October 2010

October 31, 2010

構造立会いやら、引越しの見積もりやら。

構造立会い


中国ジャイアン説の途中ですが、今日は週末のイベント報告をば。

昨日、台風直撃の土曜日。
家の構造立会いをしました。

現在の家の状況としては、骨組みはほぼ終わり、屋根も載り、壁も1番下地になる部材が付き、窓のサッシや玄関ドアが付きました。

壁、柱、屋根、窓が揃ったので、もう一応は家の形をしています。
中に入ると、骨組みで部屋の間取りも大体分かります。

で、昨日やった構造立会いとゆーヤツは、その間取りが分かるようになった段階でコンセントやスイッチ、電気類の位置や高さを再確認する作業です。

今までは平面図・2Dの世界で「ココに電源が欲しい。ココにスイッチが欲しい。」と好きに言っていたワケですが、3Dになってくるとソレに高さが加わって「より良い使い勝手。」の追求になってくるワケです。

1つひとつのコンセント位置を考えたり、細かい部材の大きさや厚みを確認・検討したりするコト2時間。
随分と僕たちの中の「新生活のイメージ」も固まってきました。



そして、今日。
きたる新生活に向け、引越し業者2社の見積もりがありました。

以前、大手の引越し業者で見積もりをとっているので、今日ので計3社。
今日の業者は地元のトコと、中規模のトコ。

ウチは引越しの経験も少ないので、引越しの相場勘がまるでありません。
なので、とりあえず見積もりとサービスを調べてじっくり検討するか・・・と、思っていたのです。

が、結論は大手さんでした。

料金は、どこの業者も言うホドの差はない。
サービスの内容も3社とも大差ない。
まぁ、大手さんは自社開発の便利グッズとかがある分、楽そうではある。

じゃあ、大手さんが決め手は便利グッズなのか?


いえいえ、決め手は営業さんです。

明らかに大手の営業さんが1番ちゃんとしてました。
「これなら任せられる。」と安心感を感じさせる営業さんでした。


てか、今日来た中規模のトコの営業がヒドすぎた。

その営業君は、ソフトモヒカンの軽い感じの青年。
約束の時間に20分以上遅れ、ソコをひと言も詫びずに「ちぃーす。」的なノリで見積もりを始め、その見積もりをする時に出る言葉・態度のひとつ1つが基本的になってない。

言葉尻に「すか?」を付ければ丁寧なのか?

そして、「決め手は何すか? 値段すか? 値引けば即決すか?」と、値段押しがしつこい。
しかも、その値段は大手や地元の業者と比較すると高いときたもんだ。

更に、僕らが「値段だけでは決めません。見積もりとサービスを比較して後で決めます。」と言っているのに、即決欲しさで値段の話を続ける。そして、聞きたくても我慢するのが営業マンかと思いきや、禁断の「他は幾らなんすか?」まで飛び出す始末。
そして、本部へ連絡する時も、客前なのに電話の相手とは明かな仲間内口調で話をし、割り引いたのに即決で決めない僕らが悪い風の空気。

その時「アンタのトコに頼む理由がひとつも無いよ。帰れ!」と、僕は心の中で叫んでました。

他の2社の見積もりは、どちらも小1時間はやったのですが、その中規模さんはあまりに堪え難かったので20分ほどでお帰り頂きました。


もう1社の地元の業者さんは、良くも悪くもフツー。

大手さんを蹴って、ココにする理由が見つけられませんでした。


なので、結論は大手さん。

営業マンって大事ですね。


これで引越し業者も決まり、いよいよ、本当に新生活カウントダウンって感じになってきました!!



「このブログには愚痴は書かないんじゃなかったんでしゅか?」

「まぁ、あれほどヒドイと書かずにいられないでしょ。」




know_the_base at 22:03|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 | 

October 30, 2010

なぜ、中国はジャイアンなのか。 (超長文)

報道に煽られているようで、書くまい、書くまいと思っていた中国問題。

実際、僕は外交素人で、特別な情報筋の新情報があるわけでもなく、日本の国内で国内メディアの情報に触れているだけの人間。
そんな僕が中国問題に言及しても意味はあまりない。
単純な中国批判にしかならない一般人の意見は、あくまで茶のみ話のレベル。

だが、ガス田、尖閣諸島問題、レアアース問題、そして首脳会談を直前になって破棄。
やはりひとこと言いたくもなる。

ただ、素人がひとつ1つの問題を取り上げても仕方なし。意味もなし。

ここでは「なぜ、あの国はこんなにも傲慢(ジャイアン)なのか。」を素人ながらに僕が今まで読んだり、調べたり、考えたことを簡単にまとめてみようと思います。
コレは、あくまで僕個人の勝手な言い分で、しかも、今後知る事によって変化するものである事をご理解ください。


