を行い、電通丸投げだった広報を競合入札にする、ナドナド・・・、コミュ戦はありとあらゆる情報戦の限りを尽くす。

「刺客」「マドンナ」「造反組」・・・。
次々とワイドショーの話題を奪うキーワード。
安易な善悪。二者択一を迫る小泉劇場。

その全てが彼らによって仕組まれたモノだとしたら?

熾烈な視聴率の奪い合いの中、与えられたエサに飛びついてしまう、飛びつかざるを得ないテレビメディア。

民意とは一体何なのか?

生粋のテレビマンが、簡単にプロパガンダに利用されてしまうテレビメディアの脆さと危険性に警鐘を鳴らす。

・・・・・・・・・

最近の政治、テレビを見てて思うこと。
「支持率なんか、ただの好感度。」
テレビに出れば上下するだけのモノ。
瞬間瞬間に、視聴者の共感を得れば上がり、共感できなければ下がるだけ。
しかも、そのテレビの映り方をコントロールされてしまえば、民意なんかあって無い様なもの。その政治家の持つ政策・信念・思想なんか二の次、三の次。結局、大事なのはテレビ映り。
どんな有望な政治家も1つのスキャンダルで失脚し、どんな危険思想を持った政治家も「感動した!!」と言えば人気者。

民主主義はその前提に「成熟した、理性有る民衆」を求める。
しかし、人間の歴史上、そんな民衆が居た時代はいまだかつて無い。
そして、民主主義はその前提条件が崩れているにも関わらず、疑う余地の無いかの様に語られる。

前回の衆議院選挙こそは、正に衆愚政治の真骨頂。
そして、安易に衆愚政治に陥る民主主義の限界を示しているんじゃなかろうか?

だからと言って、人間の歩むべき次の体制なんて僕には分からないんですけどね。
やれるのは、今の制度の中で自分の出来る最大限を尽くすこと。でしょ?

まぁ、衆愚でも良いから、とりあえず、投票には行きましょうよ。とゆー話。

know_the_base at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) まじめな本 | 国内問題

August 23, 2007

農協資格試験の研修。 が終了。

昨日と今日は農協初級試験の研修がありました。

二日間で例の3科目。

昨日は
 9:00〜12:00 JAとは何ぞやの話。
13:00〜16:00 農業情勢の話。

コレはつらかった。
内容は、別にプロの講師って訳じゃない「農村研修館」の職員さんがレジュメを3時間読むのをひたすら聞くとゆー、苦行。
そこまで回りくどく説明しないと理解できない人が居るのか?ってツッコミたくなる回りくどい説明。
しかも、過去問が配られているので、それに目を通すと、日本語が理解できる人なら答えられる内容。

僕はもう、この3時間のもっとも有効な使い方は自分でテキストを読むことだと判断し、1時間半ほどで読了。

ちなみに、テキストをひとっつも読んでない、JAに関係ない嫁サマが試しに過去問を解いた結果、88点とゆー点数をはじき出しました。
ちなみに60点で合格です。


今日は
 9:00〜12:00 JA簿記。
13:00〜16:00 とにかくボキ。

コレも昨日と同じく「農村研修館」の職員さんがレジュメを3時間読むのをひたすら聞くとゆー、修行。

昨日よりもタチが悪いのは、講義の対象がまったく絞れていないこと。
「簿記」ってのは、やったことのある人も居れば、まったく触れたことの無い人も居る。
で、今日の講義は、触れたことが無い人にとっては、6時間程度の駆け足の説明じゃ全く理解できないし、簿記をやってた人には「初歩の初歩」を回り道して教えてるから鬱陶しい。結局、誰にとってもメンドクサイだけ。とゆー内容。

ここでも「講義時間を使ってテキストを自分で読む。」のが最上と判断して、勝手にテキストを読んでました。飽きて読み終わりはしなかったけど、過去問を見る限り多分、大丈夫かなぁ。


てか、農協の「初級試験」って、何の為の試験なのかが分からない。
嫌がらせか? いや、何かの精神修養。かな。

いや、でも、コノ内容で合格率は80%って書いてあるからなぁ。落ちる人もいるんだよなぁ。

でも、何がツラかったって、座った席がクーラー直撃なのが参った。軽くアタマ痛くなっちゃったよ。

あー疲れた。


あ!!

