September 2016

September 30, 2016

まずは歩くことだけ考えるのよ!

ダウンロード (1)


歩いた!


と、いうわけ(?)で、息子氏が歩きました〜

ちなみに、昨日(9/29)の夜です。


それは、夕飯後、パパが流しで洗い物、ママがこどもの相手中のことでした。
最近はたっちが相当しっかりになった息子氏、ママに渡された小さなぬいぐるみを握り、ととんと2歩!

歩いた!!!

その姿を見ていたパパママ狂喜乱舞。
騒ぐわ拍手するわの大盛り上がり。

そんな両親を不思議そうに眺めつつ、へたり込むでもなく、しっかりたっちのまま。
しばらくして、ぬいぐるみを手放したら、いつもの高速ハイハイに戻ってしまいました。

どうやら、「いつもならハイハイをするところが、手が塞がっていたから歩きました。」的な感じだったらしい。


残念ながら、その後はまだ歩きませんが

「いや、手が塞がっていれば歩きますけど?」

ってくらいの感じなのかも?

まぁ、現時点ではハイハイの方が本人的には楽だし早いもんねぇ。

でも、歩いた!!


ちなみに、画像記録はお顔が分かってしまう感じでしたので残念。

まぁ、静止画だし、歩き終わってただ立ってるだけだしね。


しかし、「歩いた!」でエヴァしかネタが思いつかないとか、もうネタが枯渇したとしか言えないな。



know_the_base at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | こども

September 29, 2016

家政婦はみた!

image


パパ、トイレ中。

どたん!どたん!という音が廊下を近づいてくる。

そして、静かに開くドア。


チラリ。


「パパは、何をしてるでしゅ?」

「あ、あの、トイレです。」


know_the_base at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | こども

September 27, 2016

呉越春秋 湖底の城 6巻

呉越春秋 湖底の城 第六巻
宮城谷 昌光
講談社
2015-09-17



呉越春秋 湖底の城 6巻
宮城谷昌光 著 講談社


復讐せん!

呉と楚、互いの命運をかけた戦いの火ぶたがついに切られた。


孫武(孫子)を迎え入れた呉は、迫りくる楚との大戦に向けて準備を進めていた。

一方、楚では子常が政治を牛耳り、傲慢な子常のやりかたに不満は限界を迎える。
横暴を極める楚を見切り、服従していた盟下の蔡と唐が密かに呉側についたのだ。

孫武と伍子胥は勝利を誓い、楚都へと向けて軍を発した・・・。


遂に物語もクライマックス。
楚への不満を溜めた前半、復讐の炎を抱えながら放浪した中盤、そして遂に初志を貫徹する第6巻。

完全に伍子胥に向かって風が吹き、孫武の策略と相まって、その様はまさに虎に翼。

今までに出てきた仲間たちも次々にあらわれては伍子胥を助け、張られていた伏線たちが回収されていく。

まさに物語のピーク。

だが、ピークを過ぎれば必ず下り坂が訪れる。
安寧はつかの間、伍子胥の周りを固めていた人たちが、ひとり欠け、ふたり欠けていく。

一方で、楚の滅亡に際し、伍子胥の楚時代の友人である申包胥が立つ。

最後の敵は、かつての親友。

切ない終わりに向かう巻でもあった。



know_the_base at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 楽しい本 

September 25, 2016

今回の名言

ハワイと思えば、ハワイなんだ!


たとえ売店のお土産で干し椎茸を売っていても。

プールに行く途中でラーメン屋があっても。


ハワイと思えば、ハワイなんだ!



昨晩見たファイヤーダンスはかなり凄かったです。
今回の旅行、写真を撮る気も、携帯いじる気も、あんまりありません。
一眼レフさえ構える気無し。

だってスパリゾートで一眼レフって、怪しすぎるでしょう?


know_the_base at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

September 24, 2016

常磐ハワイアンセンターに来ています

image


気心知れた大学時代の友人たちと常磐ハワイアンセンターに来ています。

あ、スパリゾート・ハワイアンズ。


まぁ、僕の身体の事は分かってくれてるメンバーなので、無理せずノンビリという事で。

てか、こどもが6人とか居ると、もう収集つかねぇな!


