July 2016

July 31, 2016

夏祭り、花火、ハリー・ポッター

sIMG_2685


毎年恒例になった、小学校の校庭で開催される地元の夏祭り。

何を祀るでもない、無宗教バリバリの夏祭り。

地元の少年野球団の父兄が出す屋台とか、地元の訪問看護ステーションの出す射的とか、地元の消防団が出す何とかとか。
でも、この程よいグダグダ感が、小学校低学年と乳幼児を連れた一家にはちょうど良いイベント。

この時だけ着る浴衣を引っ張り出し、息子もママに作ってもらった甚平を着て、全員和服。

sIMG_2710


浴衣でバッチリきめているのに、鉄棒をしちゃう人。

ザ・おてんば。

水ヨーヨーすくい、射的、フランクフルトで大満足した娘。
果たして、親とこの夏祭りに来てくれるのはあと何年やら・・・。


そして、帰ってきてから花火をしました。

sIMG_2724


息子の人生初花火。
煙たそうではありましたが、なんだか夢中で見てました。



あと、夜に娘に読む本が「ハリー・ポッター」になりました。

今はもちろん「ハリー・ポッターと賢者の石」。




一章が長くて、音読し続けるのがしんどいです。
しかも声色変えたり、歌を歌ったり。
何かと大変です。

まぁ、想像の世界を楽しんでるみたいなんで、頑張りますけど。

せめて章の半分で許して貰いたい。





know_the_base at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | こども

July 29, 2016

息子、覚醒。

10ヵ月の息子氏、覚醒バーサク確変フィーバーモードに突入。


10日ほど前の10ヵ月健診まで、お座りはするものの、自分で移動はほぼしませんでした。

両親ズは、「ほっときゃ、そのうち勝手に動くでしょ。」と楽観してましたが、保健師さんからは「一応、再健診」との裁定が下されてしまいました。

ところが、その翌日くらいから息子氏、覚醒。


はいはい、つかまり立ち、伝い歩きに突然開眼し、低めのソファには自分で上る勢い。
もはや、移動自由自在。

しかも、一昨日の朝には何にも掴まらずに、立ちました。

その後、たっちも当たり前になったらしく、たっちしてはバンザイが得意技に。


そして、息子氏の覚醒は運動機能にとどまりません。

泣きながら「マーマー」とママを呼ぶようになりました。
しかも、楽しいときというか、僕が傍にいる時は「パーパーパー」とパパを呼んでいる気配。

むむ、コミュニケーションも覚醒か!


この10日前後の息子氏の変化が劇的すぎて、両親がついていけないレベル。

どうした、どうしたんだ息子よ。


「覚醒キメキメよぉ!」

「世の中的に、それはアウトのやつ。」


know_the_base at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) こども 

July 26, 2016

診療情報管理士のテキスト届く

image


今年と来年の通年目標である、診療情報管理士資格の取得。

そのテキストが届きました。
箱で。

うへぇ。
まじかー。

まぁまぁあんなー。

え、これ全部読むの?
読むどころか、レポート書いたり、試験があったりすんの?

うへぇ。
まじかー。

まぁ、職場に金を出させた以上、取らない、取れないとは言えないんだけどさ。

いざ目の当たりにするとさ。

うへぇ。
まじかー。

って気分になります。



know_the_base at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 診療情報管理士 がん登録

July 24, 2016

最近、人間て進化しなくない?

教えてパパちゃん。
今日の疑問のコーナー!

「最近、人間が進化しないのはなんでですか?」


最近のスパン(君が生まれてまだ6年)が短い!




know_the_base at 18:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | こども

読書感想文って、こんなに大変だったっけ?

現在、夏休み中の娘。
とても楽しそうに毎日を過ごしていますが、夏休みと言えば宿題。

昨日と今日は、「読書感想文」の日。

さて、パパはその読書感想文に付き合ったワケですが、これがしんどい。
いや、パパはしんどくないんだけど、見てるだけでしんどい。

まず、全部手書き。

とにかくコレが、うへぇって感じ。

まだ小学1年生だから、誤字脱字当たり前。
そのたびに消しゴムでゴシゴシ、ちょっと力が入りすぎてグシャっとなったり、隣の字まで消しちゃったり。
しかも、段落とか間違えて、丸々ひと段落分ズレちゃったり。

うへぇ、手書きって最悪やん。

次に構成。
この文章は、この文章の前に入れたかった。
こんなの、PCだったらカット&ペーストでちょいちょいなのに、手書きだととんでもない手間。
うへぇ。

最初は調子よく書いていた娘も、下書きをあーでもこーでもと書き直し、清書の段階になってもうヘロヘロ。
気力を振り絞って最後まで書ききってました。

いや、頑張ったよ、実際。

読書感想文って、こんなに大変でしたっけ?
PCに慣れてしまったからこそ、よりしんどく感じるのかな?

