October 2011

October 31, 2011

100歳の少年と12通の手紙

100歳

10歳の少年オスカーは白血病に犯され、余命はあとわずか。
両親が医師からの説明を受けるのを盗み聞いたオスカーは、その事実を知ってしまう。

両親はその事実をオスカーに告げられず、周囲の大人は腫れ物に触るようにオスカーを扱う。
オスカーはそんな大人たちの態度に怒りを感じていた。

医者とも両親とも言葉を交わすことをやめたオスカーが心を許したのは、偶然に出会ったピザの配達人のローズだけだった。

ローズはオスカーに言う。

「1日を10年と考えるのよ。そして、毎日神様に手紙を書きなさい。」

歯に衣着せぬローズに心を開いていくオスカー。

恋愛、結婚、浮気、人生の意味、残りの10日間でオスカーは人生の全てを味わっていく・・・。



病魔と闘う10歳の少年。
その少年の余命は、あと僅か・・・。

そう聞いてしまうと簡単にお涙頂戴のストーリーになってしまいそうだが、この作品はそうならない。

口の悪いローズがポンポンと繰り出す言葉と、プロレスラーだった頃の自慢話がコミカルで、話が重くなり過ぎない。
そして死に向かう少年・オスカーはあくまでポジティブで、その純粋なポジティブさが観客にとって喜びであり、そのポジティブさで切なさが増す。


フランス映画らしい、光と影を上手く使った美しい映像と、丁寧な感情表現と言葉の選び方。

悲しみと共に、笑いと、人生の喜びと豊かさを知る。

オスカーの死が少し軽いようにも感じますが、充分に切ない。
観終わった後にどこか清涼感を残す、後味の良い物語でした。


最終評価 A−


know_the_base at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2011年に観た映画 | 映画 は行

刀語 −カタナガタリ−

刀語


化物語以来、高まっている僕のアニメ熱。
乱読ならぬ乱見中。

今度の作品は、西尾維新アニメプロジェクト第2弾「刀語−カタナガタリ−」。

とりあえず原作・西尾維新に信頼を置いての鑑賞開始です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時は戦国。
伝説の刀鍛冶・四季崎記紀の作った千本の刀。
この千本の刀を集めた数が、その国の戦力を示す。

だが、それ程の力を持つ千本の刀さえ、最強の12本「完成形変体刀」を生み出す為の実験台だった。

戦乱の世を統治した幕府は、その12本の刀が反乱の力となることを恐れた。
その脅威を取り除く為、尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督・奇策師とがめを刀集めに派遣する。

とがめはまず刀の情報を集め、刀を人を使って集めようとした。だが・・。

最初に派遣した金で動く忍者は、刀を手に入れた後、その刀の価値に目がくらんで帰ってこなかった。
二番目に派遣した名誉で動く剣士は、刀を手に入れた後、その刀に魅入られて帰ってこなかった。

そこで、とがめは「金」でも「名誉」でも動かない人間を探す。

そして、ひとつの答えに辿り着く。
刀を使わない剣士、虚刀流。

大乱の英雄・虚刀流六代目当主、鑢 六枝(やすり むつえ)。
大乱後に絶海の孤島に移り住んだ彼に会うため、とがめは海を渡る。

だが、とがめは六枝に会うことが出来なかった。
六枝は既に死に、虚刀流当主は七代目の鑢 七花(やすり しちか)に引き継がれていた。

とがめは刀を集める為、「金」でも「名誉」でもなく、「愛」で七花を動かそうとする。

「私に惚れて良いぞ!!」

その力強いとがめの思考暴走と、前向きさに惹かれ、七花は「完全変体刀」を集めるとがめの旅に同行することにした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だから何でだろう、西尾維新の作品のストーリーを要約すると、作品のレビューにならなくなるのは。

現在、第2話。
斬刀・鈍(ザントウ・ナマクラ)まで。

うん。

なんとも西尾維新らしいキャラクターに台詞回し。
その辺は期待通り。

でも、ちょっと展開と最強12本が普通すぎる感があるけどね。
目にも止まらない居合い刀の斬刀・鈍はまだしも、絶刀・鉋がただ折れない硬いだけの直刀ってのはどうだろうか。
まぁ、西尾維新作品はソコが肝じゃないから良いのか。

まぁ、この作品は化物語シリーズと比較すると、もう少し真面目に書かれている印象。
流石にあっちは趣味100%で書かれた作品ですから、ソレと比較するのは難しい。

コッチはちゃんと物語してるもんね。
まぁ、西尾維新作品が普通に物語してるのが良いのか、悪いのか。まだ判断は微妙、かな。

とりあえず、最後まで観てみようかと。


know_the_base at 07:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 物語シリーズ関連 | アニメ

October 29, 2011

iPhone 4S その後。

4s


14日の発売日当日に最新機種を入手し、ウカれ倒してから2週間。

最初に動かした感触はサックサクだ。コレ! でした。


で、その後、感じる大きな違いはバッテリーの持ち。

以前のモデルと比較すると、確実にバッテリーの持ちが良いです。
フル充電で、1日ずっと使って、やっと2/3位になる感じ。
しかも、充電時間が格段に短い。

以前のiPhoneは、買った当初から半日使ったら充電と言う感じでしたから、体感で全然違う。

充電短く、持ちが長い。
これは使い勝手において、相当良いです。


My iPhone 4S 。お気に入り指数は上がるばかりの毎日でございます。


「最近、パパはいつもソレをイジってばっかりでしゅ。ゆいかのコトも見るでしゅ!!」


know_the_base at 23:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

君に届け 実写劇場版

君に届け


地上波放送映画を観よう週間。
決して、中2女子的恋愛映画を観ようの会ではございません。

累計発行部数1200万部を超える椎名軽穂の人気少女まんがの実写化。
不器用で周囲に誤解されがちな女の子・黒沼爽子の初めての友情や恋を描く。
goo映画より


真っ黒で長い髪。
青白い肌。
日本人形のような容姿と人付き合いの不器用さが災いし、陰気なオーラを纏い、周囲から「貞子」と呼ばれる高校一年生・黒沼爽子(さわこ)。

誤解を受けやすい彼女には、様々な噂があった。
異常に霊感が強く、霊を呼び寄せるコトが出来る。とか。
貞子と3秒以上目を合わせると不幸になる。とか。

本当は普通の女の子なのに、友達の1人も居ない彼女の誤解は解けることなく広がっていくばかり。

だが、爽子の日常は、風早翔太との出会いで変化していく。

風早君は、爽やかで誰からも好かれる性格。
クラスの中心的な人物で、男女を問わず慕われ、いつでも人の中心に居る。
そんな彼が、爽子を気にかけ声をかけることで、爽子の日常に少しずつ変化が訪れる。

噂に左右されず、誰とも分け隔てなく接する風早に爽子は惹かれていく・・・・。

ソレはソレ。コレはコレ。より。


原作の「君に届け」は、我が家の中では「学園恋愛モノ」ではなく「学園ファンタジー」として一定の評価を得ていたのですが・・・

まぁ、やはり実写化は無理だったね。実写化は・・・。 と、言うトコでしょうか。

「貞子」に間違われるような爽子の特異なキャラクターは、現実の女の子になっちゃうと表現出来ないよね。
多部未華子の演じる爽子は、ちょっと大人しいダケの可愛い女の子。
そんなちょっと大人しい可愛い子が「貞子」呼ばわりされて、「気持ち悪い。呪われる。」と呼ばれる様は、単なるイジメにしか見えないでしょ。

そうなると、漫画だと良い感じにファンタジーだったモノがファンタジーじゃなくなってしまう。

多部未華子が悪いんじゃなく、爽子のキャラが核になる作品なのにソコが立たないと、何ともね。


しかも、三浦春馬が演じる風早君は、こうやって実写化されると自意識過剰なイタイ男の子?
爽やかって言うのか? コレ?

最終的に、何とか多部未華子は爽子に見えてきましたが、三浦春馬の風早はムリだった・・・。

周囲のキャストの演技もどうなの・・・とツッコミたくなるレベルだし・・・。

もうちょっとコミカルな表現とか入れて、真面目に作ればもうちょっと何とか出来たんじゃないかと思う。


9割は予想通りとは言え、流石に微妙な内容でした・・・。
まぁ、もう、オマエに中2的少女系恋愛映画はムリだから観るな!! とゆー、話。

それでもこの間の「僕の初恋をキミに捧ぐ」と比べれば観れます。
なぜなら、人の死を安易に使ってない分、後味が悪いワケではない。

最終評価 C+


know_the_base at 21:37|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 2011年に観た映画 | 映画 か行

October 28, 2011

親は親で、試行錯誤で、真剣勝負。

基本、楽しい育児ですが、やっぱり大変なコトもあります。

前もちょっと書きましたが、特に難しいなぁと思っているのが、「叱る」 です。

悪いことをした時に、叱る。

んー。
言ってしまえば極々フツーの、当たり前のコトなんだけど。
コレが結構大変だし、結構難しい。

そう、ホント、難しいんです。


今日のコト。

2歳になり、最近はもう完全に言葉でのコミュニケーションが出来るようになった娘っち。
それでも、言葉に出来ない、何か気に食わないコトがあった時、叩いて意思表示をする時があります。

大人にとっては痛くも痒くもないレベル。とは言え、注意すべきは注意します。

で、今日は、その「叩く」を注意されたコトが嫌だったらしく、ワザと注意の直後にパパを叩きました。

さぁ、これは「注意」ではなく「叱る」のタイミングです。

「パパにちゃんと、ごめんなさいしなさい。」

パパとママが揃って「叱る」モードに入り、その気配を察した娘っちは甘えてみようとしたり、ふざけて話を誤魔化そうとしたり、逃げようとしてみたり、寝転がってみたり、とりあえず泣いて被害者ぶってみたり・・・。