know_the_base at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

September 23, 2016

呉越春秋 湖底の城 5巻

湖底の城 呉越春秋 第五巻
宮城谷 昌光
講談社
2014-09-19



呉越春秋 湖底の城 5巻
宮城谷昌光 著 講談社


てっきり4巻で完結しているモンだと思って手をつけたのは、昨年のこと。
実はまだ完結してなかった宮城谷昌光さんの「呉越春秋 湖底の城」。

今年発売になっている最新の6巻を読む前に、5巻を再読です。
この5巻は去年の発刊と同時期に読んでいたのですが、レビューが見当たらなかった。


いくつもの国が覇を争う春秋戦国時代の中国。
荒らぶる時代は、幾人もの英傑を生み出す。
そして、英傑たちと共に勃興する、孔子、孟子、孫子といった諸子百家たち。

その粗削りな時代、未だに古い貴族社会によって国が運用されていた楚に生まれた伍子胥。

血脈だけで出世し、幼い王を傀儡にして国を我が物にする子常。
その子常の子飼いの大臣・費無極に濡れ衣を着せられて殺された父兄の仇を討つべく、諸国を彷徨い、遂に南西の呉の国に光を見つける。

そして、伍子胥はかねてから才能に惚れ込んでいた孫武(孫子)を呉の軍師に迎えるべく動き出すのだった・・・。


久しぶりに読んだ「呉越春秋 湖底の城」。
相変わらず面白かったです。

この五巻は今まで艱難辛苦を耐えに耐えてきた伍子胥が、遂に信頼できる王に出会い、力を与えてくれる国に仕え、そして、孫武を得ることで虎に翼が生える飛躍の巻。

読んでいて面白くないワケがない。

栄枯盛衰は必定の理。
頂点を極めようとすればするほど、その後が切ないのですが。

とりあえずこの「湖底の城」は最新7巻がもうすぐ出るそうなので、次の6巻はまだイケイケどんどんかな?


宮城谷さんの突き放したような、淡々とした文体が好きです。
必要以上に書かず、でも想像力を働かせるのに必要な情報はある。
行間、それ以上に想像の入る余地が多い。

歴史小説も面白いよなぁ。

know_the_base at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 楽しい本 

September 22, 2016

落語は諦めました

先日、桂歌丸CDから始めてみた新しい趣味・落語。

音声だけではダメなのかと思い、Eテレにて放送の「日本の話芸」を毎週録画してみて1ヶ月ほどが過ぎました。

んー。

だめですた。
どーにも昔話を聞いてる感覚にしかならない。

それぞれ違う噺家さんでしたが、感想はほぼ同じ。

いや、「ここが笑うとこ。」とかは分かるんですけど。
30分見ててクスりが1回あるかないか。


ちょっと僕には早すぎたようです。



「正直に言って、つまらなかった?」

「いや、つまらなかったとは言わないよ。つまらなかったとは。」


「ただ、面白くはなかったかな・・・」


know_the_base at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

September 19, 2016

息子氏、1歳になりました。

BlogPaint


9/19日は息子氏の誕生日。
毎日スクスクと成長した息子氏、1歳になりました。

ぱちぱち、おめでとう。

1年間で身長プラス30cm、体重は約3倍!
第1次成長期やべぇ!


誕生日の昼食は、じーじとばーばを招待して定番の食事会。
デザートにはバースディケーキ付き!

人生初のケーキは相当に美味だったらしく、絶対にオナカいっぱいなのにいつまでも食べようと頑張ってました。


さて。発育報告なぞ。
小粒ちゃんだった娘に比べ、息子はちょっと大きめ。
立っちと伝い歩きは当たり前ですが、歩きそうで歩かない。

最近は特にコミュニケーション能力が向上中。
紙をかじっては、パパママから隠そうと口を一文字にむすんで知らん顔が得意技。


つい先日、初めての手術を経験してしまいましたが、風邪などはひかずに1年が過ぎました。

また来年もみんなで誕生日を祝えたら、それが幸せ。


know_the_base at 19:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) こども 

September 18, 2016

(株)貧困大国アメリカ




「1%対99%」の構図が世界に広がるなか、本家本元のアメリカでは驚愕の事態が進行中。
それは人々の食、街、政治、司法、メディア、暮らしそのものをじわじわと蝕んでいく。
あらゆるものが巨大企業にのまれ、株式会社化が加速する世界、果たして国民は主権を取り戻せるのか?!
日本の近未来を予言する、大反響シリーズ待望の完結編。