コレって自分でハードル上げてる?
こんだけ言って、不合格だったら・・・。


know_the_base at 18:13|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

August 21, 2007

ELLEGARDEN Tour Ticket !

27541340.JPG

ELLLGARDEN TOUR 2007

9/14 水戸 Light House。

18:30 開場。
19:00 開演。

オールスタンディング。

 の

チケットが届きました!!

いゃっほーーーう。

3月に参戦した幕張メッセは3万人ライブ。
こないだのサマーソニックはあくまで、フェス。

どちらも最高のライブでした。精根尽き果て、真っ白になりました。

しかし、今度の水戸のライブハウスは何と、収容人数300人!!
少なっ。 せまっ。 近っ!!

くぅぁあーーーテンション上がる!! 盛り上がる!!

あー楽しみだなぁ。


で、当日は当然ながら、次の日も「多分、自分は使い物にならない。」と判断して、夏休みを申請してみました。


know_the_base at 17:58|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 日記 | 音楽

August 20, 2007

久し振りの試験勉強。

久し振りに勉強をしなくてはいけなくなりました。

僕の職場は一応、農協が母体の組織。で、農協の職員は偉くなる為に農協独自に設定してる資格が無いとダメなんです。
その資格は「初級」「中級」「上級」「特級」の4段階あり、課長とかは上級を持ってないとなれない(だと思う。)らしいのです。

僕も仕事を始めて早くも7年目。
今度の10月に「初級」の試験を受けなくてはいけないそうです。

「初級」自体は持ってても何ってコトも無い資格なのですが「中級」を受けるために必要な資格らしいのです。
僕としては、やるならいっそ若いウチにイキナリ「上級」とかをやらせて欲しい位のモノなのですが、そう言う訳には行かないのだそうな。

ココまで聞くと
「勉強くらいフツーにしなさいよ。」
「やったら良いんじゃないの?」
と思われるのでしょうが、その内容に問題アリなんです。

一応、テキストが来たのですが、そのタイトルは

「わたしたちとJA」 (JAとは何ぞやの話。)
「日本農業とJA」  (農業情勢の話。)
「新・JAの簿記会計」(まぁ、簿記の話。)

と来たもんだ。

えーーと。あのー。僕らの仕事は医療事務ですが・・・?

まぁ、ねぇ。仕方無いのは分かってるんですよ。いわゆる農協って呼ばれるトコの資格なんですよね。

でも、僕らの仕事にひとっっっつも関係ナイですよね?

ま、僕も大人ですから、業務上で「やれっ。」て言われれば資格試験くらいやりますよ。やりますケド、このモチベーションの低さはどうにもならんですよ。

しかも、農協でしか使えない資格だから、履歴書に書けるモンでもないし。そもそも僕は偉くなる気が最近、特に無いし。偉くなる為の資格って言われたってさぁ。


あーぁ。メンドクサイなぁ。もう。

know_the_base at 06:50|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 

August 15, 2007

かっこいー。 か?

カッコ良い?

わかります? コレ。

軽トラにでっかいリアウィングが付いてるんですよ。

ココまでやっちゃうと、逆にカッコ良くないですか?
だって『 軽トラ 』『 リアウィング 』ですよ?
有り得なくないですか?