でも、どんなに甘えようとしても、すがっても、パパとママはソレを許しません。
くっついてくる体を引き剥がし、寝転がれば起こし、ふざければ尚更に叱ります。

多分、本人も「ごめんなさい。」と言えば良いのは分かってるハズなのに、なぜかそのひと言が出ない。

そうこうしている間に、10分、20分、30分と時間は過ぎる。

時間の経過と共に、反省の色は見えるものの、なぜか「ごめんなさい。」だけが言えない。

ナマイキになり、自己主張が出てきても、まだ2歳。
40分を越えた辺りから、流石に精神的耐久力を超えてるんじゃないかと、コッチが心配になってくる。

もう、言葉を出そうとすると泣いてしまって言葉にならない状態でもあるし、反省もしてるし・・・ここらが落としどころか?
「もう、いいよ。」と言ってしまおうか・・・、そんな考えもよぎります。

時間の経過と共に、叱ってる方も叱ってる方で、耐久力が切れそう・・・。

でも、ここは真剣勝負。
中途半端のなし崩しは良くない。
泣いていれば済むと思われても困る。

もう、我慢比べです。

その頃にはもう、娘も甘えるのも、ふざけるのも、寝転がるのもやめています。
座って、中空を睨みながら、時々、思い出したように泣きつつ、でも、何か必死に搾り出そうという気配が感じられます。

そして、泣きだしてしまうのを必死に堪えながら 

「ご。ご、ごえん、ごえんなざい。」  言えました。


パパに「良いよ。」と言われ、ママに「よく言えたね。」と抱っこされて、泣きじゃくる娘っち。


いや、ホッとしたのはパパもだよ。
ちゃんと最後まで出来て、ホント、良かった。

言ってくれて良かった。

こんな育児の基本「叱る」ひとつも、親だって試行錯誤の真剣勝負。
しかも、負けるワケにもいかない真剣勝負。

それが突発的に起こるんだもんなぁ。やっぱ育児って大変だ。

疲れたー。




know_the_base at 23:35|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 | こども

October 27, 2011

「あの花」見終わりました。

あの花 3


「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を見終わりました。

推薦者が多い作品だったので嫁様も気になったらしく、夫婦で一緒に見ていたので時間がかかってしまいました。
育児中の夫婦がタイミングを合わせるのは結構大変です。


さて、感想ですが。

良かったです。
非常に良かったです。

泣きそうでした。
でも、泣きませんでした。
いや、泣けませんでした。
泣かせて貰えませんでした。

なぜなら。
嫁様とゆいかの前でしたし。
大事なシーンでゆいかが「(TVを指差しながら) 泣いてゆよー。」とか言ってましたし。
ゆいかが興奮して走り回ってましたし。
奇声をあげる人がいて大事なセリフが聞こえなかったりしましたし・・・。

それでも鼻の奥がツーンとなしました。
メガネを直すフリしました。


やっぱり、こう、この続編がない感じって大事。
この話数で、この時間に起承転結を盛り込んで、きちんと完結させるって大事。

最近流行りの「続きは劇場で。」的じゃない、完成度の高いオリジナルストーリーってなかなかないです。


おまけ。
あの花 2


僕はつるこ(黒髪・メガネ)が1番可愛いと思ってますが、何か?

めんま(銀髪ストレート)はキライじゃないですが、ちょっとアニメ的過ぎると言うか、幼な過ぎるし、あざと過ぎるでしょ。

つるこの好きな人の隣に居る為に、実はすごく努力してるトコ。とか。
だからって、好きな人におもねるワケじゃなく、むしろ耳に痛い忠告をしたり。とか。

その、真面目な芯の強さ。すげぇ、好きです。


「パパの好みはブレないでしゅ。リアルでは新垣結衣、夏穂、蒼井優。けいおんでは澪。で、あの花ではつるこでしゅか。もう、黒髪ストレート・メガネだったら誰でもパパを落とせましゅ。」

「否定しないっ!!」



おまけのおまけ。
この作品をゆいかが一緒に一生懸命見てました。
「じんたんはー?」
とか言ってましたし。
この記事の画像を見て
「めんまねー。」
とか言ってます。

可愛いけど。でも、この育児はアリなのか?


know_the_base at 07:05|PermalinkComments(7)TrackBack(0) アニメ | 日記

October 26, 2011

嫁様への処方箋

オモシロクナール


風邪が長引く嫁様に特効薬を処方しました。僕が。

「オモシロクナール」
諸々の症状の緩和には、コレでしょ。

彼女は大人なので一回に付き2錠。

この処方さえ遵守すれば、すぐに治るハズ。間違いない。



「ママは風邪を引いても休ませて貰えないでしゅ。パパと生きるのは大変でしゅ。」

「しまった! これ、ヨクスベールだった!!」

know_the_base at 00:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 

October 25, 2011

ダイ・ハード3

ダイ・ハード3


地上波の映画を観ましょう週間。
いや、嫁様の体調が悪いのでレンタルに行けないダケなんですけどね。

さて、日曜洋画劇場45周年記念企画は、ブルース・ウィリスの金字塔「ダイ・ハード」シリーズです。

久しぶりだなぁ。
こんだけ洋画劇場向きの作品もないですね。
吹き替え・CMが気になんないもんね。

今度の不死身の警官ジョン・マクレーンの活躍や如何に!


ある日、突然にNYのビルが爆破される。
サイモンと名乗る犯人は警察に電話を寄越し、ある要求をする。

「マクレーン刑事を呼び出せ。ヤツがこちらの命令に従わなければ、次のビルを爆破する。」

サイモンはマクレーンに恨みを持つ人間か?
妻と離婚し、荒れた暮らしが理由で休職中だったマクレーンが呼び出される。

犯人の無茶な要求に応じながら、犯人の正体にマクレーンが迫る!!



いやー、無駄に派手。
正にジェットコースターアクション。
アクションに理由なんか要らないワケですよ。

ストーリーの要約とか、むしろ面倒くさいもん。
観た30分後には内容を忘れられる気がする。

つまらなかった?

いやいや、アクション映画ってのは、コレで良いんですよ。
このナンセンスさに美学があるのです。


それでも今回の作品はテキトー過ぎのキライがあるかなぁ。

まぁ、ビール片手に流して観られる気楽さも大事。


最終評価 B−

know_the_base at 22:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 2011年に観た映画 | 映画 た行

October 24, 2011

僕の初恋をキミに捧ぐ

僕の初恋をキミに捧ぐ


僕たちの恋愛にはタイムリミットがある。

幼馴染の逞(たくま・岡田将生)と繭(まゆ・井上真央)。
2人は淡い恋心を抱き、そして、自分たちの恋の終わりも知る。

逞は重い心臓病で、20歳までもたない。

両親が医師から受ける説明を盗み聞いてしまった2人。
それなのに「最低の約束」をしてしまう。

「大人になったら結婚しよう。」

そして、2人は成長し、高校生になった。

僕たちの恋愛にはタイムリミットがある。
だらだらとしているヒマはない、一瞬の打ち上げ花火のようにパッと咲かせるしかない。

2人の初恋の、終わりの時が近づいてきていた・・・。


累計600万部を突破した、青木琴美による同題の人気コミックを映画化。
重い心臓の病気によって引き裂かれる運命と知りながら、結婚を誓い合った幼なじみの男女による純愛を描いたラブストーリー。
by goo映画より

だ、そうな。

最近の流行っすなぁ。

世界の中心で、愛を叫ぶ」からですか。

てか、純愛モノに、とりあえず「死」は必須すか。

「世界の中心で」はパイオニアとして見れる作品だったんですけどね。「恋空」とか、その後に続く作品が・・・ねぇ。


まぁ、百歩譲りまして、じゃじゃじゃじゃあ、「恋人が死ぬ設定」には目を瞑ったとしまして。

その諸々のディティール、甘すぎませんか。
病名「心臓病」って・・・。どんなよ・・・。

いや、細かい突っ込みっすね。目を瞑りましょう。

その登場人物の人格、破綻してませんか・・・。

いやいや、ソコにも目を瞑ったとしまして。

ストーリーと言うか、登場人物の心理の動きに無茶がないですか・・・。
無茶ってか、突っ込みとか、そういう次元を超えてませんか・・・。

この人たち、痛い人たちじゃ・・ あっ。

いやいやいや、じゃあ、ソコにも目を瞑ったとしまして。

そもそも、演技、ぐでぐでじゃないっすか・・・。
そこはアレですか? あそこまで破綻したキャラは演じ切れないって言う話ですか・・・。


あ、じゃあ、最後にひと言。

純愛の定義って何?
いやいやいや、まぁ、ソコはプラトニックじゃなくても成立するんですよね・・・。ですよねー。


金曜ロードショーでやってたもんで。出来心です。
いや、ホント、出来心です。

録画したなんて嘘です。

少女マンガなんですから、大人の男目線なんか要らんのです。そうなのです。


最終評価 C


know_the_base at 23:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 2011年に観た映画 | 映画 は行

嫁様が風邪です。

ちょっと前から風邪をひいていた嫁様ですが、この週末に悪化。
昨日なんて、彼女の誕生日なのに寝込んでしまいました。あわれ。

そして必然的に、この土日、僕はひたすら娘っちと一緒&家事全般を担うコトに。

いつもソコソコ家事もやりますし、いつもこどもと遊んではいるマイホームパパ全開の僕ですが、2日間嫁様なしの付きっ切りってのは始めて。
嫁様が出掛ける間、何時間かみてるのと、一日の全てをやるのは意味が違う。
嫁様が居ての家事と、居ないでの家事は意味が違う。

いや、家事と子育ては仕事です。疲れました。

洗濯、買出し、食事の準備、食事、その全てにこどもがプラス。
いっこ一個の作業に倍の時間がかかり、倍の労働力がかかる。

いや、こどもは可愛いし、面白いけど・・・でも、大変は大変!

誰だ、3食昼寝付きだって言ったの!!
いや、確かにそうだけれども!!
だからって楽なワケじゃないぞ!!