小学生も楽じゃありませんなぁ。


娘の感想文である以上、介入しすぎず、でも間違いは直しつつ、両親と二人三脚で書き上げた読書感想文完成です。

とりあえずスキャンしとこ。




know_the_base at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) こども 

July 21, 2016

冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた 10




「・・・私は、このシナリオを、この結末を、許さない。」

冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた 10
丸戸史明 著   深崎暮人 イラスト
ファンタジア文庫

7/20発売。
7/21読了、レビュー。

この早さに、毎回自分自身でドン引きしながら、でも面白いんだから仕方ない。

前作のガールズサイド2は、あくまで本編じゃなく、裏話。
今回はナンバリングですから。

仕方ない、仕方ない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新体制になった倫也率いるゲーム制作サークル・blessing software はシナリオに一応の方向性を見つけ、順調に新ゲーム制作を進めていく。
そんな中、原画担当の懐き系後輩・波島出海が、サークル合宿を提案してきた。

本当の所は、出海がクラスの友人たちと行くはずだった沖縄旅行が、ドロドロとしたトラブルの発覚によって流れてしまい、その予約の穴を埋めるための提案だった。

そして、それを聞いたメインヒロイン・加藤恵が前原画担当の澤村・スペンサー・英梨々に声をかけ、音楽担当の氷堂美智留が前シナリオ担当の霞ヶ丘詩羽に声をかけたことによって、本末転倒?

目的地は近場の熱海へと変更となる。

萌えギャルゲーに欠かせない水着とお泊りイベントのネタ収集という大義名分のもと、久しぶりに集まった詩羽と英梨々と共に、blessing software のメンバーは熱海へと向かうのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

待望の霞ヶ丘詩羽回!!!!!!!!!

詩羽先輩! 詩羽先輩! 詩羽先輩! 詩羽先輩! 詩羽先輩! 

いいなぁ。
この巻、いいなぁ。


すっかりシナリオ担当のクリエイターとして動き出した倫也。
その師匠であり、仲間であり、憧れであり、神である詩羽。

今までは手の届かない高みにいた大先輩に、この巻で同じクリエイターという立場から関わるようになる。

このblessing software が、倫也が作ってる「実在の関わった女の子を題材にして」その経験と想い出と妄想をさらけ出すという、普通だったら発狂してしまうコンセプトの作品で、今回のルートヒロインはもちろん霞ヶ丘詩羽(仮名)。

いやー、とんでもねーな。このゲームは。

実在の女の子(ヒロイン)で妄想しまくった内容、更には「主人公とヒロインの今後」までを妄想した内容を、その女の子に読ませるとか。

死ぬぞ、ふつう。


まぁ、でもハーレム物の作品なのに全ヒロインを幸せにするには、こんな方法しかないよねーとも思う。

それぞれの個別ルートで幸せになってくれ。

だって、もう正妻ポジは完全に恵が・・・。


個人的にこの作品の中で一番推しているヒロイン・霞ヶ丘詩羽回とあって、僕の中では大ヒットでした。
超満足。

特にエピローグ2は最高。
にやにやしっぱなしでした。

てか、このままもう一周いける!




まぁ、それはそうと誤植を見つけてしまいました。

漬す → 誤
潰す → 正

第1版のこのタイミングで見つけたなら、編集部とかに伝えるべきなんすかねぇ?

know_the_base at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 冴えない彼女の育てかた | 楽しい本

リアルぼくのなつやすみ

今日から、小学校1年生の娘が夏休みに入りました。

42日間の長期休み。

42日間、、、、だと?


