June 2017

June 26, 2017

ある朝のホラー

ある朝。
まどろみの中で聞こえる「はぁ、はぁ、はぁ。」という息づかい。
枕元に誰かが立つ気配がする。

おそるおそる薄眼を開けると、そこには





IMG_4253


人影がっ!



know_the_base at 05:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | こども

June 24, 2017

心が叫びたがってるんだ。

心が叫びたがってるんだ。 [Blu-ray]
水瀬いのり
アニプレックス
2016-03-30


2015年・日本映画
「あの日見た花の名前を、僕たちはまだ知らない。」の製作スタッフが再集結した、青春群像劇。


おしゃべり好きの少女・成瀬順は、綺麗なドレスを着て踊るお城の舞踏会に憧れる。
小学校の帰り道、憧れが詰まった山の上のお城(ラブホテル)から父と知らない女性が出てくるのを目撃する。

お城から出てきた父を白馬の王子と信じ、順は自分が見たものの意味も分からないままに、母にその事実を告げてしまった。

その結果、両親は離婚し、父は家を出て行った。
別れ際、必死で父を引き留めようとする順に父は言った。

「全部、おまえのせいじゃないか。」

ショックを受けて自分を責める順の目の前に、小さな卵の王子が現れる。
そして、卵の王子は「おしゃべりによる災厄」を避けるため順のおしゃべりを封印したのだった。


高校2年生になった順。
順はあの日から、言葉を発すると腹痛を起こしてしまう体質を抱えていた。
携帯のメールでしか他人と会話できず、町内でもクラスでも変な子扱い。

ある日、担任の音楽教師が高校主催の地域ふれあい交流祭の実行委員に、坂上拓実、田崎大樹、仁藤菜月、そして順を指名する。

高校生活をやる気なく過ごしていた坂上拓実。
甲子園を目指す野球部のエースだったのに肘を壊してしまった田崎大樹。
優等生の仁藤菜月。
そして、話せない成瀬順。

青春チョイスと揶揄される4人。
拓実と順は反発し、田崎はそもそも参加の意思もない。
当然、出し物もまとまらない。

拓実と関わる中で「歌なら腹痛を起こさない。」と知った順は、自分の本当に伝えたい言葉を歌にのせるミュージカルを出し物にしたいと考えだすのだった・・・。



大ヒットした「ここさけ」をやっと観ました。

誰もが心の中に抱えて言葉にしない、出来ない「本当に伝えたいこと」。

言葉に出来ない理由は、自分の殻。
相手を傷つけないため、自分を守るため、自分が勝手に作り上げた殻の中で、感情だけがグチャグチャになって、言葉にならなくなる。

そんなグチャグチャになって普通には言えない言葉も、歌にすれば吐き出せる。
歌にすれば、相手に届く。

拓実に恋をして、一生懸命に頑張る順が周囲を巻き込んでいく。
その中でそれぞれが少しずつ変わり、相手を認めていく。


大筋はとても好きなストーリーでした。


が、どうにもメインストーリーの周辺が気になってしまった。

まず順の父親。
小学生の娘が下校中に寄れる距離感のラブホで浮気すんなよ。
そんで、結果離婚ってなった時、娘に「おまえのせいだ。」とか、どんなよ。


そして、普通の高校生たちが1ヵ月ちょいでオリジナル台本のミュージカルを作って発表て。
台本、歌、振り付け、衣装、劇としての演劇、セット、照明、他にもミュージカルには要素が多い。
普通に既成の劇でも1ヵ月で形にするのは難しい。

それを、人数もそう多くないひとクラスでオリジナル台本・・・
しかも、途中でラストを変えたいとか言い出したり、本番で配役や手順を変えたりとか・・・

ぬーん。
一応、演劇をかじったことのある人間だと、どうにも嘘っぽさが先に来てしまってダメでした。

それに変な子扱いだった順が書いた台本で、本人主役で、本番直前に逃げ出しても受け入れてくれるクラスメイト・・・。

ぬーん。

無理がある。
無理があるなぁ。


最終評価 B




know_the_base at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2017年に観た映画 | 映画 か行