岩波新書 (株)貧困大国アメリカ
堤 未果 著 2013年


第一章 株式会社奴隷農場
第二章 巨大な食品ピラミッド
第三章 GM種子で世界を支配する
第四章 切り売りされる公共サービス
第五章 「政治とマスコミも買ってしまえ」
エピローグ グローバル企業から主権を取り戻す

話題と衝撃をもって登場した「貧困大国アメリカ」(2008)で語られたのは、あらゆる公共サービスの民営化。
自由競争の美名の下で加速度を増す弱肉強食。

教育、医療、軍事、すべてが民営化され、弱者を食い物にして強者が太っていくシステムに鋭く踏み込んだ。

そして「貧困大国アメリカ供では、警察や刑務所までもが民間に払い下げられ、最低限の公共サービスまでもが資本主義システムに組み込まれる様を追った。

この「貧困大国アメリカ供廚鯑匹鵑聖の率直な感想は、「アメリカってバカなの?」だった。


だが、この「(株)貧困大国アメリカ」を読んだ感想は、「アメリカ、怖い。」だった。

巨大な資本を背景に自分の産業を独占していく巨大企業。
その方法は洗練され、自分たちの都合のいいように法律を変え、国会や司法さえも「金で買う」世界へと変貌していることを描きだす。

なぜ、医療や農業に資本企業が参入してはいけないか。
なぜ、独占禁止法が存在するのか。
なぜ、過去にあった財閥は解体されたのか。

そんな諸々の理由が、一気に分かる。

TPPに参加することになっている日本。
これはもう、対岸の火事ではない。

人の暮らしを守る大事なルールが骨抜きになったアメリカで何が起こっているのかを知れば、これからTPPを受け入れて全てがアメリカ式になる日本で何が起こるかが分かる。

悪夢とも言えるアメリカ式は、米韓FTAやTPPのような形で他国をも侵略していく。
すでにインド、イラク、パナマ、韓国はアメリカ式に侵略され、社会問題は深刻化している。


今なぜ、比較的常識的に見える従来型政治家のヒラリー・クリントンが、極端な放言家であるトランプに苦しめられているのかが分かる。

「企業献金を受け取らない。」
そのたったひとつのキーワードだけで、その政治家が今までのどんな政治家よりもマシだと見える。

この本を読んだ後だと、在日米軍の負担増を唱えるトランプでさえヒラリーよりは良いと思ってしまう。
日本人なのに。

まぁ、僕の目から見て一番マシなのはサンダースなんだけど。


1%の富裕層が世界の富の半分以上を持つ。
1%対99%の社会は、現状では1%の良いように進んでいる。

なにせ、1%は知らぬ間にそもそものルールを変えてくる。
しかも、その情報を報道すべきマスコミは、既に1%の持ち物になり下がっている。

世界が1%の支配層と99%の奴隷になる日が近いと感じる。


「アメリカってバカじゃないの?」

なんて、笑っている場合ではないようだ。




know_the_base at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) まじめな本 | 海外情勢

September 17, 2016

息子氏退院。関係ないけど、パパは明日の朝刊に載ります

息子氏は昨日手術を受け、今日退院になりました。

まぁ、万事オッケーと言うワケでもないですが、よかよかです。



さて、先日、北朝鮮の核実験による紙面変更で延期になった読者投稿ですが、掲載が明日になったそうな。

「11日の朝刊に載りま、せん!」

ま、新聞ですから、そんなコトもあるよねー。
知人の方々、お暇なら見てね。

内容には期待しないで。


掲載料の3000円分図書券は、娘の図鑑と絵本に変わる予定。

パパのなんだけどな・・・



know_the_base at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

September 15, 2016

息子氏、ご入院

image


息子氏は、本日より2泊3日の予定入院。

ちょちょちょっと手術をします。

嫁様は付き添いにて家を離れるので、数日は娘と2人です。

まぁ、2人と言っても御実家のじーじとばーばに助けて貰うので、特に問題は無いハズ。


たぶん。



know_the_base at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | こども

September 11, 2016

ルポ 若者ホームレス




ルポ 若者ホームレス
ちくま新書 飯島裕子/ビッグイシュー基金

ごく普通の若者と変わらない風貌の彼らを「ホームレス」と考える人はいないだろう。
彼らの多くは野宿を嫌い、ネットカフェやファーストフード店などで夜を明かす。
彼らを見つけることは余計に難しくなる。
大都会の狭間に生きる若者ホームレスは、極度に不可視化された存在である・・・

