December 2014

December 31, 2014

大晦日

今年も大晦日になりました。

年を重ねるごとに1年が早くなるとは良く言いますが、本当にあっと言う間の2014年が終わろうとしています。


今年の大晦日は、長年の友人の実家にお呼ばれして、夕飯を御馳走になってきました。

image


懐の深いと言うか、本当に優しい友人の御両親に甘えて、嬉しい楽しい時間を過ごさせて貰いました。

娘も大はしゃぎの大興奮で、まるで自分の家かの様に遊んで寛いでいました。

友人の実家で大晦日を過ごすって、あまり聞かない在り方ですが、不思議と定番行事の様になってきました。

御馳走になってる側が言うことではないですが、これからも時々お呼ばれしたい気持ちでいっぱいです。

本当はもっと長居したかったですが、5歳児連れなので早めに撤収。

この後はノンビリの予定です。


今年も無事に終わってくれて本当に良かった。

身体のコトはありますが、人の縁に恵まれ、つくづく幸せな人生です。


皆さんも、残り少ないですが良い2014年をお過ごし下さい。

know_the_base at 20:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

December 30, 2014

ビブリア古書堂の事件手帖6 〜栞子さんと巡るさだめ〜



ビブリア古書堂の事件手帖6
〜栞子さんと巡るさだめ〜

メディアワークス文庫 
三上 延 著

・・・・・・・・・・・・・・・・・

唇に柔らかいものが押しつけられた
「・・・きゅ、急で、すみません・・・・我慢、してた、んですけど」
吐息まじりで耳元に囁かれる。



鎌倉にある小さな古書店・ビブリア古書堂。
古書に関して驚異的な知識と観察力を有する店主・篠川栞子は、祖父から引き継いだ太宰治「晩年」の初版本を巡るトラブルで怪我をし、足を悪くしていた。

アルバイトとしてビブリア古書堂で働くこととなった五浦大輔は、栞子と共に様々な古書に関わる人たちに出会い、そして、それぞれが抱えていた問題を解決に導いてきた。

前作「ビブリア古書堂の事件手帖5 〜栞子さんと繋がりの時〜」で、遂に互いの想いを伝え合い付き合うことになった栞子と大輔。

そんな2人に穏やかならぬ手紙が舞い込む。

「晩年」をすり替えたお前の猿芝居を知っている。連絡しろ。

差出人は、田中敏雄。

栞子に怪我を負わせてまで、執拗に「晩年」を狙った田中敏雄の目の前で、栞子は「晩年」を焼いて見せた。
だが、焼き捨てた「晩年」はレプリカ。
それは「晩年」を巡るトラブルの渦中に居た栞子と大輔しか知り得ないハズの情報。

それなのに田中敏雄が真相を知っている。

もしも本当に差出人が田中敏雄なのであれば、本物の「晩年」を手にする為に再び栞子に危害を及ぼすかも知れない。
大輔は、保釈された田中敏雄に会うことにした・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

エンディングまであともう少し。
待望の第6巻がクリスマスに発売になりました。
年末を良いことに一気読みです。

第1巻で話の中心となった太宰治の「晩年」が、再び物語の中心に戻ってきました。

1巻の頃には謎ばかりだった栞子の抱える闇。
それは、栞子以上に古書に精通し、古書の為に家族さえも捨ててしまう母親・智恵子との関係が大きなウェイトそ占めていた。
一方、大輔もまたビブリア古書堂で古書に関わる中で、自分の出生の秘密を知ることとなる。

互いの傷を見せ合い助け合う栞子と大輔。
時間をかけて深く信頼しあい、想い合うようになった2人。

その2人の前に再び現れた田中敏雄。

栞子を傷つけた許せない相手。
だが、その怪我のおかげで大輔はビブリアで働き出したとも言える。
しかも、田中敏雄と大輔は更に深い因果で結びついた関係。

この浅からぬ因縁の相手が、今度は栞子に古書探しを依頼してくるなんて・・・・!


祖父・祖母の代から絡まりあった物語が、解き明かされていく展開はエキサイティングで、途中で止めることが出来ませんでした。

人死になんてなくてもミステリーは成立する。

この小説がそれを証明してくれます。


そして、遂に付き合うこととなった栞子と大輔が、話の途中でちょいちょいイチャつくのが・・・・ん、もう!!!

大輔が好きで仕方ない。
でも、恋愛に慣れないゆえに表現はたどたどしく。
それでもその気持ちを一生懸命表現する栞子。
たまらん!!

読んでるこっちが照れるわ。
笑ってしまうのを我慢したわ。

小説を読みながら含み笑いをしている36歳男って、客観的にヤダ。


でもっ!
脳内の栞子が可愛すぎて、んもう! もうっっ!

自覚のない美人!
黒髪ストレート!
知的能力抜群!
眼鏡!
巨乳!

大輔コノヤロウ、バカヤロウ、大輔コノヤロウ、バカヤロウ!!!
大輔コノヤロウ、バカヤロウ、大輔コノヤロウ、バカヤロウ!!!


大輔はどうでも良いから、栞子に幸せになって欲しい。

続刊はよ!!


know_the_base at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 楽しい本 

December 29, 2014

ムーミン谷の彗星



1992年 日本
TV放送されていた「楽しいムーミン一家」の劇場版。

1ed22044b080ca28a32b56ee12919bb7


ムーミンパパ(大塚明夫)とムーミンママ(谷育子)、そしてムーミン(高山みなみ)のムーミン一家は穏やかな谷に引っ越してきたばかり。
ある大雨の日にムーミンの家を訪れた自称・哲学者のジャコウネズミは不吉なことを口にする。

「世界はもうすぐ滅びる。」

翌日、雨上がりの谷は黒い汚れに染まり、ジャコウネズミの言うこともあながち嘘ではない様子。

コトの真相を確かめるため、ムーミンとミィとスニフは遠くのおそろし山の山頂にある天文台へと向かうのだった・・・。


ムーミン一家がムーミン谷(昔からある集落なのに新参者のムーミンの名前が付く不思議)に引っ越してきた直後。
勝気ないたずら者のミィや、臆病なのに欲の強いスニフは最初から出てくるので、この2人とムーミンがどんな関係なのかはこの作品を見ただけではよく分からない。

まぁ、友人ってくくりで難しく考える必要は無いのだろうけど。

おそろし山への旅の途中で、流れ者のスナフキンやムーミンの恋人となるフローレンとの出会いも描かれる。

「楽しいムーミン一家」の序章的な立ち位置の作品。


巨大彗星の異常接近によって世界が滅亡するかどうか・・・という、幾らでも壮大に出来てしまうストーリーだけど、そこはムーミン。
ムーミンたちが天文台まで行って事情を確認し、ムーミン谷に帰り、避難して、無事に彗星をやり過ごしてハッピーエンド。
いっそ一番の危機は、巨大食虫植物に捕まってしまったフローレンを助けるシーンかな?