昨日の夜は流石に起きていられず、寝かし付けと同時に僕も撃沈しました・・・・。

でも、まぁ、とりあえず任務は全う出来たかと。
いや、むしろ頑張ったね。

昨日なんて柿まで取ったもんね。
取りすぎた柿でジャムまで作ったもんね。

自画自賛するもんね。


さて、嫁様の風邪は少しは良くなったのでしょうか。

まだ起きてこないので、今日の様子が分かりません。

今日は僕、仕事なんだけどなー、大丈夫かなー。



know_the_base at 06:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | こども

October 22, 2011

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない


幼かった日々を一緒に過ごした6人。

活発でリーダー的立場の宿海仁太(やどみ じんた・じんたん)。
天然で優しい本間芽衣子(ほんま めいこ・めんま)。
ゲームや漫画が好きな安城鳴子(あんじょう なるこ・あなる)。
冷静で頭が良い松雪集(まつゆき あつむ・ゆきあつ)。
大人しいけど芯が強い鶴見知利子(つるみ ちりこ・つるこ)。
元気で素直な久川鉄道(ひさかわ てつどう・ぽっぽ)。

彼らのチーム名は「超平和バスターズ」。
いつも一緒だった彼らは、互いにあだ名で呼び合い、秘密基地に集まって遊んで過ごした。

そんな彼らも、もう、高校生。
今は5人になってしまった彼らにとって、あの頃は、もう、遠い昔。

あの日、めんまが死んだ日から、仲間たちの間に少しずつ距離が生まれ、今はもう、バラバラにそれぞれの道を歩いていた。

めんまが死んだ原因が自分の暴言だったんじゃないかと言うトラウマを抱え、高校受験に失敗して引き篭もりになった仁太。
仁太と同じ高校で、表面的に話を合わせる友人たちと時間を潰す鳴子。
めんまの死に囚われたまま、仁太の通いたかった高校に通う秀才の集。
集の傍で、めんまの死から歩き出せない集を見続けてきた知利子。
高校に行かず、バイトで溜めた金で世界を回っている鉄道。


うだるような夏の日、仁太の元に死んだはずのめんまが自分たちと同じ世代に育った姿で現れる。

仁太は自分にしか見えないめんまを、自分のトラウマと、ストレスと、夏の暑さと、性衝動が生み出した幻覚だと思うが、その幻覚はリアルで無視しようにも出来ない存在感を持っていた。

そのめんまが仁太に言う。 「お願いを叶えて欲しいの。みんなでじゃないと叶わないお願いだったと思うの。」 

めんまの存在に自分自身が半信半疑ながらも、めんまの願いを叶える為に仁太が動き出す。
その仁太の動きが、10年近く離れていた「超平和バスターズ」を結びつける。

めんまの死から、それぞれの心の中で止まっていた時間が、動き出す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あの花」と略さずにはいられない長いタイトル。

さて、先日4夜連続で全編放送したのの録画を見始めました。
現在、第4話。

ここまではナカナカに良い感じです。
ストーリーも演出もぐっと心を掴んできてます。そして、続きが気になります。

なんかこの作品は、僕の周囲でアニメを観る人間が口を揃えて「良いよ。」と推薦してくるので、結構な期待値を持ってしまっていたのですが、その期待に応えてくれてます。
僕の中で満塁ホームランだった「化物語」ほどではないですが、それでもツーベースヒット位の当たり感があります。

そうですよ。こうでなくっちゃ。

推薦者の1人であるD樹君の言うとおり、この作品の中身は、エンディングテーマであるZONEの「Secret Base 〜君がくれたもの〜」に集約されてます。

君と夏の終わり、将来の夢、大きな希望忘れない。
10年後の8月、また会えると信じて。
最高の思い出を・・・。


さて、めんまの願いとは一体何だったのか、どんなラストが待っているのか。

コレが肩透かしだったら、ヘコむなぁ。



Secret Base 


あ、あと注目は仁太のTシャツの文字だね。
ダサ過ぎて、逆に格好良い。

know_the_base at 22:02|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 | アニメ

October 21, 2011

マイ・ブラザー

マイ・ブラザー


兄のサム(トビー・マグワイア)と弟のトミー(ジェイク・ギレンホール)は2人きりの兄弟だが、その人生は対照的だった。

兄のサムは海兵隊員で、功績もあり、人望も厚い。
美しい妻のグレース(ナタリー・ポートマン)と、2人の娘に囲まれる、誰の目にも幸福な人生。

一方、弟のトミーは定職にも就かずにフラフラと暮らし、挙句の果てに銀行強盗で刑務所に入っていた。

サムが戦地のアフガニスタンに戻る数日前、トミーは刑務所から出所した。
だが、家族の中にトミーの居場所は無かった。
既に2人の母は亡くなり、父は自慢の兄ばかりを愛し、弟への嫌悪を隠そうともしない。
トミーが唯一心を許すのは、母を失った痛みを共有した兄のサムだけだった。

そして、サムがアフガニスタンに戻って数日後、サムの部隊が撃墜されたとグレースに連絡が入る。

心を許しあった兄の死に、一度は酒に溺れるトミーだったが、兄の大事にした家族を支えなければと考えるようになっていく。
始めはトミーが家庭の中に入ってくることに拒絶を示すグレースだったが、トミーの献身的な働きに、いつしか心を許していく。

そして、ある日、トミーとグレースは心を許し、キスをする。
2人はサムへの罪悪感を抱えながらも、心が通じ合う。

だが、サムは生きていた。
捕虜として地獄のような経験をして、手を汚して、それでも愛する家族の為に生き延びて、帰ってきた。

生きて帰ったサムを迎え、喜ぶトミーとグレース。

しかし、サムはかつてのサムではなくなっていた。
捕虜の間に経験した地獄で心を病んだサムは、感情の起伏がなくなり、敏感な娘たちは彼に怯え、サムも娘たちとどう接していいか分からなくなっているようだった。

変わってしまったサムに、戸惑うグレースとトミー。

そして、サムは自分の居ない間に親しくなったトミーとグレースの間にある変化に気付く・・・。


戦争によって壊されてしまった青年とその家族の、再生の物語。


サムは一緒に捕虜になった部下を、その手で殺させられている。
そのトラウマを抱え、そして、それを誰にも言えないまま心に鍵をかけてしまう。

だが、鍵をかけられた彼の心は、出してくれと叫ぶ。

そんな自分の心の傷と戦うサムの目の前に、自分が居ない間に親しくなった愛妻と弟。
妻と弟に怒りの矛先を向けることで、サムは自分の心を守ろうとする。

でも、そんなコトが上手くいくわけがない。
家族の為にあの地獄から帰ってきたハズなのに、帰ってきた自分が家族を傷つけてしまう。

そして、怒りの矛先は、自分へと向かった。

だが、そんなサムを見捨てずに、救うのも、また家族。


ラストシーンが静かで、それでいて心に響く。


最終評価 A−


サム役のトビー・マグワイアは、スパイダーマンのイメージから脱皮する作品になりましたね。

てか、ナタリー・ポートマンが美しすぎる。



know_the_base at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2011年に観た映画 | 映画 ま行

僕が一体、何をした。

最近はノンストップで朝まで寝るようになった破壊神ですが、それでも時々、夜中に目を覚まします。

目を覚ます2パターン。
1> むくっと起き上がり、勝手に水筒の麦茶を飲んで、勝手にバタリと寝てしまう。
2> 突然のギャン泣き。

「1」に関しては、横で寝てると「おぉっ」とビックリする位で実害はないのです。
多分、のどが渇いて、寝ぼけながら水分とって、満足して寝てるだけなのです。

問題は「2」。

絶対、夢見てんですよ。破壊神は。
悪夢で目を覚ましてんすよ。

で、先日、その悪夢の中で、パパが何かをしたらしい。
泣き声を聞きつけて、駆けつけたパパを断固拒否。

「いーーーーやーーーーー!! ママーーー!!」

腕を突っ張り、のけぞり、コレでもかっていう嫌がりよう。

いや、僕が何をした。
てか、君の夢の中の僕が、何をした。

いつもは「パパ、だいしゅっきー。」とほっぺにチューしてくれる破壊神が、その時ばかりは「寄るな、触れるな、やめてくれ。」と蛇蝎のごとくパパを拒否。

そして、おっとり現れた嫁様が来たら、一目散に飛びついて、しゃくりあげながらも落ち着いてくる。

なんだそれ・・・。

不貞腐れたパパが布団に入り、嫁様は破壊神をあやす。
破壊神が落ち着いきたかなー、と思った嫁様が抱っこのまま布団に入ろうとすると・・・

案の定、「やーーーだーーーー!!」

同じ布団に入るのも嫌すか。
いい加減、パパも傷つくわ。

「もう、知らーーん。」

傷ついたパパが、その場を離れてリビングにでも下りようかとすると

「パパは、ねんこ、しててっ!!」

あぁ、視界から出て行くのも、何か嫌なワケね。監視はしときたいワケですね・・・。

だから、一体僕が、何をした。


不貞寝を決め込んだパパは、その後、嫁様がどれだけの時間あやしてたかなんて、知るワケもなし。



で、翌朝。

「パパ、おきてー。おはよー。だいしゅっき。」

あぁ、はぁ、そうっすね。

昨夜のことなど無かったコトになってる愛娘の笑顔が、なんとなく憎いパパなのでした。



「過ぎたコトをぐちぐちと、小さな男でしゅ。」

「・・・・。」



know_the_base at 06:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | こども

October 20, 2011

車検ショック!!

今日は車検でした。
愛車ストリームの5年目、2回目の車検。

走行距離もソコソコいってましたし、ちょっと点検やら整備やらもサボってましたし、ヤバイかな・・・とゆー気配はしてました。

でも、まさか、ココまでとは・・・。

まずタイヤ。
溝なし、ヒビ割れ、このままでは車検通過不可能。問答無用。

次はブレーキ。
前後ともに交換時期。これまた問答無用。

そしてエンジンルーム。
オートマオイルに、エンジンオイル、ブレーキオイルにスパークプラグ。
全部交換時期を越えております。
はい、良きに計らって下さい。

締めくくりはバッテリー。
目の前にテスターを出され、しっかり、ハッキリ、最低表示の要交換。
これから冬場にかけて、ちょっとキビしいです。 
はい、良きに、良きに。 

はい。本日の交換部品が出揃いました。

さて、結果は・・・・?