第一章 若者ホームレスの現実
第二章 若者ホームレスと家族
第三章 若者ホームレスと仕事
第四章 ホームレス脱出
おわりに


リーマンショックによって景気が劇的に悪化した2008年。
年越し派遣村が話題になった頃の話。

今までは住み込みの派遣業で働いていた若年層が雇い止めにあって、失職後にそのままホームレス化することが問題視された。

その頃に若年ホームレスからその背景を直接聞き取りをし、多くのケースに共通する問題点を浮き彫りにしようとした本。


格差問題、そして格差の世代間継承による連鎖、社会のセーフティネットの弱さ。
様々な問題が若年ホームレスを生む。

貧困問題に取り組む方々には頭が下がる。

一度落ちてしまうと、這い上がることが難しい。
それは分かるし、再チャレンジ出来る社会が望ましいのは言うまでもない。



ただなぁ、という感情が拭えない。

まぁ、本人たちも「自己責任」を口にし、その自己責任論を過大に受け止めてしまうが故に家族やセーフティネットを頼らずにホームレス状態になっているというのは分かる。

分かる、が。

「本人の問題」ってのはあるよなぁ。と。

出てくる人の中には、親に多くの問題があって逃げ出すように社会に出たという不幸な人も居る。

でも、社会に出た時は正社員だったが、「単調な毎日が嫌になって、何か別のことがしたくなって仕事をやめた。」、そしたら次の仕事が見つからなかった。
こういうパターンって、どこまでどうしたら良いの?って思ってしまう。

まぁ、人間関係ガーとか、労働環境ガーとか、いろいろ事情はあるのだろうけど。

そして、仕事は辞めたが、失業保険の貰い方や各種社会保障の利用方法を知らずにホームレス・・・・

自衛官として12年務めたが、昇級試験に受からずに退職。
自衛官は各種の再就職斡旋を行っているが、海上自衛隊にいたのであまり利用できなかった。
退職金や報奨金はパチンコで消え、結果、家族との軋轢が生まれてホームレス。
とかさ。

んー。
どうしろと?

親切な誰かが、人生の諸々すべてをナビゲートし、面倒な手続きをしてくれなければならなかったのか?

こんなコトを言うと「自己責任論ガー!!!」とか言われて怒られそうだけど、正直な感想なのだから仕方ない。


ホームレス社会の中で過ごし、人とかかわり、活動の中で自信を付けた人が農業で自立するエピソードが最後の締めくくりで書かれるのだが。

その人が、自己都合で突然に姿をくらましてしまう。

とか、ホントにどうしろと?

もちろん再スタート出来る社会は理想だし、ホームレス支援をしている方には頭が下がる。

だが、どうしろと?

と、思ってしまう自分がいる。


まぁ、本の中にはコレらの批判に対する答えもちゃと「知的障害の問題がある」と載っているのだけど。

支援活動している方から知能の問題って言われてしまうとなぁ。

それこそ、どうしろと。


とりあえず出来ることは、生活保護制度を悪用したり、過重労働を強いて搾取したりなど、貧困者を食い物にして貧困ビジネスへの規制をすることかな。

でも、「そういう貧困ビジネスが実は貧困者にとってはセーフティネットになってた。」とか言い出すんだろうけどさ。

だから、どうしろと。



感想を正直に書きすぎて、お叱りを受けそう。




know_the_base at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) まじめな本 | 国内問題

September 10, 2016

変態仮面

HK/変態仮面 [DVD]
鈴木亮平
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2016-04-13


2013年・日本映画

「週刊少年ジャンプ」に掲載され、異様なビジュアルと設定で人気を博したあんど慶周原作の「究極!!変態仮面」を実写映画化。
女性のパンティーを頭にかぶることで、人間としての能力が飛躍的にパワーアップする主人公の悲喜こもごもを映し出す。


