October 2007

October 31, 2007

最近のCMって面白い。

最近、好きなCMが多いです。
ヘタすると本チャンの番組よりもCMの方が好きだったりします。

まずソフトバンク。
ソフトバンクのCM

父

お父さん 犬。
お兄ちゃん 黒人。
ソフトバンクの窓口嬢のわたし 上戸 彩。
お母さん 普通に日本人。

で、最近出てきた叔父様 シロイルカ。

特にお父さんが最高です。
犬なのに、昭和な男の発言をしたり、でも結局は犬だったり。もー僕のツボにド真ん中。


次に好きなのは東京ガス。
ガスパッチョです。
東京ガスのCM

信長

妻夫木の家のタンスから歴史上の偉人達が出てきて、東京ガスの製品で暖をとったり、料理をしたり、シャワーを浴びたりして帰っていく。
そのコミカルさにヤラレます。

でも、信長の最終回はちょっと切ない。
印籠に貼られた満面の笑顔のプリクラが、本能寺に帰る信長(ピエール瀧)の表情とあいまって「本能寺になんか帰らなきゃ良いのに。」と思ってしまう。


損保ジャパン。
ミスチルの「いつでも微笑を」がバックに流れ、人々が手を繋いでいく。

あ、このCMは新垣結衣だから好きなのか?


NTT東日本。
ミスチルの「旅立ちの唱」がバックに流れて、映画「恋歌」の映像とあいまってキレイな映像。

あ、また新垣結衣。


キリンレモン。

新垣結衣だから。

新垣

結論。新垣結衣は可愛い。
以上、です。


あ、追伸。
最近、ライフカードのCMを見ないですよね。
オダギリはその後どうなったんだろう。続きが見たいなぁ。


know_the_base at 06:51|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 日記 

October 28, 2007

「 適当教典 」を読みました。

適当教典

『 適当教典 』
 河出文庫 高田純次 著。

日本一のテキトー男・高田純次が老若男女の質問に答えまくる。

Q&Aの参考例を出そうと思うんだけど、内容がどうしてもエロ系に走りがちなので適当なのがナカナカ無い。
まぁ、そんな中で探したのは↓こんな感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q.「子供二人、家のローンもあるのにリストラされてしまいました。もうどうしていいかわかりません。高田さん、就職の世話してください。(42歳 印刷会社営業)」

A.あら、大変だねぇ。ちょうど今、いい仕事があるんだよ。あなたは運がいいなぁ〜。オレの知り合いでアダルトビデオの監督がいるんだけど、随時、男優を募集してるからいっちょ紹介したげましょう!ほんと、オレって優しいよな。
ただ、何でもやるっていう気持ちがないとダメよ。そういう気持ちがないと人間なにもできないんだから。今までの経験を生かしたい?ダメダメそんな甘っちょろい考え。だってリストラされちゃったんだから。アハハハハハハ。
(中略)
・・・・それにしても人間って、他人のことならなんとでも言えるってとこがホント、いいとこだよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

内容は、ほんっと、テキトー。でも、サイコー。
答えが無責任? えぇ。 だって、責任持つ必要ないじゃないですか。高田先生も言ってるでしょ「人間って、他人のことならなんとでも言える」ってさ。真に受けるのも、結局は自分次第なんだから良いじゃない。アハハハハ。
しかも、その奔放で無責任な回答の中にも、案外「コレってある意味で真理なんじゃない?」と思わせるモノがあったり、なかったり。
まぁ「教典」とか書いてあるから、勝手に読者が深読みしてるだけで、本人は「そうなの真理なの。アハハハハハ。」とか言いそう。


なんか、頭を真っ白にしたくて、とにかくバカな内容の本を読みたくなって買ったんですが、サクサク読めて、予定通り「アハハ。」と笑え、読み終わった後には小さな事で悩んでる自分がバカバカしくなる良い(?)本でした。
他人には薦めないけどね。僕の読書の趣味を疑われちゃうもん。

まぁ、人生一回きりなんだから、楽しんだモノ勝ちだよなぁ。と思いました。

know_the_base at 22:47|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 楽しい本 | 日記

October 27, 2007

休日なのに強制召集。

e931861c.JPG

職場の「ふれあい祭」なるイベントの為、強制召集を受けています。

雨ですね。
台風が来てるらしいですよ。

このハッピを着るんですか?
ハートマークが余計です。

てか、ハートて・・・。いつ以来の着用だよ・・。
人生初か?