じゃーん、予算の倍!!

ぐっっ はぁ ・・・。

まじか。

ほぼ1ヵ月の給料が・・・。

僕の1ヶ月の労働が・・・。


いやー、車の維持費、キツイわー。
なんだ、この値段。
ちょっと車関係の値段って、他の世の値段と段違い過ぎませんか?
キツイわー。

もう、次回に車を買い替える時には、小さい車にします。

僕の通勤は軽自動車で充分です。

もう、ソレで良いです。


「そうやって経済が縮小していくんでしゅ。」

「日本経済のコトなんか知ったことかー! 我が家の経済がピンチじゃー!」


know_the_base at 00:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

October 19, 2011

川の底からこんにちは

川の底からこんにちわ


上京5年目。
仕事5つ目。
彼氏5人目。

普通を愛し、「しょうがない。」が口癖、目的無く、妥協ばかりで生きる佐和子(満島ひかり)。
職場の似たような先輩たちと愚痴をこぼし、そして、今日もサエない1日が過ぎていく。

5人目の彼氏は、職場の上司・新井健一(遠藤雅)。
バツイチで娘・加代子(相原綺羅)がいる健一は頼りないが、いつも男に捨てられてきた佐和子は不満に感じることもない。

「あたしなんて中の下なんですから、がんばるしか、しょうがないでしょ。」

そんなある日、実家でしじみ工場を営む父が倒れたと叔父・信夫(岩松了)からの電話が入る。

実家は典型的な閉鎖的田舎社会。
過去に傷を持つ佐和子は、そんな連絡を受けても、帰る気も、継ぐ気も、見舞う気も無かった。

だが、健一が勝手に仕事を辞めて佐和子の実家を継ぐことを提案してきた。

またソコでも、流されるままに流され、健一と加代子を連れて実家に帰ってしまった佐和子。
叔父に押されるまま、なし崩しにじじみ工場の仕事に入るが、5年前に駆け落ちして父を捨てていた佐和子を工場のオバちゃんたちは無視する。

工場の経営は右肩下がり、オバちゃんたちの冷遇、頼りにならない彼氏。

でも、やっぱり佐和子は、「しょうがない。しょうがない。」と状況に流され・・・、流され、流され、ない!

健一が幼馴染の友美と浮気して彼女の元から去るに至り、佐和子は自分の本心と嫌が応にも向き合っていく・・・。


コメディ? なの?

ヒューマンドラマじゃん。普通に。

中途半端にコメディ、中途半端にヒューマン。
コメディの御都合と無茶な展開、それなのにヒューマン。
フツーならダメだめな映画になるトコなのに、でも、決して悪くは、ない。

それもコレも、満島ひかりの魅力。

佐和子の言い続ける 「中の下なんだから、がんばらなきゃしょうがない。」に共感できるか出来ないかが、感じ方の分かれ目。かな。

まぁ、御都合が過ぎる感は否めないし、吹っ切って、ぶっちゃければ、何でも上手くいくってのはどうかと思うけどね。

ラストシーンはちょっと衝撃的で、ちょっとスッキリしました。


最終評価 B+

あ、ちなみに「+」は、満島ひかり分。


know_the_base at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2011年に観た映画 | 映画 か行

娘の名言

今朝、新聞の折り込みチラシを眺めていた嫁様。
近くのホームセンターのチラシにあったクリスマスツリーに目を留めました。

せっかく家を建てたのだから、クリスマスツリーを飾りたい。
そう考えた嫁様が、朝ご飯中のゆいかに言いました。

「クリスマスツリーにお星を飾ろうね。」

「ちがうしょ。おほしさまは、おそら、とんでるしょ。」

まったくもって、その通り。


know_the_base at 09:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0) こども | 日記

三鷹の森 ジブリ美術館が楽しみすぎる。

大学時代の友人たちとの定例旅行、今度(秋)の予定地は東京。

なんと、今回の目玉は「三鷹の森 ジブリ美術館」です!

まぁ、前に一回行ったことはあるんですけどね。

そこはジブリファンなら何度行ったって楽しめるジブリ美術館。
しかも、今やってる企画展示が素敵。

「ねこバスから見た風景展」
ジブリの森

「となりのトトロ」で大活躍したネコバスです!
誰しもがあのフワフワのシートに座って、風になってみたいと思ったハズ。
行き先 「めい」 は、アニメファンの基本。

そのネコバスに乗れてしまうとゆー、夢の企画展。

コレに行かないワケはいかないですよねー。


 パンフ握るゆいか

トトロ大好きなゆいかさんなんて、もう、パンフを握って離さない勢い。



「ゆいかのマグカップを、このトトロのマグにしてくだしゃい。」

「1個2000円するから、パパのだけしか買えないよー。」

know_the_base at 00:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | 旅行記

October 18, 2011

とらドラ!

とらドラ!


父譲りの目の鋭さで周囲に恐れられている高校二年生・高須竜児。
だが、本当の彼は、夜の仕事をする母との二人暮らしで、彼は家事万能の家庭的青年。
彼は同級生の櫛枝実乃梨に好意を寄せていた。

両親との確執からひとりで暮らすことを余儀なくされている竜児の同級生・逢坂大河。
小柄でありながら、その凶暴性は周囲の誰もが知る。通称・手乗りタイガー。
彼女は、竜児の親友である北村祐作に好意を寄せる。

ある日、大河が北村に書いたラブレターを竜児のカバンに間違えて入れてしまったコトから、竜児と大河の関係が始まる。

竜児に秘密を知られた大河は、竜児の記憶をなき物にしようと闇討ちを仕掛け、その夜がきっかけで、大河と竜児は「お互いの恋を応援する共同戦線」を張ることになる。
その後、家事全滅の大河は、竜児の家庭料理に心をほどき、なし崩しに高須家に入り浸るようになっていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ライトノベル発信のアニメシリーズ。
学園恋愛ラブコメ。

一応、はじめてはみたのですが・・・、 んー。
コレはどうだろうか。

まだDisk1、初めの2話を見ただけで評価をするのは、アニメシリーズに対しては早計かも知れませんが・・・。

でも、コレはどうだろうか。

アニメですし、無茶な設定でも良いんですよ。
アニメですし、無茶なキャラでも良いんですよ。

真面目なリアリティとか求めるならアニメじゃなく、映画とか観ますよ。

問題はソコではなく、その無茶な設定やキャラで、でもその状況で登場人物達が真剣に悩んだり行動するコトだと思うんですよ。
まぁ、願わくば、その無茶な設定やキャラも登場人物が真剣に生きてきた結果であって欲しいワケですよ。

全身にダイナマイト巻いてる(無茶な設定)って状況は良いんです。
でも、その状況で、他に道があるのに焚き火を飛び越えるのは許せない。
そんなトコです。


んー。

その観点からこの作品を観るとどうだろうか。
登場人物たちは真剣だろうか。
盛り上がりの為に火を飛び越えてはいないか。

第2話現在、僕には真面目にやってるように見えないんだよなぁ。
大河も竜児も、本気で自分の恋を成就させようとする高校生に見えないんだよなぁ。
そして、北村くんはどんだけ上から目線なんだか。


まぁ、ラブコメアニメにそんな観点は要らんよ。と、言われてしまえば
「はい。それまでよ。」



「パパは何を求めて・・・いや、あえて言わないでしゅ。」


know_the_base at 20:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | アニメ

October 16, 2011

1度くらい立ち止まれば?

今日、無茶を承知でちょっと思ったこと。

1度、1ヶ月くらい世界中の金融市場を停止させたらどうだ?

人間が暮らす為に必要な、食料、衣料、医療、住居、その他のサービスも、娯楽も、諸々のモノものが動く実体経済。
そう言うモノものは、人間が居る限り無くならないし、今も動き続けている。

なのに、その実体経済と別に蠢く、実体と離れ、マネーだけが蠢くオバケ金融経済。
株、先物取引、為替、実際にモノが動くわけじゃないソレらに世界が振り回されている。

このグローバル社会、刻一刻と経済は動き、世界は連動する。
巨大なマネーが企業も、国も、人々の暮らも脅かす。
民主制をとり、決定に時間の掛かる国の政治は、どうしても後手後手に回る。
実体経済からはるか遠くに離れてしまった金融経済が、世界を揺るがす。
古くは世界恐慌、バブルの崩壊、リーマンショック、そして今はギリシャから始まったEUの危機。

生き馬の目を抜き金儲け、他人を出し抜いて金儲け。
競争社会だ、資本主義だ。

ん。まぁ、ソレも良いけどさ。
別に社会主義になろうと思うわけじゃないさ。

でも、人類は、1度踏み止まって、自分たちの身の丈=実体経済に立ち戻る必要があるんじゃないのか?

流石の僕でも、今更、金融経済を無くせとは言わないし、言えない。

でも、1度立ち止まる位のコトがあっても良いんじゃないだろうか?

とにかく、その1ヶ月の間は、誰の株式も動かない、為替も固定。
その状況で、ちょっと落ち着いて政策の決定とか、交渉とかしたらどうだろうか。


なーんてね。

夢物語だと分かっちゃいるけど、その位のショック療法が今の世界には必要なんじゃないかと思う、今日この頃。



「為替が止まったら、海外旅行に行けなくりましゅが?」

「空港の窓口は固定為替の小額換金を行っております。」




know_the_base at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 国内問題 

iPhone4S サックサクやぞ!!

