October 2018

October 31, 2018

継続は力

ポンコツボディになって運動に制限があります。
でも、運動不足を放置するのも、なんだかな。

と言うわけで、模索をしてきました。

血圧を上げずに、でも身体を動かす。

そだ、ラジオ体操してみよ。
高齢者もやれる運動だから、ポンコツボディでもよかろ。

ラジオ体操を録画してみたり、ラジオ体操を、ラジオ体操ってさ、ラジオ体操、、、

続かねえ!

毎日ひとりで、、、ラジオ体操続かねえよ!


そんな僕が、ひとつの答えにたどり着いたかも知れません。

それは、Wii Fit です。



ご存知ですか?
Wii Fit 。

ニンテンドーの家庭用ゲーム機的には、2世代前のWii。
そのWii Fit は、 Wii ボードという↓専用コントローラーを使ってゲームやらヨガやら筋トレをするソフトです。

466602DF-DE56-4081-B9BE-78D8CCD26E0E

(Wii ボード)

十数年間前の夫婦2人時代に購入して、しばらく遊んで、あとは倉庫で眠っていたのです。



「ヨガとかやれば?」
と嫁様が言うので、久しぶりに引っ張り出し、大ブレイク。

この数ヶ月、我が家で毎晩みんなで続けています。

ちゃんと続いたので、バージョンアップした続編ソフト「Wii fit プラス」買いましたもん。
まぁ、ソフトはもう中古で数百円ですしね。

そうしてしばらく続けていたら、身体に変化が出てきました。

まず、片足立ちが出来ます。

僕は身長高いので、本当に苦手なんですよ片足立ち。

42D1C8A6-3B21-41B7-88B0-1E26BA5F180F

でも、そこを頑張って、こういう立木のポーズとかを毎日毎日。
30秒は最初立っていられず、足をついたりしてしまっていたのですが

毎日続けて

今はダンスのポーズが出来ます。
CC9DF2F5-F0F2-4412-AB74-DC2144442EE1

こういうの。
30秒続けられます。

すごくないですか?

え?

伝わらないですか?

ダンスのポーズで立っていられるんですよ?


最初は運動負荷が小さくて、ヨガとかやってもなぁと思っていたんですが、身体の変化を感じると俄然ヤル気が出てくるもの。

小さなことからコツコツと。

継続って本当に力なんだなぁ。


で。

ヨガを極めたら、最終的に片岡鶴太郎になるって本当ですか?

てか、そもそも、コレってヨガなん?


know_the_base at 22:24|PermalinkComments(0) 日記 

October 27, 2018

カーナビって、いる?

新車の納車まで後1週間となりました。

車を買うにあたって「コレって今時どうなのかなー?」と思った存在、それがカーナビ。

ディーラーの営業さんは、しばらく頑張ってましたけどね。カーナビ付き仕様。

スマホの地図で良くね?
むしろ、データが更新されない、データ更新に結構な金額を払うカーナビより常時アップデートのスマホの方が優秀でしょ。

運転中の操作が出来ないという問題は、カーナビもスマホも変わらない(本来は)ですしね。

まぁ、バックモニターとか?
その他の車載機能コンソールとしての存在価値が別にある気がしますが、、

設置するためのアタッチメントオプションとか含めて、純正だと差額20ウン万〜30万。
純正じゃなく、後付けにしたって似たり寄ったりな値段。

その価格、どうなのよ。


そんなわけで、カーナビ無し仕様を購入しました。

で、今日は、納車1週間前なので、近場のオートバックスでETCとカーオーディオ兼DVDプレイヤーの選定と作業予約なぞしてきました。

オーディオ兼DVDプレイヤー、35000円
専用取り付けパーツ類、8000円弱
ETC本体、8000円
取り付け工賃、8000円
費用総額6万弱。

コレで十分す。


しかし、オートバックスの店員も

「カーナビ無しですか? そこまで値段の変わらないナビも有りますけど、、、」

と、何度かカーナビに誘導しようと頑張る。頑張る。

だから要らんつの、カーナビ。

てか、その貴方の持ってるカーオーディオの機能に、 Bluetoothでスマホとリンクさせて、スマホ画面を表示するって書いてあるやんけ!