僕は考えました。
まず、中国の根っこにある「中華思想」ってヤツは何なのよ。と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中華思想(ちゅうかしそう)とは、中国大陸を制した朝廷が世界の中心であり、その文化、思想が最も価値のあるものとし、朝廷に帰順しない異民族の独自文化の価値を認めず、「化外の民」として教化・征伐の対象と看做す、中国大陸に存在する伝統的な思考法。中華主義・華夷秩序ともいう。
人間、国、物事の関係を水平ではなく上下関係で見るのが、中華文化の特徴である。その為に名前の前に、敬称の「老」や蔑称の「小」を付けることが多く、反日デモでは日本のことを「小日本」と呼ぶ。
ウィキペディア「中華思想」より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分たちが文化・文明の光り輝く中心にあり、その光によって周囲を照らすと考える中華思想。
その中心から離れていくほどに光は届かなくなり、文化・文明レベルの低い蛮夷へとなっていく。

この中華思想、相当な俺様主義でありジャイアン思想。
でも、歴史を振り返れば西洋ではキリスト教が同じ様な働きをした時代もあるのだから、中国が特別と言うわけではない。
日本でも朝廷のある京都を中心に、遠方になるほど蛮族として遠征の対象になっていたコトからも、まだ文化が荒削りで「文化・文明=軍事力=他国を侵略し染め上げる力」だった中世までの世界では、よく見られた思想であったと思われる。

ただ、そんな幼稚なオラオラ王国論が現代社会で生き延びているのでしょうか?

果たして、この中華思想が現代でも中国国民の中に息づいているのか。ソレを具体的に知る術は僕にはありません。

それでも中国関連の情報から推察するに、中国のおこなっている強圧的な少数民族政策(チベット・ウイグルなど)や、周辺諸国と抱える領土問題などを見る限りだと、僕には、まだ色濃くその名残が生きている様に見受けられてしまうのです。

なにせ、尖閣諸島問題によって起こった中国のデモで「沖縄を中国に取り戻せ。」と言うプラカードまであるのだから「どこまでを自分の国だと思ってんの?」とツッコミたくなります。

そして、異文化(多様な意見)を認めない中華思想と社会主義による思想統制のマッチングは絶妙過ぎて、そら恐ろしいほどです。

これらの事から、驚くことですが、現代でも中国には中華思想が生きていると仮定することが出来ると考えられます。


そして、中華思想が生きているならば、中国にとって世界は全て中国なのです。

そもそも世界は全てひとつの国(中国)。
ただ、中華(中心)から離れてしまった暗い場所には蛮族が国を作ってしまっている。
じゃあ、我々が行って、照らしてやろう。

と、こういうワケ。

無茶苦茶のようですが、そう考えれば現在の中国の政策や領土問題への態度も筋が通るのです。

中国からしてみたら、中華の中心から遠く離れた欧米などは「中華の光が届かない非常に暗い蛮夷で、我々が頑張って照らしてあげる必要がある。」ワケです。
それならば蛮夷がもてはやす「民主主義」など、とるに足らないと考えるのも道理。


このジャイアニズムの境地とも言える「中華思想」が、中国問題の癌ではないかと僕は思うわけです。


さて、では、なぜ中世レベルの思想である「中華思想」は現代まで中国に残ってしまったのか。

長文になりすぎたので、また次回(その2へ続く)。




「中国に中華思想が残っているとする根拠が脆弱でしゅ。」

「僕もそう思うよ。でも、残ってる感じがするじゃーん。」



know_the_base at 22:39|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

October 29, 2010

寝れない人に読んであげましょう。

「テスト勉強する。」と宣言して5日。

一応、やってます。 映画も我慢して、鉄の意思で。

まじで?

まじで。

最低、1日1時間半〜2時間はやってます。
コレは、天下のダメ人間 know_the_base を直接に知る人にとっては驚愕の事態。

でしょ?


でも、なぜでしょう。
勉強をしていると、必ず猛烈な眠気に襲われます。

昨日なぞ、テキストを読んでいたはずなのに空白の30分が存在する始末。

謎です。

確実に眠くなる。しかもこの睡魔、超強烈。
いつもなら眠くなるワケもない9時台とかに、簡単に意識が飛びそうになる。
そして、そこで仮眠をとったら最期、気付けば明朝になる不思議。

これはもう、テキストに眠りの魔法がかけられているとしか思えません。


おそろしや、農協事業論。



「パパ、このご本を読んでくだしゃい。」

「なになに、農協法? これは良く眠れるゾ。」



know_the_base at 21:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

いきなり寒いよっ!!