紅游高校に通い拳法部に所属している色丞狂介(鈴木亮平)は、同じクラスに転校してきた姫野愛子(清水富美加)に、一瞬にして心を奪われてしまう。
ある日、姫野が銀行強盗事件に巻き込まれてしまい、人質となってしまう。彼女を助けるために覆面をかぶって強盗に挑もうとするも、何とかぶったものは女性用のパンティーだった。

ところがその瞬間、これまでに感じたことのない感覚が体中をよぎり……。

yahoo 映画より


観ちゃいました、変態仮面。

いやー、懐かしい。

作品全体から漂う昭和の香り。
あえて古臭い演出、あえて古臭い演技、あえて古臭い美術。

変態仮面がジャンプに連載されてたのって1992-1993とかなんですね。
1年程度の連載作品を未だに憶えてるってのは、よほど印象的だったんだろうなぁ・・・。

さて、その実写化の内容と言えば、良くも悪くも原作に忠実。

変態仮面に変身した姿をどーすんだと思っていたら、まさかのマスク on パンティという荒技。

いや、これじゃ鈴木亮平は素顔は隠しているワケだし、全然変態じゃないじゃん!
って、鈴木亮平は別に変態じゃないんだから良いんだけど・・・って何を言っているんだ自分は?

とまぁ、ツッコミを入れる方がバカなんじゃないのと言いたくなる作品なので、そのフリーダムな感性を楽しむ作品。

この作品で注目すべきは、悪の親玉を演じたキレッキレのムロツヨシ。
20160513021937509


そして、誰あろう。
敵の偽変態仮面を演じた安田顕様。

ダウンロード

こういう教師役で出てきたと思ったら

c0022635_19481831

偽変態仮面として、こうなってしまう。

鈴木亮平さんの肉体美は凄かった。
だが、ヤスケンの身体は鍛えるわけでもない、いつものヤスケンバディ!

更に、主人公の変態仮面はマスクなのに、ヤスケンは素顔にパンツと言う、真正変態プレイ!!!

まじかっ、ヤスケン!

喜んでないか! ヤスケン!

てか、偽変態仮面シーンが生き生きしすぎだぞ! ヤスケン!


僕の心には、変態仮面となったヤスケンだけが残ったのでした。

すごい役者魂だったよ、ヤスケン。
僕は君の雄姿を忘れない。

でも別にキャラも何も失ってないヤスケンが素晴らしい。

キャスティング担当の人は、完璧な人選でした。


最終評価 B


know_the_base at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2016年に観た映画 | 映画 は行

September 09, 2016

11日の朝刊に載りま、せん!

ま、本名で出てしまうので、こんな書き方ですみません。

しばらく飽きて書いてなかったのですが、娘に「新聞載るのって凄いね!」と言われ、良い気分になって久しぶりに書きました。
内容は自分でもビックリするくらい大したことないです。

てか、もう新聞に投稿する人が少ないとしか思えない。

何度目でしょうか。
10回くらいまでは分かってたんですが、もう分かりません。


まぁ、ワリの良いバイトって感覚です。


知人の方、お暇なら見てね。

以上。報告終わり。



追記
北朝鮮の核実験の為、紙面を変更。
掲載を後日にするとのこと。

掲載予定は決まり次第お知らせします。
とのこと。


know_the_base at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

September 08, 2016

劇場版 境界の彼方 未来篇

劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 未来篇 [Blu-ray]
種田梨沙
ポニーキャニオン
2015-10-07