わたし、バージン奪われちゃった・・・。


know_the_base at 08:13|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

「眠い期」から抜けたかも。

ここ1年程で始まった、身体の変なサイクルの話です。

いつ日からか、僕の体は基本的にあんまり睡眠を必要としなくなってきました。
日常の平均睡眠時間は4時間ちょっと。寝ても大体5時間位になってきています。

でも、不思議なサイクルがあって、その睡眠が4時間位で済んでしまう時期(「寝ない期」)が1ヶ月ほど続くと、突然、寝ても寝ても寝足りない時期(「眠い期」)がやってきます。眠い期の期間は大体3日間ほど。
コレは雨季と乾季の様に明確に分かれています。
ココ数日は確実に「眠い期」でした。

眠い期は突然に訪れ、その間は9時前に寝だして、朝まで寝ても眠い。
何時間寝ても、とにかく眠い。
何してても眠い。
眠い。

眠い期も、初めはただ単に睡眠不足だからかなー?とか思っていましたが、これが睡眠不足によるモノなら、眠い期で寝る事によって寝不足が解消されてるってコト?ってことは「寝貯め」が可能ってコトになるのでしょうか?

ちょっと前まで、キレイに平均睡眠時間6時間だった僕の睡眠時間が変なコトになってきています。
んー。身体が何か変わりつつあるのを感じる今日この頃。

これも「三●路カウントダウン」に入った人間の老化現象なんだろうか・・・?
「寝る子は育つ」って言うけど、もう「育たない」もんねぇ。

know_the_base at 02:14|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

October 24, 2007

ELLEGARDEN ライブDVD発売。

ELLE DVD

3月24日に幕張メッセでやった3万人ライブをDVD化した「ELEVEN FIRE CRACKERS TOUR 06-07 AFTER PARTY」が発売になりました。

アレは最高のライブだった。完全燃焼して、真っ白になった。
思わず懐かしくて、当時の記事を読み返しちゃいました→。3/25の日記。

今回のDVDは「Salamander」「Fire Cracker」「高架線」のPVも入っています。
SalamanderのPVは去年の年間ベストPVで大賞を獲った、超カッコ良い作品。マジで欲しかったんですよSalamanderのPV。

ELLEのライブは何度行っても、また何度でも行きたくなる。
あの場所、あの空間、あの時間、どれをとっても最高で、日常の中では得られない快感が詰まってる。
で、その自分が参加したライブのDVDなんて、買わないわけ無いじゃないですか。