市長と意見交換会

えーと。
説明します。

まず、僕は市でやっているウェブアンケートに協力してます。
市民から無作為抽出した人に協力依頼があって、それを受けて月1くらいアンケートメールが来るやつ。

で、そのウェブアンケート協力者の中で希望者を集めて、市長との意見交換会があると言うので、希望したら当選しました。

土曜日の閉まった市役所で、市長と希望者11名。

希望者の構成は、高齢男性8名、高齢女性1名、自分、自分よりちょっと若い男性1名。


自分の住んでる市を良くすると思った時に、何を考えるか。

自分の父親くらいの団塊世代な方々の考え方が、企業誘致やら魅力的なイベントやらと、どこからか人を連れて来る目線なのは世代でしょうか。

もう、正直、そういう時代じゃないんだよねー。

そういう金かけて何かじゃなくてさ、今ある有り物で貴方達高齢層が少しでも心地よく過ごせるようにする方向に向かってんじゃないの?

なんてコトを言ってみました。

高齢男性たちがメインな場で、まぁ子育て世代の人間が意見できたのは意味があったかなと。


予定時間1時間のとこを随分とオーバーする位には活発に意見が出て、なかなか面白い経験でした。



know_the_base at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

June 22, 2017

冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた ガールズサイド3




やめたのは、倫也くんを許すこと

冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた ガールズサイド3
丸戸史明 著   深崎暮人 イラスト
ファンタジア文庫


ガールズサイドは、冴えない彼女(ヒロイン)の育てかたのナンバリング(本編)巻で語られない、ヒロインたち目線の短編集。

前回のガールズサイドは、シナリオ担当の霞ヶ丘詩羽と原画担当の澤村・スペンサー・絵梨々が、クリエイターの性に従った結果、倫也の blessing software を出て行った時の裏話。

そして今回は、最終巻直前の「転」である「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた 12巻」の裏で何が起こっていたのかを描いたヒロインたち目線の裏話。


物語としては、徹頭徹尾でメインヒロインであり続けた恵と、あっちへフラフラこっちへフラフラしていたハーレム系ダメ主人公の倫也がついに結ばれようとする、その直前の時期。

主人公とヒロインが微妙な、微妙なバランスの中でフワフワしていたとしても、周囲のヒロインたちには倫也が恵を選んだことが伝わってしまう。

色々な想いがあり、色々な葛藤がある。
それでも「自分は選ばれなかった。 」という現実を受け入れていく、その過程が描かれる。

今回のガールズサイドを読んで、「あぁ、本当にちゃんと完結させる気なんだなぁ。」としみじみ感じました。

ひとりの主人公と複数のヒロインたちが繰り広げるハーレム系ラブコメなんて、結局はハッキリした結末を描かない「この日常が続いていくエンド」でなぁなぁにも出来るのに、この作品はそれをしないようだ。

絵梨々や詩羽が、ちゃんと現実を受け入れていく過程が切ない。


本来は読むのは本編だけで、このガールズサイドはオマケのハズ。

でも、正直、ファンにとってはこっちが本編みたいなモン。

倫也とかどうでも良いし、実際。
ガールズの目線の方が大事だし、実際。


最終巻、はよ。



know_the_base at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 楽しい本 | 冴えない彼女の育てかた

冴えない主人公の育て方♭ 観ました

IMG_4239


「冴えない主人公の育てかた♭」
冴えカノの企画展が秋葉原でやってたので、観ました。

なぜか夕方の4時に開場と言う謎設定の為、時間待ちましたよ秋葉原で。



結果。

大学祭の文化系サークルが裸足で逃げ出すレベルの展示に軽い目眩がしました。


アニメのオープニングとエンディングがリピートで流れる会場。
展示物は、これまで売ったフィギュアと、これから売るフィギュアと、アニメのシーンを切り取ったパネルのみ。