2015年・日本映画

最強最悪の妖夢・境界の彼方を宿し、不死の身体を持つ神原秋人。
唯一、境界の彼方を殺す力を持つ、呪われた血の一族・栗山未来。

2人は出会うべくして出会い、惹かれあった。

だが、互いが互いを傷つける存在であり、共には生きられない2人。
境界の彼方との戦いの中で一度は失われた未来の命。

奇跡的に還ってきた未来は、全ての記憶を失っていた。
呪われた血の一族であることさえ忘れた未来。

秋人は未来の幸福を願い、未来が何も知らないまま人間として生きることを望んだ。
その為に、可能な限り未来に関わらないように努め、そして冷たくした。

でも、未来はどうしても秋人に惹かれてしまう。

そんな時、妖夢と呼べない「何か」によって異界師たちが襲われる事件が起こる。
地域を治める名瀬の家を継いだ博臣は、その事件を追うのだが・・・・。


TVシリーズではそれほどハッピーエンドに終わらなかった秋人と未来に、本当のハッピーエンドを。
そんな感じの蛇足。

蛇足。

そう言わざるを得ないかなぁ。

前後篇になっていた劇場版。
前篇である「過去篇」は、かなりの劣悪版TVシリーズダイジェスト作品でした。

そして、それを受けて完全オリジナルで作られた後篇・・・・

いやぁ、作画は綺麗だなぁ。
流石は京都アニメーション。

いやぁ、劇場クオリティで描かれる未来は可愛いなぁ。
流石は京都アニメーション。

作画が綺麗。
ヒロインが可愛い。

褒められるのは、そこだけ。


なんだろなー。

個人的にはTVシリーズの最後で、未来が戻ってきたことでさえ余計だと思ってました。
良いじゃんか、未来は秋人の中の境界の彼方と一緒に消え去ったって事で。

何で未来が戻ってこれたのか、それが劇場版で分かるのかなーと淡い期待を抱いてました。
が、その辺の謎解き的なモノは一切なし。
てか、消え去った人間が戻ってきてるけど、その理由考えてないだろ?


作画が素晴らしいのに、シナリオがガタガタすぎ。

まぁ、でも劣悪ダイジェストの過去篇よりはよっぽどマシ。
と言うか、どうせ観るなら未来篇だけで良い。


境界の彼方、TVシリーズの途中までは結構好きだったのになぁ・・・。

ちゃんと続編・完結編にならない蛇足なら、作んないでくれよ!


最終評価 C+


know_the_base at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2016年に観た映画 | 映画 か行

ソードアート・オンライン 008 アーリー・アンド・レイト




ソードアート・オンライン 008 ソードアート・オンライン 008 アーリー・アンド・レイト
電撃文庫  川原 礫 著


「圏内事件」

電脳世界に生み出された浮遊城・アインクラッドで本当に人が死ぬデスゲームが始まって、1年以上が過ぎた。
何千というプレイヤーを犠牲にしながらも、トッププレイヤーたちの決死の挑戦によって地道に着々とゲーム攻略は進んでいた。

アインクラッドでも珍しいほどに気象パラメータが整った日、ソロで攻略を続けるキリトはのんびりと草原でこの晴れを楽しむことに決める。

だが、そんなキリトを見咎めるプレイヤーがいた。

攻略の鬼と呼ばれる、泣く子も黙る血盟騎士団副団長のアスナだった。

他のプレイヤーが決死の思いで迷宮を攻略しているのに、何をしているんだ。
そう言ってキリトを責めるアスナに、キリトは答える。

「こんな良い天気の日に迷宮にもぐっていたらもったいない。いいからお前もここに横になってみろよ。」

そして、キリトが目を開けた時、そこには気持ち良さそうに寝息をたてている鬼の副団長様がいた・・・。


「圏内事件」「キャリバー」「はじまりの日」の3篇を収録した短編集。

「圏内事件」
攻略にだけ目を向けていたアスナが、キリトに恋心を抱くキッカケになったエピソード。
また、ソードアート・オンラインというゲームのシステム解説が多いエピソードなので、世界観の足固めが出来る。

アスナさん、最初からメロメロじゃないっすか。

「キャリバー」
萱場明彦の残したVRワールドの種「ザ・シード」から芽吹いた最初の世界ALO。
現在のキリト達のメインワールド最強の剣・エクスキャリバーを入手するエピソード。

何も考えないで単純明快に「俺TUEE」するキリト達の冒険を楽しめる内容。

「はじまりの日」
デズゲームであるソードアート・オンラインが始まった日。
萱場明彦がデスゲームを宣言し、普通のプレイヤーが混乱している中、唯一の友人クラインを置いてソロプレイヤーとして駆け出したキリトを描く。
キリト達ベータテスターが嫌われた理由がわかるエピソード。

まぁ、こんな感じだったんだろうな、という感じ。


「圏内事件」は、アニメ第一期で映像化されていました。
と言うか、アニメのオリジナルかと思ってましたが、ちゃんと原作あったんですね。

「キャリバー」はアニメ第二期にて映像化済。
これもアニメオリジナルかと思ってました。

と、言うわけで、書き下ろし新作は「はじまりの日」のみ・・・。
前の巻の終わりで「ネタバレなしに入ります!」なんて言ってたのに、ほぼ知ってるエピソードでした。

とは言っても、アニメ版は前後の整合性もあるし、尺の問題もあるったのでしょう。
「圏内事件」に関しては結構アニメ版と違うところが多く、大筋は分かっていても十分楽しめました。

まぁ「キャリバー」は楽しむだけの話ですしね。

sbg

オマケ

know_the_base at 06:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 楽しい本 

September 07, 2016

築地で海鮮丼を

image


食べてやった。

ちなみに朝は減塩しまくってきた!