時間的にも60分ちょっとと短く収まっていて、怖いシーンも少なく、こどもも安心して飽きずに最後まで笑って観られる作品として良い出来でした。


作品を観ていて、いたずら者のミィがなぜ人気キャラなのか分かりました。
39861291_480x517


このユルユルの世界観の中で、唯一のリアリストだからです。
毒舌家と言われるけど、ミィのセリフは毒舌というよりもツッコミです。

ムーミンやスノークが交わす、ぽわーんと的外れな会話を横で聞きながら「バカな会話!」と切って捨てるミィの心地よさ。
彼女が居なければ、ムーミンはただのダラダラした作品になっていたでしょう。

こどもの頃にどこかで見たムーミンのイメージでは嫌な子だったミィが、大人になって見るとこの作品の中で一番好きなキャラになっていました。


ちなみにこの作品で一番ダメなのはスニフでした(上の画像のカンガルーみたいなヤツ)。

臆病で、自分中心で、物欲だけは強い。
そんなスニフのダメっぷりにはやや引きました。

ある意味で自分に正直とも言えるけどね。


最終評価 B+


know_the_base at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2014年に観た映画 | 映画 ま行

実姉の帰還。正月の準備。

image

御実家の重鎮・ゴッド実姉が北海道から帰還しました。

そして人手が増えたのを良いことに、実家は正月準備モードに突入。

年賀状を刷る。
モチを作る。
おせちを作る。

口も出すけど手も動かす実姉が作業の中心。
口は出さないけど、手も出さない弟はダラダラ。
姪っ子兼娘は、実姉の周りをチョロチョロ。


あー、年末気分が出てきたなー。

このダラダラ感が、年末年始だなー。


「パパは・・・働いてください。」

「君だって、つまみ食いしまくってるじゃーん。」

「てへっ!」

know_the_base at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

December 27, 2014

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]
レニー・ゼルウィガー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


2001年 イギリス・アメリカ映画

シャロン・マグワイア監督
レニー・ゼルウィガー主演


ロンドンの出版社に勤める32歳・独身のブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)。
実家で無理矢理に引き合わされた嫌味なバツイチ弁護士のマークに現実を突きつけられる。

大酒飲みで、ヘビースモーカーで、ペラペラと下品な事を話してしまう自分の現実を。

彼氏も無く、30代向けのラジオを聞きながらベロベロに酔っ払った夜、ブリジットは決意する。

自分を変えなくてはダメだ!

そう決意したブリジットは、自分を立て直す為に日記をつけることにした。

その日記に記されたのは?
セックスアピールの塊みたいな職場の上司ダニエル(ヒュー・グラント)との二転三転する恋愛?
30年連れ添った両親の破綻?
それとも、まさかのマークとの・・・

ブリジットが記した赤裸々な30代女性の日常。


レニー・ゼルウィガーの地位を確固たるものにした名作。

ブリジットの自分を飾らない独白は、多くの女性の共感を呼んだ。


下ネタあり、ぜい肉あり、ロマンスあり、切なさありの笑いあり。

かみ合うような、かみ合わないような。
一生懸命なのにまるで上手くいかない時もあれば、ひょんな事からトントン拍子に転がる日もある。


太ってるとか、酒飲みとか問題点はあるハズなのに、ブリジットはなんだかんだでモテモテ。

状況と設定だけ考えるとブリジットはモテるワケない。
それなのに、ブリジットのモテモテにはあまり違和感がない。

何せブリジットがキュートだから。

そのブリジットの魅力は、レニー・ゼルウィガーの魅力。
極端に可愛すぎず、それでいてキュート。
このキャスティングは上手い。

ブリジットを挟んだ2人の男がレストランでケンカするシーンや、ブリジットが下着姿で雪の降る道を走るシーンなど、印象に残るシーンも多い。

特別な感動があるワケじゃないけど、最後まで飽きずに楽しく観て、ほっこり出来る。

テンポ良く、後味の良い、大人のラブロマンス・コメディ。
バカバカしさと、嬉しさと、切なさの配分が絶妙。


ただ、なんでマークはブリジットを好きになったのか?

話の核になる部分なのに、ここが良く分からないのがちょっと残念。


最終評価 A−


余談
この作品の中で、ブリジットはダメな独身女性として描かれているのだけど、2014年現在から見ると別にダメじゃないんですよ。

フツーに働いてるし、その気になれば男は出来るし、職場恋愛が失敗すれば転職も出来る。

2001年の頃はまだまだ結婚する事が当たり前の時代。
あの頃は30代で結婚していない女性ってダケで映画になったんですねぇ。

映画の内容とは別の話だけど、この時代感がなんとも味わい深い。

know_the_base at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2014年に観た映画 | 映画 は行

December 26, 2014

仕事納め

今年の仕事、納まりました。

明日から夢の9連休。

遊べる人は遊んでね。

know_the_base at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

December 24, 2014

Merry Christmas EVE !!

今年もクリスマスイヴを迎えました。
皆さんも大事な人と時間を過ごしていますか?