まぁ、でも、ELLEのライブチケットはそうそう簡単に取れないから、しばらくはDVD疑似ライブで我慢するしか無いっす。

はぁーあ、あの空間にまた行きたい。
ま、真面目にチケット応募を続けるしかないか。

てか、次のシングルはいつ出るんだろう?
細美さんにプレッシャはかけたくないけど、正直、ソロソロ出て欲しいなぁ。

know_the_base at 05:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 | 音楽

October 22, 2007

今日の空の色

10/22の空

秋になって、空気が冷えて来きました。

寝る時の上掛けも毛布だけでは朝方に寒く、厚めの掛け布団を引っ張りだし、冬モード。
リビングのストーブにも火が入りました。

僕はグデグデに溶けてしまう夏よりも、キンと冷えて張り詰めた冬の空気が好きです。
何か、冬は背筋がシャンとする気がします。

あ、まだ秋か。




know_the_base at 17:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 

October 21, 2007

毎週末(も)忙しい。

今日は例の農協試験があります。
で、その後に前の職場で仲の良かった後輩の結婚式二次会があります。

試験は水戸。二次会は古河。自宅は龍ヶ崎。

今日の僕の移動時間は約5時間半程になる予定。目的地を線で結ぶと「茨城県南大三角形」が出来ます。
コレだけの移動距離があれば仙台にも行けるっちゅう話ですよ。

まぁ、でも今週を乗り越えれば過密スケジュールだった10月の予定も大体カタが着くので、ひと頑張りですかね。


ちなみに、来週の土曜日は今の職場のイベントで「ふれあい祭」ってのがあります。
なんか、病院の職員(医師含む)が休日に出てきて、出店でヤキソバとかを売るんです。
僕も服役します。
地域住民の方々との交流の場らしいのです。
前の職場にはこんなイベントは無かったのです。

基本的に休日はほっておいて欲しいのです。

know_the_base at 05:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

October 19, 2007

あ、ヤベ。

いや、別にヤバくもない。

今週の日曜日、農協の試験です。

昨日の夜、久々にテキストを開いた。
一時間もしないで眠くなって、仮眠をとった。
今起きた。

なんで「勉強」の前って掃除がしたくなるんですかねぇ。



って、ココまで舐めた態度で試験に落ちたらシャレにならんなぁ。
少しはやりますか。

know_the_base at 05:23|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 日記 

October 15, 2007

沖縄から帰りました。

結婚式

魅惑の地・沖縄から帰ってきてしまいました。

2泊3日の行程中、1番時間の使える2日目が結婚式とゆーコトで、観光地はほとんど行けませんでしたが、大満足でした。
まぁ、今回の沖縄は観光じゃなくて、結婚式でしたからね。

いっこ前のブログでも書きましたが、沖縄式結婚披露宴はナカナカ斬新な経験で、非常に面白かったです。
アレは言わば結婚披露宴と言う名の「祭」。
しかも、ただ観光地を巡るのなんかよりもよっぽど沖縄の気質・風土・文化・人を一気に理解できる最高の祭でした。

いやー、良いトコでした沖縄。
今度からは沖縄に友人が居る訳ですから、何かと理由を付けて遊びに行こうと思います。


いや、てか、新郎は沖縄向きの人間だ。間違いない。



know_the_base at 21:37|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 | 旅行記

October 14, 2007

沖縄式結婚式

19c09941.JPG
70cfbadf.JPG
今日は朝の10時半から結婚式に出席。
12時半から沖縄式披露宴に出席し、ひたすら飲み続け、食べ続けて、二次会にも出席し、やっとこホテルに帰って来ました。

いやー、凄かったですよ沖縄式披露宴!

新しいってか、なんてか、んー、とにかく沖縄式でした。

招待客の数は280人。
まぁ、大宴会ですよ。
で、なんてゆーか、とにかく自由な空気の中で全ては進行していく沖縄スタイル。
客は乾杯も待たずに料理を食べ始め、酒を飲み始めます。
で、体育館にあるステージかと思う様な舞台の上で絶え間無く続く余興につぐ余興。
その余興も一つ一つがやたらとハイレベル。すげーハイレベル。

沖縄伝統舞踊とか、映画ばりの自作映像とか、とにかく余興ってレベルじゃない出し物の数々。

そんな中での友人代表挨拶+高校校歌斉唱。
って、やたらハードル高いんですけど・・・。

でも、まぁ、何とかなりました。
予定外の新郎担いでの騎馬戦とかもありつつですがね。
なんとか温かい空気かつ深い懐の沖縄スタイルに助けられ、良い感じに終えるコトが出来ました。


まぁ、今日はやり切った満足感と、疲労感で熟睡出来ると思います。

友人の結婚式ラッシュで大変ですが、親しい友人の結婚式は何度出席しても良いものです。

末永くお幸せに!