宮城の言葉解説。
「いきなり」・すごく

共通語解説
「いきなり」・急に


どっちもっ。

どっちの意味でも「いきなり」寒いよっ!!

冬かっ。

もう冬なのか。

そりゃあ、そうか。もう11月になるってんだもんなぁ。

今日の夜は掛け布団を出します。


ちなみに、新しい家は涼温房がどう、とか、ペアガラスで気密性がホニャララ、とか、無垢の床は断熱性がなんとか、で、夏涼しく、冬暖かい・・・らしい。

本当か?

本当なのか?

新しい家、早めにカモン!



「急に寒いと風邪をひきましゅ。」

「お、フツーのコトを言ったね。」

know_the_base at 07:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 

October 28, 2010

難易度が微妙だよ!!

テスト勉強中の叫び。


過去3年分の過去問があるので、出題傾向の検討も兼ねて、なんとなく勘とか一般常識でソレを解くトコから勉強を始めています。

で、結果。

農協法 17/26
JA事業論 31/46

配点は分からないので正確な点数が分からないんですが、多分、点数にして70〜80くらい?

合格点は60点なんで、全く何もしない現段階で一応の合格ラインを超えてんですよね。

コレが「全く分からん。ダメ。30点も取れない。」だったら、危機感を持つか、いっそ投げるか出来るんですが・・・。

70点かぁ。

出題によってはギリギリ? になる・・・かもね。 みたいな点数・・・。

微妙。



ちなみに、1回過去問をやって、次の日とかに違う年度の過去問をやると、ほぼ似たような問題の為、正答率がガンガン上がる。


もう・・・良いのか? やんなくて。




って、こうやってナメてて落ちたら、恥ずかしいなぁ。

この油断が危険な気がする。

そして、自分でハードルを上げすぎだと思う。



「パパは前の試験の時も同じことを言ってまちた。」

「前の時はまだ君は生まれてないでしょ。」



know_the_base at 01:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

October 25, 2010

宣言 「テスト勉強します。」

以前から書いているコトですが、興味が持てないこと極まりない職場の試験があります。

試験日・11月6日

あと2週間になってきました。そろそろやらんと。まじめに。


てか、ちょこっとは手を付けだしているんですけどね。

1日おきに2時間くらいは。

ちょっと勉強した感触としては、やれば何とでもなる。

でも、やらんとアカン。(← 当たり前)


ほんっっっとに気乗りはしないですけど、僕も大人ですし、本腰入れる事にします。

まぁ、今の職場でずっと勤める上での通過儀礼と言うか、税金みたいなモンですからね。
諦めも肝心です。


でも、試験2週間前からの勉強なんていつ以来だろう・・・?

やり方とか・・・ 記憶が・・・





「パパに試験勉強なんて出来るんでしゅか?」

「良い質問だ。それはパパが知りたいゾ。」




know_the_base at 22:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

October 24, 2010

付き合って、ひとまわり。ver2

12年前の今日、嫁様と付き合いだしました。

当時、僕は20歳・大学2年生。
嫁様は19歳・大学1年生。

思えば長く付き合ってるモンです。



なんで僕がこの「付き合いだした記念日」を憶えているか、それは「付き合いだした日が嫁様の誕生日の次の日だから。」なんです。

うわ、なんて簡単な理由。

まぁ、これを憶えているのには、他にも色々と長々とした理由があるのですが、痛々しいのでここでは割愛させて頂きます。

まぁ、始まりは痛々しくても、12年も続けば笑い話でしょ。



「パパとママの出会った頃の話を聞きたいでしゅ。」

「ま、ママに聞くと良いよ。ぱ、パパは忘れちゃった。」




ちなみに、昨晩も同じ内容で書いたのですが、あまりにも駄文だったので「ver.2」とさせて貰ってます。


know_the_base at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 23, 2010

可能性無限大

娘っちは動物が好きです。

自分の体の何倍もある動物でも、物怖じせずにナデナデ出来ます。
それに、フワフワのウサギやハムスターなどを触ると、うはうはと大きな声で笑い、明らかにテンションが上がってるのが分かります。

可能性 2

将来は、動物のお医者さんにでもなるのでしょうか?


娘っちは音楽が好きです。

僕がロックを流すと、スピーカーの前に張り付いて大喜びで屈伸運動。どんだけ盛り上がってるライヴだよ、と突っ込みを入れたくなるなるほどノリノリ。
クラシックも好きで、夕方に教育テレビの「クインテット」を食い入るように観てますし、最後のコンサートは声を上げての大盛り上がり。
今日なんて、ママのピアノを夢中で弾いて(押して?)おりました。

可能性

将来は、音楽家にでもなるのでしょうか?