今日の夕食は、毎年恒例の家族でクリスマスディナーです。

sIMG_5916


フランスパン、鳥モモのロースト、ポテトフライとサラダにテリーヌ。
あと、お約束のシャンメリー。

塩分的にはかなり足が出ていますが、昨日から調整しているので大丈夫。

そのあとは、もちろんクリスマスケーキ。

sIMG_5934


フランスパンはヤマザキ製。
テリーヌは伊藤ハム製。
鳥モモやポテトは自家製。
クリスマスケーキは近場の洋菓子屋さん製。

お値段にしてしまうと何てコトのないクリスマスディナーですが、値段の問題じゃないっす。

家族が揃ってこの時間を過ごせるコトが、プライスレス。
本当に、お金で買えない価値があります。


正直、この時期は憂鬱です。
クリスマスと大動脈解離を起こした日があまりに近く、このクリスマスディナーをしているとあの日がオーバーラップしてくるのです。

クリスマスと人生最悪の日がリンクしてしまっているのです。
数日前のクリスマスに撮った写真を握りしめ、「あの日に帰りたい。」と心潰れた時を思い出してしまうのです。

トラウマなんでしょうね。

そう言えば、その前に大手術をやったのもこの時期でした。

クリスマスが僕にとっては完全に鬼門。

そのせいか、この時期になると気が重くなり、体調も何だかおかしくなります。


でも、自分の横で楽しそうにクリスマスソングを歌ってクリスマスを喜んでいる存在が、そんな僕のモヤモヤを忘れさせてくれます。

こうして嬉しい記憶を何度も塗り重ねていければ、いつかはクリスマスをまた心から祝えるようになるのでしょうか。

またこうして来年も無事に過ごしたい。

この願いが叶うことが、一番欲しいクリスマスプレゼントです。



「1年いい子にしてたらだね!」

「うーーん。それがハードルなんだよね・・・。」


know_the_base at 20:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | 療養生活

December 23, 2014

生活費無くした

かと思った。


いや、まじで焦りました。

窓口やってる職場の先輩に「落し物で無かったですか?」って電話しちゃうくらいには焦りました。


給料日に下ろしてきたハズの生活費。
いつもの場所に入れたハズ。

なのに、無い。

思い出す。
あの日を思い出す。

下ろしたハズ、入れたハズ、変なところには置かないハズ。

ハズ、ハズ、ハズ。

なのに、ない。
生活費が無い。

いつもの場所、無い。

裏に落ちたかな、無い。
車に落ちてるかも、無い。
カバンを見る、無い。
コートのポケット、無い。

うわー、無い。
あり得ないと思う場所さえも見るけど、無い。

コレは、まじで無くしたか。

やらかした。

そう思って、諦める方向に気持ちを切り替えようとしかかった時


「あったよ。」

嫁様の声。


我々の生活費は、嫁様のミシンカバーのポケットに落ちてました。

あぁ、確かにミシンカバーの上に置いたかも。

よ、良かったよぉ。

ちょー焦ったし、落ち込んだよぉ。

あぶねー。


「良かったですねぇ。でも、もう一度は無くしたと諦めたのなら、その生活費で年末ジャンボで夢を買ったらどうですか?」

「宝クジは換金率がねー。だったら株に・・」

「パパ、反省は?」

「だぅ。」


know_the_base at 16:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

この値段設定、妥当?

image

ジャンプの背表紙に新作ゲームの広告。

少女の歌が響くとき、心の中の「竜」が目覚める。
竜と奏でるRPG
シャイニング・レゾナンス。

沢城みゆきさんと神谷浩史さんが出てるんだ。

へぇー。
ふーん。

その位の気持ちで眺めてて、目が止まる。

image

通常版・ダウンロード版 8222円。
限定版 16800円。

高っ!

なにそれ、通常版で8222円?

あほかー。


さて、パッケージ版のゲームが売れない売れないと言われて久しいですが。

そりゃあ、売れないだろーよ。

高いから売れないのか?
出る本数が少ないから値段が上がるのか?

ゲームハードは進化して開発費は跳ね上がり、一方でパッケージゲームを買う人は減る。

結果、値段が上がる。

まぁ、理屈は分かるけどね。
末期症状である事は間違いなさそう。








know_the_base at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

December 21, 2014

2015年の年間目標案を募集します

2014年もあと10日。
皆さん、いかがお過ごしですか。


忘れもしない、2012年12月27日。
あの日に結構ヤバイ感じに身体を壊して、早2年という月日が経ちます。

1年目は社会復帰に精一杯。
2年目は生きてるだけで丸儲け。

そんな気持ちでこの2年を過ごし、幸いにして身体の調子は良好です。

定期検査の結果も小康状態を維持。
最初はとまどった減塩生活にも慣れ、今ではすっかり減塩舌になりました。


さて、そうなってくると人間の欲というのは恐ろしいモノ。

まだ遠出は禁止ですから、旅行にも行けず。
もちろん運動なんかは厳禁ですから、スポーツもせず。

アレもダメ、コレもダメと、ダメダメ尽くしの日常は、恐ろしいほどに管理の行き届いたルーチンワークになってきます。
正直、ちょーっと、この繰り返されるダケの日常に飽きてきました。

2年前には「何も要らない。あの日常に戻れれば・・・。」と願った、その日常なのにね。

贅沢なモンだ。
まぁ、人間なんて、そんなモンだけど。


と、まぁ、そこで2015年には懐かしの「年間目標」を復活させたいと画策しております。

ある年は、映画を100本観たり。
ある年は、わらしべ長者をしたり。
ある年は、毎日写真を撮ってみたり。

そんな例のアレです。


もちろん身体が第一。
生きてること、寿命を縮めないことが大前提。

なので、運動系に関してはかなりの制限があります。
てか、運動系はダメです。

そして、移動制限もあります。
一日に行動出来て、半径50kmが精一杯。
電車なら1時間程度が活動限界です。
都内往復なら何とか・・・ってレベルです。

飲食系も塩分1日6gの中で暮らしてますので、結構キビシイ。


さて、そんな僕に出来る目標は・・・・?

むー。


とゆーワケで、皆様の御知恵を拝借したく存じまする。

何か 「コレ、やってみれば?」というアイディアがありましたら、お知らせ頂ければ幸いです。

提案は、本当に何でも良いです。
無理なものは無理って言いますし、興味が持てないものは興味無いからって言います。



「自分では何か考えてないんですか?」

「映画は前にやったし、読書か、何かの書き物とか?
 もしくは彫り物?は力を結構使うのでダメだし、絵画・音楽の芸術系は達成が何なのかの設定が難しいんだよね・・・。
 やっぱ、わらしべ長者的な企画モノかなぁ?」

「結構色々と注文が多いですね。難儀な人です。」



know_the_base at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

December 19, 2014

大事なことを漫画が教えてくれてたのに

随分昔、姉の持っていた少女漫画に書いてあったコト。

いい男ってのは、彼女の指輪と靴のサイズくらい知っているもの。


んー、そんなモンですか。

なぜだか印象に残ったその教えにしたがい、密かに嫁様の指輪と靴のサイズを調べたメモを財布に入れて持ち歩いていた「ハズ」だったのですが。

肝心な時にそのメモ、ねーでやんの。


先日、サンタは嫁様へのプレゼントを探してショッピングモールを彷徨っていました。
そして、一足の靴に出会いました。

嫁様の好きそうなデザインと質感。
なんとその靴は最後一足でワンサイズしかありません。

コレだ!

サンタはそう思い、ここぞとばかりに財布のメモを探しました。

ところが、メモがありません。

おぉーう。
なんだよ。今だろ、ココこそだろ。

確かにメモは作ったのです。
でも、長年の経過の中でどこかに行ってしまったのです。

サンタは地団駄を踏みました。

何度財布を捜してもメモはありません。
何となく記憶している嫁様の足のサイズと合いそうな気もするものの、自信が持てません。

サンタは迷いました。

近場の椅子に座って、20分は迷いました。


結局、靴を決め打ちで買う勇気がなく、仕方なく嫁様にメールで靴のサイズを聞きました。

靴を買うことは出来ました。

でも、嫁様へのプレゼントがネタバレしてしまうという、なんとも格好悪いコトになったワケです。

真のイイ男なら、サプライズでサイズぴったりの靴をシュッと出すはずなのです。

シュッと。

サプライズで。


あのメモさえあれば。

そう思わずにいられない出来事でした。

そして、姉の持っていた少女漫画の言うことは正しかったと痛感する出来事でした。



男子諸君。

彼女(奥さん)の指輪と靴のサイズを調べたメモを財布に忍ばせよ。

それが、好い男への第一歩だ。

間違いない。



「この記事、今書いて良いんですか?」

「もう、ネタバレしてるし、嫁様は僕のブログなんか読まないし。」

「投げやりは男の株を下げますよ。」


ちなみに、この教えが記されていた姉の持ってた少女漫画は、たしか「アレクサンドライト」か「サイファ」のどっちかだと思う。

確かアレクが絡んだ話だったと思うから、アレキサンドライトかな?