いつもより早く起きてラジオ体操へ行き、アサガオの観察を済ませる。

これからママと、1日の過ごし方も含めた夏休みの計画を立てるそうです。

素晴らしく小学校1年生らしい夏休みをスタートさせた様子。
よかよか。


しかし、42日間、、、、だと?



know_the_base at 08:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) こども 

July 18, 2016

ママをチリッとさせるひとこと。

もうすぐ夏休み。
夏休みが楽しみで仕方のない娘と、夏休みという名の繁忙期に入る嫁様の夕食での会話。

嫁「もうすぐ夏休みだね。」

娘「そうだね!」

嫁「長いお休み、良いなぁ。」

娘「ママはいつもお休みでしょ?」

チリッ

あー、今、チリッとしたね。
チリッと。

それは言ってはいけないヤーツと言うか、小学生には分からないか。
ママはお休みナシの、年中無休だということが。

下の子の手が離れるまでは、むしろ出勤出来る方が楽だということが。

お休みってのは、単に家に居ることじゃないんだぜ。


「それを察する小学生であって欲しいと、パパはそう言うのですね?」

「まぁ、ママがママをお休みしますと言い出さないように気を付けようよって話だよ。」


know_the_base at 23:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | こども

July 17, 2016

思わぬ場所で、中華人民北朝鮮共和国気分を味わう。

イオンモールでお買い物。
あまり長く歩けないパパは、ちょっとベンチで休憩。

ちょっと調べ物と思ってスマホを出す。

image


見慣れない画面が出る。

イオンモールで提供してるフリーWi-Fiに接続しろと?

いや、嫌ですけど?

「同意しない」をポチっと。

image


「OK」以外の選択肢が無い画面へ移動。

「OKを押すと同意の画面に戻れます。」とのこと。

は?

「OK」押してみる

image


戻りました。

は?


イラっとして、別のウィンドウから回避してやろうと思う。

元々開いていた別ウィンドウを呼び出す。
画面切り替わる。

image


は?


あー、これはー、何かな?

イオンモールに入ったが最後、自分とこのWi-Fiを経由しないとウェブには接続させないって事か?

イオンモールは、一体どこの中華人民北朝鮮共和国なんだよ。

セキュリティがどうなってるかもわからんテメーのWi-Fiなんか、使いたくねーっての。

は?

ばかなの?
コレをサービスだとでも思ってんの?
それとも何らかの情報を収集しようと思ってんの?

ずいぶんな押し売りですなぁ。


日本のショッピングモールで、まさかの中華人民北朝鮮共和国気分を味わう。

これはー、ムカつきますね。

まぁ、設定からWi-Fiを切ってしまえば良いのでしょうが、客にそれをやらすか?