コレが時代の変化というものよ。



know_the_base at 19:17|PermalinkComments(0) 日記 

October 21, 2018

嫁様が大掃除をすると言い出した

1967011D-C55F-4944-90F4-831619268B77


日曜の朝、のんびりと新聞を読んでいたら、挙手をする人がいたので指名してみた。

「はい、嫁様くん。発言を認めます。」

すると、挙手した人が

「今日やりたい事があります!」

と、言い出した。
出てきたのは何枚かの方眼紙。

「大掃除をしたいと思います!」


おーう。そうきたか。


なんか、綿密な計画書が提示されてんですけど。
週末ごとにちょっとづつやるらしいんですけど。


んー。

逃げ場なし!




でも、この丁寧な分担計画に、嫁様らしさを感じて笑ってしまったから負けですな。

さて、階段周りからやりますかー。



know_the_base at 08:43|PermalinkComments(0) 日記 

October 19, 2018

自分が日本の標準だったらしい

標準世帯(ひょうじゅんせたい)とは、夫婦と子供2人によって構成されている世帯の形態を意味する言葉で、元々は国の統計や税金の試算などにおいて使われていた。
ここでの夫婦というのは会社員の夫と専業主婦の妻という形である。
(ウィキペディアより)

ちなみに自分は

40歳
男性
4年制大学卒

既婚
妻は専業主婦(在宅ワークあり)
子供は女の子と男の子が1人づつ

年収はザックリで日本の40歳男性の平均くらい?
7DEB24C8-EAD2-4DE3-8A66-1BB0D006773C

ん?
男性の平均563万円?

こんな貰ってないや。
見栄張った。
残業が出来ないし、しないから、しゃーない。

ドンマイ!

まぁ、でも暮らせるくらいは、まぁまぁ、ね。

東京の一応は通勤圏内のベッドタウンに住み、20代に結婚、30代で家を建て、車を夫婦で一台づつ所有。


ふと気づきました。
自分は、政府が何かを考える際にサンプルとして使う「標準家庭」まんまじゃんかよ。


ザ・平均値
ザ・普通


そうか、自分が、そうだったのか。

なんか、気付いてたけど、気付かないフリしてたわ。

そうか、そうか。

何を今更だけど、改めて自分が特別じゃない存在だと腑に落ちたと言うか。
何というか。

まぁ、障害あるけども。



特別な何かになろうと思ったこともないのに、特別な何かになるわけなし。

それでも毎日幸せだったら、大勝利。

それでいいや。
べつに。



know_the_base at 23:37|PermalinkComments(0) 日記 | 雑感と意見表明

October 15, 2018

そこをギュっとしても

現在、トイレトレーニング中の3歳息子氏。
家にいる間はだいたい布パンツで失敗も無い感じになってきました。

本人はこども用補助便座に座りながら「ばっちりばっちりばっちりマンでしょ!」と、得意満面。

まぁ、あとクリアすべき課題は
・ここまでずっと家の補助便座を使ってきたので、外出先のトイレで補助便座が無いと出来ない問題
・夜を布パンで過ごせるようになること
・用を足す前後のズボン・パンツの脱ぎ履きを自分で出来る様になること