だよね?>姉

Alexandrite (第1巻) (白泉社文庫)
成田 美名子
白泉社
2000-06



Cipher (第1巻) (白泉社文庫)
成田 美名子
白泉社
1997-03



know_the_base at 23:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

December 17, 2014

寄生獣 (実写劇場版)

image

2014年・日本映画

染谷将太:主演  山崎貴:監督


地球上の誰かがふと思った
人間の数が半分になれば、いくつの森が焼かれずにすむのだろうか

地球上の誰かがふと思った
人間の数が100分の1になれば、たれ流される毒も100分の1になるだろうか

地球上の誰かがふと思った
生物(みんな)の未来を守らねば・・・



ある日、謎の寄生生物が地球に生まれた。
その生物がどこから来て、何の為に生まれたのか、誰も知らない。

その寄生生物は、他の生物の体内に潜り込み、神経の中枢である脳髄を奪い、その後は本能に任せてその生物を捕食する。

寄生生物の本能が「狙え」と定めた生物、人間。
変幻自在な寄生生物は、人間の頭部を奪い、人間に成りすまし、人間を殺し、捕食した。

高校生の泉新一(染谷将太)もまた、寄生する前の寄生生物に襲われる。
だが、必死の抵抗の末、新一を襲った寄生生物は脳髄を奪うことが出来ず、新一の右手に住むことになる。

ミギー(阿部サダヲ)と名付けられた寄生生物と、人間である新一の共生とも言える奇妙な関係がはじまる・・・。


先日、原作を読んだら、どーーーーしても観たくなってしまって、劇場実写版「寄生獣」を観てきました。

原作の世界観、ストーリー、テーマをそのままに、実写映画らしいスピード感や生々しさをプラスしている。
この作品は、名作漫画の数少ない実写成功例のひとつです。

前後編の作品の前編。

原作から見たストーリーとしては、新一の母親が寄生生物に殺され、一度は致命傷を負った新一がミギーによって命を救われ、母親の仇を討つところまで。

後編は、人類の反撃である市役所包囲網作戦から、新一と後藤の対決といった感じでしょうか。



この実写化、まず素晴らしいのはキャスティング。

原作の雰囲気を壊さない泉新一を演じる染谷将太。 絶賛。
CGとVFXを駆使したミギーとの掛け合い、はじめは弱々しい現代っ子が徐々に変わっていくという難しい役柄、現代っ子になった泉新一がそこに居た。

寄生生物を導く立場となる田宮良子に深津絵里。
他を統べる圧倒的な内的パワーと、一方で「寄生生物とは何か。」という問いに独り向き合う孤独感。その両方が滲み出ている。

新一の恋人役・村野里美に橋本愛。これが現代の女子高生らしく、悪くない。

合理的だけど残酷な言葉を、どこかコミカルに語る阿部サダヲのミギーも、悪くない。


そして、映画のパッケージに収める為の原作からの変更点も、許容範囲内。

結構変更点はあるのだけど、原作を知る人間でもすんなり観る事が出来ました。
原作を知らない人なら、こっちの方が分かりやすいかも知れないくらいに、スッキリした感じ。

流石に新一の父親不在ってのは、ちょっと今後の展開に違和感を感じそうだけど、その辺は後編の話。


あえて残念だった部分をあげるなら、細かい演出にもう少し丁寧さが欲しかったかな。

胸を貫かれ、自分の血の中で数日過ごした新一が、シャツを脱いだだけで綺麗な身体になってしまったり。
血の池ですっころんだ新一の背中が、その後のシーンでまったく汚れていなかったり。

あるべきはずの汚れが無さ過ぎる違和感。
まぁ、この辺は、血みどろ惨殺シーン満載の作品を描くうえで、意識的にキレイに描いたのかも知れないけどね。


人前でミギーが出てくるシーン。
もう少し遠慮気味に出てきてないと、流石にバレんじゃないの? とか。


あと、技術的な話なので限界はあるのかも知れないけど、ミギーの質感がもう少し人の肌っぽく出来なかったか。
まだ作り物感があったかなー。


細かくツッコめば、そりゃああるんだけど。
その辺は無視できるくらいに良い作品でした。

後編が公開される4.25が待ち遠しい!


最終評価 A



know_the_base at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2014年に観た映画 | 映画 か行

実写版「寄生獣」観てきました

image


名作漫画の実写版は数あれど

5割は「なぜこうなった。」と片膝をつきたく作品。

3割はまぁまぁ。

「よくやった!」と言いたくなるのは残りの2割といったとこでしょうか。


この作品は、そのレアな2割に入る作品。

世界観の再現、映画化するにあたってのストーリーの要約、若干の細部変更、そのどれもが原作ファンを納得させるレベル。

特に原作の80年代後半から現代への変更は上手い。

主役の染谷将太のキャスティングは絶妙。
演技力、雰囲気、申し分ない。
気弱なタイプだった原作の泉新一を引き継ぎつつ、イマドキの若者として違和感がない。

あー、詳しくは夜に書きます!

観に来て良かった。


最終評価 A


know_the_base at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

December 16, 2014

寄生獣




先日、サンタ氏に「愛蔵版」を頼んでしまった「寄生獣」。
コミックスの新装版が出ていたので、そちらを自分で買ってしまいました。

「コミックス新装版」「愛蔵版」「文庫版」と、本屋の平積みが何やら寄生獣祭りという様な感じになってました。
実写映画化、アニメ化と、どっから始まったのか良くわかりませんが「寄生獣」が再燃してますもんね。

wikipedia「寄生獣」 によれば、1988連載開始 〜 1995完結とのこと。

初めてこの作品を読んだ時は、衝撃的でした。
特異的な設定やアクションの残虐性で話題になっていましたが、それより何より、テーマの深さと、全話を通しての完成度の高さに圧倒された記憶があります。