中国や北朝鮮に生まれたら、これがデフォルトか。

そらー不満も溜まるわ。



追記
イオンモールのお客様のご意見にご意見しました。
image


know_the_base at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

July 15, 2016

ちょー可愛い暑中見舞い。

image


学校で葉書の書き方を習った娘。

嫁様の実家に暑中見舞いを書きました。


あー、コレが本当の暑中見舞いだわ。

コレを見た瞬間は、暑さを忘れると思うもん。

お見せ出来ませんが、宛名の方もかなり可愛い仕様になってます。
絵とか満載で。

いいな、コレ。
こんな暑中見舞いほしー。


know_the_base at 07:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0) こども 

July 13, 2016

アサヒ ドライゼロ は、ほぼビール

image


アルコールが飲めない、飲んではいけない身体になって3年半。
まぁ、アルコールなしでも人は死にません。


さて、今は夏。
枝豆が美味しい季節です。

枝豆にはビールでしょ。

というわけで、ノンアルコールビールを飲んでみました。

アサヒ飲料が出しているドライゼロ。

これは、かなりビールです。
ほぼビール。

世の中、アルコールフリーなビール風味飲料は数あれど、ビールと思って飲めるレベルはレア。
中にはただ苦いだけで、ビールではない何か味のヤツとかもありますからね。

あー、なんか幸せ。
幸せだなぁ。
そうだ、この気分がビールだ。

そう思わせてくれるクオリティ。

素晴らしいですアサヒ飲料さん。

採用とさせて頂きます。


ビールは無くても人は死にませんが、あれば嬉しいモノではあるのです。

know_the_base at 17:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

一平ちゃんチョコソース味食べてみた

先日、何かの時に書いた「明星 一平ちゃん チョコソース味」。

嫁様が「近くのディスカウントショップで50円だったから。」と買ってきてしまいました。
image


嫁様が昼ごはんに食べるのかと思いきや、しばらく放置され、僕が休みの日を狙って出てきました。

嫁様曰く
「食べてみたいでしょ?」
とのこと。

僕の気持ちは「いや、別に?」なのですが、ここで食べなければいつまでも食品庫にありそうな気配。

image


作り方は普通のカップ焼きそば。

image


完成。
見た目は、野菜らしきものも肉らしきものも何もない、素カップ焼きそばという感じ。

立ち登る匂いは、ほんのりチョコレート。


実食。
口に入れた瞬間、鼻に抜ける匂いはチョコ。
でも、味はチョコ感はあまりなく、ほんのり。
基本の味はソース。

んー。

チョコに寄せるなら、もっとチョコに振り切れば良いのに。

「食べてみたら意外と!」
みたいな、サプライズ展開は特になく、チョコの匂いとソース味というミスマッチがシンプルに不味い。

感想。
ただ、シンプルに、不味い。


でもまぁ。
50円とは言っても、我が家が試しに買ってみてしまうくらいの話題性はある商品。
継続購入とかはスッパリ諦めて作ったと思えば、明星さん的にはありだったのか?

この商品自体が出落ちと言うか、買って、夫婦の間の話題なったのだから50円分の働きはしたと思う。

ただ、シンプルに不味いものを「売れたら勝ち」とばかりに売るのはどうかと思うけどね。




know_the_base at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

July 10, 2016

そのレガシー、現役です。

娘のリクエストで買った図鑑「もののしくみ大図鑑」。
image


色々なものの機構や仕組みなど、中をバラすのはちょっと難しい物ものの仕組みが分かる図鑑です。
image


その中にパソコン関連が載ってるトコがありました。
image


マウスの仕組みは、レーザー式で書いてあります。
そして

image


豆知識として「かつては」と前置きされてボール式のマウスの説明も。


あ、その「かつて」のヤツ、うちの職場で現役です。




know_the_base at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | こども

July 07, 2016

誠実な営業さんが報われた話

珍しく仕事の時の話なぞ。


僕の仕事で印刷屋さんの関わる仕事があります。
いつも仕事をお願いしているA社さんは、段取りも分かってて、連絡も早いし特に不満はありませんでした。

でも、マンネリとでも言うのでしょうか、院長が「印刷屋変えよう。」って言い出したんです。

まぁ、もちろん毎年相見積もりも取ってましたし、他社との比較もしてたのですが、なんだかんだでA社になっていました。

そこで、コンペと言う程のことはありませんが、デザイン案から見直す方向で別のB社という印刷屋さんにも話をしてみたんです。
ちなみにB社は、院長がちょっとライバル視している病院の仕事を請け負っていたトコ。


まずいつものA社さんが見積もりを出してくる。
まぁ、最初の叩き台として・・・とは言っても、ちょっとお高い。

次にB社がデザイン案と一緒に見積もりを出してくる。

これが安かった。

A社の2/3以下の価格。
しかも提案のデザインも悪くない。

お。

おぅ。
こりゃあ、B社か?

変えちゃう?


ほぼ確ってヤツです。
むしろ、この値段差でA社にしたら、癒着とかが疑われてしまうレベル。

でも、A社の最初の見積もりは叩き台で、再見積もりを出す予定になっています。

今までの付き合いもあるので、僕はA社の担当の方に 「出し直し見積もりは、よほどの見積もりじゃないとヤバイかもですよ。」 と裏情報をあげました。

で、予定通りと言うか、A社さんが改めて本気の見積もりを出してきました。
デザインも頑張ったらしく、悪くない。

んー。
A社さんも頑張った。
頑張った。

頑張ったのは分かるが・・・・やはりB社が圧倒的に安い。

これはB社かなぁ。

全体がB社に決まりの方向で流れ出しそうに・・・


でも、この時点で、僕は考えました。

「このB社の価格って、本当か?」

A社が印刷屋として出せるギリギリの額を、ウン十万レベルでぶっちぎるB社の見積が怪しく見えたのです。

そこで、本決めの前にB社を突っついてみました。

「カラーページの編集は誰がやるんですか?」とか、「カラー編集で追加料金は出ないんですか?」とか。
細々した内容の質問を投げかけてみたのです。


すると、返信がない。

2・3日後になってもこない。
ん?
メール送れてないのか?

再送。

すると、再送の3日後に返信がありました。

おせー。
しかも、そこには驚愕の内容

返信が遅かった理由もなんやかんやと理由をつけ

デザイン料を入れ忘れていたので、見積もりを出し直しました。

とのこと。
で、その見積り、A社より高いでやんの。


おい。

やっぱりか。


僕はピンときました。

これは、とにかくトンデモ価格で契約をしてしまって、後から追加料金でデザイン料とか取る気だったな?