絵本も大好きだし、探究心も旺盛だし、もう少し大きくなったら合気道とかやったら良いかな・・・・・。


娘っちを毎日見て、成長を感じ、「今、この瞬間、この子は全部の可能性を持っているんだ。」と思うと、色んな将来を想像してしまいます。

この子が将来どんな風に育つのか、それが楽しみで仕方ありません。


と、まぁ、親バカな妄想と期待は置いておいて。

何も特別である必要はないです。普通に暮らすのも相当楽しいし。

基本、本人が好きなコトを好きにやれば良いです。

ただ、何か本当に好きなコトを見つけて、それを一生懸命やれる子に育ってくれたら嬉しいなぁ。

なんて、コレもまた期待か・・・。



「わたちは世界を征服するでしゅ!!」

「あぁ・・えぇ・・・、じゃあ・・・ソレで。」




know_the_base at 21:41|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 | こども

October 22, 2010

年間目標、いちぬーーーけた。

「ユルイ」「ヌルイ」と批判の声が高まる僕の今年の年間目標『毎日4000歩』ですが、あと丸々2ヵ月を残して達成しちゃいました。


目標歩数
『 4000 × 334 = 1,336,000歩 』

242日経過(9月末日)現在の通算歩数
『1,244,460歩』

10月1日〜22日の通算歩数
『108,526歩』

10月22現在の通算歩数
『1,352,986歩』


目標は目標としてキッチリとクリアしておかないとね。

まぁ、目標クリアと言ってもウォーキング自体は良い習慣なので続けようと思っています。


今年は、この年間目標を掲げるメンバー全員が目標を達成して、ダメ人間の象徴である『ダメ人間トロフィー』を叩き割る事を目指しています。

そうだよね? >メンバーの皆

果たして大晦日に全員で祝杯となりますでしょうか・・・。



know_the_base at 23:09|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 | 歩いて年間目標。2010

October 21, 2010

ソウゾウイジョウニダメナヒト。








ね、自分。





know_the_base at 22:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 

October 19, 2010

怪盗あらわる。

最近、帰宅すると家が荒らされています。

机の上にあったはずの物や、扉の中に片付けられていた物が、床に散乱しているのです。

空き巣でしょうか?

正体不明の犯行に怯えて暮らす毎日です。



しかし、今日遂に、犯人の姿を写真に納めました。

怪盗ゆいか 2

証拠写真1

怪盗ゆいか 1

証拠写真2

犯人の特徴
・身長70cm〜80cm
・小柄
・黒いスウェットの上下とピンクの靴・白いヨダレ掛けを着用

犯行の動機は不明。
犯人の狙いは、ひじき、お茶漬け海苔、自分のマグマグなど。
ただ、狙った物でひとしきり遊ぶと投げ捨てる手口から、愉快犯の疑いが強いとのコト。

どうやら誕生日に靴を貰って以来、機動力の上昇が著しい人物の犯行のようです。

犯人は未だ捕まっていませんが、被害者の夫婦は再犯の恐れがあるとして、防犯対策などの注意を呼びかけています。



「次は貴方の心をいただきましゅ!」



know_the_base at 22:01|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 日記 | こども

October 17, 2010

体調不良連鎖。

今週末、嫁様がダウンしました。
なので、土日の2日間、家事と娘っちの世話に追われてました。


9月の末に娘っちが熱を出してから毎週末、誰かが体調不良。

先週は僕。今週は嫁様。

バタバタした毎日の疲れと、気温の変化でしょうか?
いつも誰かしらが体調不良。どうなってんだか。


娘っちとずっと一緒で家事もこなすのは、ホント大変。

まぁ「嫁様はずっとソレだよ。」と、言ってしまえばそうなんですが。慣れの問題も御座いましょう。


やっと娘っちが寝てくれて平穏な時間を得ましたが、明日に響くので早めに寝ます。

know_the_base at 21:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | こども

October 15, 2010

待ちわびてますけど、何か?