know_the_base at 21:47|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 | 旅行記

October 13, 2007

観光中

04398d53.JPG
8fc0cd6b.JPG
2c04f76e.JPG
ソーキそばを食べて、首里城を観光中。

ベタにベタに攻めますよ。


know_the_base at 17:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 | 旅行記

沖縄到着

515a4a9d.JPG
5983492b.JPG
abe23120.JPG
着きました魅惑の地オキナワ。

携帯からだと画像の縦横がちゃんと載ってるか不安ですが、まぁご了承下さい。

てか、暑い。

あー、ソーキそば喰いたい。


know_the_base at 14:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | 旅行記

October 12, 2007

明日から2泊3日で沖縄です。

10月の過密スケジュール実行中です。

14日に沖縄で友人の結婚式があるので、明日から沖縄に行きます。
2泊3日で友人代表挨拶アリです。
友人代表挨拶の原稿はもう書きました。我ながら、起承転結を案外手短にまとめ、良い感じに書けたかなと。
あとは涙で原稿が読めなくなくなったりしなければ大丈夫かと。

いやー、僕は沖縄行くの初めてなんですよね。楽しみだなぁ。
Yahoo天気予報によれば、明日明後日は晴れ。最高気温30度、最低気温24度。
TシャツでOKな気温。関東はもう長袖でもちょっと寒い位なのに、流石オキナワ。 常夏オキナワ。 オ・キ・ナ・ワ。 
 
ただ、ちょっとこの所の過密スケジュールで、ちょっと疲れ気味なんですよね。
あんまりハシャギ過ぎないようにします。 大人だし。

know_the_base at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 旅行記

October 10, 2007

スピッツ 『 さざなみCD 』 発売。

spitz さざなみCD

僕の(特に)好きなアーティスト。
Mr Chirdren . the pillows . ELLEGARDEN . YUKI . Spitz .

最近では音楽もダウンロードが多く、頑張ってもレンタル止まりですが、上記のアーティストに関してはちゃんとCDを買います。

そのスピッツのNEW Album『さざなみCD』が発売になりました。
そして、当然、即買いです。


『さざなみCD』

 1. 僕のギター
 2. 桃
 3. 群青
 4. Na・De・Na・De ボーイ
 5. ルキンフォー
 6. 不思議
 7. 点と点
 8. P
 9. 魔法のコトバ
10. トビウオ
11. ネズミの進化
12. 漣
13. 砂漠の砂

シングル曲は『群青』と『魔法のコトバ』『ルキンフォー』。
今回の作品もマサムネワールド爆発。

スピッツの音は綺麗で、聞いてて良い気持ちにさせてくれる。

しばらく通勤は「さざなみ」一色になりそうです。

know_the_base at 19:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 | 音楽

October 09, 2007

10月はとにかく過密スケジュール。

この連休は、なんだかドタバタしてました。
なので、最低でも4日に1度はしようと自分ルールを課していたこのブログも更新もせずです。

ここ数日は密度が濃すぎて、なんか今日は軽くバーンアウト状態。なーんも思いつきません。
ネタは沢山あるんですが『書こう!』って気合が出てきません。

今週末、今度は沖縄で結婚式があり、そこもかなりの過密スケジュールの予定です。
友人代表挨拶とかするらしいので、その内容も考えなきゃいけません。ちなみに、まだひとっつも考えてません。

一応、来週中は試験勉強もしようかなと思ってますし。
この試験ばっかりは落ちたら本気で恥なんでね。多少はやらないとなーと思っています。

なんか忙しい。
まぁ、そのうちまとめてガツッっとアップするので、10月は少し休み休みやらせて下さいね。

know_the_base at 21:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

October 04, 2007

HUNTER X HUNTER 24巻発売。

HUNTER 24巻

遂に出ました。
やっと出ました。

待望の24巻。

前の巻が出たのは 2006/3/8 
まぁ、ゆうに1年半以上待ちました。

週刊誌の方への連載も次の号から再開されます。
もう、この喜びは分かってくれる人だけ分かってくれれば良いデス。

あー、良かった。連載が再開されて。もう、続きが読めるなら月1連載でも、何でも良いんです。
絵が下書きのままでも良いんです。
だから、お願いだから最後まで書いて欲しいのです。


