August 2015

August 31, 2015

成長した人

8月も終わり、夏休みも終わり。
絶賛勉強中の息抜きにキーを叩いております。

最近の勉強はアレだね。
E-Learning とか言っちゃって、PCを開いて勉強するってのは、色々とガンだね。

勉強してるのが、がん登録だけに・・・。


さて、そんなオヤジな掴みはさておき。

この夏休みに成長著しい人がいます。

もちろん、娘です。

彼女は、今年の夏休みにスイミングスクールでやってる短期レッスンに行きました。
5日間連続でプールに通い、先生からレッスンを受けました。

そのレッスンまで水に顔を漬けることが出来なかった娘は、そのレッスンの間に顔を漬け、水に潜ることが出来るようになりました。
その「自分は水に潜れるようになったんだ。」という経験が、明らかに彼女の自信になったようです。

他にも、お泊り保育で親元を離れて過ごした経験なんかを得て、なんだかこの夏休みで随分としっかりした気がします。
「自信」がもたらす力は大きいらしく、親バカ目線だとこの夏だけでビフォーアフター出来そうなくらい。

娘も幼稚園の年長になり、身体的な成長は一ヶ月でどうこうと言うほどでもなくなりましたが、その分、内面の伸びが大きい感じ。



そんな娘の成長のキッカケになったスイミング。

本人も希望しているので、今後も続けさせることになりました。

遂に始まってしまった習い事。
こいつが教育費ってヤツですね、先生!

まぁ、楽しんで続けてくださいと願うばかり。



「これがスイマー娘っちと水泳の出会いであった事を、この時は知る由もないのだった・・・。」

「いや、スイマー娘がどれほどのもんかは知らんけど、コレが出会いなのは分かるだろ。」



さて、勉強にもどろっと。


know_the_base at 22:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | こども

August 30, 2015

日曜日だと言うのに

image


嫁様と娘に外出して貰って、ひとり勉強中。

一応、本気モードになりました。


が、つかれたー。

寄る年波か、日頃の訓練不足か、集中力がそんな何時間も保たないや。

うーん、ヒリヒリしてきましたなぁ!


know_the_base at 14:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

August 29, 2015

来週金曜は資格試験

さて、そろそろ本気だす。



かなー。



know_the_base at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

August 27, 2015

コナン・ザ・グレート

コナン・ザ・グレート(2枚組) (初回生産限定) [DVD]
アーノルド・シュワルツェネッガー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-04-21


1982年 アメリカ映画

古代アトランティスが滅びた後の暗黒時代。
コナン(アーノルド・シュワルツェネッガー)の生まれた小さな部族は襲われ、両親は殺された。

奴隷となったコナンは苦役に耐え、屈強な肉体を持つ青年と成長した。

コナンの肉体に目を付けた行商人に買われ、コナンは闘士となった。
そこでコナンは戦う術と知恵を身に付け、そして行商人の気まぐれで自由を得た。

自由を手にしたコナンは、復讐の旅に出る。


シュワルツェネッガー、若っ!

シュワルツェネッガー、ロンゲ!
しかも似合わねーww



ボディビルダーだったシュワルツェネッガーが俳優として認められるキッカケとなった作品。

とにかくシュワルツェネッガーの屈強なバディを見せつける。

とにかくシュワルツェネッガーは喋らない。

ストーリーは、まぁ、古代時代の摩訶不思議アドベンチャーな感じ。
予言と、セックスと、格闘と、神話。

順次出会うべき人に出会い、情報をもらい、仲間になり、シュワルツェネッガーがムッキムキ。

セックスも格闘も、いかにしてシュワルツェネッガーのムキムキバディを見せつけるかって作品。

とりあえず、でかいバスタードソードを振り回すシュワルツェネッガーはムキムキ格好良い。


映画業界がお金を持ってた時代の作品なので、今の時代にはない実写の味わいを楽しむことは出来る。
ただ、現代の映画と比べてしまうと、ストーリーも演出も微妙な内容。

まぁ、時間を割いてワザワザ観る作品でもない。


最終評価 B−

know_the_base at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2015年に観た映画 | 映画 か行

August 25, 2015

神さまの言うとおり



2014年 日本映画


退屈な日常に飽きていた高校生の高畑瞬(福士蒼汰)は、こんな世界ぶっ壊してくれと神に願った。

そして、その言葉を後悔し、退屈な日常を返してくれと神に願う。


ある日、授業をしていた教師の頭を爆破して現れたダルマ。

そのダルマがはじめたのは、ダルマさんが転んだだった。

ルールは、古典的なダルマさんが転んだ。
だが、動いた時の罰則は頭部の爆破による死。

パニックの中、次々に頭が爆発して死んでいくクラスメイトたち。

瞬が生き延びる方法は、ダルマの背中のスイッチを押すことだけ。

命のカウントダウンがはじまる。


かなり突飛なシチュエーションの中で繰り広げられる極限のデスゲームの連続。

バンバン人が死ぬ。
あえてリアリティを持たせないようにその死にっぷりもかなり豪快。

まぁ、なんでもアリ系のトンデモワールドなので、極限のデスゲームの中で主人公があまりにも冷静だったり、女の子にときめいたりするのはスルーが吉。
果てしないトンデモワールドなので、どうせ理由付けや謎解きは無いものとして、期待しないのが吉。

