March 2018

March 29, 2018

ノーエスケープ 自由への国境

ノー・エスケープ 自由への国境 [Blu-ray]
ガエル・ガルシア・ベルナル
ポニーキャニオン
2017-10-18



メキシコとアメリカ国境の砂漠地帯。
一台のボロトラックがメキシコからの密入国者たちを運ぶ。

だが、砂漠の真ん中でトラックは故障。
十数人の密入国者たちとガイドは、歩いてアメリカに入ろうとする。

ひたすらに砂漠を歩き続け、それぞれの体力差によって徐々に先行班と遅れ気味の後方班に分かれていく。
先行班に追いつこうと後方班が急ぐ。

その時、一台のピックアップトラックが現れる。
国境警備か?

身を隠す後方班が見たのは、トラックから降りてきた男が次々と先行班を撃ち殺していく姿。

逃げろ

だが、どこに?

見晴らしの効く砂漠。
相手は猟犬を連れたスナイパー。

ひとり、また、ひとり。
獣を狩るように殺されていく、、、。


アメリカ人の狩人が、なぜそんなにも密入国者を憎むのか。
密入国者たちひとり1人がなぜ密入国しようとしたのか。
それらの説明は、ほぼない。

説明はほぼ無いに関わらず、体型、持ち物、ちょっとした言動で、それぞれの持つ背景が不思議と伝わる。
むしろ、この人はこうなんだろうなと、観客側が自由に想像できる空白を残してあることが作品に奥行きを与える。

余計な説明が無いことで、テンポは加速し、緊張感が増す。


姿の見えない異常者や人外を相手にするのとは違う、人間対人間の生々しさ。

引き込まれました。


最終評価 A




know_the_base at 23:15|PermalinkComments(0) 2018年に見た映画 | 映画 な行

March 27, 2018

ひとりで花見、ひとりで寿司

C982659B-0C95-4D6B-AF64-60DBE1CAC885


妻が子を連れて実家に帰ってしまいました。







春休みだしね。



こちらは桜をひとりでのんびり眺めたり、買い物行ってみたり、寿司食ってみたり。
まだあと数日、自由時間。

自由時間。
楽しいかと聞かれると、そうでもない。

自由時間ってたまにあると良いけど、ずっとだったら耐えられない自信がある。
依存と言ってしまえば、依存なのかも知れない。

「友達はいらない。人間強度が下がるから。」

なんてセリフがありましたが。

僕の人間強度の弱さは筋金入りです。

そう言う意味で強くなりたいとも思わないけど。





know_the_base at 22:02|PermalinkComments(0) 日記 

March 25, 2018

ゴースト・イン・ザ・シェル



2017年製作

「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」の実写映画化。




ネットが深化し、人の暮らしの隅々にまで入り込んだ未来。
人は肉体を機械化(義体化)し、直接ネットと脳を接続することさえも可能になった。

全身義体の第一号となった少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、公安9課のチームリーダーとしてサイバーテロと戦う最前線に身を置く。

最高の技術が詰まった肉体は、戦士として最強の力を少佐に与えた。
だが、時々見えてしまう幻覚や、靄がかかったような過去の記憶に少佐の心はかき乱される。

自分は誰なのか。
本当に人間なのか。

自分が破壊したゲイシャロボットと自分は何が違うのか・・・。

ロボットと人間の境界で彷徨う少佐。

そんな時に出会った謎のテロリスト・クゼ。
他人の脳さえもハッキングして利用するクゼを追う中で、少佐は自分の過去を奪った本当の敵を知ることになる・・・。



主役の少佐(素子ではない)役にスカーレット・ヨハンソン、公安9課の課長・荒巻にビートたけしを起用。

人が見えなくなる光学迷彩や電脳世界に直接ダイブするサイバーな世界観は、以前であれば実写化不可能だったけどCG技術の発達で比較的安く作れるようになったから作ろうぜ。な、作品。

攻殻機動隊から光学迷彩・少佐・公安9課・荒巻・バトーといった、言葉と設定だけを借りてきて、ストーリーは改変しまくった別物。
まぁ、素子をスカーレット・ヨハンソンが演じてる時点で、別物と割り切っているのだけど。