これ位しか楽しみないもんね。



know_the_base at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

今日はまた出張で築地

image


今日は、今の担当になって以来、まぁまぁちょいちょいある都内出張です。

都内出張なんつっても、嬉しい事は特になく、いつもより疲れるだけ。
せめて昼飯くらいは美味いもの食おう。

know_the_base at 09:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

September 04, 2016

駆込み女と駆出し男



2015年・日本映画

時は江戸時代。
質素倹約を掲げる天保の改革で暮らしが締め付けられる江戸の街。

当時、離婚と言うのはあくまで男性の一存。
妻はどんなにひどい男だろうと、自分から縁を切ることは出来なかった。

だが唯一、女性の希望で縁切りが出来る幕府公認の東慶寺という寺があった。

どうしても夫と縁を切りたい女の、最後の駆け込み寺。

でも、誰もがいきなり東慶寺に転がりこめるワケではない。
その東慶寺の隣にある御用宿・柏屋にて、まず事情を聴き、夫を呼び出し通知する。

そして、女は東慶寺に入って男を絶って24ヶ月の間は身を修め、その後、夫に離縁状を持参させて寺を出ることが出来る。

様々な事情を抱えた女たちが、今日も柏屋に駆け込む。

そして、医者見習いで戯作者希望の男・信次郎(大泉洋)もまた、柏屋を取り仕切る叔母を頼って駆け込んできたのだった・・・。


男尊女卑当たり前の江戸時代。
とは言っても、ロクでもない男はいつの時代だっている。
そりゃあ、女側から離縁を願う縁もある。

そんな女たちの唯一の希望、たったひとつの駆け込み寺として実在した東慶寺。

まぁ、とは言っても男と女、しかも夫婦の間のことは複雑怪奇。
恨み憎しんだと口では言っても、どうにも切れない情が裏にあったりするもの。

愛憎と義理人情、そして粋と見栄。
様々な事情と感情が絡まり合う江戸時代の離縁を描く。


ただまず、んまーとにかく言葉遣いが難しい。
お江戸の単語を解説なしで使われるので、最初から全部聴き取れ意味もわかるなんて人は居ないんじゃないかとさえ思ってしまう。

それに早い。
耳慣れない古い言葉遣いでパパパッ、ポンポンポンと会話していくので、セリフを聞き取るのでいっぱいいっぱいになる。

しかも、やっとこ聞き取ったその内容も、ヤクザ者の啖呵や、見栄のために話を大げさにした脅し、その場を切り抜けるための口から出まかせナドナド。
迷信やら作り話やら、嘘大げさ紛らわしいが入り混じる内容なので、どれがストーリーの流れに関係あるのか、ただのオマケなのか分からずに混乱する。

結果、何が何やら分からないままストーリーが進んでしまい、表面をなぞるだけになってしまう。
幕府側が東慶寺を潰そうとしていた計画とか、散々思わせぶりに仕込んでたのに、最後にはどこいったのさ。

日本語なんだけど「字幕をくれ。」と普通に思いました。


でも一方で、キャスティングは素晴らしい。

弱気な医者見習いの洋さんは、もちろんハマり役。

洋さんの想い人となる鍛冶女のじょごを演じる戸田恵梨香も良い。
最初は田舎言葉丸出しで、まるで学がなかったじょごが、寺の暮らしの中で字を学び、身体を鍛えることでどんどんと洗練された女性になっていくのが美しかった。

裏のある問屋の愛人・お吟を演じた満島ひかりは、もう、日本を代表する女優で間違いない。
美しく、粋で、それでいて悪そうで、色気がある。

なによりこの作品を引き締めたのは、柏屋を仕切る源兵衛を演じる希木樹林。
女を取り返そうと詰めかける男たちに一歩も引かない監督者として、ユーモラスでありながら、凄みのある役柄がビシッと合ってました。