だって普通の理由付けでは無理だもん、こんなの。


そんな理由付けやツッコミを脇に置いて見るなら、結構なジェットコースター感を楽しめる。


ただ、最後のオチが酷すぎる。
あえて御都合とは言わない。
なぜなら、ここまでが御都合オンパレードだったから。

でも、とにかく最後が酷い。
最後にかけてのクライマックスも酷い。

最後のゲームからオチにかけてが酷い。

なんだこのオチ。
なんだこのラスト。

ここまで引っ張ってコレか。

それまでがソコソコ良かった分、許せん。


ラストのぶん投げっぷりに怒り心頭。


最終評価 C

know_the_base at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2015年に観た映画 | 映画 か行

August 23, 2015

30年の垢落とし

ウチの実家は、僕が幼稚園の年長(6歳)の時に建ちました。
その末息子、現在37歳。

その30年、一度も洗われたコトのない外壁はこんな感じ。
IMG_8732

実家の壁全面こんな感じ。
とにかく汚い。

この汚れっぷりが、いつもいつもいつも気になっていたので

いつかやってやる。

ケルヒャー的なアレで、ブシャーーーー!!っとやってやる。

やってやるぞ。

やりたいぞ。

やってやったら、気持ちいいだろうな。

楽しそうだな。

やりたいやりたい、やりたーーーーい!!


そう思ってました。

そしたら、実家の父が知人から借りてきました
IMG_8733

高水圧洗浄機。
まぁ、残念ながらケルヒャーではありません。リョービです。
ベストフィッシングです。

で、作業準備をするものの、ナカナカ上手くいかない。

それもそのハズ。
原因は、実家のホース。

そもそも実家のホースは耐水圧ホースじゃない。
何より、ブチブチに断裂してるのを父が補修しながら使っていたもの。
壁の汚れが30年モノなら、このホースもそれに匹敵するキャリアをお持ちのモノ。

普通に使っていても所々からピューピュー水が出る仕様。

高水圧がかかるたび、あっちで ビュー! こっちでブシャー!!
父はそのたびに繋いだり、補修したり。

「すぐに新しいの買えば良いってモンじゃないんだ!!」

・・・・。

んー。貴方の崇高な志には心服しますが、流石にそれは無理だろ。

で、末息子は崇高な父の想いを踏みにじって

image

淡々と耐高水圧ホースを買ってくるの巻。

で、やっと動き出した高水圧洗浄機。

これが楽しい。

IMG_8736

水が当たるトコがバンバン綺麗になっていく。

IMG_8755

娘も参戦。

スーパー水鉄砲にキャーキャー言いながら壁を掃除する娘。

よきかな、よきかな。

IMG_8758

妊婦も参戦。

貴女、こういう作業が結構好きよね。

よきかな、よきかな。

結果、最初の壁はこうなりました。
IMG_8764


綺麗になるよねー。

でも、一部分だけ綺麗にして満足して終われるモノでもなく、壁一面を綺麗にするのは結構骨が折れる。
壁一面で、大体1時間半〜2時間くらい?