上記の3点をクリアしたら、トイレトレーニングは終了と言って良いと思います。



以下、余談。

息子氏、トイレに行きたくなった時に、股間をギュっと押さえます。
うん、気持ちは分かる。

でもね、いくらソコをギュっとしても、我慢は出来ないんだなぁ。
素直に教えて欲しいんだなぁ。

でも、股間をギュっとしてモジモジしてる姿は、無性に可愛いんだなぁ。


この動きって、お姉ちゃんのトイレトレーニングの時には見られなかったと思うんですが、男子のDNAが成せる動きなのでしょうか。

股間ギュっとスタイルが、最近、可愛くて仕方ありません。


know_the_base at 12:50|PermalinkComments(0) こども 

October 08, 2018

ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち




ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち
三上延 著
メディアワークス文庫


本を読めない五浦大輔が、ビブリア古書堂で働くようになって7年。
店主の篠川栞子の夫となり、娘の扉子も6歳になった。

母の栞子にそっくりな扉子は、やはり本の虫。
本が友達と言ってはばからず、いつも本ばかり読んでいる扉子の成長を心配した栞子は、本を介した人との繋がりを扉子に伝えようと、ビブリア古書堂に関わる人たちの物語を語りだす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続くのかよ、ビブリア。

まぁ、人気シリーズなのでやめがたいと言うのもあるでしょうけども。
とりあえずあったので買ったけど、蛇足シリーズになるんだったら続きは買わないからな!

と、思って読んでみました。

今回は本編シリーズに登場した登場人物たちの「その後」を短めにまとめた4話だったので、違和感なく読めました。
「扉子と不思議な客人たち」と言うほど、扉子ちゃんはメインではなく、過去の思い出語りが中心だったので、まだ主人公は栞子さんと大輔君という感じ。

とりあえず、本編シリーズファンであれば、栞子と大輔のその後の幸せそうな夫婦生活や、栞子の幼少時代と言っても過言ではない扉子の登場などで十分に楽しめる。

次巻があるらしいのだけど、この思い出語り形式で引っ張れるのは今回くらいだろうし、扉子がコナンばりの少女探偵になるのも嫌だなぁという感じ。
どうなんのかな。
いっそ扉子が17歳とかになってんのかな。

そうなると2029年が舞台になるけどね!!


それぞれの上に7年の月日が流れ、高校生が社会人となり、恋人同士の間にこどもが生まれる。
でも、時間が過ぎてもビブリア古書堂は、そこにある。

蛇足だったら嫌だなと思って手に取りましたが、続きが出たら買っても良いかなと思う感じだったので一安心。


やっぱり栞子は可愛いなぁ。

人妻だけども!!

むしろソレが!!



know_the_base at 06:55|PermalinkComments(0) 楽しい本 

October 05, 2018

労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱




労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱
ブレイディみかこ 著
光文社新書


全世界を驚かせた2016年6月の英国国民投票でのEU離脱派の勝利。
海外では「下層に広がった醜い排外主義の現れ」とする報道が多かったが、英国国内では「1945年以来のピープル(労働者)の革命」と評す向きも多かった。
世界で最初に産業革命を経験し、最初に労働者運動が始まった国・イギリス。
そこでは労働者たちこそが民主主義を守ってきた。
ブレクジットは、グローバル主義と緊縮財政により社会のアウトサイダーにされつつある彼らが、その誇りをかけて投じた怒りの礫だったのだ。
英国在住、「地べたからのリポート」を得意とするライター兼保育士が、労働者階級のど真ん中から「いつまでも我慢しない」彼らの現状とその矜持の源流を、生の声を交えながら伝える。


自身はブレクジットでは排除される側であるイギリスへの移民であり、夫はまさにブレクジットに賛成した労働者階級という、この問題をリポートするにはうってつけの著者が書くべくして書いた本。

日本で伝え聞く分には、事前情報では明らかに残留派が優勢で、しかも経済的な常識から考えれば残留一択と思われていたブレクジット。

離脱派が勝利したあの時は、遠く離れた国の人間であっても驚いた。

あの時、あの前後、英国の市民の間で何が怒っていたのか
離脱に票を入れたリアルな白人労働者階級たちへのインタビュー
労働者階級たちはどんな政治的背景と立ち位置にあるのかのレポート
そして、英国労働者階級100年の歴史を振り返り、ブレクジットが起こるべくして起こった結末だと導く