それなのにちょいちょい原作や前作からシーンを借りてきたりしているのが、微妙にイラっとくる。

これだけ改変してしまうなら、いっそ世界設定だけ使って公安9課や素子から完全に離れた作品にすればいいのに。

攻殻機動隊だからって和のテイストを盛る必要もないし。
しかも、フジヤマ・ゲイシャな間違った方向の和テイストが更にイラっとする。

まぁ、日本の実写映画化が壮大なコスプレ大会になりがちなのに比べれば、マシではあるが。
ストーリーもキャラクターも世界観もダウンサイジング感が強く、単純に残念。


個人的に一番の違和感はビートたけし演じる荒巻だった。

ここだけ非常にコスプレ感が強く、キャラクターもビートたけしと合ってない。
しかも、公安9課の頭脳のハズが、かなり前線で戦う武闘派になってしまっている。

戦う荒巻・・・、うーん、まぁ別物ベツモノ・・・と思うしかなし。



でも、ま、分かってた。

パッケージ見た段階、いや、実写化って話を聞いた時からダメだろうと思ってて、分かって観てるんだから仕方ない。
一応、中身を確認したいと思っただけだから。

フェアなフォローを入れておくとすれば、元々自分が他の攻殻機動隊作品のファンだから、最初から実写化にネガティブなイメージがあることは否めない。

まぁ、じゃあ攻殻機動隊のファンじゃない人間が観るのかって言う疑問もあるが。


最終評価 C+



know_the_base at 20:11|PermalinkComments(0) 2018年に見た映画 | 映画 か行

夜は短し歩けよ乙女




「こうして出逢ったのも、何かのご縁」

森見登美彦の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化作品。

京都の男子大学生・私は、黒髪の乙女・彼女に恋をした。
いわゆる一目惚れだ。
私が彼女と恋仲になるべくとった作戦は、他人の目から見たら迂遠極まる「ナカメ」作戦であった。

なるべく、かのじょの、めにとまる。
その迂遠極まる努力を積み重ね、彼女と言う城の外堀を埋め続ける私。

外堀を埋め、外堀を埋め、いつまでも外堀を埋め続け、今宵も彼女の目にとまるべく夜の町を歩く彼女を追うのだった・・・。

そして一方、黒髪の乙女は「お酒が飲みたい。」という熱烈な思いに駆られ、単身で魅惑の夜の大人世界へと乗り込んでみることにしました。
めくるめく大人世界の光にわくわくして、二足歩行ロボットのステップを踏んでしまうのです。


私と彼女の2つの目線が交互に入れ替わりながら、2人の周囲で様々な出来事が起こり、様々な人たちと出会っていく。

錦鯉養殖業者の男・東堂。
酒を愛し、鯨飲する歯科助手の美女・羽貫。
羽貫の連れであり、謎めいた風貌と言動で天狗かどうかと疑われる男・樋口。
高利の金貸しと恨まれる一方、不思議と気前の良い老人・李白。

その他にも、パンツを履き替えない願をかけた男・パンツ番長などなど。

夜の飲み屋街で彼女を探し、古本市で彼女を探し、ゲリラ演劇やらゲリラ炬燵で混乱する大学祭で彼女を探し、必死に彼女の目に留まっては外堀を埋める私。

夜の飲み屋街で様々な人に出会い、古本市で懐かしの絵本を探し、大きな緋鯉のぬいぐるみを当てたりゲリラ演劇に出演し大学祭を楽しむ私。

彼の目には彼女しか映らず、乙女の目には世界の様々がオモチロク、彩り豊かに映る。

そして、乙女の目の片隅にいつも映った先輩は、いつしか乙女の心の片隅に・・・・?