余裕があるとか、ゆったり過ごせると言うのは、中身がなくてスカスカの良い言い方なんだと知る。

IMG_4241



あと、どうやっても秋葉原以外の場所には持っていけないグッズを売ってる物販。

入場無料って当たり前だよ。
もし料金とってたら暴動レベルだよ。


あちゃー。


まぁ、その残念なイベントで売ってたグッズひとつより安い原作新刊が出てたので、買って帰ります。


あちゃー。



know_the_base at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 冴えない彼女の育てかた

バベルの塔展に来ました

IMG_4235


前々から来たいと思っていた「バベルの塔展」。

家族連れで行った「ミュシャ展」の疲れすぎる経験から、これは無理かなと思ってました。

でも、やっぱり、どーしても、観たい。

そうアピールし続けた結果、叶いました。
今日は平日休みを1日自由に使う事ができます!

ありがとう嫁様!
ありがとう嫁様!

信じれば夢は叶うんだ!



観た感想。

平日の開館直後くらいに入れたので、かなり空いてました。

のんびりと、じっくりと、何回も観る事ができました。


バベルの塔は、思ってたより小さめの作品で、逆に驚いた。
描き込みの量から、勝手にもっと大きいと思っていた。

会場にある300%拡大複製の方が、なんかイメージに近くてしっくりくるくらい。

観てると、そのしっかりした世界観に目眩がしそう。

漆喰を塔の上部に運ぶクレーン、その袋から出る白い粉にまみれた作業員たち。
レンガを運ぶクレーンの周囲は赤く、塔の上層はその赤が鮮やか。

細部を積み重ね、積み重ねて1枚の壮大な世界観になる。

すげー。


でも、画集は諦めました。

重いんだもん。

IMG_4233


ポップアップと大きめポストカードのみ購入。



know_the_base at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

June 17, 2017

39歳になりました

なりました。

誕生日にソレ以上の感想が無くなってきたな。


最近、自分の年齢が曖昧になってきました。
ワリと真面目に。

だいたい40手前くらいなんだけど、、、38? 39?くらいの感じ。
でも、今年はコレで思い出そう。


サンキュー!


はい、おつかれさま。



「オヤジギャ・・・げふん、げふん。」

「オヤジギャグも言うよ?オヤジなんだから。」

know_the_base at 06:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

June 16, 2017

人生の幸せと不幸せを分けたもの。 その1

小学2年の娘とくっついて寝て、深夜に起きて、考えたこと。

まず、今のこの生活は、自分の身に余ると言うか、上出来すぎるほどに幸せだなぁと思う。

40歳が視野に入ってくると、それなりに自分も、周囲も見えてくる。
自分は、やたら頭が良いとか、やたら運動が出来るとか、そういう才能はない。
何かに情熱を燃やし、何かに邁進する気概もない。
特筆するほど金持ちじゃないし、かといって金に貪欲なほどの欲求もなければ、稼ぐ才能もない。

ふつーだ。

あまりにもフツーのスペックの凡百の一般人。
むしろ、循環器系に障害があるし、自分自身単体のスペックだけ考えたら平均よりマイナスだ。

でも、今の自分は家族に囲まれ、気に入ってる家に住み、それなりに自分では良いと思う仕事をして暮らしている。
仕事はほぼ定時に帰って、夕飯を家族で一緒に食べて、わいわいして、娘とくっついて寝る。

昭和か。

妻と子2人、一軒家、そこそこの仕事。
昭和の中流家庭を絵に描いたような生活だ。

僕は野原ひろし(クレヨンしんちゃんの父)なのかな?