ザブングルねたが、既に死んでいるのか、いないのか。

さて、ソレは良いとして。
先日入手しましたiPhone 4S なのですが、スゴイです。
サックサクです。

僕は今までiPhone 3GSを使っていたのですが、2世代違うと、こうも違うかって感じです。

インターネットも、ダウンロードも、アプリの起動も、アプリの動きも、体感で分かる位に違います。
サックサクです。

嫁様のiPhone4を使ってみた時には、ココまでの差を感じなかったってコトは、それだけ今回のアップグレードは良かったと言うコトでしょう。

まぁ、最近の僕のiPhone 3GSは、ちょっと負荷が掛かると自動でシャットダウンをする「オートシャットダウン」機能が大暴走。
シャットダウン後にしばらく再起動しないと言う有様だったので、元々機種変更はする気だったのですが、こんなに満足度が高いとは。

素晴らしいです。



さて、ソレは良いとして。
この新製品を使う為、ウチの古いデスクトップで同期をしたのですが・・・コレがキビしかった。

最初から最後までに要した時間、17時間。

遅っそいの。とにかく。
コレはもう、何とか使えてるってレベルじゃないよね。

以前、3GSが調子悪くなった時にリカバリが出来なくて、悪戦苦闘して、買い換えるかどうか・・・なんて言ってたのです。
でも、なんとか動かして、とりあえず動いてしまったが故に棚上げされていた問題が、再燃。

この事件が硬い嫁様の財布の紐も緩めたらしく、デスクトップはやっぱり買い換えしそうです。



know_the_base at 14:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

October 15, 2011

鬼物語

鬼物語


鬼物語
講談社BOX  西尾維新 著  VOFAN イラスト

「しのぶタイム」収録

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あらすじ

「傾物語」でタイムスリップ、いや、パラレルワールドからの帰還を果たした阿良々木暦と忍野忍。

夏休み最終日の夜に夏休みの宿題を終えてないことに気付いてから、時は過ぎ、戻ってきた現実は、始業式の朝。
「猫物語(白)」で、羽川翼が虎と出会っていた頃、阿良々木暦はかつて蝸牛(カタツムリ)の怪異であった幽霊少女・八九寺真宵と出会っていた。

出会った人の帰り道を分からなくしてしまう、迷子の怪異・迷い牛。
11年前の母の日に、離婚して離れて暮らす母に会おうとして事故に遭い、この世に迷いを残して怪異となった少女・八九寺真宵。
彼女は、阿良々木暦と出会うことによってその想いを昇華させ、浮遊霊へとクラスチェンジしていた。

鋭く、早く、面白い。
阿良々木暦にとって、11歳で年齢の止まった少女・八九寺真宵とのテンポ良くヒネリの利いた会話は、何物にも代えがたい至福の時。

そんな2人が並んで歩いていた時、「それ」は現れた。
「それ」としか表現することが出来ないその存在は、ひとことで言うならば「くらやみ」。

様々な経験から、とっさに「それ」の内包する危険性を感じた阿良々木暦は、曳いていた自転車に飛び乗り、八九寺真宵と共に一目散に逃げ出した。
だが、いくら必死に逃げても、距離感も速度もわからない「くらやみ」から逃げる事が出来ない。

もう、呑まれてしまう・・・  
そう感じた瞬間、以前(傷物語・下)死闘を繰り広げた童女の式神・斧乃木余接の力で、何とか難を逃れることが出来た。

正体不明の「くらやみ」。
一体、あれは何なのか・・・。

その謎のヒントは、忍野忍の過去にあった。

阿良々木暦の影に縛られている幼女姿の吸血鬼・忍野忍。
彼女は、かつては怪異の王、怪異殺しと呼ばれた吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの哀しき残骸。

その最強の吸血鬼が全盛の力を誇った400年前。
眷属を作らない吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードが、600年近い歴史の中でたった2人生み出した眷属の1人が生きた時代。

そこで忍は出会っていた。
あの「くらやみ」に。

忍は、かつて1人目の眷属と生きた時代の事を語りだした・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遂にシリーズの刊行に追い着いてしまいましたの最新刊。
残すところはあと一冊の最終巻。

久しぶりの語り部・阿良々木暦。
幼女と童女と少女を同時に相手取り、人の道ギリギリ、ギリギリ?、いや、2歩ばかり踏み外した内容は、阿良々木君の真骨頂。

そして、遂に語られる忍の過去。

サブタイトルは「しのぶタイム」だし、今回はてっきり忍メインの話かと思いきや、思いきや。
確かに半分くらいは忍の話なんだけれども。

今回のメインは、八九寺真宵。
誰がなんと言おうと、八九寺真宵。

まぁ、「傾物語」でメイン八九寺かと思わせておいての、阿良々木・忍コンビ話だったワケですし。
今回は忍メインと思わせてからの八九寺メインと言う展開は、足して2で割ればフェアなのか、どうなのか。



とにかく、エゴとか、甘えとか、便利な御都合とか、そう言う他の作品だったら「設定だから」で軽く流してしまうような罪に、無常なまでに厳しい作品だよ・・・ホント。

前作の「囮物語」で、みんな大好き妹キャラ・千石撫子の一方的な片想いを、エゴイスティックで幼稚な想いと見事に切って捨てた。

そして、今回斬られてしまうのは、本来だったら成仏して存在しないハズの怪異・八九寺真宵。

世の中には、良い嘘と、悪い嘘がある。
でも、許される嘘はない。

11年間迷い続けて、やっと開放された彼女の、嘘で作られた幸福の3ヶ月は今・・・。



うわぁーーーーん。

ハチクジがっ、ハチクジがぁーーーー。

えっく、えっっく。ひっく。


でも、ラスト、すごく良かったぁ。

良かったよぉーーーー。

くわぁ。このシリーズで本気泣きそうになるなんて、思わなかった。


「失礼、噛みました。」からの一連のアレは、こんな素敵なラストへのフリだったのか・・・。

やられた。




know_the_base at 23:11|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 楽しい本 | 物語シリーズ関連

October 14, 2011

iPhone4S 入手しましたー。

iPhone4S


なんつーーか、祭りですよね。祭り。

発売日に浮かれたりって、意味は無いけど楽しいじゃんよぉって言う、ね。

そう言うお祭りなのです。
僕の中で、今日はiPhone 祭りなのです。


でも、この祭りがソフトバンクの回線をパンクさせてしまったそうな。
なんでも、朝から店舗の回線が混雑しすぎて、今日中の登録が出来ないんですって。
だから今日はUSIMカードを入れての機体渡しと、登録情報の確認だけしてきました。

まぁ、機体さえあればデータの同期も出来ますし、今日のトコはまったく困らないので良いんですケドね。

どうやら、待望の新機体がちゃんと携帯として使えるのは明日からの様です。



そう言えば、帰り道のショップも、ソフトバンクの対面のショップも、au さんは今日もヒマそうでした

本当に大丈夫? > au



know_the_base at 20:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 

October 13, 2011

iPhone4S、14日午前8時から販売

4s

iPhone4S、14日午前8時から販売

 ソフトバンクモバイルとKDDI(au)は12日、米アップルの新型スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)4S」を主要店舗で14日午前8時から販売を開始すると明らかにした。
 販売は事前予約客が対象。ソフトバンクは直営店が午前8時で、それ以外は店舗により異なる。予約なしの当日販売分は用意しない。auも店舗により午前10時など通常通りの営業時間にするケースがあるとしている。
 アップルの直営店舗アップルストアでも午前8時から取り扱う。当日販売分を用意する。

SONSPO.COM


さて、いよいよ明日です。

「明日のお引渡しが可能です。」と、僕のところにもソフトバンク屋さんから電話が来ました。

予約だけでも相当の待ち時間だったので、引渡しはどれほど待つのかと心配していたのですが、どうやら、時間枠に人数を決めての予約制をとるそうな。

まぁ、明日もフツーに働く予定なので、予約は17:00−18:00にしました。
いくらなんでも 8:00 とか、有り得ない。

何はともあれ、発売日に手に入るとか、ワクワクしちゃいます。


そうそう。
この4Sから au もiPhone 参入と言うことでソフトバンクさんも必死らしく、「4S乗り換えキャンペーン」で僕の割賦金の残分はソフトバンクさんが持ってくれるコトになりました。

15,000円くらい残ってたのにね。
ソレを払ってでも買う気だったのにね。

iPhone ユーザの囲い込みってコトなんでしょうけど、ラッキーです。囲い込まれます。

まぁ、16Gから32Gに変更するので、月々500円は支払いが増えるのですが、それで iPhone4S 買えるって、なんかスゴイよなぁ。



あ、コレは僕の個人的な印象の話。
僕が使うソフトバンク屋の対面に au があるんですが、予約初日、混みこみのソフトバンクに対して au はそんなに混んでない印象でした。

大丈夫か? > au

Apple に莫大な献上金を捧げつつ、更に国内の2位と3位のキャリアで体力の削りあい・・・。

au の iPhone 参入は、やむにやまれぬ苦肉の策なんでしょうけど、結局はソフトバンクと au が体力を削りあって、結果、ドコモが漁夫の利を得るって構図になりそう・・・。

まぁ、いちばん儲かるのは Apple なんですけどね。



「情報源がサンスポって。」

「僕もココにリンクを貼る段階で気付いたよ。」

know_the_base at 22:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 雑感と意見表明 

October 12, 2011

眼鏡を取ったら目がねぇ。part 2

我が家の破壊神がまたやってくれました。

5月にも破壊された僕の眼鏡、再破壊。
今日は、お風呂上りにやられました。
自分がバスタオルで拭かれたお返しに、パパの顔をタオルで拭きたかったらしく、眼鏡を奪ってパパの顔をふきふき。

それが終わって、パパに「眼鏡返して。」と言われ、渡したくなかったのか、何なのか、両手で左右のレンズを強く握り締めて捻るような形になったらしく、レンズがばきっと外れました。

僕の眼鏡は、ワイヤーでレンズを固定しているタイプなので、それでアウト。
ワイヤーも外れてしまい、一般人にはまず直せない状態に。

まぁ、ツルが根元から折れた前回と違って、眼鏡屋さんに持っていけばスグに直して貰えるレベルなんですけどね。

本人も「やっちゃった!」と思ったらしく、自分の破壊してしまった眼鏡を見つめて呆然 → ギャン泣き。


でも、前と違って、成長したなぁと思うのが、泣きながら、自分からパパに謝ったこと。

「ごえんなさい。」 とちゃんと言えました。

自分で悪いコトしたと分かって、謝るコトが出来るようになったんだなぁ。育ってるなぁ。

って、眼鏡を壊されて、成長の実感を得てるなんて、どんだけ「ドM」パパなんだよって言う、ね。



「この度は大変申し訳ありませんでした。以後、このようなコトがなきよう。誠心誠意勤めさせて頂きます。」

「そんな謝罪、もう二歳児じゃないっ!!」



ちなみに、現在はスペアの眼鏡を使ってるんですが、微妙に度が合ってなくて、目が疲れる感じがします。

明日、職場出入りの眼鏡屋さんに直してもらおっと。


know_the_base at 22:41|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 | こども

年金なんて無いものと思え!!