ストーリー

ある日、謎の寄生生物が地球に生まれた。
その生物がどこから来て、何の為に生まれたのか、誰も知らない。

その寄生生物は、他の生物の体内に潜り込み、神経の中枢である脳髄を奪い、その後は本能に任せてその生物を捕食する。

寄生生物の本能が「狙え」と定めた生物、人間。
変幻自在な寄生生物は、人間の頭部を奪い、人間に成りすまし、人間を殺し、捕食した。

高校生の泉新一もまた寄生する前の寄生生物に襲われる。
だが、必死の抵抗の末、新一を襲った寄生生物は脳髄を奪うことが出来ず、新一の右手に住むことになる。

ミギーと名付けられた寄生生物と、人間である新一の共生とも言える奇妙な関係がはじまる・・・。

39344646



コミックスで全10巻。

起承転結、全てにムダが無く、最初の構想のままに最後まで突き進み、完結する。

無駄は無いのに、ひとつひとつのエピソードが絡まり合って、全てがラストへと集約していく。
寄生生物たちの辿りつく先、ミギーの出す答え、新一の流す涙。
全てが必然に感じる。

この形は、連載ストーリー漫画として本来あるべき形。


そして、その辺の文学作品なんかよりも率直に、分かりやすく、それでいて深いテーマを読者に投げかけてくる。

人間よりも圧倒的な力があり、知能も高い寄生生物。
本来であれば、食物連鎖の頂点に立つべき生物。
だが、人間よりも数が少なく、人間に寄生しなければ生きられず、害獣として人間の手によって徐々に駆逐されていく。

地球という恩恵を無自覚に貪り尽くそうとする人間。
圧倒的な数で、資源を使い、他の生物を殺し、食べる。
互いに殺し合い、貧富の差を飲み込み、それでいながら、個々人の命を「地球より重い。」などと言ってみる。

人間が豚を食べるのと、寄生生物が人間を食べることは、本質的に同じ。

それなのに、人間は許され、寄生生物は許さない。
それは、単なる人間のエゴではないのか?

人間とは何か。

他に寄生する獣とは、人間のことではないか。

その質問は、作品の中で繰り返し問われる。


ラスト近く、多くの寄生生物の寄り集まった最強の敵・後藤に勝った新一とミギー。

生きようともがく後藤の生殺与奪の権利を得た新一。
一度は「生死が五分五分なら、天に任せよう。」と後藤に背を向ける。

この時、新一は「人間とは、生物とは。」という、マクロな目線で後藤の命を考え「自然に任せる。」としている。

だが、途中で思い直し「俺なんか、せいぜい家族を守りたいだけのちっぽけな1匹の人間だ。ごめんよ。」と呟いて、ナタを振り下ろす。
ナタを振り下ろした時は、ミクロな視点で人間・泉新一として考え、後藤を殺すことを選ぶ。

マクロの視点とミクロの視点は、出す答えが違う。

そんな当たり前だけど、見落としてしまう事実にハッとさせられる。


この作品は、ストーリー漫画の辿りついた境地のひとつだと思う。


タイトルの「寄生獣」は、一見すると人間に寄生した寄生生物たちのことかと思ってしまう。
でも、本当の寄生獣は、地球に寄生した人間のこと。
作中で、なんども寄生生物については語られ、「ミギー」や「パラサイト」「口だけ頭」など様々な呼び方が出るが、寄生生物を「寄生獣」とは決して呼ばないのがポイント。

そして、散々に人が死に、散々に苦しんだ物語が、最後には当たり前の日常の中に溶け込んで行くという、世界の在り方。

初めて読んだのは、高校生だったと思う。
友人の家にあったこの漫画を手に取り、今まで自分が知っていた漫画が何と幼稚だったかと目からウロコがボロボロに落ちた思い出が懐かしい。

今まで、「名作漫画を5つ」と聞かれれば必ず挙げたこの作品を、ナゼか購入していませんでした。

これからは、何度でも自由に読み返せる。

幸せ。


岩明均先生。
「ヒストリエ」も買ってますし、読んでます。
是非、続きをお願いします。


「サンタさんの手紙はキャンセル不可ですよ?」

「愛蔵版が届くなら、ソレはソレも良い。愛蔵用にする。」

「大人の考えるコトは意味が分かりません。」


know_the_base at 21:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0) マンガ 

December 14, 2014

冬空快晴、おゆうぎ会。

image

今日は娘の幼稚園でクリスマスおゆうぎ会。

ひとクラスにつき歌(合奏)、ダンス(男女別)、劇で3学年12の出し物を楽しみました。

娘は年中さん。
2回目のおゆうぎ会です。

まぁ、中身に関しては幼稚園児の特殊スキル「全部ネタバレ」によって、全部分かってるんですけどね。

そんなモンは、親の特殊能力「ソレはソレ」によって華麗にスルーです。

去年よりしっかりした出し物の内容に成長を感じました。

拙いけど一生懸命な年少さんを見ると去年を思い出し、上手な年長さんを見ると来年を思う。
確かに娘の出番は盛り上がるけど、他の子の出し物もすっごくキュート。

楽しい時間でした。


しかし、娘のクラスのダンス

男子・One Night Carnival (氣志團)
女子・ちょこっとLove (プッチモニ)

って、どうなんだ。

先生の趣味なのか?
プログラムの二度見必至だろ。

ラブ、ラブ、ラブラブラブ。ふぅーっ!

って、懐かし過ぎだろ。





「今日は衆議院議員選挙の投票日です。」

「あぁ、あったね。そんな裏企画。興味ない。」

「パパがコレってことは、今回の投票率は50%を割るかも知れませんね。」

「行くよ、一応ね。
でも、いいんじゃね。政治なんか知るかボケって感じだよ。
どうせどんな結果だろうと、民意なんか自分の好きな様に解釈するんでしょ?
選挙の時に言ったことなんか反故にしまくりで好きにやるんでしょ?
そもそも今回の選挙だって、政権延長のための御都合選挙・・・」

「興味アリアリじゃないですか。」




know_the_base at 14:04|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 | こども

December 13, 2014

冬の定番・メリーゴーランド

image

クリスマスシーズンになると設置される無料の小さなメリーゴーランド。

娘が産まれてから我が家の冬の定番になりました。

娘がコレに乗ってる姿を見ると、冬だなーって感じ。


「本文は?」

「いや?以上ですけど?」


オマケ
今年もクリスマスツリーのオーナメントをひとつ増やしました。
image

今年はトナカイ。
写真はあまり可愛くないですが、本物はモコモコしてて、目がつぶらで結構可愛いのです。

この企画も3年目。
オーナメントも3つ目。
そろそろソレらしくなってきました。





know_the_base at 15:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | こども

December 11, 2014

年末年始、夢の9連休って言われてもね

今年の年末年始は夢の9連休です。
27日の土曜日から始まり、4日の日曜日まで。
ウチの職場の制度上、最大の年末年始連休。

まぁ、そうは言っても担当にもよるのです。
以前の担当していた仕事なら、年末年始と言っても月末月初はフツーに仕事だったのです。

元旦の朝に出勤して「あけましておめでとうございます。」なんて、良くあることでした。

でもね

業務担当が変わって、年末年始に暦通りに休める様になりました。


9連休ウレシー?