でも、この生活は、やれブラック企業だ、やれ貧困だと報じられる現代の日本社会では、相当に幸運で幸福な生活だと思う。


僕はいわゆるロストジェネレーションと呼ばれる、団塊2世で不遇の世代。
高校だかにバブルははじけ、就職氷河期、派遣切り、年末派遣村、ニート、そんな社会不安がリアルタイムでまさに自分の世代で起こってた。

実際、不安定な社会情勢の先端に現在進行形でいる世代だと思う。


自分の出身大学は、世間に名の知れたような有名大学でもなく、何かの専門性に特化したような大学でもない。
地方のそこそこの、しかも文系学部・文系学科を、特に優秀でもない成績で卒業した。

大学卒業の頃の自分は、今の自分が見たら本当に情けなくなるくらいに何も考えてないパープリンで、なんとなーくで生きてたし、なんとなーくで就職も考えてた。

一方で就職氷河期やらなにやらってのが、その渦中だとそんなヤバい状況なんだっていう認識が追い付かないワケで。
就職に準備も何もしてないし、動き出しも早くはなかった。

つまり、凡百一般人の情弱大学生は、就職氷河期真っ盛りで就活もそんなに上手くいってなかったワリに危機感も薄かった。

何もないだけじゃなく、危機意識も、準備もない。まさにザコ。

もはや死亡フラグ立ちまくりだ。

あのまま就職失敗してたら、たぶん当時はやたらと羽振りの良かった工場派遣とかに金に釣られてなって、派遣村行き。
もしくは良く分かんない営業とかになって、超忙しくしてるうちに大動脈瘤が早々に破裂して死んでたハズ。

とにかく、特に何もない自分のスペックで、あの状況は、今振り返ると完全にアウト。
綱渡りにしても、半分落っこちてる感じだ。

よくあそこから今の状況を手にしてんなぁと、本気で思う。 まじミラクル。


じゃあ、死亡フラグの自分と、今の自分。
分けた要素は何だったのかなぁと振り返る。



長くなりすぎた。

これも次回に続くにしよう。



「パパ、人生語っちゃうのー?」

「うん、オヤジだから。」


know_the_base at 05:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑感と意見表明 

June 11, 2017

銀行にお金を預けるって、単なる搾取だよね。 後日考

先日まで連作で書いていた「銀行にお金を預けるって、単なる搾取だよね。」。

結論としては

自分の頭でちゃんと考えないで銀行に預けてたら、搾取されちゃうんじゃない?

という話だったのですが。
この考え方が行き着くところまでいくとタックスヘイブン利用とかになるワケで。

法に触れない範囲なら何しても稼いで、何しても税逃れするべきだよね。と。

いやいやいや。

タックスヘイブン利用とかを賢い節税と理解するほど、僕もスレているわけではなく。
自分が利用している社会資本に対する支払い義務くらいは果たせよ、と思ったりする。

まぁ、そもそもより良い金利を考えて行動することと、節税・脱税する事は似て非なるものですけど。

何事にも程度問題というのはあるし。

法に触れなければ何をしても良いとも思わない。


じゃあ何が程度に触れ、良く無い事なのか。

それはもう、自分の胸に手を当てて、、としか言いようが無い。

この時に自分自身の行動を律する基準は、もはや自分の中の美学に依存するしかない。

その行動で自分が快適かどうか。


まぁ、もしも「民度」なんてモンが本当にあるなら、ここに民度が現れるんでしょうね。




know_the_base at 06:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑感と意見表明 

June 09, 2017

銀行にお金を預けるって、単なる搾取だよね。 その4

ここまで来て思うこと。
「タイトル間違えたなぁ。」

正しくは 「銀行にお金を預けるって、単なるカモだよね。」 でした。

「銀行にお金を預けるって、単なる搾取だよね。 その3」より続く


さて、なんで日本人が金融嫌いで貯金好きなのか。
まぁ、もう分かりますよね。

その貯金してくれるカモの資産を、薄く広く搾取してるからですよ。

誰が。とは言いません。
銀行が、資本家が、ちょっと目端の利く一般人が。
言うなれば、僕を含める金融で利を得ている全ての人が。でしょうか。

だから鴨にはカモのままでいて欲しいのです。
金融について学校で教えて、カモがカモじゃなくなったら困るのです。
鴨には「株式投資なんてアブナイよ!」という噂を流すのです。

それに政府にしたって、一般市民が不労所得を得ることを推奨はしないでしょうしね。

一般庶民はあくせく一生働いて税金収めさせて、生かさず殺さず。
これが政治の正道です。

だから、何となく投資が「働かずに楽しようとして、結果、身をもち崩す」みたいな扱いなのは、都合が良いのです。


えー、そんな陰謀論みたいなコトなの?