モンハン3


2010年12月1日発売。
PSP用ゲーム「モンスターハンター ポータブル 3」を待ちわびています。


前作の「モンスターハンター ポータブル 2G」は、現在の通算プレイ時間が700時間弱に及んでしまいました。
しかも、そのプレイ時間は現在もなお伸びているという・・・。

まぁ、このゲームは20数年にわたる僕のゲーム歴の中でも5本の指に入るヒット作。
僕好みの要素だけで出来ていると言っても過言じゃない。

その続作ですから「3」が楽しみじゃないワケがない。

好きが高じて、職場に「モンハン部」まである始末。


12月になってブログの更新が途絶えたら「今頃は狩りにでも行っているんだ。」と思って下さい。




know_the_base at 21:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 | ゲーム

October 14, 2010

トンテンカン トンテンカン

立ちだした


遂に、本日より家の本体部分の工事「建て方」が始まりましたっ!!


秋の長雨に泣かされ、コンクリート中心の土台作りは、スケジュールが押しに押して約1ヵ月半もかかりました。

大事だと分かっちゃいても。
地味なトコだとわかっちゃいても。

着工から1ヵ月半。
あんまり変化のない、土とコンクリを眺める日々・・・・・・長かった。


でも、そんな日々も、もう終わりさっ。

今日からは大工さん達が心地よい音を響かせる タ・テ・カ・タ さっ!!


今日の工程は、1階部分の柱〜2階の床まで。
明日の工程は、2階部分の柱〜屋根の骨組みまで。
土曜の工程は、屋根。

なんとーっ! この3日間で家の形になっちゃうじゃん!

すげー。感動だ。素敵だ。


それに、土台だけを眺めていた時には「アレ?なんだかウチ・・小さくね?」と思っていた我が家も、立体になると急に迫力が出て大きく感じます。

案外、大きな家を建てちゃうんだな・・・自分。 なんて、感慨に浸ってみたり。


何はともあれ、あと2ヵ月!

楽しみ!!




追伸。
今日、腹痛が治りました。

色々、ツライ事もあったけど、わたし、元気です。


「キキだって、名台詞をこんな風に使って欲しくないと思ってましゅ。」





know_the_base at 22:09|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 | 

October 12, 2010

自分史上、最悪の胃腸。

ども、相変わらず胃腸が不調で2kg痩せたknow_the_baseです。

今回の記事は、多少きちゃない内容を含みます。
お食事中の方はご遠慮頂き、また、読みたくない方は飛ばして下さい。

体調不良が始まって4日目。
最悪の時期は脱しましたが、まだ普通の時だったら「腹イタイ」と思う位には不良です。


始まりの1日目。
この日の朝は、まだこんな災難に見舞われるとは思いもしなかった・・・。

初日は1日動き回り、その寒さにヤラれてしまったのか、疲れたのか、夕方から高熱(多分)を出しました。
その時は手元に体温計が無く計りはしませんでしたが、歯の根がガチガチして、布団をかけても寒かった所から推察するに、38〜39度はあったかと。

でも、ひたすら寝て、深夜にはちょっと熱は落ち着いてきました。


天中殺・2日目。
初日の熱も山場は越えたものの推測体温37度強はある、まだまだお熱の状態。

そして、2日目の朝から始まった、オナカの急降下。
コレが現在まで僕を苦しめている元凶。
何回トイレに行っても、すぐに「もう、ヤバイって、もう!!」な状況になる。

その間隔はだんだん短く、デルモノも水様状になるばかり。
それに伴う腹痛も回数を重ねる度に、良くなるどころか悪くなるばかり。


悪夢の2日目〜3日目の夜。

ココは、一番苦しかった。

腹痛・熱・トイレ・寝れない・トイレ・寒い・僕・動く・ゆいか・起きる・泣く・でも・やっぱり・腹・イタイ・トイレ・・・・

正にナイトメア。
ナイトメア過ぎて、記憶も曖昧。
何回起きたか、とか、何時間寝れたか、とか、正直分かりません。


回復期の3日目。
悪夢の夜を抜けて、朝。
やはり体調は戻らず、一時は誕生パーティの延期を検討するほど。

なにせ、便意よりも先にモノが来るほどの急降下時代。
対応策として「便意が無くたって一定時間が過ぎたらトイレへ行く制」をとるほど。
一定時間は30分。そして、座れば出る。

ちなみに、2日目の朝からこの時点まで食べたのは、杏仁豆腐1皿、クッキー3枚、ウィダー2つ。

でも、オナカの状態はともかくとして、熱の方が随分と楽になり、気持ち的に余裕が出来てくる。

「あとは気合い。」と、意味の分からない勢いを作って、誕生パーティを計画通りに開催・無事終了。

思ったより調子が良くなり、パーティのシチューやケーキを食す。
それが刺激となって、当然、トイレに駆け込むワケですが、それでも食べ物が食べれるようになったのが進歩。