昨日作業したのと同じくらいの壁面が、実家にはあと5〜6面。

今年の夏中に終わるだろうか・・・。




「施工主(実家両親)からはいかほど搾り取るのですが?この悪徳業者!!」

「えーと、完全ボランティアの親孝行ですが・・・?」

「完全無料? 正に悪徳業者の手口よ! いやぁぁぁ!!」

「・・・・。」


know_the_base at 08:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

August 21, 2015

夫婦水入らずの大ドミニオン大会

image


今日、娘は幼稚園のお泊り保育。

なので、久しぶりの夫婦水入らです。

とにかく静か。


で、娘が居ると出来ないコトをしようと、大ドミニオン大会を開催中。

遊び倒してやるー。



know_the_base at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

August 19, 2015

東京難民

東京難民(Blu-ray)
中村蒼、大塚千弘、青柳翔、山本美月、中尾明慶、金子ノブアキ、井上順
キングレコード
2014-08-27



北九州から出て東京で一人暮らしをする大学生のオサム(中村蒼)。

ある日、教室に入るための学生証が認識されなくなる。
学生課に問い合わせると、自分の学費が振り込まれていないという。

大学は除籍。

学費を振り込むはずの父親は、母親が死んだ後にフィリピンパブの女にハマっていた。

その父親が蒸発した。

当然、アパートの家賃も振り込まれない。
使用権を借りていただけの部屋は、あっと言う間に追い出された。

手持ちの金は3万と少し。

ネットカフェに転がり込み、日払いのバイトで食いつなぐ。
疲労と栄養不足が積もっていく。

住所不定。
ネットカフェ難民。
持ち物は、衣服と少しの着替え、そして携帯電話のみ。

オサムは流されるままに転がり落ちていく・・・。


オサムくんは確かに不遇だけど、残念なことに馬鹿すぎて共感出来ない。

最初はパチンコで金を工面しようとして手持ちの金を減らす。
ネットカフェ難民なのに、治験のバイトでまとまった金が入ったとたん女に騙されホストクラブで散財。

何も考えてない大学生が無一文で投げ出されたらこんなモンか?
とは思うものの、見ててイライラする。

オサムはよく言えば純朴。
ただ、頭が悪い。

自分で考える事なく、逃げたり、謝ったりで、その場をやり過ごすことばかり。
そのくせ、無駄に正義感がある。

結果、悪い方に、悪い方に状況が転がり落ちていく。


で、とことんまで落ちて、やっと少しだけ自分で考える。
そこまでが長い。


一度落ちたら這い上がれない現代社会の不条理を描く作品。

ならば、社会的セーフティネットがまるで出てこないのはアンフェアな気がする。

んー。
期待値に届かず。


最終評価 B−


know_the_base at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2015年に観た映画 | 映画 た行

愚物語 2015年・秋 刊行決定?!

f6fea028-s


8/19発売の掟上今日子の挑戦状の巻末にこんな情報が?

〈物語〉シリーズ最新巻 愚物語(オロカモノガタリ) 執筆完了! 
2015年・秋 刊行決定!!


この情報を3度見してしまったのは、僕だけじゃないはず。


て、おい。
本気か西尾維新。

ファイナルシーズンで終わったんじゃないのかよ。
接物語はネタだったんじゃないのかよ。

ファイナルでさえ、憑、暦、終、続・終、だったのが終が上中下巻になって6巻になったってのに、更にこっから話を続けるって。

んー、全物語シリーズを映像化するって宣言してるシャフトさんは、一体どんな気持ちなんだろう。


それでも買ってしまう、読んでしまう、僕(ファン)が愚物というこというコトなのか・・・。

この「完結しました。」 → 「また書きました(てへぺろ)。」 ってのが嫌いじゃないトコが癌だよなぁ。



「ごめんなさい。こういうとき、どんな顔をしたら良いか分からないの。」

「半笑えば良いと思うよ。」

「ぐへっw」

「それは引く。」




know_the_base at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 物語シリーズ関連 

August 18, 2015

国家的詐欺?

日銀の黒田氏の目標は、インフレ率2%です。

銀行の金利は、金融緩和につき定期で頑張っても0.1%くらいです。

日本は大借金中だけど、国債発行しまくり。
国債の買い手は日銀や銀行がメインです。


さあ、この3つの材料で見える問題点は何でしょう。



貴方は100万円を0.1%の定期で銀行に預けました。
年末には1000円の金利が付きます。
やったね!

でも、年初に100万円だった物は年末には102万円になっています。
だってインフレ率2%だもん。

一方で国は2%のインフレにより借金が実質的に目減りしたので、また国債を発行することにしました。

国債の買い手は銀行(貴方の金)です。

めでたし。

めでたし。


要するに、一般国民が銀行に金を預けるって、国が仕掛けたシンプルな詐欺なんじゃね?

と、思った次第。


しかも、日本て不思議と金融教育とかしないし、株とかで稼ぐことを悪いこととして扱うよね。

ま、みんながそれで良いみたいだから、別に口出しはしないけど。


ただ単純に、インフレ率より低い金利で銀行に預けてると資産価値は目減りしていくんじゃないの?と、言う話。



まぁ、実体はそんなに単純じゃないけどね。
インフレ率だって実質アレなんだし。

でも、社会的に正しいと思われてる行動が正しい結果に結びつくワケではないってコト。



know_the_base at 07:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 国内問題 | 雑感と意見表明