本当にー?


さて、お立合い。

市場で3-7%の利を出すのは、案外カタイ。
でも、みんなが3-7%も利益出すなんてオカシクナイ?

日本証券業協会の調査「平成27年度 証券投資に関する全国調査(個人調査)」によれば、何らかの金融資産を持っているのは人口の18%。
日本1億2千万のうち2千万人は14歳以下なので1億の18%、1800万人が何らかの金融資産持ち。
逆を言えば、7200万人は金融資産なし。

最初に僕は銀行に預けるだけだと、インフレ率考えたら毎年1%くらい資産減ってる(損してるとは言わない)と言いました。

分かりやすく、7200万人が全員100円銀行に預けてたら、どっかに消えるお金は7200万円。

分かりやすく、1800万人が全員100円を4%で運用したら、利益として得られるのは7200万円。

おやおや?

オカシイなぁ。

同額だなぁ。

まぁ、かなり雑な、ザックリの話ですよ?
ザックリな話ですけど、そういうことなのかなー?と思わせる話だと思いません?

僕はなんとなーく、そういう事なんだなーと、ひとり合点してます。


本当に真面目な話をすれば、金融の世界ってのは世界と完全に繋がってて、日本の人口と金融資産保有率がどれくらいの因果関係にあるんだと。とか思います。

それに金融工学というのは、果てしなく複雑になっていて、リーマンショックの時に問題になったサブプライムローンなんてのは、理屈だけを理解しようとしても本当に分かる人はほぼいないというバケモノでしたしね。

こんな単純な話ではないのは分かってます。

それでも、銀行と言う入り口を経て金融の世界に投じられた個人資産が回り回って、投資をしている人たちの利益になっているのは本当だと思うのですよ。


でも、こう考えればそれは当然のこと。

ただ「銀行に預ける。」と言うのは、「資産をどうすれば良いか」を自分で考えるのを放棄している。

「自分で何らかの投資をする。」と言うのは、「資産をどうすれば良いか」を自分で考えている。


自分で頑張って考えて、リスクを取っている人の方が利益を得る。
これって、皆が好きな言い方をすれば

「頑張っている人が報われる。」ということ。

当り前だね。
頑張ってる人が報われる世の中、みんな好きでしょ?


で、ソコに気付いてしまったのに、それでもただ銀行に預けるなんて、それこそアホみたい。

だから、僕はもう嫌なんです。銀行に預けるの。



最後に投資をしてて思う事。

「額面だけの資産価値」なんて空虚なモンです。

日々刻々と為替は変わり、世界は動いている。
今は信頼のジャパン円も、明日は紙きれかも知れない。

金なのか、土地なのか、金融資産なのか、それとも美術品なのか。
モノの価値も、何もかもが刻々と変わっている。
資産を守り増やすには、どれにどれくらいのウェイトを置くべきか、常に考える必要がある。

それなのにただ「額面だけが増減しない」という銀行預金が第一選択肢だと言うのなら、それはそれでも良い。
自分で考えて、それでも銀行がイチバンなら、もうソレで。


でも、少しは自分の頭で考えましょうよ。

と、まぁ。

そういう話。



know_the_base at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑感と意見表明 

June 08, 2017

銀行にお金を預けるって、単なる搾取だよね。 その3

「銀行にお金を預けるって、単なる搾取だよね。 その2」から続く


しきりに金融商品を進めてくる夫に妻は言いました。

「そんなに増えるなら、なんでみんなやってないのさ。」


なんで、、なんでしょうねぇ。
たぶん、きみとおなじことかんがえてるからなんでしょうねぇ。

なんて答えでは答にならない。

日本社会の金融嫌いが一体どこからくるのか、本当に正確な答えを持っている人なんていないんでしょうけど、僕の中にはひとつの仮説があります。

そして、その仮説こそが、ここまでタラタラとこの話をしてきた核です。


根が真面目な民族性?