そして休憩後、勢いに乗って友人Dの妹の子(関係遠っ!でも、心理的に近いのでOK)に表敬訪問。出生祝を渡す事が出来ました。
また、借りていた一眼レフのお礼を友人D父上言うコトも出来ました。

一応、予定を済ますコトが出来た3日目は、腹痛ながら良い日でした。


大丈夫だと思った4日目。
運命の出勤日。

3連休明け、出ない、は、ナイ。

で、出てみた。
病棟に居たDrに頼んで薬出して貰った。
病名は案の定「腹カゼ」。

マジデ? こんなにツライの? 腹カゼ・・・あなどれない子・・・

そして・やっぱり・腹・イタイ。
トイレ・頻度・高い。
しかも・午前・「超」忙しい。

なるべく平気そうに働きましたが、内心はキツかった・・・。

まさかまさかの伝説を作るワケにもいかず、トイレと仕事のタイミングを調整するギリギリの戦い!!
そこに入り込む、意味不明のクレーム!!
駆け込むトイレ!!
開いてない個室!!

know_the_base の運命やいかに?!







僕。生きてます。
でも、死ぬかと・・・思いました。

結果、昼過ぎに早退しました。

伝説は・・・残しませんでした。



で、今。

まだオナカはシクシクします。
トイレ頻度も高いです。

でも、普通に「オナカ壊れた。」位の感じ。
ヒトとして生きられる感じ。です。



追伸。

現在、嫁様が妊婦期に付けていた腹帯を腹巻として使用中。
本来は妊婦の使うものなので、流石に男性の僕でも入る。

そして、腹巻の良さを知ってしまいました。

ただでさえババシャツ(ヒートテック)導入でヤバイのに、更に腹巻・・・


「若さ」カンバーーーーーック!!



know_the_base at 21:54|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 

October 11, 2010

生誕1周年パーティ

今日はじーじとばーばを御招待して、娘っちの誕生パーティをしました。

貰ったプレゼントは

初くっく

初めての靴。

ばーば曰く、はじめての靴は室内で履く練習用とのこと。
モノを確認すると、確かにソールの部分が柔らかく、外履きではなさそうです。

クックでたっち

早速履いて、お披露目。

嫌がるかなー?と心配したのですが、ちょっとイジッて、その後は気にせずに履いたまま。
むしろ、足の裏が滑らないのでたっちにも安定感が出て、本人も満足そう。

その後、安定感の賜物か、本日、6歩も歩きました。

でも、両親にしてみると、娘っちが靴を履いてるなんて、なんかムズカユイような、笑ってしまうような、何かヘンな感じです。



そして、誕生パーティに欠かせないのは、バースディケーキ!

tannjoubi

近くのケーキ屋さんに無理を言って「砂糖少な目」で作ってもらったケーキです。

本当は砂糖ナシにしてもらおうと思ったんですが、砂糖ナシと言うのは、スポンジを膨らませる関係がどうとかで作れないそうです。

その注文の時、格好良かったのがプロのひと言。

「美味しくないケーキをお出しする訳にはいきませんので。」

だそうです。
文太なのか。アナタ、菅原なのか。

で、プロにお任せした結果、砂糖少な目。確かに甘さ控えめ。

でも、娘っちは初めて食べるケーキが、そりゃあ、もう、素敵な味だったらしく、大興奮で食べておりました。

もう、目の輝きが違うとはこのことです。
自分の分が終わってしまうと、じーじの所へ行ってひと口分けて貰う始末。


とまあ、そんなこんなの2時間で、パーティは終了。
毎年恒例にしていきたいイベントがひとつ増えましたとさ。



「パパと、ママと、じーじと、ばーばの誕生日を教えてくだちゃい。」

「何で?」

「誕生パーティがあれば、それだけケーキが食べれましゅ!!」






追伸

この連休、僕の体調は最悪でした。
とにかく胃腸にキておりまして、現在は随分と回復したものの、まだトイレと仲良しの状態が続いております。

腹が痛い時って、普通の時がどんなだったか分からなくなりますよね。



know_the_base at 22:12|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 | こども