この作品は、字幕付きで2回観た方が良いのかも知れません。


最終評価 B+



know_the_base at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2016年に観た映画 | 映画 か行

September 03, 2016

劇場版 境界の彼方 過去篇



2015年・日本映画

異形の存在・妖夢と人間との間に生まれた半妖の神原秋人は、学校の屋上で栗山未来と出会う。

「不愉快です」が口癖でどこか頼りない雰囲気の彼女は、妖夢を討伐する異界士で血を操る一族の末裔(まつえい)だったが、その能力は異界士の中でも異端とされていた。

秋人を邪悪な妖夢とみなし攻撃してくる彼女を、秋人はなぜか無視できず……。

yahoo映画より


京都アニメーション制作の「境界の彼方」劇場版。

「過去篇」と「未来篇」の2部構成になっているものの、この「過去篇」は完全にTV放送のダイジェスト版。
しかも、ダイジェストとして結構な粗悪品。

ストーリー要約を自分でする気力が起きませんでした。


触れ込みでは、栗山未来側から見た物語とのことだが、冒頭にお情け程度に栗山未来目線があるだけで、9割以上の本編は地上波の通り。

そして、TV版を観ていない人には何も分からない、観ていた人には観る価値のないダイジェストを延々とみせられ、エンディングを迎え、スタッフロールが流れ

最後の一瞬。
1分あるかないかの「未来篇」へのヒキがあって、終わる。

その1分あるかないかの新作のためだけにある作品。 コレ、要る?

レンタルでこの過去篇を観た僕でさえ、ちょっとイラっとする。
劇場で観た人の気持ちや如何に。


てか、京都アニメーションの劇場版は、本当にヒドい。

「境界の彼方」という作品は好きですが、このやり口は嫌い。


最終評価 C


know_the_base at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2016年に観た映画 | 映画 か行

September 01, 2016

落語って、どうなの?

9月になりました。
秋ですね。

文化の秋。


さて、御存知の通り、僕の身体はポンコツです。
血管の幹である大動脈がギリギリなアレなので、血圧を低く維持しています。

その為に
重いもの持ったらダメ。
運動ダメ。
疲労ダメ。
塩分は制限しなきゃダメ。
酒飲んだらダメ。

と、ダメダメの制限が沢山あります。

つまり。

以前はたまーに行っていたライブはダメ。
ライブがダメなので、フェスなんかもっとダメ。
旅行もあんまり長距離だったり、負荷があればダメ。

と、身体が壊れる前には趣味として楽しめていた色々が、諸々ダメになったのです。

でもねぇ。
僕だって聖人君子じゃないからさ、趣味なしの無味乾燥では生きていけないワケ。

映画、アニメ、小説、漫画、ゲーム辺りは昔からの趣味なので、現在も継続中。
まぁ、この辺は好きですから問題なし。

とは言っても、ソレばっかりってのも限界があります。


そこで、新しい面白い事を模索するコトにしました。

血圧上がらず、身体疲れず、それでいて面白い。

こんな都合が良いモノってあるでしょうか?


そんなある日、TSUTAYAで見かけた落語のCD。


おぉ、落語ってどうよ?
こんだけ長い間続いている世界には、何かがあるんでしょうよ。

そう思って借りてみました、桂歌丸。



なんで歌丸?
いや、基本的に落語家しらないし。
名人がどうとか言われても、誰が良いのかなんて知らないし。

顔が分かる人の方が良いかなって。

そんな理由で、桂歌丸師匠をチョイス。


聞いてみた。

んー。
ちょっとクスっと。
くらい・・・かな。

寄席の録音だから当然だけどさ、表情とかで表現してるとこが分かんないんですよね。

落語も言葉だけじゃなく、表情や身振りを合わせた総合で表現するモノ(だろう)。

それをCD聞いて面白くないとか、それは違うと思うんですよ。


寄席・・・、行ってみる?


いやぁ、寄席に行くとかになると、ちょっとハードル感じるんだよなぁ。


さて、教えて詳しい人。

落語って、どうなの?

寄席に行けば面白い?




know_the_base at 19:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記