年金開始「68〜70歳」念頭に厚労省3案提示

厚生労働省は、厚生年金の支給開始年齢を将来的に68〜70歳に引き上げることを念頭に、11日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の年金部会で三つの案を提示した。
同省は、年内の改革案取りまとめを目指す。

(2011年10月11日21時58分 読売新聞)


まぁ、想定内と言いますか、予定通りと言いますか。
元々年金は貰えないモノと思ってましたが、事実になると「ちょっと・・・。」とも思う。

あぁーあ、僕らがその歳になる頃、年金なんて概念になってるんでしょうね。

「儂が若い頃には、高齢者には年金なんてモノがあったモンじゃがのう。」

「終身雇用時代の夢だねっ!!」

そんな感じ?

だって、70歳て。ねぇ?


希望定年が58歳だとしたら、12年もどうやって暮らすのさ。
まぁ、厚生労働省的には、その12年も働けって話なんでしょうが。

なんとも、なんとも、はぁ。
少子高齢化だからってのも分かるけど、高齢者を労働者換算しなきゃないって、人間社会的にどうなの?


これが単一民族幻想を守るため、日本が移民鎖国を続けてきた末路さ・・・。

まぁ、外国人を安価な労働者と見るのも歪んでますがね。

それとも日本にまだそんなに移民が来てくれる魅力があるのかって言う問題もあるかぁ。



「なんか、パパがこの話題に言及するのは、ズルイ気がするのはゆいかだけでしゅか?」

「しぃーっ!!」

know_the_base at 06:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 国内問題 

October 11, 2011

2歳のお誕生会。

この三連休、初日は職場のイベント、二日目は都内で結婚式、そして、最終日は10月6日に2歳になった愛娘の誕生パーティを開催しました。

主役・娘っち
主催者・パパとママ
招待客・じーじとばーば

三連休最終日の朝、流石に疲労も溜まり、結婚式のアルコールもあり、遅めの起床。

午前中からママはお料理をしたり、パパは予約していたケーキを取りに行ったり、、パパとママはお誕生会の準備に右往左往。

なのに、主役はいつも通り。
いや、むしろちょっとだけ悪い子で手がかかった・・・?

すると、ばーばから電話です。
「今、トイザラスに来てるんだけど、三輪車が色々あるの。ちょっと来てくれない?」

どうやら、ばーばが前々から約束していた三輪車を買う為に行った、近くのオモチャ屋からの電話。
でも、ばーばが考えていた、キャラモノでないシンプルで押し棒のついた三輪車が無いらしいのです。
ばーばの指示は、娘っちが来るとキャラモノに惹かれてしまうので「娘っちなしで来て。」とのコト。

パパが行こうとすると・・・

「わたちも、行くの!!」
何かを察した主役が、断固としてパパを1人で行かそうとはしません。

やむなく娘っち同伴でオモチャ屋へ。

結果、娘っちが選んだのは・・・

箱


箱の中身


アンパンマン


愛と勇気がお友達。みんな大好き、アンパンマン!

まぁ、案の定。
これでも一番シンプルなのにしたんですけどね。

しかも、娘っちに激甘なばーばが「これはオマケ!」と言って

オマケ?

赤ちゃんの人形まで買ってくれました。

娘っち・・・オモチャ増えすぎ・・・
ばーば・・・孫に甘過ぎ・・・

で、家に帰ってきて、三輪車と人形を出して貰うと、脳の血管切れるんじゃないの?って位の大喜び。
奇声をあげ、踊り、回り、笑う。大人だったら、もう、奇人変人。

得意げ

三輪車に乗ってぐるぐるしてたかと思うと

得意げ2

人形でも遊びたくなって、三輪車も大人みたいに押したくて、で、こんな感じ。
左手に人形、右手は押し棒。

ん。どっちも譲らないぜってトコ、パパ譲りだぜ!!


さて、そうこうしていると

ごちそうごはん

ごちそうごはんの時間です。

皆が準備をしている中、先にテーブルについた主役が我慢できず、まさかのフライング。
「ハッピーバースディ」を歌って貰いながら、えへへと笑いながら、その笑う口の中には、ちらし寿司のエビ。
更に自分はもう食べてるクセに、嬉しかったのか歌を再要求。

終始ニコニコ、でも口と手はしっかり動かしてガッツリごはん。


ごはんが終わって、ちょっと休憩

おしゃま

娘っちはごはん中も気になって仕方なった人形や三輪車のところへ。
ナマイキにも赤ちゃんの人形のお世話。

アンタもまだオムツのクセに!!


そしてデザートに出てきたのは

誕生日ケーキ

バースディケーキ!!
もちろん、ロクソク2本!!

さぁ、今年は吹き消せるのか・・?

ケーキとゆいか

頑張ってふーふーするものの・・・、ロウソクの火は揺れるばかり。
最終的にはパパが手伝い、ケーキをママに切って貰って、みんなで食べました。

ただ、娘っちは自分が主役と分かっているらしく、彼女に甘いじーじとばーばを狙い撃ちにして

「じーじ、いちご、ちょーだいな。ばーば、いちご、ちょーだいな。」

と、イチゴを略奪し、えへらえへらと笑い

「けーき、だいしゅきー。」

などと、大人の心をワシづかみにするコトを言いつつ、夢中でケーキを食べていました。

娘っちにとって最高過ぎる1日となりましたとさ。



「大人なんかチョロイもんでしゅ。」

「ま、否定できない。」



know_the_base at 01:48|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 | こども

October 08, 2011

明日は親友の結婚式。

流石にもう、友人とか言いませんよ。
親友と言い切りますよ。

小学校4年生から23年。
33年しか生きてないのに、もうすぐ四半世紀の付き合い。

明日は、そんなヤツの結婚式。

ゆいかは実家の両親に任せて、夫婦で参加。
自分のコトのように嬉しいし、楽しみ。

で ・ も ・ ね。


23:15 現在。
友人代表のスピーチ、実はまだ完成してません。

いや、でも、僕の本領はこっからですから。
ほぼ出来てますから。
こっから感動のアレを書きますから。

任せて下さいよ。
大丈夫ですから。
明日になる前に御祝儀の名前もビシッと書きますから。

DAIJOUBU, DESUYO!!

YO!!


「パパにスピーチを頼むのはギャンブルってコトでしゅ。」

「いや、大丈夫。鉄板ですよ。僕はいつもこうやって生きてきたんだから。大丈夫ですYO!!」



know_the_base at 23:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

囮物語

囮物語


囮物語
講談社BOX  西尾維新 著  VOFAN イラスト

「なでこメデューサ」収録

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あらすじ

「殺しに来たぜ、千石。」

篠突く雨の中、阿良々木暦と対峙する少女・千石撫子。
彼女の髪は百万の蛇となり、逆立つ。

「暦お兄ちゃんなんて大っ嫌いだよ。」

彼女の握る大蛇の牙は、彼女が好きだった阿良々木暦の心臓を突き破り、その破片が彼女に降りそそいだ・・・。


公立七百一中学校二年生、千石撫子。
阿良々木暦の妹・月火の同級生であり、小学校低学年時代から阿良々木暦を好きで在り続ける少女。

長い前髪で顔を隠し、表情を隠し、心を隠す。
なるべく他人との会話を避け、接触を避け、関わることを避ける。
性格は内向的であり、根暗であり、人見知り。

撫子は、六月に阿良々木暦と再会し、命を救われた。

彼女を好きだと言う少年を振った撫子は、その彼を好きだった友人と、その彼から蛇の呪いを受けた。
ただの素人中学生がかけた「蛇切縄」と呼ばれるその呪いは、本来なら発動するワケのない呪いだった。

「蛇切縄」の解除方法。
生きた蛇を5つに裂き、五寸釘でそれぞれを打ち付ける。

撫子は素人ながらに専門書を読み、解呪を試みた。
だが、そんな撫子の行動によってその呪いは力を持ってしまう。

撫子が解呪を試みた場所、北白蛇神社は怪異の王である忍野忍の存在に惹かれた怪異たちが集まる、怪異の吹き溜まり。
今は荒廃しているとは言え、かつては蛇を奉った場所で、怪異の吹き溜まりで、彼女は蛇を殺し続けた。

彼女の行動によって発動してしまった「蛇切縄」の呪いは、阿良々木暦との再会によって開放された。

同級生からの呪いで命を奪われかけた撫子は、完全な被害者。

だったのだろうか。

彼女のその行いを見咎める存在があった。
かつて北白蛇神社で信仰を集めた蛇神・クチナワ。

解呪の為に撫子が殺し続けた蛇たち、クチナワにその償いを求められた撫子は自分の罪を受け入れた。
クチナワが示した償いは、かつて北白蛇神社に奉られていた御神体を探し出すこと。

撫子は、神に憑かれるコトとなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の語り部は、内向的美少女中学生・千石撫子。