August 17, 2015

解離が不幸じゃなくなった時

昨日の午後、昼寝をしました。
娘と一緒に。

夏休みの午後。
すーっと涼しい風が通る場所で娘と昼寝。

しばらく寝て、起きて、まどろみの中で思いました。

幸せだ。と。

大好きで一緒に居たい人たちと不和なく暮らし、自分の心の中に特に迷いや悩みなし。

これほどの時間はないな、と。



その後で、ふと思いました。

あれ?身体の問題は? と。

解離を起こした身体は悩みじゃないのか、オマエ。と。

でも、自分の心の中を覗いてみると、どうやら身体のコトは、もう悩みではなくなったみたい。

僕の身体は、自分が努力してどうこうなる問題ではない。
なので、ただ淡々とやるべき事をやるだけ。

どうしたら良いかと、心を煩わせる問題ではなくなっていました。

もう、この解離の問題は、僕の当たり前の日常として昇華されたのだなーと。

そんな風に思いました。


ストンとそう思えた、夏の午後。

幸せでした。

know_the_base at 01:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 | 療養生活

August 15, 2015

ふるさと納税やってみよう。

最近ウワサのふるさと納税。
一昨年あたりから考えてはいたものの、自分の中にしこりがあり、踏み出せずにいました。

が、今年こそやります。

t15_8a_43000_img01

「ふるさと納税ポータルサイト・ふるさとチョイス」


まぁ、しこりと言うか、素朴な疑問というか。
この制度を使うのにひっかかりがあったんですよ。


納税して、牛肉貰って、うれしー。

でも、あれ?
この牛肉を買った代金って税金じゃね?
じゃあ、この分の税収は?

日本全体の税収から考えたら、牛肉分だけ税収が減ってない?


とかね。

お得だったら何でも利用ってのが出来ない、自分が納得できないと動けない、面倒くさい人間なのです。

でも今日、嫁様と話していた時にストンとそのしこりが解消されました。


良くよく考えると、その考え方って一般消費者の目線なんですよね。

行政にとっては、その牛肉を売った業者も納税者。
ふるさと納税のモノモノを納入した地元の産業者の収入になり、産業が振興し、税収が上がれば、ソレはソレで問題なし。

要は、国内で経済が循環している分には、問題なし。(特定の業者との癒着やかたよりが無ければね。)


との結論に達しました。

なので、存分に制度を利用しようかと。



「巨峰が欲しいな! 巨峰!」

「福岡県久留米市かな。」

「巨砲が欲しいな! 巨砲!」

「川崎重工・・・とか、兵庫県神戸市・・・かな?」




追記

その後、実際に申し込んでみた。

で、実際に選んでみて思ったこと。

やっぱり縁もゆかりもない市町村ではなく、関係の有る地域を応援したくなる。

全国の様々な市町村がリストアップされているんだけど、「巨峰が欲しい!」と思って探しても、自分とまるで関わりのない市町村は選びにくい。
やっぱり地域から選んで、知ってる名前の市町村だとすんなり寄付したくなる。

以上、ふるさと納税体験でした。


know_the_base at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 国内問題

August 14, 2015

連休2日目・実家でバーベキュー。

いつもは離れて暮らす兄姉甥っ子たちと遊べるせっかくの機会なので、もう休みにしてしまえ。と、昨日からお盆休みを頂いております。

昨日の初日、今日の2日目と、やっていることは大して変わりません。

中学生、小学高学年の甥っ子たちとカードゲームで本気で遊び。

化物語や冴えカノを貸し与えて布教し。

貸し借りしあった漫画を読みふけり。

一緒にソードアート・オンラインをみたり。

バーベキューしたり。


全て書ききれないほど大充実の2日間を過ごしておりました。


まぁ、甥っ子たちにとって、僕は完全に悪い叔父さんだね。

ソッチ系に染め上げることに、なんの躊躇いもないねっ!


って、言っても、彼らの父(実兄)に僕も染められた側の人間なんでね。

因果応報ってヤツだね。

仕方ない。

仕方ない。

うむうむ。


ちなみに、写真も撮ったのですが、バーベキュー終わりに大豪雨となり、その雨の中を帰るためにカメラを実家に置いてきました。

明日、写真付きにします。



「私はパパサイドには堕ちません!」

「大丈夫。君の弟は堕とすから! パパ、撃墜王だから!」

「だめエースパイロット・・・。」



know_the_base at 21:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

安倍談話って害のみだな。

「侵略」など焦点…きょう戦後70年談話

 戦後70年の首相談話が14日夕方、閣議決定される。過去の村山談話などに用いられた「侵略」や「お詫び」などのキーワードが焦点だが、安倍首相は記者会見を行い、談話について自ら説明することにしている。

 安倍内閣は、14日午後5時から臨時閣議を開き、戦後70年の首相談話を閣議決定した上で、午後6時から記者会見を行い、談話について自ら説明する。

livedoorニュースより



「おわび」や「侵略」の文言を入れるか、入れないかで揺れ続けた安倍談話。

閣議決定するのしないので揺れに揺れた安倍談話。

最後は天皇の御言葉とズレるのが嫌で内容を変えたと噂の安倍談話。



まぁ、考えてみようか。

自分が何らかの暴力の被害者だとしてさ。

加害者側が謝罪の言葉を口にする時にこの態度だったらどう思う?

こんな経緯の結果、口にした 「謝罪」 は、むしろ被害者の不信感を増し、怒りを煽ってるって分からないかな?