だって、まったく意味無いじゃん。ね。
ダウンフォースを得るほどの空力が発生しないじゃん。
てか、その位置じゃ空力はどこに伝達するんですか?
いや、そもそも、ダウンフォースを得る必要が無いじゃん。

100% ムダ。

いや、きっと分かってるんですよ。やってる本人だって、そんなコト。
本気でダウンフォースを得ようと思ってるわけ無いなんて事、分かってるんですよ。

でも、ウィングつけちゃうの。ボルト留めしちゃうの。

むしろ、その心意気や良し。

なんちゃっての改造なんかより、よっぽど格好良い。
他の誰も真似できない、オンリーワンの存在。

てことで、この車はアリ。カッコ良し。

かぁ?


know_the_base at 20:07|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 

August 13, 2007

この数日で増えたモノ。

椅子、鞄、プラネタリウム

この数日の間に幾つかモノが増えました。

まずは椅子。
今までPCデスクの椅子は「ニトリ」でちゃんとしたヤツまでの「繋ぎ」として買ったモノだったんです。
でも「繋ぎ」の椅子も、もう丸5年使ってしまい繋ぎが繋ぎじゃなくなって、充分に使い込まれ、薄汚れて来ました。

なので、新しいのを買いました。
「flanc flanc」のアウトレットで前から狙ってた椅子がなんと3割引。
21000円 → 14700円。即買い。


次は鞄。
実家の御両親から誕生日のプレゼントとして「PORTER」の鞄。
何かやたら贅沢。
しかもサイズもデザインも好みで、良い感じ。

感謝カンシャ。早速、使い出しました。


最後は「 HOME STAR (家庭用プラネタリウム)」
コレは兄夫婦からの誕生日プレゼント。
プラネタリウムクリエータ・大平貴之さん監修の家庭用プラネタリウム。
まぁ、要は部屋を暗くして、天井に星空を投影するモノ。
さすがキチンと監修が付いたモノだけあって、星空が正確で、ちゃんと星座が分かる。

早速、天井を夜空に変えて
『アレが夏の大三角形だ。』
『ベガ・アルタイル・・・もう一個は?』
『デネブでしょ。』
などと、最近、茨城でも見れなくなった星空を鑑賞。
本当に本格的な星空でした。

ありがとうございました。


オマケ。

兄上と僕は誕生日が1日違いです。
僕らが彼にあげたのは
『ピタゴラ装置 DVDブック 2』と『ガチャピンチャレンジ 1 』です。どっちも子供番組のDVDですが、内容はアツイ。
興味のある方は是非ご鑑賞を。

know_the_base at 22:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

August 12, 2007

精魂尽き果てました。

猛暑でした。
あづかった。

でも、楽しかったです。

最高。夏フェス最高でした。楽しいんだろうなー、とは思ってましたが、あんな楽しいものとは。
本当に最後は体力の1滴まで出し尽くしたと言い切れます。


僕らは開場の9時ちょっと前に会場に着きました。
で、9:30位からオフィシャルグッズの物販に並んだのですが、その列が直射日光に曝される中で1時間。コレが疲れた。
しかも、開場時間位から並び始めたにも関わらず、売れ筋は売り切れが相次いで、欲しかったデザインのTシャツとタオルは買えませんでした。
炎天下に1時間並んで荷物も増えたので、一度ベースキャンプの車に戻って、早速買ったばかりのシャツに着替え、荷物も小銭要れと携帯、車のキーだけにして開場へ。

サマソニの会場は↓こんな感じ。
サマソニ開場

予定として、ラストの方はメッセの中の「 MOUNTAIN STAGE 」ってのは決まってたので、初めのウチに外にある「 Beach 」「 Marine 」に行っておこうと思い、またもや炎天下へ・・・。

砂浜に作られた Beach Stage ではアジカンライブの前座で見た Special Others を見て、ゆるーく盛り上がり、水が撒かれたり、水着のおねーちゃん達がビール片手に踊ってたりと『夏フェスに来てる!!』って感じを味わいました。

次は Marine Stage へ。
Marine Stage。要は千葉マリンスタジアム。
炎天下で体力を奪われた僕らは、日陰のスタンド席でB'zを鑑賞。
Ultra Soul ・ HOME ・ Juice ・ 愛のバクダン と聞き覚えのある懐かしい曲を椅子に座りながらユラユラと楽しむ。B'zのライブをあんなに、ゆるーーーく楽しめるのもフェスならではだなぁー。と満足感に浸りました。