October 08, 2010

カジュアルなババシャツ。

ヒートテック


カジュアルなババシャツ。

ソレは、ユニクロのヒートテック。
「布自体が発熱する」とゆー何とも未来な新素材で出来た、やたら暖かいと噂のアレです。

何でもモノは言いよう。

ババシャツと言われたら着れない気がするのに、ヒートテックと言われると良い感じな気がする。

とっくりと言うとアレでも、タートルと言えば許される。

スパッツだとアレでも、レギンスと言えばオシャレアイテム。

キムだと舐められるから、将軍様とお呼び!! みたいな。

実体は同じでも、名称・呼称で人の感じる印象は随分と違うものです。


いやいや、脱線。
さて、ヒートテックの話。

去年は、買おうと思った時には売り切ればかり。
全く手に入らなかったので、今年こそはと狙っておりました。

買いたてホヤホヤをお試しで着てみると、やはり暖かい・・・気がする。

でも、それは「ヒートテックだぜ!」と言う思い込みによるプラセボ効果の・・・気もする。

まぁ、何はともあれ、これで今年の冬は快適に過ごせそうです。



「完全インドアのパパに必要なんでしゅか?」

「気分だよ。気分。」




know_the_base at 23:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

October 07, 2010

バイト代届く。

去る9月19日、朝日新聞「声」欄に僕の書いた投稿が載りました。

で、本日、その謝礼が掲載した日の新聞と一緒に届きました。

朝日新聞


たかが、図書券3000円。
でも、やっぱり嬉しい3000円。



ただ、記念に残している新聞もコレで4つ目。
流石にちょっとかさ張ります。

自分のトコだけ切り抜いて捨てちゃおうかなぁ。



「パパのモノはゆいかのモノ。さぁ、絵本コーナーへ行くでしゅ!!」




know_the_base at 22:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

October 06, 2010

はじめての誕生日。

2009.10.6 〜 2010.10.6

今日は娘っちの誕生日。
無事に1歳になりました。

あっと言う間の1年で、とても幸せな1年でした。

言葉以上に毎日、いや毎時、毎分の単位でさえも成長が見えるような毎日で、本当に楽しく、刺激的でした。

また、次の1年が楽しみで仕方ないです。


正式なお誕生会は、今度の11日。
じーじとばーばをご招待して、みんなで娘っちの1歳を祝いたいと思っています。





娘っちプレゼント劇場。

朝起きると、部屋に見慣れない大きな袋がありまちた。
プレゼント 1


近付くと、パパが袋から箱を出してくれまちた。
プレゼント 2


箱の中身は、娘っちのやりたい遊びが一杯詰まった大きなオモチャでちた。
プレゼント 4


蛇口を押すと、ジャー。

ハンドルを回せば、ブブー。

インターホンは、ピンポーン。

テレビもありましゅ。バスの停まりますボタンも、ティッシュも、自動販売機もついていましゅ。

最高でしゅ!!

ガシャン、ジャー、ピンポーン、ピンポーン、ピピピピンポーン、つぎ停まります、ブブー、つぎとま、ブブー。

楽ちい!!(キラーン)


さて、娘っちはプレゼントで遊びだしたので、ここからは僕が。

その後、日中の娘っちは、暇さえあればガシャンピンポーン、ブブ、ガシャ、ジャー。
プレゼント 5


僕が「○○ちゃーん。」と呼んでも
プレゼント 6


「はーい。(挙手)」はするものの、忙しいらしく後ろ向きで「はーい。」をする有様。

パパとママからのプレゼントが気に入ったらしく、夢中でしたとさ。

おしまい。



「パパ、ありがとうでしゅ。」

「楽しい毎日をくれて、パパも君にありがとうだよ。」



know_the_base at 20:51|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 日記 | こども

October 04, 2010

ONEPIECE 連載再開。最後の海 新世界編 

ワンピース 新章


僕の長い漫画人生の中で、最上位ランクに位置する作品。

「ONEPIECE」

8月の末に第1章が幕を閉じ、1ヵ月の休載を経て、ついに連載が再開しましたっ!!

この1ヵ月・・・長かった。待ちわびた。

新章・第1回という事で、増ページであったにも関わらず、瞬読。
今日、既に4回は読んでしまいました。

んー、たまらん。やっぱり面白い。

まさかサンジの眉毛がそんなコトになっていたなんてっ!!