森見登美彦の名作小説を映画化。
映画化したのは、同じ原作者の「四畳半神話大系」をアニメ化した製作スタッフ。

あの不思議な世界観をよくぞ見事に映像化したものだと感心する。

サブカル・オブ・サブカルな作風と内容の作品だが、なんと第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞している。

ただ、原作を読んでいない人にどこまで内容が伝わるかは、かなり疑問。
人物背景や展開がかなり独特の世界観を持つこの作品を、更には2時間にまとめるために内容をはしょったり、変更したり。
アニメ版の四畳半神話大系を観て世界観に慣れている、もしくは原作を知っている人なら、ストーリーを追えるけれども、一見さんにはちょっとしんどいだろう。

逆を言えば、この世界観に心を掴まれている人には、たまらない作品であるということだ。
だからこそこの作品は、一般ウケではないサブカルチャーの粋だと、自分は思う。

それでいいと思うし。
何でもかんでも一見さんまで面白い作品ばかりなんて、クソつまらない。

素晴らしく趣味に突き抜けた作品でした。


個人的には、全ての物語を無理に一夜の出来事に詰め込んでしまった変更が残念というか、不要だったと思う。
サークルの先輩の結婚を祝う会から飲み屋徘徊、李白さんとの飲み比べ、古本市、大学祭、風邪の大流行まで、その全部が一晩の出来事なんて、いくらなんでも無茶苦茶だ。

最終評価 B+



know_the_base at 17:15|PermalinkComments(0) 2018年に見た映画 | 映画 や行

March 23, 2018

16周年

今日は結婚16回目の結婚記念日です。

「紙」「藁」「革」「花(絹・書籍)」「木」「鉄」「銅」「青銅・ゴム・電気器具」「陶器」「錫」「鋼鉄」「絹」「レース」「象牙」「水晶」ときて・・・・

今年は、なし!!

そう。
15年目の水晶婚式の次は、20年目の磁器婚式。
ホニャララ婚式は、5年刻みになってしまったのです。

あと3回、定番書き出しがツカエナーイ。
てか、間に4回も別の書き出しが入ったら、もはや定番とは言わない。


さて、結婚生活は満16年ですが、嫁様と付き合ってからは今年で20年になります。
今年40歳になる自分は、人生の半分は嫁様と一緒にいるというコト。

まぁ、付き合いだした日まではもう少しあるので、正確にはもう少し先なんですケド。

思えば遠くに来たもんだ。


去年の結婚記念日の記事は、一応節目という意識もあり気合を入れて書きましたが、今年はサラリと。

なんたって、毎年載せてた後ろ姿集合写真を撮り忘れてますしね!!
集合写真を撮るために導入したリモコンに夢中になってしまい、素で忘れてました。


では、最近の家族の近況なぞ。

2歳半になった息子は、風邪ひとつひかずに元気いっぱい成長中。
相変わらず食欲の権化で、大人が食べる量を食べても満足しない時がチラホラ・・・。
本当に満腹中枢壊れてんじゃないかと心配になる。

面倒見の良いお姉ちゃんにくっついて歩き、同じことをしようとし、同じことを言おうとする。
小学2年生と同じことを言ったりやったり食べたりできるんだから、引き上げられっぷりが半端じゃない。
こりゃあ確かに弟妹は絶対有利ですわ。

毎日お気に入りのトミカで遊び、サンタさんに貰った道路セットを「ぐるぐるみち」と呼んで毎日作っては壊し、作っては壊す。
そんな最高の2歳児ライフを満喫しています。


8歳・小学2年生の娘も、風邪もひかずに元気いっぱい。
今日、2年生最後の通知表を貰い、明日から春休みと喜び飛び跳ねています。

4月になったら3年生。
もう低学年を終えて、次は中学年です。はやっ!

スイミングに加えて始めたピアノが相当に楽しいらしく、決められた練習以外の時も好き勝手にポロンポロンと弾きまくり、親が真面目に驚く速度で習得中。

むしろ、スイミングの方はずっと仲良くしていた友達と時間が離れてしまうらしく、相当ショックを受けてモチベーションがダダ下がり中。
親としては、せめて息継ぎまでマスターしてから辞めてほしいと思ってはいますが、これは本人次第でしょうか。
モチベーションの下がった習い事を惰性で続けることほど、金も時間も無駄にするモノなし。

最近パパが買ったニンテンドースイッチがお気に入り。
毎日マリオ・オデッセイをやっては、その話ばかりしています。

変わらずのコンプリート・ベスト・オブ・小学生。
毎日楽しそうで何より。


そんなこどもたちがいる両親はと言えば。
当然、毎日が幸せ。
笑ってばっかり。

サラリと・・なんて言いながら長文になってしまいました。

また来年も同じような記事を書きたいものです。


2002.3.23 〜 2018.3.23




know_the_base at 23:04|PermalinkComments(0)