午後にさしかかり、僕らのメインであるMountain Stageへ移動。
時間は丁度良く、メッセの中の雰囲気も楽しみつつMxPxを待つコト1時間。

そして、MxPxのライブ開始!!
彼らの音はベストアルバムしか入れてなかったのですが、それでも演った曲の半分くらいは分かる曲で、もーーーーホンッと。楽しめました。
ぶっ飛んでくると、もう、曲が分かるとか分からないとか関係なくなってきますね。

『うぃあブロッキン ボーーーーォン ウォーーーヲ ウィアぶろっきんボーン!!』
ヒアリングは微妙なハズなのに、英語でまくしたてる彼らが何を言ってるかが分かるこの不思議。


その後、FALL OUT BOYS を経て、待望の ELLEGARDEN 開始!!

もう、言葉が無いです。最高。真っ白。
幕張3万人ライブの再来。

曲目もフェス用なのか、メジャな『 やって欲しい曲 』のオンパレードで、密度が濃くってELLEの演ってた1時間、ずっと飛んでました。腕を振り上げてました。歌ってました。叫んでました。最後の1滴まで出し尽くしました。

ELLE の終った後、あまりの満足感と放心にヤラレ、その後の SUM41 は、ごめんなさい。正直、揺れてるのが精一杯。


ライブが終り、汗まみれのTシャツとズボン、帽子、パンツにヤラれながら、速攻で車に戻り、ひと段落。
ちなみに、車に戻る途中で1度は汗まみれのTシャツを脱いだんですが、自分の胸には大胆な傷があることを思い出し、汗まみれTシャツをもう1度着るという一幕もあったり無かったり。

車で、とりあえず『パウダーイン ビオレ さらさらシート』で身体を拭き、まずは着替え。
てか、パウダーシートは人類(リリン)の生み出した文化の極みだよ。マジで凄い発明だよ。集積回路かパウダーシートかって思うよ。

で、シートのおかげで全身サッパリし、Tシャツは乾いたものに替えたものの、パンツとズボンの替えは無い。
1度脱いでしまった、お漏らし後もビックリのズボンを穿く気にならず、僕は英断を下しました。

『パンツ一丁で帰れば良い。』と。

どうせ車からは降りないんだし、良いじゃん。パンツで。
ん?何か問題が?

で、本当にパンツで深夜ドライブし、帰宅。
シャワーを浴び、泥の様に寝る。そして、今。


最後はバカ丸出しでしたが、精根尽き果てる最高の1日でした。
あー、楽しかった。最高。ホント最高でした。



know_the_base at 09:49|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 | 音楽

August 11, 2007

晴れだ!!

天気予報は晴れ。
相当暑くなるらしい。

僕らもアツく盛り上がってきます。
目標は『生きて帰る。最高に楽しむ。』

待ってろよサマソニ!!


じゃ、いってきまーす。

know_the_base at 06:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 音楽

August 10, 2007

SUMMER SONIC 07 参戦!!

明日、8/11(土)
『SUMMER SONIC 07』に参戦してきます。

なかなかチケットの取れないアーティスト、単独ライブに行くほどじゃないけど生音は聞いてみたいアーティスト、知らない音、知ってる音、その他、色々なアーティストのライブをツマミ食い出来るとゆー噂の真夏のライブフェスティバルなるモノに初参戦。

『SUMMER SONIC』略してサマソニ。
夏になると数多く開催される『夏フェス』の中でも代表的なフェスであるサマソニ。

あぁ、サマソニ。

ソニソニ。ソニー。

んー。非常に楽しみです。


サマソニは東京と大阪で同時開催されるのですが、僕は当然、東京会場。ちなみに場所は幕張メッセ及び、千葉マリンスタジアムとその周辺。

明日の東京会場のタイムテーブルと出演アーティストは↓の様になっております。

http://www.summersonic.com/07/lineup/timetable_11tokyo.html


僕のメイン目的は当然、ELLEGARDEN。
さらにはAvril LavigneとSUM41。MxPxと言ったところでしょうか。
あとはパフィーとかB'zなんかも音は分かるので、楽しめるかなーと思っております。