まぁ、嬉しいんだけどさ。

嬉しいですよ。

嬉しいですが、嬉しいけどさぁという想いが拭えません。


僕の身体は御存知の通り、まだ遠くには行けません。

特にどこにも行かずに9日・・・


酒も飲めません。

酒も飲まずに9日・・・


耐えられるでしょうか。

いっそ出勤してしまった方が・・・なんて、意味不明なコトさえ頭をよぎります。


誰か遊んで。

結構真面目に、宜しくお願いします。


「パパは2年前にもっと、もーっと長いお休みがあったじゃないですか。」

「アレは休みじゃなくて、療養ね。」



know_the_base at 22:52|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

December 08, 2014

キックアス2 ジャスティス・フォーエバー

キック・アス ジャスティス・フォーエバー [DVD]
アーロン・テイラー=ジョンソン
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2014-12-03


2013年・アメリカ映画

マイナー作品ながら、ユニークな設定とキレのあるアクションシーンによってスマッシュヒットとなった作品「キックアス」の続編。


「映画やコミックの世界ではこれだけヒーローがいるのに、現実では何で誰もやらないのだろう?」

そんな素朴な疑問を抱えたサエない高校生のデイブは、自分がヒーローになろうと決意する。
ヒーローの名前は、キックアス。

キックアス活動の中、デイブは本当のヒーローとしての訓練を受けてヒットガールとして活動する少女ミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)に出会う。

ミンディをヒットガールに育てた父親は、悪の組織と戦う中で死んだ。
その仇を討ち、デイブとミンディは普通の暮らしに戻った。
(以上が前作。)

ヒーロー活動をしない普通の暮らしに疑問を感じたデイブは、本物のヒーローになるべく、ミンディに頼み込んで身体を鍛えだす。

だが、一方のミンディは保護者となったマーカスにヒットガールの活動を禁じられてしまうのだった。

ミンディと仲違いし、独りになってしまったデイブはキックアスに憧れて結成された自警団ジャスティスフォーエバーに参加する。

その頃、父親のレッドミストをキックアスに殺されたと思い込んだバカ息子が、悪に目覚める。
マザーファッカーと自らを名付けたバカ息子は、キックアスを殺すために動き出す・・・


うーん、前作の良さが・・・

前作は、とにかくガムシャラにヒーローになろうとしたデイブのカラ回りした正義感に、初々しいアツさを感じた。

そして、想いだけで実力無しのデイブと、本物のヒーローの実力がありながら心の伴わないミンディのチグハグさが意外な味になっていた。

そこに加わったテンポ良く、キレのあるアクション。

この絶妙なバランスの上にある、スマッシュヒット作だった。

でも、今作は違う。
明らかに違う。

ヒーローごっこ遊びで沢山の人が死ぬだけのストーリーに成り下がってしまった。

有名になってしまったデイブの正義感は、鼻持ちならない奢りに変わってしまった。
彼が正義だと言って振るう暴力には、ほぼ共感出来ない。

そして、ミンディが話の中盤過ぎまでヒットガールであることを捨てようとフツーの女子高生になっている。
結果、この作品のウリだったキレのあるアクションが封印されてしまう。

しかも、ミンディの女子高生パートはタルい上に中途半端。

キックアスを狙うマザーファッカーの悪業がリアリティがまるでない。
必要性も無いのに人を殺しすぎ。

ヒーローがヒーローでなく、アクションも無く、現実味もない。


前作が奇跡の名作なら、今作は単なる駄作。

前作が奇跡のバランスの上にあったとすれば、今作はそのバランスがダメな方に傾いてしまった。


最終評価 C+

know_the_base at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2014年に観た映画 | 映画 か行

December 07, 2014

他人を攻撃せずにはいられない人




職場や家族、友人の中に潜む「害になる人」の精神構造

「他人を攻撃せずにはいられない人」
PHP新書
片田珠美 著

暴言を吐く、支配したがる、けなして自信を失わせる、優しいようで水面下で工作している、一見目立たない人を含めて、あなたの周りにはとんでもない人が隠れているケースがある。
本書では、精神科医として「ターゲット」にされて、痛い目に遭った患者たちから聞いた、人を陥れる「攻撃欲の強い人」を事例で紹介。
ターゲットの心をどんなふうに壊していくのか、その手法を取り上げて分析する。
そして多くの場合、攻撃欲の強い人に対してターゲットは抵抗できない。
それは一体なぜなのか。
結果、どんな影響を及ぼすのか。
はたして、攻撃欲の強い人と、どう向き合い対処すべきか。
ー本書カバーよりー

第一章 「攻撃欲の強い人」とは
第二章 どんなふうに壊していくのか
第三章 なぜ抵抗できなくなるのか
第四章 どうしてこんなことをするのか
第五章 どんな人が影響を受けるのか
第六章 処方箋

本の中で出てくる「攻撃欲の強い人」の実例は

・多くの人の前で何度も同じ部下を罵倒し、けなす上司
・業績を上げてもそれを褒めず、ネチネチと嫌味を言う上司
・やさしい友人の仮面を被って恋愛相談にのって、その裏で彼氏を寝取る友人
・働きに出た妻に「そんな仕事意味がない。」「オマエなんか役に立つわけない。」と文句を言う夫
・こどもの仕事をけなし、多額の小遣いを与えてニート化させる親

その他色々。

ありとあらゆる人間関係の中に「攻撃欲の強い人」はいる。

その分類、方法、なぜその方法にヤラれてしまうのか、ヤラレた結果どうなるのか、どういう人が狙われ、どう対処したら良いのかを解説していく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まぁ、居ますよね。嫌な人。
本の中では「攻撃欲が強い。」なんて、オブラートに包んだ言い方をしていますが、要は嫌な人です。