灰と幻想のグリムガル Level,12




それはある島と竜を巡る伝説の始まり

灰と幻想のグリムガルLevel,12
十文字 青 著
オーバーラップ文庫


謎の男・ジェシーから命を受け取り、メリイは生き返った。
だが、その生き返りは、当然だけれど超常の奇跡。

ジェシーが引き継いでいた、様々な人間の人生と経験をメリイは引き継ぐ。
自分の中にある自分でない知識と経験。
自分の中の変化をどう受け止めていいのか、そもそもこの自分は生きているのか、不死者ではないのか、自分は自分なのか?

そんな悩みを抱えたメリイに、ハルヒロたちはかける言葉も見つけられないでいた。

一方、オルタナへの帰還の旅は順調に進んでいた。
東を目指し、海に出る。
海にたどり着いたら、南下し、オルタナと交易のある港町で船を見つければいい。

海を目指したハルヒロたちは、座礁してしまい仲間の迎えをまつ海賊団と出会う。
そして海賊の頭をしている不思議な少女・モモヒナにふっかけられたステゴロの決闘に負け、なぜかモモヒナの手下になってしまうのだった・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

灰と幻想のグリムガル、待望の最新刊です。
本来の発売日が明後日なのに、今日レビューを書いてるってどういうことだ!!

家電の販売システムもどうにかしろと思うけど、本の発売日とかも有名無実化してるよな・・・。


12巻は、作者が宣言していた通り、(比較的)明るく楽しいほんわかした冒険物語でした。

まぁ、あくまで比較的だけどね。
比較的、明るく楽しい。
お気楽ラノベと比較したら、結構死にそうで、結構しんどい冒険だけどね。

ちょっと海辺で遊んだりするシーンがあるとか、それくらいの感じ。

他にも明らかにグレードアップした装備を手に入れたり、今まで積み上げた経験が生きて冒険らしい冒険をしたり、ちょっとだけど恋バナが進展したり!

ここまでの11巻、仲間が死んだり、実力不足を思い知らされたり、夜しかない世界に放り込まれてドブ攫いをしたり、と、本当に良いことなしだったハルヒロのパーティ。
やっとです。
やっと、日の目を見た感じ。

たまにはこういうのも無いとね〜。
グリムガルっぽくはないけど。

そう。
この12巻は、グリムガルっぽくありません。
グリムガルってのは、もっとこー不遇でさ、いつもピンチでさ、ちょっと自信を持つと足元掬われてさ、そういう話じゃない? ← ひどすぎ。

ハルヒロたちもレベルアップしたってコトかぁ。

まぁ、いい加減そろそろオルタナに帰らないとね。
いい加減そろそろソウマたちと合流したりさ、次のステップにいかないとね。

どうせ次の巻ではまたロクでもないコトになるんでしょう。
単純にハルヒロハーレムが出来上がって、ぬるい冒険をするようなグリムガルになったら、本売ります。


この12巻で大きな別れもありましたし、次巻あたりでオルタナに帰りつくんでしょうか。

続巻はよ!


know_the_base at 22:30|PermalinkComments(0) 楽しい本 

March 20, 2018

小川榮太郎氏は、とりあえず謝罪したのだろうか?


徹底検証「森友・加計事件」
――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪


この本がまだ本屋で平積みされてて、半笑いになる。

百田直樹氏が絶賛だそうで。
ほほう。

まぁ、内容は知らんけども。
タイトルだけで現時点ではアウト。
滑稽でしかない。


著者の小川榮太郎氏とか、百田直樹氏とか。
この件については謝罪したのだろうか?