しかし、残念なコトが1つ。
出演アーティストが決まった時点ではELLEGARDENとAvril Lavigneが観れると思ってたんですが、その二組は時間帯がモロ被りになってしまいました。

ELLEは9月にも単独ライブに参戦する予定なので、今回はアヴリルかー?とも思うのですが、やはりELLEも観たい・・・。
今現在もなお、どっちを観るかは検討中です。


色々なステージに行って、色んな音を聞いて、楽しみきりたいと思うのですが、なにせこの気温。陽射し。しかも、そんな中で一日中スタンディングライブなんかしてたら本当に死ぬ。死んでしまう。

水分補給と休憩を織り交ぜながら、体調に気をつけて、遊んできます。

know_the_base at 22:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 | 音楽

August 09, 2007

9月1日 公開。

エヴァ前売り

『 エヴァンゲリオン劇場版:序 』が2007年9月1日公開です。

新しく作り直されたエヴァ4部作の序章。
12年の時を経た今もなお色褪せない作品。

ちなみに『序』のクライマックスは「ヤシマ作戦」の辺りらしいです。

そして、主題歌は宇多田ヒカルの歌う「 Beautiful World 」
彼女はキャシャーンと言い、エヴァと言い、案外そっちの方面の主題歌とか歌うよなぁ。まぁ、主題歌がガクトとか言い出さなくて良かったと一安心。
彼女の声がエヴァの世界観とどう絡むのか、今から期待が高まります。

あんまり期待が過剰になってると、期待値に届かずガッカリって可能性もあるんですが、今回のは4部作の序章ですからね、今回からエヴァに触れる人への解説的な側面も多分に含むのでしょうから、その辺は割り切って観る予定です。


でも、そんなコト言ってても、ちょっと期待過剰になった僕は前売り券なぞ買ってみました。
本当は前売りにはオマケが付いていたらしいんですが、当然、もう無くなってて残念ですが、でも、通常1800円が1300円になるのは魅力。

まぁ、公開初日に見に行ったりは仕事の関係上、出来ないとは思いますが、早めに見に行こうとは思っています。

楽しみだなぁ。

know_the_base at 06:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

August 05, 2007

オーシャンズ13

オーシャンズ13

人気シリーズ最新作『オーシャンズ13』を先行上映初日に見てきました。
豪華なキャスティングと、クールな映像と音楽の融合が堪らないこのシリーズが好きなんですよねぇ。


天才的頭脳犯ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)の下に集まった、その道を極めた男達。詐欺師からスリ、ハッカー、爆破スペシャリスト・・・犯罪のドリームチーム・オーシャンズ。
彼らが集まった時、不可能は可能になる。

今回、その固い絆で結ばれた仲間の最古参の1人であり、ダニー達の作戦に必要な資本を提供していたルーベンが嵌められた。
相手はラスベガスのホテル王・バンク(アル・パチーノ)。金も土地も奪われ、失意の中、死の淵を彷徨うルーベンの為にバンクへのリベンジを誓うオーシャンズ。

『ひとりを嵌めたら、全員を敵に回すと思え。』
『ド派手なリベンジにしようぜ。』


狙いはバンクがルーベンから奪った超高級ホテル。カジノを併設するそのホテルは最新鋭の人工知能「グレコ」によって守られ、鉄壁のセキュリティを誇る。
しかし、オーシャンズに不可能は無い。
金品の強奪? それだけに終るわけ無いだろ!!

仲間の借りを返すため、バンクの全てを奪う、壮大なリベンジが始まる。


ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、アル・パチーノ・・・数え上げたらキリが無い程の名優達を束ねるのは「トラフィック」「エリン・ブロコビッチ」を撮ったスティーブン・ソダーバーグ監督。
これだけでも充分に観る価値のある作品。
だが、この映画は作る人間達の名前だけじゃ終らない。古めかしくも斬新でクールな映像と音楽の融合、盛り込まれたジョークとセンスが堪らなく格好良い。