あの時、本当のところでは何が起こっていたのか、かなりの核心に迫っている。

実際、移民への危機感や内向きな価値観もあったとは思う。
本当の意味で「離脱」を求めていたと言うよりは、何でも自分たちの好きなように政治を動かし、低所得層を排除していく上層階級たちへのカウンターとしての投票。

そういう意味合いが強かったんだろうということが、勝つと思っていなかった労働者たちへのインタビューから伝わってくる。


実際に英国社会で移民として生きている著者が書くあとがきが、ブレクジット国民投票の残した傷を生々しく伝える。

移民側から見ると、表面では移民に優しく接してくれていた隣人の白人労働者たちが、自分たちを排除する離脱に票を投じたと知ることになる。
ブレクジットさえ無ければ、穏やかに笑いあうことが出来た隣人同士に植え付けられた猜疑心。
まさにそれは開けられてしまった「パンドラの箱」。

選挙に勝つための地固めとしてブレクジット国民投票を行い、選挙どころかブレクジットに負けて退陣したキャメロン元首相は、本当に余計なことをしたとしか言いようがない。
結果から見てしまえば、労働者階級に溜まったマグマを読み違えたとしか、言いようがない。


しかし、労働者階級とか、支配階級とか、階級って存在の痕跡が残る国イギリス。
その階級という意識が残っているのは、歴史の闇であり、面白さ(不謹慎)でもある。

同じく長い歴史を持つ日本に、そこまで色濃くは階級制度の名残がないことを思うと、ちょっと不思議な感じがする。



know_the_base at 20:25|PermalinkComments(0) まじめな本 

October 03, 2018

ソレなんてドラクエ?

小学3年娘の箸箱にヒビが入ったそうな。

学校指定のその箸箱を売っているのは

市内の◯◯中学校の近くのショッピングセンターの中の100円ショップの隣の奥の店

だそうな。


RPGかよ。

ソレ、なんてドラクエ?



で、嫁様が箸箱探しの旅に出た結果、定休日だったんだってさ。

オツカレー





know_the_base at 12:14|PermalinkComments(0) 日記 | こども

October 02, 2018

政治家こそ定年を

 ■第4次安倍改造内閣の顔ぶれ

 <留任>
副総理・財務 麻生太郎 78
外務     河野太郎 55
経済産業   世耕弘成 55
国土交通   石井啓一 60
官房     菅義偉  69
経済再生   茂木敏充 62

 <新任>
総務    石田真敏 66
防衛    岩屋毅  61
沖縄・北方 宮腰光寛 67
IT    平井卓也 60

 <ポスト未定>
片山さつき 59
柴山昌彦  52
渡辺博道  68
山本順三  63
吉川貴盛  67
桜田義孝  68
根本匠   67
原田義昭  74

 ■自民党役員の顔ぶれ
幹事長       二階俊博  79
政調会長      岸田文雄  61
総務会長      加藤勝信  62
選挙対策委員長   甘利明   69
国会対策委員長   森山裕   73
幹事長代行     萩生田光一 55
憲法改正推進本部長 下村博文  64
総裁特別補佐    稲田朋美  59



・・・・・・・・・・・・

政治家にも定年制を。

よく麻生を留任したもんだ。
怒りを通り越して呆れ、呆れを通り越して無感情になるわ。

モリカケ問題での文書改竄への調査力、セクハラ暴言への容認発言、ナチスの手法に見習え等など、問題発言ばかりの麻生・・・。
80近い爺さんで、価値観が戦後で止まってるんだと思えば「一般人なら」許されるかも知れんけど、副総理で財務大臣となるとシュールギャグでしかない。

80近い人に、新しい価値観とか無理だろ実際。

まぁ麻生に限らず、70超えた方々に10年、20年以上未来を見ている政治って出来るんですかね。
手練手管や調整力はそりゃあ凄いんでしょうけど、肌感覚の部分でさ。
どうしたって限界はあるだろうよ。

健全な世代交代のために、政治家にこそ定年制を。



know_the_base at 12:35|PermalinkComments(0) 雑感と意見表明 | 国内問題