本当のトコは分かりませんが、僕の信用は完全に失ってしまったB社。
ほぼ確から、一気にナシの会社になってしまいました。

てか、そもそも段取りから何から何まで分かってて、更に値段も安いA社から変える必要がないよ。

自分ファインプレーです。
B社の見積りを怪しんだ自分ナイス!

いやー、いい仕事した。


と、この一連の話を嫁様にしていて、嫁様がこう感想を述べました。

「元々、A社さんがちゃんと仕事してたからの結果だね。
仕事しててA社さんが嫌だなと思ってたら、そのままB社でホイホイと決めたでしょ?」

・・・。

まったくです。

僕もA社が本気で出して来た見積もりとの差額が大きすぎることに違和感を感じて、B社を突っついたんですしね。

これは一本取られました。



世の営業マンさんへ。

誠実な仕事には良い結果があることもありますよ。


そんな話。


know_the_base at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

ズレまくり生活時間

風呂上がりに娘に絵本を読み、寝かしつけ、そのまま寝落ち。
この流れ、すげー幸せなんですが、生活時間が狂いまくりです。

なにせ、寝るのが9時前って事ですから。

自分の睡眠時間は大体5〜6時間。
てことは、まぁ2〜3時に目が覚めるということ。

いやー、2時とか3時に目が覚めてもね「はい、おはようございます。」とはならないよ?

布団の中で2時間くらいモジモジして、またちょっと寝て。
変な時間に起きてるもんだから、どんどん体内時計狂っていくし。

今日は1時に目が覚めました。
いや、フツーなら今が寝る時間なんだが。

なんか、これはどっかでリセットしなきゃなってくらいになってきました。

know_the_base at 02:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

July 02, 2016

本日のコレ欲しい。ミニセグウェイ Kintone

こ、これ買っちゃおうかなぁ〜

ミニセグウェイ kintone(キントーン)
produvt_img02




価格:48,900
一回の充電で20kmまで使用可能
15度の坂まで登れる登坂力
カラーバリエあり


セグウェイ的な歩行補助アイテムって、大動脈解離を起こしてから何かと制限がある暮らしに必須なのでは?

これは仕方ない。

あー、買うしかないわ。



know_the_base at 19:22|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

人生ゲームブーム

image


御存知、タカラトミーさんの定番ボードゲーム「人生ゲーム」を買いました。

人生ゲーム
タカラトミー
2016-04-02



そして我が家に訪れる人生ゲームブーム。

「内閣総理大臣だ!」

「あー、こども欲しかった〜」

「フリーターきついよ! フリーター無理ゲー!!」

などなど。
夜な夜な繰り返される人生の悲喜交々。

で、2度3度と遊ぶうち、流石は定番になるだけあって「人生ゲーム」は本当に良くできてるなぁ。と思うワケですよ。
世相を反映したイベントのコマはもちろんですが、その内容そのものがスゲェ生々しいんです。

ゲームスタートのコマで既に選択があります。
A:絶対に就職出来る「サラリーマン」ルート
B:様々な高収入の職業にもなれるけれど、フリーターになる可能性もある「夢を掴め・ギャンブル」ルート

貴方ならどっちを選びます?
とりあえず、娘は必ず「サラリーマン」ルートを選ぶ堅実派でした。


もちろん「政治家」→「総理大臣」などのルートを引けば、定期的に入る給料も多いですし、その後の展開は超楽勝です。

でも、まかり間違って「フリーター」になってしまったが最後、その後でどう足掻いても逆転不可能の無理ゲーに変わります。
フリーターコースになると、保険は買えず、家ももちろん買えず、友人の結婚式の祝儀を借金でまかない、最後には借金をチャラにしてもらう為に荒地の開拓に向かわされるという。

最初の選択を間違うと、生涯逆転できず借金にまみれるという、非常に生々しい展開が待っております。


でも、なんだかんだで「結婚」のコマだけは全員がとまるコマになっていて、誰でも必ず結婚できるとこには救いを感じたりして。


まぁ、人生ゲームを通じて

人生初期の選択が大事なんだ!

という教訓を、こどもの脳裏に焼き付けてくれたら、タカラトミーさんに感謝かな。


でも、世相を反映して進化してきた「人生ゲーム」だから、この「結婚のマスには全員止まる」ってイベントがそのうち無くなりそうな・・・。

んんっ!



「誰でも結婚のコマは無くなりません。」

「え?なんで?」

「人生ゲームを遊ぶ人達が誰なのかを考えたら分かります。」

「お? ・・・・おぅ。 ここにも生々しい大人の事情が見え隠れだな・・・。」



know_the_base at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)