寄せ手、搦め手、水面下工作、正面からの罵倒。
あらゆる方法で狙った相手を攻撃して、精神的な支配下に置かないと気がすまない人。

本の中でも書いてありますが、利害関係がある中で陥れてくる人は「まだマシ」。
本当にタチが悪いのは、ただ単に「他人の不幸は蜜の味」だと思っている人。

僕は幸いにして、あまり自分がターゲットになった経験は無いのですが、人生を振り返ってみると何人か思い当たる人が居ます。

コレが小中高校なら、「イジメ」でありイジメっ子。
でも、社会に出て、大人になってからもイジメがあるから溜息が出る。

いや、いっそ大人のイジメの方がより陰湿に、より人生を破壊すると言う意味ではタチが悪い。


本の中で、精神科医の著者は「攻撃欲の強い人」を

自分に自信のない裏返しとして他人を貶め・無価値化して相対的に自分の価値を高めたい人

と分析しています。

で、その対処法は

その人はそういう人。と割り切って、距離を置こう。

です。

その対処法に辿り着く為には何よりも観察。
その観察すべきポイントが、この本を読むと何となく分かる。

ソレが分かったからと言って距離が置けない相手の場合もある。

でも、「そういう人なんだ。」と分かることで、心の重荷は相当軽くなる。


「ですよねー。」としか言いようのない結論。

目からウロコ感は大してない。

でも、自分が何となく感じていたコトをハッキリと文章で書いている人が居て、その文章に「そうだよねー。」と思いながら再確認する。

そんな本でした。


いや、当たり前なんだけど、「攻撃欲の強い人」と話し合ったり、自分の非を認めさせたり、そういう態度をやめさせたりするのは、ほぼ無理。

一応、「絶対」とは言わないけど、よほどのコトが無い限り、無理。

そこで頑張っちゃうと余計にエネルギーを失うし、徒労だし、泥沼にハマりかねない。

だから、距離をおく。

みんなが距離をおく。

結果、その人は「よりヒネクレて」独りになる。

より攻撃欲が強くなって近づく他人を傷つける。

正に人間関係のデフレスパイラル。


デフレスパイラルにハマってると思うと、「攻撃欲の強い人」も可哀想っちゃあ可哀想なんだけど。

だからどうしろって言われても、僕も逃げたい側の人間なんで。
華麗にスルーするダケなんで。


所詮は加害者なので、自業自得かな。



know_the_base at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) まじめな本 

December 06, 2014

サンタさんへの手紙

今年1年良い子にしてた娘は、サンタさんにプレゼントを頼みます。

良きかな。

でも、娘はまだ5歳。
欲しいオモチャは沢山あり、常に迷っています。
今日はアレと言っていたけど、明後日はコレと言い出す。

まぁ悩むのも良いけど、ギリギリまで二転三転されてもサンタさんも困ってしまいます。

そこで、サンタさんに手紙を書くことにしました。
コレでプレゼントは決定。
もう動かせません。

今後は

「もうサンタさんに手紙出しちゃったよ!」

と言えば良いのです。


え?
去年まではどうしてたのか?

去年はパパがサンタ氏にメールしてたのです。
パパ、サンタ氏とメル友なんで!

でも、今年はもう字が書けるようになったので、プレゼントが欲しい本人が書かなくてはならないのです。

そういうルールなのです。


で、娘が書いた手紙が↓コレ。
image


さんたさん
けるやつください

可愛すぎ。←親バカ

「けるやつ」ってのは、キックボードのコトです。


そして「パパも書きなよ!」と言われたので、パパも書きました。

image


今年1年頑張ったので、寄生獣の愛蔵版をたのみました。

ちなみにママはまだ悩み中。

こうしてサンタさんに手紙を書くのは、あと何年ですかねー。


know_the_base at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | こども

December 05, 2014

そんな粘膜、焼いちまえ!

image

今日は職場から見える筑波山が綺麗でした。



さて、僕は花粉症です。
スギアレルギー性鼻炎です。そして、スギアレルギー性結膜炎です。

毎年毎年、オレンジに染まるスギの木が本当に憎い。
全てのスギを伐採したい。
そう思っています。


先日、別件で耳鼻科に行きました。
その時の症状は「手の打ちようなし。」という残念な結論に達したので割愛。

診察中、耳鼻科の医師と花粉症についての話になりました。
そして、耳鼻科医師が勧めてきたのです。

鼻腔粘膜焼灼術を。


僕の鼻腔粘膜は、花粉が付くと過剰反応してしまう。
過剰反応するから、過剰に鼻水も出る。
だったら、花粉が付いても反応出来ないくらいに焼いちまえば良いんです。

鼻腔粘膜焼灼術は「レーザーで鼻の粘膜焼いちまえ!」っていう、大胆な治療法です。

花粉の時期の2〜3ヶ月前にやると効果的とか。

鼻腔粘膜、焼くなら今じゃん。

焼いちまえ!

と、言うわけで、本日焼いてきました。


業務中に電話が鳴り、出たら耳鼻科の受け付けの子。

「今すぐ来るならレーザー出来ると医師が言ってますけど、来ます?」

「逝きます。」

という、優しいんだか、雑なんだか分からん呼び出しにホイホイ釣られ

気付いたら鼻に麻酔のガーゼを詰められ

気付いたら、ジューっと焼かれてました。

麻酔がよく効いていて、痛みは全く無し。
本当にコレで鼻水ズルズル地獄とオサラバ出来るのでしょうか。

今年は花粉の時期が少しだけ楽しみです。


「鼻の粘膜焼いたって、目の痒みは残ってますよ!」

「あー、目の粘膜は焼けないもんねぇ。やっぱり花粉の時期が楽しみなんて嘘だな。嘘。」


know_the_base at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

December 03, 2014

次の選挙で最も重要なのは裁判官審査! を拡散

今日は、激しく同意した内容の文章を拡散します。

え? 

て・・・手抜きじゃないよ!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の選挙で最も重要なのは裁判官審査!政治の暴走を許す職務怠慢裁判官にバツ印を!

次の選挙で最も重要なのは、最高裁判所裁判官に対する国民審査。はっきりいって、どの政治家やどの政党に投票するかよりも重要だ。なぜなら裁判官の国民審査の結果によっては、もしかしたら次回の衆議院選挙は無効・やり直しになる可能性もあるからだ。

政治家・政党選びだけでなく、14日に行われる投票日には、ぜひ政治の暴走を許した職務怠慢裁判官である、山崎、池上に×印をつけ、憲法違反を容認する腐った最高裁にノーを突きつけるべきだ。国民がバカでないことを示す重要な投票だ。

e0171573_9545850


最高裁判所裁判官に対する国民審査。選挙のついでに裁判官にバツ印をつけるという、完全に制度が形骸化しているアレのことだ。今までこれにより罷免された裁判官は一度もないという。

政治権力以上にすさまじい権力を持っているのが司法。中でも最高裁判所の判決は社会に重大な影響を及ぼす。憲法の番人とも呼ばれ、政治の暴走を止めることができる、数少ない機関でもある。

憲法の番人であるはずの裁判官がだよ、法の下の平等をうたった日本国憲法に対する重大な違反をしている、一票の格差問題について、違憲と断じず、「違憲状態」などという責任逃れの詐欺的造語を生み出し、政治の暴走を食い止める職務を放棄し、憲法の番人であることを放棄し、憲法違反を容認している犯罪的裁判官がいる。

次の5人の裁判官が選挙で審査の対象になるが下記バツ印をつけた2人が、先月行われた裁判でも一票の格差を容認し、違憲状態という名の実質合憲判断を下した、腐った裁判官である。

鬼丸かおる
木内道祥
池上政幸×
山本庸幸
山崎敏充×

憲法違反を容認し、政治の暴走を追認するこの2人に、ぜひともバツ印をつけ、国民がバカでないことを知らしめるべきだ。もしどちらかが国民審査によって罷免されることになれば、今回の衆議院選挙が憲法違反であると訴えられる裁判において、判決内容に大きな影響を及ぼすだろう。場合によっては、今回の衆議院選挙が無効でやり直しになる可能性も出てくる。