バサ姉、神原ときて、今回は妹キャラ代表の撫子。
語り部が阿良々木君じゃないのもそろそろ慣れてきました。


6年間もずっと1人の人を好きで居続けてきた。
久しぶりに再会した想い人を「お兄ちゃん」と呼び、慕う。

でも、迷惑をかけたくない。
だから、告白なんかしない。
傍に居られるだけで、好きで居られるだけで、満足。

そんな阿良々木暦への、永遠の片思いを続けてきた千石撫子。

絶対に叶わないと分かっている恋なら、いくら追い続けたって傷つくことはない。
手の届かない理想の相手に恋をし続けるコトで、本当の恋と向き合うコトも、本当の自分の気持ちと向き合うコトも、他人と向き合うコトも、好きな人と向き合うことからも逃げてきた。

一方的で、勝手で、幼稚な想い。

なのに、阿良々木暦が彼女である戦場ヶ原ひたぎと歩いている姿を見て、彼女は壊れた。
理想の相手が、理想の相手で居続けてくれなかったコトで、彼女は壊れた。

そして、彼女は蛇に咬みつかれた、いや、神憑かれた。



うわーーーーー。

千石撫子、ラスボス決定だぁ。

そっかぁ、そうなるかぁ。

うわーーーーー。

そうなるかぁ。

どんな作品にも居る、非現実少女。
幼馴染で、内気で、血は繋がらないのにお兄ちゃんと呼んで慕い、ずっと一方的に主人公が好き。

そんな理想の「妹キャラ」千石撫子。

でも、確かに撫子の抱える想いを現実のものと考え、客観的に説明してしまうと

一方的で、勝手で、幼稚な想い。

そういうコトになるよなぁ。

中学生女子が抱える「理想の相手への片想い」なんて、誰もが通る可愛いものだけど。
でも、自分の弱さで傷つきながらも、きちんと自分の弱さと向き合う強い人たちの中で、彼女の弱さは際立ってしまう。

そうかぁ、ラスボスは撫子ですか。

そうですか。



know_the_base at 22:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 楽しい本 | 物語シリーズ関連

October 07, 2011

8分半の超絶テク。


「化物語メドレー medly of Bakemonogatari 」

YouTube で見つけてしまいました。

まぁ、曲は例のアニメのなんですが、それは別にしてソロギターとして凄すぎます。
感動を覚えます。

映像を観てないとひとつの楽器で出してる音だと信じられない位です。
特に後半4分の「君の知らない物語」は圧巻。

まぁ、そんなアニメ知らんよ。と言わず、騙されたと思って8分半、是非。


ギターってココまでの表現力があるんだ。すげぇー。



know_the_base at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

iPhone 4S 予約してきましたー。

本日16:00より予約開始とのコトだったので、行ってきましたソフトバンク。

いやー、すげーーーーーー待ってたね。

しかも、待ち時間中は周囲を観察するしかないんだけど・・・、なんつーか、いやーんな雰囲気を醸す人が4/5以上だったね。
どう表現して良いか分からないけど、ね。
とにかく、あんなに野球帽比率の高い場所はないね。

まぁ、あの場に居る時点で、僕も同類なんだけどね。


でも、まぁ、なんだかんだと無事に予約出来ましたー。

店員さん曰く、「おそらく14日に入荷しますし、発売日にはお渡し出来ると思います。」とのコト。

14日が楽しみです。


あ、ちなみに、色はホワイト、容量は32G にしました。

発売日に iPhone を買うとか初めてだから、なんかウキウキしてしまいますなー。



「割賦が残ってるのに新しいの買う、毎月の支払いは500円増える、今度はアップルケアに入るとか言う。パパはもう、やりたい放題も甚だしいでしゅ。」

「まぁ、サンタさん解決ってコトで・・・。」



know_the_base at 22:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

October 06, 2011

2歳になりました。

今日は、我が家のアイドルであり、破壊神、愛娘の誕生日です。

今日で2歳になりました。

生まれてから、もう2年になるんですね。
早いものです。

ココまで特別に大きな病気も怪我もなく、スクスクと本当にスクスクと育っています。
毎日毎日沢山遊び、沢山食べて、沢山笑って、ほぼいつもご機嫌。
言葉も大人が使うはしから覚えていって、随分と応用も利くようになってきました。
夜は朝まで寝てくれるし、最近は(遊び疲れて?)寝付きも抜群。
ちょっと甘えん坊になってしまった感が否めませんが、ソコはまぁ、ご愛嬌でしょうか。

毎日毎日が本当に幸せそうでパパママはそんな彼女を見て、毎日毎日が本当に嬉しくて幸せです。

僕らの子育ては随分と楽しくやらせて貰っていますが、それも手があまり掛からない娘っち様々だといつも思っています。

嗚呼、親バカ。

でも、まぁ、今日くらいは親バカも大目に見て貰えるハズ。

こどもの頃は、誕生日は自分自身が大人になっていくコトを喜ぶ日だと思っていたけれど、どうやら本当は親がこどもの成長を喜ぶ日のだったようです。


今日は平日なので、今度の日曜日にじーじやばーばを招待してお誕生会をやります。
ケーキはその時。

今日は、ちょっとした豪華ごはんと誕生日プレゼントのみです。



今日の様子。

1
パパママからのお誕生日プレゼントは、タカラ・トミーさんの「せんせい(2色)」でした。

2
気に入ったらしく、僕が仕事から戻っても遊んでました。

3
ちょっとだけ贅沢ごはん。



know_the_base at 22:31|PermalinkComments(9)TrackBack(0) 日記 | こども

October 05, 2011

iPhone 4S 、かぁ

4s

大幅に性能アップした「iPhone 4S」登場! KDDIも販売、音声認識ガイド「Siri」を搭載

期待されていた新機種の「5」にはならず、現行の「4」を改良した「4S」。
まぁ、うん、「4」のデザインは好きだし、僕の使ってる「3GS」は最近本当に壊れてるから買い換えるんですけどね。

メモリの高速化とカメラ性能アップ、OSの改良か。

んー。 文句はない。文句はないんだけど、でも、若干の肩透かし感は否めない。
Apple の新CEOのティム・クックのデビューだし、新商品のインパクトでくると思ったんだけどなぁ。

なんだろ、込めちゃった意気込みがなぁ・・・。

せめて気分転換にカラーをホワイトとかにしよっかな。

know_the_base at 22:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 

花物語

花物語


花物語
講談社BOX  西尾維新 著  VOFAN イラスト

「するがデビル」収録

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あらすじ

私立直江津高校三年生・神原駿河。
直江津高校の、いやこの地域きってのバスケットボールプレイヤーだった彼女は、スポーツに力を入れない高校を全国大会にまで導いたスター選手であり、スターだった。
だが、高校二年生の時に「猿の手」ならぬ「悪魔の手」に叶わぬ願いを願い、結果、その左手に悪魔を宿すこととなった。
彼女の選手生命はそこで終わった。

どんな願い事でも3つ叶えてくれる「悪魔の手」。
だが、それは、願った者の願いを歪んだ形で成就させる呪いのアイテム。
「足が早くなりたい。」と願えば、自分よりも足の速い子を亡き者にして、結果、自分が最も足が早くなる。
「あの人の隣に居たい。」と願えば、その人の隣に居る人を亡き者にしようとする。

現在は彼女の願った願いを、叶えようがない「契約の不履行」と言う形で、なんとか悪魔の動きを封じてはいるものの、それはキワどく、危ういバランスの上。
いつその左手が自分の意思に反して人を傷つけることになるか分からない。

そんなコトはないなんていう保証は、ない。

母親の形見でもあるその「悪魔の手」を左手に宿した神原は、自分への罰としてその状況を受け入れつつ、毎朝新聞の隅々に目を通し、眠っている自分が犯してしまったかも知れない事件を探し、それが無いことに胸を撫で下ろして過ごしていた。

そして、彼女の敬愛する戦場ヶ原ひたぎと、阿良々木暦が卒業した春、彼女はひとり残された直江津高校で三年生になった。
新しい学年が始まる始業式の朝、神原はひとつの噂を耳にする。

「悩みを必ず解決してくれる、悪魔様って知ってますか?」

どんな悩みでも解決してくれる悪魔。
あくまで噂話とは言え、本物の悪魔を左手に宿す神原にとって、それは心穏やかならぬ噂だった。

だって、それは、もしかしたら、自分の知らない自分かもしれない・・・

神原は「悪魔様」の噂を追った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回は、ななななんと、語り部・神原駿河!!

うわー。バサ姉だけの特別ミッションじゃなかったんだ・・・。

しかも、シリーズ主人公の阿良々木君は高校を卒業して大学生になってしまっているとゆー。
しかも、今回の作品の中にはほとんど登場しないとゆー。
しかも、「猫物語(白)」の時と同じく、ラストの美味しいトコだけ、良い感じに奪い去っていくとゆー。

てか、阿良々木君は、あらゆるヒロインの心を奪っているとゆー。


さて、今回は「自分の見る自分、他人の見る自分、自分の見る他人」の認識のズレを扱った物語。

著者曰く 「人の人に対する認識なんて、人の数だけ誤解があり、勘違いがある。勘違いもまかり通れば事実になるし、誤解もまかり通れば真実になる。その全てが真実であり、真実は無数にあり、でも実際はどこにもなくて、そこには誤解だけがある。」

「スポーツ少女だと思う人にはスポーツ少女であり、変態だと思う人には変態である。」なんて、懐かしい台詞が頭をよぎるけれど、神原の存在はこの台詞に集約されているのだろうか。

明朗快活なスポーツ少女。前向き。スター。ある一部では変態。
そんな肩書きが一人歩きして、自分自身の自分自身に対する認識とのズレを常に感じている神原駿河。
そんなのは、誰でも感じる違和感。でも、スターである神原は普通の人よりずっと多くの人から、本当の自分とは異なる理想像のイメージを持たれてしまう。

「自分はそんな人間じゃない。」
もっと愚かで、後ろ向きで、どうしようもない。だから、この左手に悪魔を宿すことになったのだ。これはそんな自分への罰なのだ。
そんな想いに縛られていた彼女が、そんな自分から、悪魔の左手から、自由になる物語。