追記
てか、調べてみたら係争中みたいね。



know_the_base at 19:12|PermalinkComments(0) 日記 | 国内問題

March 17, 2018

映画ドラえもん のび太の宝島

4ED90D84-60E4-4C54-B90B-BA28D9565689

2018年・日本映画

前作の「のび太の南極カチコチ大冒険」から娘と劇場で観ている映画ドラえもん。
今年も劇場で鑑賞です。


「僕らも本物の宝島に行こうよ!」

夏休みのある日。
出木杉君が読む「宝島」に感動したのび太は、自分たちも宝島を探しに行こうと盛り上がる。

だが、ジャイアンやスネ夫は、のび太を笑う。
「いまの時代に未知の宝島があるなんて、本当に信じてるのか?」

いつもの通りにドラえもんに泣きついたのび太は、秘密道具「宝探し地図」を渡される。
地図は、付属のペンで指し示した場所に宝があれば教えてくれる。
だけど、1ミリでもズレていたら反応しない。
とてもではないが夢物語だ・・・。

そう説明するドラえもんだが、のび太の指し示した場所に地図が反応する。

それは日本の南。
太平洋上に海底火山が生み出した新島だった。

宿題を片付けろと言うパパとママを振り切り、のび太は宝島を目指す冒険に出るのだった・・・・。



前作は「ザ・定番の劇場版ドラえもん」でしがが、今回はなんだか新しい切り口の映画ドラえもんでした。
劇場版になると急に頼れるイイヤツになってしまうジャイアン・・といった映画ドラえもんの定番から少し外れて、どちらかと言うとテレビ版というより原作?に近い雰囲気という印象を受けました。

表情やギャグのテンポが、よりマンガ的というか。

設定にも新しさを感じました。
今回の敵である時空海賊は、ドラえもんより未来から来ている存在だという事。

いつもなら未来の秘密道具を持っているドラえもんが、基本的には優位。
相手の常識を秘密道具で上回って解決に持っていく。
でも、時空海賊たちはドラえもんより未来の技術を持つ。
空気砲の弾が斬られたり、通り抜けフープが使えなかったりと、ドラえもんの秘密道具の力が無効化されたりもする。

そこで頼りになるのがキャラクターの人間力。

窮地に陥ったドラえもんを助けるため、震える膝をグッと押さえて駆け出すのび太とか。
秘密道具のアドバンテージに頼らないのび太自身の行動や言葉が、大人が見ててもナカナカに感動的。


ちゃんと最後まで寝ることもなく、楽しむことが出来ました。

まぁ、敵との最終決戦で肝心のところがギャグ解決とか、もう少し御都合を抑えて貰えたら・・・なんて、ドラえもんに言うのは野暮ですかなぁ。

しかし、石頭で宇宙船の外殻が割れるってどうなのよ。超未来技術とちがうんか。


最終評価 B+



know_the_base at 22:23|PermalinkComments(0) 2018年に見た映画 | 映画 た行

森友問題・公文書改竄事件の雑感

財務省による公文書改竄という、前代未聞の事件に発展した森友問題。

官僚として働いた経験も何もない自分がこのことについて何を書いても、他の焼き直し・・・と思ってましたが、どうしても書きたくなり他ではあまり書かれていない角度からの雑感なぞ。


 嶌汗遒全部やった」で押し通せたとしてさ、ソレはソレでダメじゃね?

財務省による改竄を認めた以後、安倍首相・麻生財務相は「直前に辞任した佐川元長官が自分の国会答弁との整合性をつけるために改竄を指示した。」で押し通してます。

正直、「全部佐川氏がやった。」は、かなり無理筋だなぁとは思います。
でも、自分たちが指示したとは口が裂けても言えないですしね。
佐川氏の国会証人喚問を控えている今日現在、そこは「安倍・麻生のポジションはソレなのね。」という認識。

でもさ。
仮に安倍・麻生の言う事が100%事実だとしてよ?

「自分は組織のトップだったけど、何の報告も上がってこなくて何も知らねぇ!だから責任もとらねぇ!」ってさ。
ソレはソレで、無能すぎやしませんか?

その主張が通っても、逆にダメという。


⊃考問題って呼び方は、もうやめね?

国の最高意思決定機関・国会に提出される資料が、政権の都合に合わせて改竄されちゃうってさ、もう森友問題じゃなくないですか?