まぁ、それが分かる人じゃないか。


今まで日本は謝ってきた。
まぁ、表面的にはそうだろうね。

でも、戦後70年の節目にこの態度。

で、本心は?



know_the_base at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 国内問題 | 雑感と意見表明

August 11, 2015

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [DVD]
古谷徹
バンダイビジュアル
2001-03-25


1988年・日本映画


増えすぎた人類が宇宙のコロニーに住むようになった宇宙世紀。

地球からコロニーを植民地のように支配する地球連邦政府への反感は、宇宙に住むスペースノイドの独立を掲げるジオン公国の反乱を招いた。

ジオン公国の起こした1年戦争から14年後。

新型機・ガンダムを駆って1年戦争の英雄となったアムロ・レイは、まだ戦場に立っていた。

アムロが戦うのは、スペースノイドたちに支持されて復興したネオ・ジオンを率いる総帥となったシャア・アズナブル。
シャアは、地球に巨大隕石を落とし、地球に人間が住めなくなるようにする寒冷化作戦を押し進めていた。

一部の特権階級が地球から宇宙を支配する世界を終わらせようとするシャア。
シャアはそれを粛清と呼んだ。

アムロは、シャアの主張を「人間が人間を裁く」エゴだと叫んだ。

シャアとアムロの最後の戦いが始まる。


ファースト、ゼータ、ダブルゼータ、逆襲のシャア。
ここまでが僕の中で「ガンダム」。
強いて言うなら、閃光のハサウェイまで。かな。

まぁ、確か良く出来たOVAシリーズとかはあるけど、それらはあくまでスピンオフと言うか、あくまでアナザーストーリー。

なーんて言うと、古いのかな?

でも、ガンダムってコンテンツはあまりにも派生品が多くなりすぎなので、個人個人で多少はこだわりを持っても良いと思う。


大人になったシャアとアムロの相克が見所の逆襲のシャア。

ファーストの頃は幼く、善悪もなく才能のおもむくままに戦っていたアムロが大人になり、不条理の多い人間社会と柔軟に折り合おうとする。

一方、ファーストの頃は現実と折り合いをつけ、自分の私怨を晴らすことに生きていたシャアが、まるで少年のような理想を掲げてネオ・ジオンを率いる。

成長して変わったアムロとシャアの対比で、まず魅せる。


そして、大人になった男たちの物語なので、当然、彼らの周囲には大人の女性たちが出てくる。
愛したり、利用されたり、一方通行だったり。
そんな愛憎の人間ドラマもまた、この「逆襲のシャア」の見せ場。


ファーストからの成長、因果、人間ドラマが、一点に集約していく。

この作品だけで全てを理解するのは、正直、不可能。
2015年現在に見返せば、そりゃあ荒削りなとこは沢山有る。

それでも、それらのツッコミを全部飲み込んだ上で、十分な見応えがある。

男の子的には、νガンダム、サザビー、ヤクト・ドーガといったマシンデザインが格好良すぎ。

何度観ても、ファーストから逆襲のシャアまでを見てきたファンにとっての満足感は格別。


最終評価 A+




色々書いたけど、シンプルに見ると。

ネオ・ジオン側は

シャアは周囲の女を上手く使いすぎ。
一方で、アムロとフェアなモビルスーツ戦で戦うために自分の不利も考えずに新技術を送るとか、革命で世界を変えたいとか、こどもすぎ。

クエス・パラヤ(一応、ヒロイン?)は、言うこと全部ワガママなこども過ぎるし、ウザすぎ。

強化ニュータイプのギュネイ・ガス(ヒロインに横恋慕くん)は、ただのクソガキすぎ。

てか、ネオ・ジオンの人間は、自分が言いたいことやってるだけのこどもばっかりか!


連邦側は

司令部バカすぎ、無能すぎ。

ケーラ(アムロの部下)は死亡フラグ立ちすぎ。

ハサウェイ(ブライトの息子)不憫すぎ。

アムロとブライトが一応マトモで安心する。
「ぶったね!親父にもぶたれたことないのにっ!」と言っていたアムロが大人になったもんだ。
そして、1年戦争当時19歳だったブライト、この時は33歳。相変わらずブライトの年齢設定はまじか。
33歳でロンド・ベルって艦隊を率いてるんだから、出世したんだねぇ。

ストーリー的には

最終兵器っぽかったアルパ・アジール弱すぎ。

サイコフレーム万能すぎ。



know_the_base at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2015年に観た映画 | 映画 か行

資格試験と娘の熱と。

今度の9月に、職場の業務に必要な資格試験があります。

コイツは、前に受けた謎の農協資格試験とは違い、もっとオフィシャルで仕事上必要なヤツ。

なので、まぁ、そろそろ勉強しろよ。と。

落とすと恥ずかしいヤツなので、9月上旬まではちょっと真面目に勉強します。



あと、珍しく娘が熱を出しました。

咳とかは無いのですが、ただただダルそう。

とにかく病気をしない子なので、なんだか僕の方が落ち着きません。

この連日の猛暑やら、スイミングの夏期短期レッスンやらで体力を消耗したのかな?