あはは。
いやだなぁ、そんなロマンチックな理由のハズないじゃないですか。


なぜ日本では欧米の様に金融について教えるカリキュラムなどが無いのか。
疑問に思ってるのは、僕だけじゃないはず。

誰も金融について教えてくれない。
基本的に、自分で勉強して、自分の資本を使って、一歩踏み出すしかない。

それって、結構ハードル高いですよね。

そして株で大損した、身を持ち崩したといった話ばかりが耳に入る。

それは誰も教えてくれない世界に飛び込んでいけば失敗する人だっている。
でも、それって一部の話が誇張されてません?

ここまでで僕が書いてきた様に、ちゃんと考えて運用すれば銀行なんか鼻で笑うくらいの運用が誰にだって出来る。

誰にだって、出来る?

誰にだって、出来たら、困る人たちがいるんです。


ちゃんと運用したら年利3−7%は、ぶっちゃけ楽にクリア出来る目標です。
でも、その3−7%のお金って、一体どこから来るんでしょ?

大規模な金融緩和?
もちろん、それもあるでしょう。

でも、いちばん大きな財布は、銀行に預けておくのが一番と思ってる人たちの懐デスヨ。


最初の話で僕は言いました。

「ただ銀行に預けていると毎年自分の資産自体は減っていく。」

じゃあ、その銀行に預けて減ってしまった資産はどこへいくんでしょーーーか。


分かってきました?


では、長くなってしまったので答え合わせは、次で。


know_the_base at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑感と意見表明 

June 07, 2017

銀行にお金を預けるって、単なる搾取だよね。 その2

「銀行にお金を預けるって、単なる搾取だよね。 その1」から続く

もう銀行にお金を預けるのがバカバカしくなってしまったK君は、金融保守本流宗家の嫁様を説得して銀行の貯金を何とか金融資産に移すよう説得を始めました。

そこでK君が銀行の代わりに持ってきたのが、ロボ運用

で、ロボ運用って何ぞ?
詳しくは自分で調べて欲しいけど、素人の僕がザックリと説明すると

格安手数料で株式運用の超一流専門投資家が、自分の資産を運用してくれる。

というもの。
ロボがなぜに「超一流専門投資家」かと言えば、膨大なデータを分析することは当然として、何より感情抜きでルールを順守する投資家だから。

株式に限らず、投資家というのは投資をする際のルールを自分に課します。

例えば「何%上がったら(下がったら)売る(買う)」という単純なルール。
これでさえ、現実に人間が投資をしていると「もう少し上がるんじゃ・・、もう少し待てば・・。」という欲のせいで、ルールを守るのに四苦八苦します。

それがないと言うのは、もしかしたらロボは最強の投資家かもしれません。
実際、ロボ運用は他の投資信託が損失を出す中でも利益を確保した実績があったりします。
「日本株投信の中で唯一ロボット運用だけが利益を上げた。2011年3月の株価下落で起こったこと」

そんなロボが運用してても、元本割れをするリスクはゼロじゃありません。

でもさぁ。

銀行金利0.001%、実質インフレ率1%の世の中。
銀行に預けているのは、毎年0.999%元本割れしてんのと同じですよね?(分かりやすいザックリ嘘っこ計算)

なぜ 額面が変わらない = 資産減ってない なのか。

Why! Japanese people !!


実際。
株式投資をしていて、配当優待を含めて年利3-7%と言うのはそんなに無理がある数字じゃありません。

だって、世界のトヨタの配当金は 6/7 現在で 3.22%ですよ?
(トヨタ自動車 (7203)予想配当利 3.22% 予想1株配当 190〜210)
株自体の上げ下げがあったとしても、トヨタ株を握ってるだけで目標達成ですもん。

スーパー投資家のロボ様が運用してくださって、その目標をクリア出来ないのか?