もう、内容とか、細かいツッコミなんか必要なし。ひたすらに彼らのカッコ良さに酔い、爽快感に浸り、ジョークに笑い、ただ、楽しめば良い作品。

この作品の中で、僕の特にお気に入りのキャラはダニーの親友であり右腕のラスティー(ブラッド・ピット)とおバカ丸出しのマロイ兄弟。
ラスティーは言うまでもなくカッコ良いからなんですが、マロイ兄弟は双子の設定なのに全然似てなくて、なのに凄く息の合った互いの悪口とか、その内容とかが最高。今回も僕のお気に入りのシーンはマロイ兄弟がメインです。すげーバカで最高。

あ、あと、今回忘れちゃいけない注目株はスリのライナス(マット・デイモン)。
第一作目ではダニー達に半人前扱いされていた彼が、今回は自然に重要な役割を任されるようになり、更には八方塞になったオーシャンズを救う逆転の発想を生み出し、チームを救うまでに成長している。その彼の成長した姿に「あぁ、オーシャンズはライナスの成長モノでもあったんだなぁ。」とシリーズファンには感慨ひとしおです。 

低い評価を受けがちなオーシャンズシリーズですが、僕が思うに、皆が期待過剰になりすぎて、純粋に映画を楽しむことをちょっと忘れているフシがあるんじゃないでしょうか?
この映画は、俳優達と監督の遊び心で出来たと言っても過言じゃない作品。実際、遊び心無しでこのメンツをお金で集めようとしたって・・・ちょっと無理。
その製作者達の粋な遊び心を見る側も楽しめば良い。そうじゃないです?

まぁ、理由はともかく、僕はこのシリーズ、好きなんですよ。


最終評価 A−

know_the_base at 07:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 2007年に観た映画 | 映画 あ行

August 02, 2007

夢日記。

夢を見ました。

大学を卒業して、もう7年になるとゆーのに、単位が足りない夢を見ました。
どうやら、今更、単位不足が発覚したらしく、夢の中の自分は、当時の自分に戻るんじゃなく、今現在の自分でした。

夢のスタート地点は教室。30人用位の小さい教室。
僕の足りない単位は一般教養らしく、1年生の授業で出席してれば単位をくれるらしい先生の授業に出てました。

しかも、出席さえしてれば単位をくれる先生なのに、どうやら僕は出ていなかったらしく(当たり前)その単位もアヤシイらしいのです。
小さい教室なので、先生も生徒の顔を憶えていて、新参者の僕を『単位のために今更、出てきたヤツ』として冷たい目線を送ります。

でも、何とか最後に出席カードを貰い、名前を書き、教室を出ると、今度は、自分の足りない単位の数も、次に出る必要のある授業も、登録してる時間割も分からない。

ここで、凄い焦りを感じる。ヤバイヤバイ・・・・ってもの凄く焦る。


そして、しばらく焦った後に学生課の存在を思い出し、学生課の窓口へ行くと、言われたセリフは『本人確認の為、学生番号を言って下さい。』。

学生番号・・・・。

憶えてねーよ、そんなん・・・。
確か・・・7桁? で初めが年度だから97・・、次が学部、グループ、出席番号だったから・・・そう確か7桁。

えーーと・・・・あ、だんだん思い出してきた・・・


ってトコで目が醒めました。

何で、こんな夢? 今更、単位? 
しかも、夢の中でいまだに留年してる同じ学年のヤツとかと会って、微妙に先輩面されたりとかもする。

確かに僕は4年のギリギリまで単位を取得してましたよ。4年生なのに、1年生の授業も出ましたよ。
それがトラウマとして僕の中に残ってるのかぁ?

夢の中ではあらゆる状況下で僕は焦ってるんです。日常こんなに焦ったこと無いって位に焦ってるんです。

夢占いの出来る人、どうか占って下さい。
ちなみに夢はフルカラーでした。宜しくお願いします。

てか、まぁ、占うまでもなく、悪夢のたぐいですよね。


あ、今年の学生番号は『07』から始まるのか?
今更『97』の学生番号。10年選手かよ・・・。

know_the_base at 05:47|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 日記