お盆には回復しててくれると良いのですが。


で。
娘が吐いてしまったので、処理で起きたら目が冴えてなんともならん。

あんまり目が冴えて仕方ないので、サッパリしたら寝られるかと思ってシャワーに入ったら、更に目が覚めてしまった。

どうにもならんな、これは。


「なんで寝なきゃと思うほど目は冴えて、起きてなきゃと思うと眠くなるんだろうね。」

「フレミングの法則ですね。」

「そうそう、フレミング。それよそれ。」

「パパの脳みそ、電気でも通ってるのかな?」


know_the_base at 02:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | こども

August 09, 2015

花火大会は穴場でね。

IMG_8647

昨日の夜は花火大会へ行きました。

夕食用におにぎりを作り、交通渋滞を予想して早めの出発。

実は、この花火大会は穴場スポットを知っているのです。

って、そんな大層な話でもなく、自分の職場の駐車場から良く見えるってだけの話なんですけどね。

でも、広々とした駐車場に車を停め、窓を開ければ結構大きく花火が見えるのです。
もちろん花火の音も聞こえてきますし、大きいのが上がれば「ドーン」という衝撃を感じることも出来ます。

妊婦、障がい者、幼児という、人ごみに行くのはちょっと無理な我が家にとって、この穴場スポットは必要十分。
車のシートで観る分にはオシリも痛くなりませんしね。

しっかり最初から最後まで楽しむことが出来ました。


娘の幼稚園夏祭りで調子が悪くなっていたEOS 70Dもカメラ屋のメンテナンスで一応復活。
流石の能力を発揮して花火の写真も綺麗撮れました。

素人が花火の写真をこれだけ撮れれば、まぁ、十分ですよ。




know_the_base at 08:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | こども

August 08, 2015

あの戦争をいつまでも忘れない、は正しいのか?(問題提起)

終戦から70年。
8月6日の広島原爆投下からも70年。

一昨日は原爆投下に関する報道が多くありました。

そんな中に

NHK世論調査 原爆投下日を7割が不正解
被爆70年に合わせてNHKが行った世論調査で、広島と長崎に原爆が投下された日付について聞いたところ、正しく答えられなかった人がそれぞれ全国で7割程度に上り、専門家は原爆について意識を高めていく必要があると指摘しています。
(NHKニュースより)

というものがありました。


さて、このニュースを受けて考えたこと。

を、正直に書くことが躊躇われました。
おそらく批判もあるだろうな。と。

でも、あえて書きたいなとも思い、1日ちょっと遅れで記事にします。


戦争は悲劇を繰り返さない。
原爆を許さない。

この大前提に疑問の余地はない。

僕がそう考えていることは、前もって書いておきます。



さて、この「原爆投下の日が分からない」というニュースを受けて噴出した、「日本人として恥ずかしい。」 や、「なっとらん。」というリアクションに疑問を感じたのです。


忘れていくことも必要じゃないの? と。


8月6日は広島原爆投下、8月9日は長崎原爆投下、8月15日は終戦の日。

じゃあ、3月10日は?



答えは東京大空襲。

じゃあ、12月8日は?



答えは真珠湾攻撃。

じゃあ、4月30日は?



ヒトラー自害の日。


全て答えられましたか?

僕は無理です。
Wikipedia の引用です。


原爆投下だけじゃなく、あの戦争の中には様々な記憶すべき日があります。
生の体験をした人の記憶に刻み込まれ、忘れようのない日。

その日を知らないと言われることは耐え難い。

確かにそうでしょう。

でも、「未来永劫にわたってその日を残すのは、流石に無理でしょ?」 と、思うワケです。

家族を失った人にとっては名古屋大空襲の日は忘れがたくとも、名古屋大空襲の日をそらで言えなければ「日本人としてなっとらん。」と言われると「えぇっ?」となります。


前に何かの記事に書きましたが

僕は暴力に暴力で応える悲劇の連鎖を止める方法は、誰かがその復讐心を飲み込み、受け止め、時間の経過を待つこと。

だと考えています。


さて、最近の嫌韓や反中といった風潮があります。

その空気の中には 「いつまで被害者スタンスを使いやがる。」というものがある気がします。

日韓基本条約で清算されたはずなのに、慰安婦問題や徴用工問題などで賠償を求めてくる韓国。
抗日ドラマや、抗日戦争記念など、日本を悪役にすることで国民の一体感を引き出す中国。