第1章から2年後になった第2章。

これからどんな冒険で僕らをワクワクさせてくれるのか、今から楽しみ過ぎです。




「パパは今年32歳になりまちた。」

「ゆいかはあと2日で1歳だよねー。」

「皮肉が利かないほど浮かれてましゅ。」



know_the_base at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マンガ | 日記

October 03, 2010

おっぱいバレー

おっぱいバレー


インターネットも無い1979年。北九州の片田舎。

そんな時代に中学生男子の抱く野心。

いや、いつの時代でも中学生男子が抱く野心。

そりゃあ、ねぇ。
アレですよ。
女性の胸部にある、アレです。

おっぱいです。

とにかく、見たい。
出来るなら、触ってみたい。

その野心に邁進する、弱小男子バレー部。

時速80kmで走った時に空気圧がアレの感触だと聞けば、怪我も省みずに自転車で坂を駆け降りる。

そんなバカ部と言われる男子バレー部に、新任の若くて綺麗な先生(綾瀬はるか)が顧問に就任してきた。

「君たちが本気になるなら、私、何でもするよ。」

「それなら、今度の大会で1勝したら、先生のおっぱいを見せて下さい!」

不純100%の弱小バレー部が「1勝」の為、本気の本気で動き出す。

果たして少年たちはおっぱいを見れるのか・・・。



79年の空気感と当時の音楽にのせて、バカパワーが奔る。
いつの時代でも中学生って、こういうモンだよね。実際。

いや、ここまでバカじゃないけど・・・。


ツッコミ所とか言い出すと、そりゃあ多い作品なんですが、許容範囲内・・かな?
むしろ、そんな風に作品として「隙」がある方が良いのかも。

恥ずかしいタイトルで、頭の悪い恥ずかしい作品ですが、悪くない作品です。
バカな内容が途中から、本当の青春映画に変わる。

やっぱ青春映画は、真面目に賢くなんて作るよりも多少アホで無軌道な位の方が良い。

「おっぱい!!」

で、ちょっと感動してる自分。

でも、半笑い感がぬぐえない自分。



ただ・・・、綾瀬はるかは、どんな役をやっても変わらんね。

てか・・・彼女・・・あれですね。大根ですよね・・・。

でも、いつもその朴トツな大根感がハマる役に巡り合える。
それが彼女の力なのかも。

可愛いし。


最終評価 B+




know_the_base at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2010年に観た映画 | 映画 あ行

October 02, 2010

歩いてわかる9月。

気温の変化著しく、急に寒くなった今日この頃。
皆さん、体調管理を心がけて下さいね。



・9月の報告

 1日(水) 4454歩
 2日(木) 4138歩
 3日(金) 4992歩
 4日(土) 3573歩
 5日(日) 5633歩
 6日(月) 5421歩
 7日(火) 4487歩
 8日(水) 6015歩
 9日(木) 1480歩
10日(金) 2124歩
11日(土) 7862歩
12日(日) 5713歩
13日(月) 5067歩 
14日(火) 6117歩
15日(水) 4604歩
16日(木) 3371歩
17日(金) 6373歩
18日(土) 6896歩
19日(日) 5438歩
20日(月) 6588歩
21日(火) 6270歩
22日(水) 5276歩 
23日(木) 3677歩
24日(金) 6179歩
25日(土) 3726歩
26日(日)10037歩
27日(月) 5774歩
28日(火) 4210歩
29日(水) 9633歩
30日(木) 3727歩


合計 158,855歩

平均   5,295歩

貯金 276,460歩


目標歩数
『 4000 × 334 = 1,336,000 』

242日経過現在、通算歩数
『1,244,460歩』

残り歩数
『91,540歩』


このままのペースであれば、10月中に目標達成になる見込みです。
5,000歩平均であれば18日か19日でしょうか。

「ユルイ。」とか「ヌルイ。」とか、様々な声が聞こえてきますが、ま、目標は目標としてキッチリクリアしておこうと思います。


しかし、こんなにウォーキングが自分の生活に馴染むとは思わなかったなぁ。



「目標がヌル過ぎましゅ!」

「今からもう、来年の目標が怖いよ。」



know_the_base at 22:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 | 歩いて年間目標。2010

October 01, 2010

果てしなく興味が持てないモノ。

今日は愚痴ります。
お耳汚しをお許し下さい。




以前も「半年前から憂鬱」で記事にしましたが、来る11月に昇進に関わる(という噂の)ペーパーの試験があります。

そろそろ試験まで1ヵ月。

やらない・・・と・・・・なぁ・・・・ ぁ ぁ ぁ・・・げぶー。 orz



はぁ。


だって、テキストの写真見てくださいよ。

あほか


「新・農業協同組合法」
「日本経済とJA事業」
「新・JAの簿記会計」

っすよ?

うっわ、興味ねーーーー。

なんだソレ?

僕の職場は病院だっつの。

JAなんか仕事に関係ねっつの。

そもそも昇進なんか興味ねっつの。


僕の中にあるモチベーションは「こんなのを落す馬鹿と思われたくない。」ってだけ。

こんな動機付けでヤル気を出せと言うほうが酷。

満足に映画を観る時間もないのに、こんなコトに時間を割くなんて、ハッキリ言って拷問に近い。




今日はテキストを出しました。

うん。頑張った。>自分


明日はテキストを片付ける場所を決めよう。

そうだ。そうしよう。



もう、やめちゃおっかな。 あはー。





know_the_base at 22:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記