今まで綿々と行われてきた国会審議。
すべての議論の元になるのが、省庁の作ってきた資料であり公文書。
その大前提が「今までの公文書は改竄されて無かったよね?」から検証しなくてはならない。
もしくは、今後は議論の前に「この資料は改竄されてないよね?」と考えなきゃならない。

まぁ、国家体制及び民主主義の危機ですわ。実際。

その呼び方が、未だに「森友問題」ってどうなの?

言うなれば

「万引きの目撃者を殺して埋めちゃった。」って事件を、未だに「万引き事件」って呼んでる感じ。

もう問題の焦点、万引きじゃねーわ。

万引きもダメだけれども。


K秬減睫柿蠅慮沈

麻生財務相って人は、べらんめぇ調で勢いがある時はイケイケドンドンで強いんでしょうけど、一旦足元が崩れて守勢に回ると極端に弱いね。

自分の管轄する財務省の大失態を報告する場でも上からグイグイのべらんめぇ。
損してるなあ。と。

まぁ、謝るってことが出来ない人なんだろう。

今の麻生財務相は、みぞうゆうの頃を彷彿とします。
守りに入った麻生財務相は、いつもローリングストーンな感じ。

これは良い悪いじゃなく、麻生って人の個性なんだろうケド。


た考問題って最初からヘタすぎね?

初動対応が安倍首相の「私と妻が関わっていたら議員辞職」なんてトコから始まっていて、最初から逃げ場なしの背水の陣。
しかも、その後の対応も「資料は捨てました。ありません。」一辺倒。
結果、今回の改竄発覚。

次にやらかしたら終わりの朝日新聞が背水の陣で飛ばしたスクープ後に、国交省から「書き換え前の文書ありました。」って報告が来てるにも関わらず「しりません。ありません。」で押し通そうとする。
しかも、即バレる。どうなのよ。

流石に今回は朝日新聞だって裏をガチガチに固めてることくらい、想像つくでしょうに。

相手に証拠が流れてる現在で、その対応はナイわ。


他にも「しりません、ありません。」の佐川氏を「適材適所だから。」で昇進させておいて、問題が大きくなると「国会を混乱させたから。」で罷免とか。
ナイわー。

まぁ、他の問題は強気一辺倒で押し切れていたから、コレも同じ対応でイケるってことだったでしょうけど。
森友問題は全体を通じて、全部の要素でグデグデすぎ・・・。

この危機管理意識の低さが、一強のおごりってヤツすかね。


ゾ七辰気鵑森友に関わってない証明は、もう本人の「やってない」だけになっちゃった。

散々に詐欺師呼ばわりされた籠池氏。
まぁ、実際にタダみたいな価格で国有地を手にしようとしてたんで、ほぼ黒みたいなグレーって人ですが。
その籠池氏が国会で昭恵さんのバックアップを証言していましたが、籠池氏の人格を貶めることによって証言の信憑性が低く扱われてきました。

嘘つき詐欺師が言ってること信じんなよ。と。

が、ここにきて公文書改竄の内容が、籠池氏の証言内容と一致。

まぁ、昭恵さん本人はともかく、籠池氏と財務省側は「昭恵さんが影響してる。」と認識してたって事が明るみに出た。

籠池氏はともかく、財務省が文書で残すってのは、相当なコト。
財務官僚も無理筋の土地取引をさせられて、「自分たちが判断したんじゃない。」っていう無言の抵抗だったんだしょうね。

だからこそ改竄されたんでしょうけど。

結果、今現在で昭恵さんが関わってないってのは「本人がそう言ってる。」(by安倍首相)しか無い状態。

まぁ、悪魔の証明みたいなモンで、関わってないことを証明するってどうやれば良いのか分かりませんけどね。
自分以外の2者が関わりを指摘してるのに、本人証言のみってのは流石に弱い。

「ウチの子が万引きしてないって言ってるんだから、万引き現場を見た店員の方がおかしいのよ!」

「防犯カメラも映ってた?」

「でもウチの子はやってないって言ってます!」

みたいなねぇ。
まぁ、そうかも知れんけど。一国の首相の答弁的にはどうなの?