さて、週刊連載は一体いつまでもつのか・・・。

know_the_base at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マンガ | 日記

October 03, 2007

『 「狂い」のすすめ 』 を読んで。

狂いのすすめ

集英社新書 『 「狂い」のすすめ 』
   ひろ さちや 著

 ― 人生に意味なんてありません。
   「生き甲斐」なんてペテンです。―

世間の常識に縛られてはいけない。
世間の常識なんていうのは強者の論理を都合よく押し付ける為の方法論なのだから。
古来、世間なんて簡単に移り変わるもの。
古代中国、ある男が仕官しようと考える。時の皇帝は文人を採用したので、男は学問を修めようとした。そしてやっと任官されようと言う時、皇帝が死んでしまった。
次の皇帝は武人しか採用しない。だから男は今度は武術を修め、仕官しようとした。そして、やっと任官されようと言う時、またもや皇帝は死んでしまった。
今度の皇帝は若者しか採用しない。その時、男は歳をとり過ぎていた。

あなたはこの男になるのですか?

じゃあ、その男にならない為にはどうしたら良いか。それは「弱者の自覚」を持つこと。それは、強者になろうとせず、弱者であること、自分自身のあるままをを是とする事。
そして、世間の常識(強者の理論)と距離を置き、ちょっと世間を蔑んでやれば良いんです。
「皆さんそうおっしゃいますがね、私はそう思いませんよ。」と心の中で呟けば良いのです。

しかし、世間は弱者に厳しいです。カサにかかってイジメてきます。そんな時はどうするか。
そこで必要なのは「狂者の自覚」です。

本当に世間が正しいのですか?
世間から狂ってると言われる自分の方が正しくはありませんか?
狂ってて良いのです。
そこに、あるがままの自分、社会の常識に縛られない自由があるのです。

所詮、浮世は夢よ夢。
あるがまま、そのままに今を楽しめ。

金持ちも貧乏も神の決めた役柄、そのどちらにも貴賎は無く、それぞれはそれぞれの立場を全うすれば良い。その先の価値や目的など人間が決めることじゃない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新書の中では軽い読み口で、サクサクと読めました。
ただ、後半1/3を越えた辺りから非常に宗教色が強く『神(仏)の目線』から人生を考え出すので、その視点が高すぎてちょっとついて行けなくなってきます。
『癌になったら癌と戦うと苦しいから、癌患者であることを楽しめ。受け入れて死ねば、苦しまずに死ねる。』とかなってくると「ソレが出来るのは悟りの境地に達した人でしょ・・・。」って突っ込まずにはいられません。
人間の生への執着さえも捨てろって言われてもねぇ。

まぁ、そんなこんなで最終的に、この本の結論は仏教的な「悟り」の薦めのような感じになります。
この著者・ひろ さちや氏は大学で仏教を教えてる先生ですからね。そりゃあ、そういう結論に達しますよ。

「勝ち組・負け組」やら「年俸」やら、本当にそれって正しい尺度?って思うものが溢れてて、それに振り回される人生もナンですが、かと言って人生に目標や、生き甲斐を求めないほど悟って(枯れて)しまうのもいかがなモノか。

僕はまだ欲しいものもあるし、やりたいこともある。そんなに我欲が強い方じゃないけど、欲しいとなったら我慢は出来ない。そんな僕が悟りに達するなんて、今は無理。

まぁ、そうやって、色々回り道しながらモジモジと色々考えて、案外上手に、程ほどにやるのが「僕のあるがまま」なんですから、ソレもアリって事で。



know_the_base at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) まじめな本 | 雑感と意見表明