語り部・神原って、こんなに真面目な展開になるんだ。ていう驚き。

凄くスポーツマンな青春物語を読んでしまった感じ。

BLな妄想も、スーパーのゲームコーナーを占領することも、阿良々木君とガハラさんには言えない様な絡みをすることもない。
あくまで真面目に問題と向き合い、自分自身と向き合う神原は、なんて言うか、すごく大人だ。

途中まで、阿良良木君ならどうするか、と、怪異と向き合う自分を阿良々木君に重ねるが、そこは憧れであり、先輩である存在を真似てしまうのも致し方ないコト。
だが、最後には彼女は彼女だけにしか出来ないやり方で、彼女だけの答えで問題を解決する。

最後の答えも、やり方も、成長も、全部含めて、神原がすごく大人だ。


まさか、この子が「おっぱ○」と言う言葉をあんな風に使うだなんて・・・
まさか、この子がブルマやスクール水着をあんな風に・・・だなんて・・・

この「花物語」を読んだだけなら、とても信じられないねっ。



know_the_base at 00:45|PermalinkComments(3)TrackBack(2) 物語シリーズ関連 | 楽しい本

October 04, 2011

大人の階段を登った実感。

まぁ、妻子持ちが今更。
とも思いますが、自分が大人になったと言うか、歳をとったと感じたのです。

歳をとると、昔は楽しかったコトがそうでもなくなる。
とは、ウチの職場の先輩の言葉ですが、全くもって、その通りだと思う。

カラオケ然り、飲み会然り。
ゆいかなんか風船を投げるだけで大爆笑なのに、僕はそのゆいかを見て笑うばかり。

先日、ゆいかの誕生日プレゼントを買いに近所のオモチャ屋に行きました。
オモチャ屋と同じ建物内にあるゲーム屋にもちょっと寄り道、久しぶりにゆっくりゲームを眺めました。

「あれ?真三国無双6、しかも猛将伝が出てる。」
ちなみに、猛将伝と言うのは、いわば追加ストーリー。

ずっと追ってたゲームの新作の存在を、追加作品のポップで知ったワケです。

しかも、ソレはそのひと作品に限らない。
グランツーリスモ5も、ディスガイア4も、同じくちょっと前までなら発売日を待ちわびた作品が揃って中古の棚、しかもやや古めの棚に並んでいるんです。

グランツーリスモなんて、家を建てた時に導入した5.1chサラウンドシステムはこのゲームの為でもあったハズなのに。

で、その事実を知った僕の行動。

スルー。

だって、やる時間、無いもん。

ゲームは今でも楽しいけど、ちゃんと楽しむには時間が掛かり過ぎるんですよね。

なんて言うか、やっても良いけど優先順位は低い。そんな感じでしょうか。

あんなに沢山遊んで、あんなに夢中だったのに。
興味を失う、良く言えば卒業する時はこんなにもアッサリしたものなんだな、と。

これが大人になるってコトか。

ふーん。



「いまだにライトノベルに夢中な人が言っても説得力がないでしゅ。」

「いっこ前の記事は、個人的アニメ事情だしねぇ。まだまだ少年の心を失ったワケじゃないぜ!」

「こんな大人にはならないでしゅ。」

know_the_base at 10:15|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

October 02, 2011

個人的アニメ事情 (備忘録)

観ようと思ってる作品を確認。

あれ?
だから、僕は基本的にオタなんですってば。

アニメファンなんですってば。


まずは地上波。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
あの花

アニメ好きの友人夫婦イチ押しの作品。
4夜連続放送をしてくれるので、しめしめといった感じ。

■2011年10月4日(火) 26:55〜
第1話「超平和バスターズ」/第2話「ゆうしゃめんま」

■2011年10月5日(水) 26:30〜
第3話「めんまを探そうの会」/第4話「白の、リボンのワンピース」/ 第5話「トンネル」

■2011年10月6日(木) 26:30〜
第6話「わすれてわすれないで」/第7話「ほんとのお願い」/第8話「I wonder」

■2011年10月7日(金) 26:30〜
第9話「みんなとめんま」/第10話「花火」/最終話「あの夏に咲く花」


「HANTER×HANTER」
ハンター

NTV 日本テレビ 10月2日(日)10:55〜放送

大好きな作品のアニメ化しかもマッドハウス。
でも、まぁ、コレに関してはあくまで原作ファンなので、数話見てみてから継続するかは判断。


「偽物語」
偽物語

もう、観る以外の選択肢がない。

2012年1月より放送開始予定。


次は劇場映画

「傷物語」
傷物語

これも観る以外の選択肢がない。

2012年劇場公開予定


「ベルセルク 黄金時代編機’堂Δ陵顱
ベルセルク

これまた原作の大ファン作品。
どうやら劇場版をシリーズ化するようなので、継続するかはこの作品の出来次第です。

2012年1月公開予定


「エヴァンゲリオン 新劇場版 Q」
アスカ1
Q


まぁ、もう問答無用、説明不要。

2012年 秋公開予定。


その他

「化物語」 Blu-ray Box
ブルーレイボックス

もう既に注文済み。

2011.12.21 発売。



こうやって羅列してみると、今年の年末から2012年にかけては楽しみ過ぎるな。 

鼻血が出るな。 ぶしっと。



know_the_base at 21:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 | アニメ

そんな初期設定、誰がおぼえてるの?

今週は本ばかり読んでいて、映画をまったく観ていません。

なぜなら、先週末は仙台に行っていたので、映画のDVDを借りていないから。
それにしても、イベント盛り沢山だった先週の仙台は楽しかった・・・。

さて、じゃあ明日は久しぶりに映画借りまくりだぜ! 
かとゆーと、そうでもなく。

なぜなら、来週は友人の結婚式だったり、スピーチの原稿だったり、ゆいかの誕生日だったり、ゆいかの誕生会だったり、なんだかんだと嬉しいイベント目白押し。
そんな来週のスケジュールを考えると、DVDを借りてもなぁという大人の配慮が頭をもたげるのです。


さて、今年の映画は10月1日現在で63本鑑賞。
残す3ヶ月で37本。
正直、今年の映画100本は無理かと思います。


「これは何の話でしゅ?まるでこのブログが一年で映画を100本観るブログかのような発言でしゅ。」

「そんな初期設定もあったなぁ。と、言う話だよ。」


know_the_base at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

October 01, 2011

傾物語

傾物語


傾物語(カブキモノガタリ)
講談社BOX  西尾維新 著  VOFAN イラスト

「まよいキョンシー」収録

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あらすじ

夏休み最終日。
私立直江津高校三年生・阿良々木暦は、主人であり従僕である吸血鬼・忍野忍の指摘であるコトに気付く。

そう、夏休みの宿題が終わっていないコトに。

のび太的な、でも、留年ギリギリの内申書の彼にとっては致命的なミス。

今日が明日になるまで、あと2時間。
どう頑張っても終わらないタイミングで気付いてしまった痛恨のミス。

せめて気付くのが昨日だったら、昨日に戻れたら・・・  そんな暦に忍は言う「時間移動がしたいなら、出来ないことはないぞ。」 

そして、凄惨に笑い、言った。  
「やっちゃお。」 と。


人間の理など通用しない存在・怪異。
本来ならば怪異の王たる忍野忍。
彼女がやって出来ないコトは、ない。

そして、暦と忍が辿り着いたのは、なぜか昨日ではなく、11年前の母の日の前日だった。
11年前の世界に困惑する暦だったが、そこでこの時点で出来るあるコトに気付く。

11年前の母の日に、家庭の事情で会えなくなった母親に会うために家を出て、そして事故に遭って彷徨う怪異になった少女・八九寺真宵。

彼女を助けるコトが出来る。

暦と忍は、11年前の世界で真宵を探す・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回ばかりは、タイトルにルビが必要。

傾物語 と書いて、カブキモノガタリ。


さて、新章に入って2作目となる「傾物語」です。
前作はバサ姉に語り部を奪われたワケですが、今作は毎度お馴染みの語り部・阿良々木暦で御座います。


まぁ、今回はなんてゆーか、阿良々木君と忍ちゃんのいちゃこら話って感じ?

今回はメインヒロインである完全無欠の委員長・羽川翼も、阿良々木君の彼女である戦場ヶ原ひたぎも、ほぼ登場しない。
そして表紙でありタイトルである八九寺真宵でさえ、話のポイントでは出てくるものの、とてもタイトルが「まよいキョンシー」だったとは思えない程度の扱い。

ひたすらに阿良々木君と忍ちゃんが、2人っきりの世界でお互いへの想いを吐露し続ける感じ。
心の底では分かり合い、許しあっているにも関わらず、それまでの経緯から一定の距離を持つことになっている2人。
そんな2人が極限の環境の中で互いの存在を「かけがいがない。」と再認識し、互いがいなくなった世界を目の当たりにして、それを確信にするストーリー。



内容的には、今回は本筋に影響しない挿入話と言うか、タイムスリップなんていう無茶なストーリーなので、ある意味でコメディと言えなくもない。
まぁ、タイムスリップものの抱えるタイムパラドックス的なネタを作者なりに「僕だったらこう解釈するし、作るなー。」と言った実験的な試みに、阿良々木君と忍のストーリーを絡めることで成立させているって感じでしょうか。

一作前の「猫物語(白)」のクオリティからすると、とにかく「西尾維新、遊んだなぁ。」と言う内容。
この作品で誰が傾いた(カブイタ)かと言えば、そりゃあ作者でしょ。

100%趣味で書かれた作品。と豪語するシリーズだけに、それもアリと言う。ね。

でも、まぁ、何だかんだ言っても、やっぱり語り部・阿良々木君の脱線まみれが好きなワケですよ。
ファンにしてみれば、こっちこそが「物語シリーズの本懐」だったりもするワケですし・・・ 何はともあれ楽しめました。


know_the_base at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 楽しい本 | 物語シリーズ関連