以上、森友・加計学園公文書改竄問題の雑感でした。



余談
「改竄」とか「信憑性」って、手書きじゃ書けないね。



know_the_base at 14:38|PermalinkComments(2) 日記 | 国内問題

March 11, 2018

新幹線から富士山

BC648ECE-F5A7-4F22-90ED-14C0BEFAD9FF


富士山見えました。

スキッと快晴。
流石の存在感。



know_the_base at 15:50|PermalinkComments(0) 旅行記 

大阪旅行記

大動脈解離を起こしてから丸5年。
長らく禁止されていた長距離移動を許可され、大阪に来ました。

目的は従兄弟の結婚式。

前日入り、結婚式当日、後泊、翌日帰宅。
更には明日も安全マージンを取って休日にしての、念には念を入れたスケジュール。

当然ながら荷物は郵送で手荷物のみ。

久しぶりの遠出にかなり心はウッキウキです。


3月9日
昼の新幹線に乗って大阪入り。
8時過ぎ自宅発、新幹線は2時間程度でしたが、まぁ前後を合わせると正味5時間くらい?

関西と言っても行く気になってしまえば近いもの。
新幹線は向きと天気が合わず、ノー富士山でフィニッシュ。

昼過ぎには大阪に着き、昼食は大阪らしい鉄板焼きなぞ

F700B08E-C11F-4289-A599-0959210B5CBE

まぁ、この写真のお好み焼きとやきそばは、親が食べててひと口もらったダケ。
旅行はどうしても塩分が多くなってしまうので、意識的に減塩です。

ホテルにチェックインし、新郎の両親(叔父夫婦)としばらくおしゃべり。

夕食は大阪で働いている古くからの友人と会うために淀屋橋へ。

慣れない都市の電車に、困るような面白いような経験をしつつ友人と再会。

友人の予約していた値段の書いてない和食屋(まじか!)で夕食。
内心ソワソワしつつ、でも流石の美味しい料理に舌鼓。

しかも友人の奢り(大人か!)

かっこ良くなりすぎやろ、おまえ!


と、まぁ、ひと通り友人を持ち上げておく。
いや、本当に御馳走様でした。

久しぶりの再会を充分に楽しみ、ホテルに帰って一泊。


3月10日 結婚式当日
朝食は米、蒸し野菜、サラダ、ヨーグルトの減塩シフト。

前泊のおかげで、のんびりと準備をし、ホテル内の会場へ。
北海道から現地入りの姉と、宇都宮から当日直行直帰の兄も無事に合流。

4C412E8A-A2AF-48B5-9554-C7193191E87F

神前式の式に出席し、披露宴を楽しむ。

関西の結婚式場は、運営の方たちの配慮の仕方もなんとなーく関東とは違う雰囲気で、そんな違いもナカナカ面白い。

久しぶりの遠出にウキウキが止まらないお調子者
前日から「何か大阪観光はして帰りたい。」との野心が止まらない。

4時に諸々が終わって即着替え。

披露宴が終わってゆったりしている両親、大阪での買い物を狙いを定める姉と別れて単独行動。
いわゆる大阪の顔、道頓堀グリコマークを目指して地下鉄に乗る。

500E81ED-72B1-4829-B8F2-AFC8FE791E61

外国人観光客で溢れる道頓堀をひとりフラフラ徘徊。

とにかく観光客、観光客、観光客。

YES、ミートゥー。

5409003D-A7CB-43B8-84BD-D230D3E7C478

スマホの地図を頼りにグリコにたどり着くと、鳴る携帯

「夕飯を新郎新婦たちと食べるから帰って来られる?」

お、おう。
まままままぁ、予定内よ?
そんなイベントがあるかもって話は知ってたさ。

さて、道頓堀では何も買わず、何も食わずだけど帰るか。

トンボ帰りして夕食会を楽しむ。

流石に疲れ、後泊に感謝しつつ更に一泊。


3月11日
東日本大震災から7年
話題は森友問題の書類書き換え事件。

なんだか、震災が遠い。

チェックアウトまでのんびりしようとする両親に、大阪観光をアピール。
道頓堀と並んで行きたかった大阪城へ。

少し風が冷たいものの、歩くと少し汗ばむくらいの程よい快晴。

5CDCE249-7CF3-4108-905D-1936AC2A9F8F

大阪城の天守閣に入れる日だったようですが、城の中とか歩き回るのは大変なので広場のベンチでゆっくり。

しばらく座っていると寒くなったので、観光は満足して終了。
タクシーで新大阪駅へ。

新大阪で昼食、お土産などを買い、あとは新幹線で帰るのみ。

D74AD638-F4A6-4CEC-8BD2-F1794E6D8D75

あとは帰りの新幹線から富士山が見えたら完璧なんだけど、さてどうかな?