日本人として、確かにイラっとする。

でも、日本でも毎年8月になればあの戦争をテーマにしたドラマや映画が放送され、新聞紙面にはあの戦争に関した内容が増えます。
東京大空襲のドラマで焼夷弾を落としているのも、原爆を投下したのもアメリカ軍ですね。
アメリカ軍の行為が露骨に描かれることは少ないですが、日本在住のアメリカの方はこの8月をどう感じてらっしゃるのでしょう。

それと同じように、韓国や中国の人の立場から見れば、加害者は日本軍。当然です。
戦争のドラマを作れば、一般人を殺すのは日本軍の兵士です。

ならば、「反日」が彼らなりの「語り継ぐ戦争」であり、「あの戦争を忘れない。」なのではないか?という気がします。

自分たちはあの戦争を忘れないように努力してるのに、相手の国には忘れて欲しいって思うのは、果たしてどうなのでしょう。



「あの戦争を忘れない。」

このスローガンに真っ向から

「は? そんな昔の話、知るかボケ!」

と言う人間は、白い目で見られます。当然です。

だから、みんな「あの戦争を忘れない。」と言う絶対正義のスローガンの為にドラマを放送し、そのための報道をします。

それは、日本でも、韓国でも、中国でも同じ。


でも、いつまでもあの戦争を忘れないならば、いつまでも恨みは残るし、いつまでもあの戦争は終わらない。


薩長を中心とした新政府軍が旧幕派を打ち破った戊辰戦争。
今でも旧幕派だった祖々々父の恨みを抱えた人っているんでしょうか。

韓国は豊臣秀吉の朝鮮出兵に対する損害賠償を請求するのでしょうか。


え?そんな過去の歴史に遡る人はいない?

そうですね。僕もそう思います。

100年以上の時間が経ち、その時の生の記憶を持つ人は居なくなり、歴史になり、昇華される。
(まぁ、韓国人じゃないので、朝鮮出兵が昇華されているのかは分かりませんし、加害者側が言うなと怒られるのかも知れませんが。)


本当の意味で第二次世界大戦を終わらせるには、あの戦争を歴史に変え、昇華する必要があるんじゃないでしょうか。



要するに、僕は

忘れられるなら、いっそ忘れたほうが良いんじゃないか?

と、思ったのです。


こう言うと、必ず 「戦争を繰り返さないためには、戦争の悲惨さを忘れない必要がる。」という反論を受けるでしょう。

では、「戦争は繰り返さない。」と、「戦争の悲惨さを忘れない」は、本当にリンクするのでしょうか?

戦争の悲惨さは、誰かひとりの被害者だけで完結する話ではありません。

その悲惨さには加害者がいます。
真珠湾攻撃を率いた山本五十六がいて、従軍慰安婦を犯した日本兵がいて、沖縄で火炎放射器で防空壕を焼いたアメリカ兵がいて、原爆を投下を指示したアメリカ大統領がいます。

被害者の悲惨さと、加害者への恨みはリンクしています。

戦争の悲惨さを忘れないということは、加害者への恨みを忘れないことに繋がります。


加害者への恨みを忘れない。

これが、戦争の悲劇を繰り返さない為に必要なのでしょうか?


実際、今の韓国や中国との軋轢は、「日本への恨みを忘れない」から生まれていませんか?

それなら、「あの戦争を忘れない。」が、「戦争を繰り返さない。」に繋がっていないじゃないですか。


それに、「第二次世界大戦を忘れない」ことが戦争再発に繋がるのなら、「戊辰戦争を忘れない」や、「元寇を忘れない」があっても良い様にも思います。

なぜ「戊辰戦争を忘れない。」が無いのかと言えば、戊辰戦争の「新政府側」と「旧幕側」という対立軸や所属意識はもうないから。
なぜ「元寇を忘れない。」が無いのかと言えば、鎌倉幕府と元という対立軸に共感できる人が今はもういないからです。

でも、「第二次世界大戦を忘れない。」が残るのは、その対立軸と所属意識は今もなお生きているから。

むしろ、直近の戦争に関して言えば、その戦争を忘れないことが次の戦争を生む原因になりかねないのです。


原爆の日や終戦記念日は、忘れたくても忘れられないから、忘れないでいる。

ただそれだけ。

わざわざ他人に教え込むようなことではない。

東日本大震災や9.11が忘れられないから忘れないでいるのと同じ。



戦後70年となり、あの戦争を経験した方が少なくなっていく。
そして、原爆の日を知らない人が増えていく。

これは、戦争を経験した方々が自分たちの苦しみや恨みを長い時間をかけて受け止め、飲み込んでくれたおかげです。
そのおかげで、戦争の恨みを抱かずに生きられる日本人が増えたということです。