一票の格差の何が問題か。お隣の人が2票投票できて自分が1票しか投票できない。これってどう考えてもおかしい。でもおかしいまま何十年も選挙が行われ、しかも自民・公明安倍政権は、前回の解散時に、民主・野田首相と議員定数削減を約束したにもかかわらず、約束を守らなかった。

何が日本国憲法を世界遺産だ。何が日本国憲法は素晴らしい憲法だ。憲法は守られていない。無視されている。政治家によって。しかもそれに警告を与えるべき最高裁判所が、憲法違反を容認するというとんでもない犯罪行為を行っている。

今度の選挙で国民がバカでないことを示そう。そのために、憲法を守らない裁判官、山崎、池上にバツ印を。

国民の力で裁判官を罷免することができれば、政治は大きく変わるだろう。

Blogos より

本文の修正部分は修正済みにしてあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最高裁の裁判官の任免を投票する時、一応は選挙公報なんかに目を通してはみるものの、正直、誰が良くて、誰かダメなのか分からないんですよね。

判例を見て、「これはダメだろ・・・」と思う人には一応のバツをつけるものの、ね。

「まだ1人も罷免されたことが無い。」という事実が、この制度の形骸っぷりを示しています。


でも、形骸化してるからって何もしなくて良いってワケじゃない。

微力は無力じゃない。





know_the_base at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑感と意見表明 | 国内問題

December 01, 2014

幼児英会話は不要だと思う理由。

注意:コレは素人の勝手な言い分なので、専門家の方の超絶的確な指摘を受けた場合、ひっくり返る可能性を過分に含んでいます。


こどもに英会話は不要。
と言うか、母国言語以外の全てが不要だと思う。


なぜなら、会話力は必要性が命だから。


僕は中学3年、高校3年、大学でも1年(?)と、7年英語を学びましたが、非常に残念な英語力しか持っていません。

さて、そんな僕の思い出話をします。

大変残念な英語力の僕が、何の間違いなのか高校生の時にオーストラリアに約1ヶ月ホームステイする交換留学へ行きました。

残念英語力の高校生が、英語オンリーの家庭でひとりぼっちと言う経験をしたんですね。

母子家庭のホストでしたが大変優しいホストファミリーでした。
同世代のショーンは非常に面倒見が良くて気持ちの良いヤツでした。

でも、カンペキに英語オンリーでした。

もう、その環境に投げ込まれてしまうと、必死ですよ。
何とかコミュニケーションをとらないと、明日の自分の予定さえ分からないんですから。

手持ちの単語を切り貼りし、身振り手振りを入れ、ポケット英和和英辞書はもう手放せません。

でも、ガムシャラやってるうちに脳内で 「え? アイ、グラット、トゥ、シーユー。だから、あなたに会えて嬉しい、だな。」と日本語変換していた会話が、いつの間にか英語ダイレクトになりってきます。

1ヵ月のホームステイが終わる頃には、ペラペラとまでいかないまでも、あんまり苦労なく会話していた様に記憶してます。
ショーンと恋バナをしたり、冗談を交わす位には喋れるようになってました。

一応、別れの時には涙涙でしたし、日本に戻ってからの寝言は英語だったそうです。

もし、別れの時に辞書を引きながらだったら、感動は半減だったでしょうね。


おぉ、留学によって英会話力アップ! 素晴らしい!


でもね。
その後、数ヶ月で僕の寝言は日本語に戻り、相変わらずの残念英語力に戻ってしまいました。

だって、日本の僕の暮らしに英会話必要無いんですもん。


もしも僕が英語得意の準備万端留学生であれば、それほどの経験では無かったかも知れません。
でも、僕は本当に残念英語力なんです。

そんな残念高校生でも、英語の生活に放り込まれれば英語を喋るのです。

この経験は、僕にひとつの確信を抱かせました。

「英語は必要性が命。」


よく日本の英語教育が残念ってコトを聞きますが、結局、必要性が低いからなんじゃないですか?


ウチの実父は韓国語が出来ます。
本人は「まだまだ。」と言ってますが、彼は韓国語で議論が出来るレベルになろうとしていると思うので「まだまだ。」なのであり、一般人的にはかなりのレベルにある気配です。

すげぇなぁと思うけど、ソレだって、身近に会話したい韓国の友人が居るからってのが大きいと思う。

伝えたい言葉があるから、会話力が上がる。

極々当たり前のコトです。


確かに、こどもの脳みそは非常に柔軟で、入れると何でも入るんじゃないかと思ってしまいます。

5歳の娘は、最近では漢字でさえも形で覚えてしまって「宅急便」とかを読んだりします。
英詩のクリスマスソングを英語で歌ったりしています。

「ウチの娘は天才か!」 と、ビビリます。
この才能を伸ばして・・・とか、思ってしまいます。

よーし、じゃあこの柔らかい脳みそに英語を入れてやろう。とばかりに幼児に英会話を習わせて。


さて、話すお相手は・・・?

結局、ママに習ったことを披露するのが関の山じゃないんですかね?


仮に娘の近くに全く日本語が分からない外国の方が居て、その人と話したいと娘が思えば英会話なんて習わなくても言葉を覚えて会話していると思うんですよね。

で、逆に、言葉を交わしたいと思う相手が居ないのに、いくら英会話教室に通わせたところで「だから何?」ってコトになると思うんですよ。

あれ?
じゃあ、幼児英会話の必要なタイミングはドコ?


繰り返しですが、日本語だろうが英語だろうが、会話力は必要性があれば磨かれます。

本当に口説きたい女性がタガログ語を話すなら、きっとタガログ語だってマスター出来ます。

それだけの話。


なので、異国語を話す必要性の(おそらく)低い幼児を外国語教室に入れる意味は、ほぼない。

教育学者の受け売りですが、そんなコトしてるなら幼児期は親や周囲の大人と沢山話して日本語力を付けた方が何倍も有意義だと思います。

日本語(母国語)でのコミュニケーション能力さえ発達途上なんだから、伸ばすならまずそっちでしょ。


「なんで急にこんな話?」

「近所のスーパーで君が幼児英会話の配る風船を貰った時に思ったことをまとめておきました。」




余談。

英会話力はすっかり無くなってしまった僕ですが、まるきり全てを失ってしまったワケではありません。

「会話なんか、話したモン勝ちだ!」

という、英語度胸みたいなモンだけは残っています。
ちなみにこの度胸は、ロンドン旅行の時などに地味に発揮されていました。

まぁ、元々そういう性格だろって言われてしまうと、反論できないんですけどね。




know_the_base at 21:44|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 雑感と意見表明 | こども