know_the_base at 14:09|PermalinkComments(0) 日記 | 旅行記

大阪城

04723885-7723-405F-B195-450317533B4B


5CDCE249-7CF3-4108-905D-1936AC2A9F8F


道頓堀に続いての大阪観光第2弾。

大阪城にきました。

天気は快晴。
気温も風も穏やかで、観光日和です。

天守閣とかにも入れるらしいですが、結構広い大阪城公園を歩き、こっから更に階段を登っていくのはちょっと頑張りすぎ。
天守閣を眺めるベンチでのんびりです。




know_the_base at 10:43|PermalinkComments(0) 日記 | 旅行記

March 10, 2018

結婚式からのひとり道頓堀

本日、大阪にて従兄弟の結婚式。

4C412E8A-A2AF-48B5-9554-C7193191E87F


なんとも幸せなイベント。

が、4時に終わってからの

500E81ED-72B1-4829-B8F2-AFC8FE791E61

ひとり道頓堀!

だって、大阪初めてなんだもの。
どうしても少しは観光したかったんだもの。

1EB972EA-3286-426F-8787-D6ED26DC9825

かに道楽からの

39905D9E-DB5A-4425-B375-08EA2447E368

ふぐ!

からの

D560DD60-A9B7-4F7B-8A4D-4659E02E08A7

観覧車があるドンキホーテ!

からの目的地

5409003D-A7CB-43B8-84BD-D230D3E7C478


グーリーコー!

ゴーーーーール!


さ、て、と。

で、満足して、ホテルに戻って親族食事会。

の予定。



know_the_base at 17:48|PermalinkComments(0) 日記 | 旅行記

March 09, 2018

大阪着いた!

F700B08E-C11F-4289-A599-0959210B5CBE


とりあえず昼食には鉄板焼き屋さん。

せっかくの遠出なら、土地のものを1回は食べないと。


でも、ま、自分は減塩で別メニューにして、お好み焼き食べてるのは親なんですけどね。
ひと口だけ貰って、満足しました。

大阪はソースに甘みがありますね。

さて、あとは夜に友人に会うまでホテルでひと休みしよー。



know_the_base at 14:16|PermalinkComments(0) 日記 | 旅行記

大阪に行ってきまーす

2223541B-66BE-4D2A-B4C8-EE0F06888442


従兄弟の結婚式の会場・大阪へ!

久しぶりの遠出、新幹線、なんかウキウキする。





know_the_base at 10:26|PermalinkComments(0) 日記 | 旅行記

March 06, 2018

心の底から要らないスキル

朝食中にボーっとしていた娘が急にママを呼ぶ。

「ママちゃん! ボーっとしながら食べるスキルを覚えたよ!」

テレレッテテー!
娘はスキルを習得した!



あー

イラネー

そんなことより学校の準備を済ませるスキル習得しろやー




know_the_base at 07:23|PermalinkComments(0) こども 

March 04, 2018

毎年恒例、ひな祭り開催

IMG_9006

姉弟成長中。
成長に合わせてモノが増え、今年はひな人形を飾る場所に苦心した結果、こんな感じ。

ごちゃついてんなぁww



さて、昨日は3月3日・ひな祭りでした。

毎年恒例のじーじばーばを招待しての夕食会。

IMG_8966


手巻き寿司の素晴らしいところは、準備しておけば誰もキッチンに立たなくて済むってコト。


姉弟の各誕生日と、ひな祭りとこどもの日。
年4回開催されるじーじばーばとの食事会を通し、娘が獲得した成長ポイントは

デザートのためにオナカを残しておく。

ということ。


その経験値、今後の人生に役に立つ・・・かもよ?




know_the_base at 10:16|PermalinkComments(0) 日記 | こども