僕は恨みを受け止め、昇華し、子孫に伝えなかった方々に感謝します。

本当にありがとうございました。





それに、戦時下で本当に苦しんだ人たちが「この苦しみを子々孫々、いつまでも語り継いでくれ。」と思っていたと考えたくもないのです。

「こどもや孫の時代には、心穏やかに楽しく生きられるようになって欲しい。」

そう願っていたと思いたい。


せっかくこどもや孫が墓の前で自分のことを想ってくれるなら、自分を殺した敵への恨みではなく、笑っていた思い出であって欲しい。
そう思うのではないかと考えるのですが、いかがでしょうか。




know_the_base at 04:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑感と意見表明 

August 06, 2015

ジュマンジ

ジュマンジ [DVD]
ロビン・ウィリアムス
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
2002-11-01


1995年・アメリカ映画


いじめられっ子のアランが工事現場の土の中から見つけたボードゲーム。

タイトルはジュマンジ。

中身は精巧に作られたすごろく。
説明書きには

「この世界の外に出たいと思っている人のアドベンチャーゲーム」

とある。

幼なじみの少女・サラが何気なくサイコロを振る。
すると、勝手に駒が進み、すごろくの中央に文字が浮かび上がった。

「闇に羽ばたく黒い影、決して可愛いとは言えない不気味な姿」

そう読み上げると、部屋には大量のコウモリが!
アランが慌ててゲームを片ずけようとした時、サイコロが転がる

「6か8が出るまでジャングルで待て。」

そして、アランはゲームの中へと吸い込まれた。

そして26年後。

かつてアランが住んでいた家は売りに出されていた。

買い手には2人のこどもがいた。
弟のピーターと姉のジュディ。

2人は物置小屋でジュマンジを見つけてしまうのだった・・・


懐かしい思い出の作品。
高校時代にオーストラリアへ行った時に公開されていて、シドニーの街にはいたるところにこのジュマンジのポスターが貼られていました。

CGやVFXを本格的に使い出した90年代中盤の作品。
今、改めて見ると、そのCGやVFXのレベルが何とも微笑ましいと言うか、作り物感がすごい。

でも、その拙いCGを差し引いても、ドキドキハラハラの冒険活劇として良く出来てる。

全てが本当になってしまうボードゲームっていう、たったひとつのアイディアを起承転結のある物語にしている。



最終評価 B+



know_the_base at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2015年に観た映画 | 映画 さ行

August 04, 2015

いつか1度は呼び止めたい

ぱーぷー

毎度おなじみ豆腐の移動販売です。



夕方、ウチの近くに豆腐売りがやってきます。

1度は呼び止めて豆腐を買ってみたいと思っているのですが、ナカナカ出来ません。

なぜか。

まず、毎日来るわけではない。
時間も決まってない。
そして、曜日が決まっている様子もない。

なので、ぱーぷーって音を聞いたら外に飛び出して呼び止めなくてはならないのです。

音は聞いているのですが、まだ、その姿を見たことさえないのです。


今日、帰宅して着替えをしてる時にこの「ぱーぷー」が聞こえてきました。

半裸の状態で、どう考えても豆腐屋を呼び止めるコトは出来ない。
「せめて、姿だけでも!」と思って、窓から豆腐屋を探す。

すると、冷蔵の荷台を付けた白い軽トラが走っています。


はやっ!

軽トラ、はやっ!


Q: なんで今まで姿さえ見られなかったか。

A: 速いから。


いや、ドリフトしてるワケではないけどさ。

結構フツーに走ってました。

「いやいやいやいや、呼び止めらんないでしょ。」って言いたくなるくらいには走ってました。

商売っ気無さすぎんだろ、豆腐屋。


あと、この豆腐屋が商売っ気ないなーと思うのは、値段を一切言わないの。

一丁五万円とは言われないだろうけど、スーパーの豆腐みたく100円てことも無いと思うんですよ。

でも、走ってる豆腐屋を呼び止めて

「高いから買いません。」とも言えないと思うんですよ。

とりあえず、千円握ってればいけるとは思うんですけど、本当に豆腐千円て言われたら引くしねぇ。

移動販売の豆腐っていくらなら妥当なんだろ。
300円くらいかな?


ぱーぷー

この音を聞くたび、ソワソワしちゃう。




know_the_base at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

August 02, 2015

幼稚園の夏祭り

image

今日は娘の通う幼稚園で夏祭り。
毎週末、夏祭り。

園児たちの作った御神輿や、園児たちの盆踊りを愛でる会。

その後は金儲けの気配が一切ない模擬店で、スーパーボールすくいや光るオモチャなどを買ったりして楽しむ会。

ちなみにカキ氷は50円、スーパーボールすくいも50円。

こどもたちは浴衣に身を包み、薄暗いいつもと違う幼稚園を駆け回っていました。



ただ、夏祭り中にこの間買ったCanon Eos 70D に不具合発生。
いくつかのモードで撮影しようとするとシャッターが切れなくなってしまいました。

まぁ、まだ完全に保証期間ですから。

明日の仕事終わりにカメラ屋に持ち込もうと思います。



know_the_base at 20:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | こども