まぁ、もちろん世界恐慌やら戦争やらあったら・・・なんて言いたくなりますが、ぶっちゃけて言ってしまえば、株式投資と言うのは株価が下がっても儲かる方法はある。

あるんです。
長くなりすぎるので、ここで空売りの説明は省略します。

でも、分かって欲しいのは、「金融の世界で年利3-7%目標はカタイ。」ということ。

素人投資家の僕だって、年利んんっ%くらいだもんな・・・。

いや、分かりませんけど。
未来の事ですしね。

でも、確実に分かってるのは「銀行に預けていたら1%弱程度は資産が減っていく。」ということ。


さて、ここまできて鉄血にして冷血の嫁様が疑問を挟みました

「そんなに増えるなら、なんでみんなやってないのさ。」

それはね



「銀行にお金を預けるって、単なる搾取だよね。 その3」に続く

know_the_base at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑感と意見表明 

June 06, 2017

銀行にお金を預けるって、単なる搾取だよね。 その1

僕は10年ほど前から株式の運用を行っています。
投資成績はソコソコ。
優待配当も貰いながら、結構楽しくやっています。

そして、僕は正直、現代社会において銀行にお金を預けておくことは、もはや単純に搾取されているだけだと考えています。
なので、現在、我が家が持っている資産を「銀行以外の」何らかの運用に回したいと考えました。

そこで僕の前に立ち塞がるのは、金融保守本流宗家「石橋を叩いて叩いても渡らない」で名を馳せる嫁様。
昨晩、その保守本流宗家を説得した話が、案外大事な内容だったので書き留めておこうかなと。

今回の話、金融基礎の基礎みたいな話なので、知ってる方、興味の無い方はスルーでお願いします。


時に西暦2017年、世はゼロ金利。
銀行普通預金にお金を預けても0.001%とか言う世界。
(参考→普通預金の金利
ちなみに、比較的金利の良いネット銀行で0.02% = 100万円1年預けて200円。

一方、ゼロ金利政策を進める政府が掲げる目標インフレ率は2%。
まぁ理想と現実の断絶はあるものの、一応1%程度はインフレしているそうです。
今年100万円だったものは、来年101万円になる。

要するに、ただ銀行に預けていると毎年自分の資産自体は減っていく。

じゃあ、どうするの?

最低でもインフレ率よりは効率の良い運用をしていくしかない。

本当は僕自身の株式投資の原資に注入・・・とか思いますけど、流石に僕も家族の資産を運用するのはちょっと怖い。

そこで僕はロボット運用を嫁様に提案しました。

ロボット運用って知っていますか?
過去の膨大なデータからロボットが自動で金融資産を運用してくれる、株式の運用方法です。

運用目標3 〜 7 %程度でロボが資産運用をしてくれる。
もちろん手数料はありますし、何より元本割れのリスクがゼロではない。

元本割れのリスクがゼロではない。
これが、世の「銀行に預けたいマン」たちが掲げる錦の御旗。

でも、その錦の御旗がゴミなのです。

まず、僕はロボット運用(と言うかファンド)とはどういうものかという話を嫁様にしました。


その2へ続く

know_the_base at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑感と意見表明 

June 03, 2017

診療情報管理士 前期過程レポート提出!

IMG_4183


この間の都内泊りがけ研修後からチマチマと進めていたレポートが完成しました。

ちなみに期限は6月9日だったかな?

研修から3週間程度あるので、ヨユーだと思ったらそうでもなかった。
1日2日ではちと無理、、かな。(自分で調べての正攻法なら)

夏休みの宿題理論で、期間あると油断して溜めなくて良かったです。

結構難しくて、調べながらやるのに時間が相当かかりました。
あぶねー。




せっかく終わったので、さっさと今日中に提出。
これで少し肩の荷が降ります。




know_the_base at 16:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 診療情報管理士 がん登録