August 2019

August 29, 2019

こっちが日常

嫁様と子どもたちが里帰りから帰ってきました。

なんだか大充実だったみたいで、報告が止まらない。


トミカ大好き3歳児は、もう大きくなった従兄弟たちの遊んだオモチャを貰ってきて最高潮。
ED022595-EA31-4CE8-88A2-A2A0F06C77D0


貰ったのは
トミカ図鑑でずーーーーーっと見ていた、夢のハイパーブルーポリス1号。
大きなトミカパーキング。
車たち。
そして、町が描かれたマット。

どこの男子も好きなオモチャは同じか。


9歳娘は、体験系で楽しんだ様子。
426A45D1-A40F-46CD-ACB9-80DE31B6377C


手作りの独楽をお土産にくれました。


子どもたちの人生が豊かそうで何より。


この5日間、パパはと言うと
6EC8FC87-1C3E-4662-84F2-3FFD3D11FC0B


いつも自堕落になってしまうパパを心配して、娘が用意してくれたチェックシートに導かれて生きてましたよ。

あとは近場の天然温泉行った以外、特に何もしてませんけどね!
ハードディスクの中の映像を処理して、本読んでただけで終わりましたけどね!


てか、世間の大人って、ひとりの時に何して過ごしてるんですか?

なんか、無だったんですよ。
やりたい事とか、特に無くて。

あかん。
あかんで、これ。

このままだと、定年後に図書館に居るだけのオジサンになってしまう。

このままでは、あかんなぁ。


生きがいを家族に依存しているなーと。

改めて、自分を見直す時間には、なったかも。



know_the_base at 06:06|PermalinkComments(0) 日記 | こども

August 24, 2019

続・大人の夏休み

妻が子どもを連れて、実家に帰ってしまいました。

ひとりです。


途中、温泉に行ったりしつつ、SHIROBAKO 全24話を完走してしまいました。
アニメシリーズ24話って、ザックリ12時間じゃねーか。

そして、そのままの流れで物語シリーズの劇場版3部作・傷物語 鉄血編を観だす。

という暴挙に出た!

何時間アニメ観る気だ、俺!


1CBCCD79-653C-45A4-AB87-34AA9A51B48C


家を建てた時にコダワリで導入した5.1ch のホームシアターで!

せっかくの5.1chも、2回で子どもが寝てると「うるさい!」とクレームが入るため、あんまりフルスペックでは使われないんですよねぇ。


いつも子どもがいると出来ないこと、全部やる!

そんな本末転倒な心意気。




know_the_base at 22:00|PermalinkComments(0) 日記 

大人の夏休み

妻が子どもを連れて、実家に帰ってしまいました。

ひとりです。



休日です。

さて、何しよう。

ダラダラしてるうちに午前が終わってしまった。
ヤバい。
ただハードディスクに溜まった映像(SHIROBAKO再放送)を観て1日が終わってしまう。

何にも、誰にも急かされていないのに、なぜか焦る。


ひとりの午後を最大限、有意義に過ごすには、、、?


そうだ。

風呂行こう。


てろりてろり、てろろりー (JR東海


というワケで、近場の天然温泉に来ました。

大人の男ひとりで、温泉。


サイコーでした。

時間を全く気にせず、他人に配慮せずに無になる時間。

ほどほど夏日の日中、露天風呂に浸かって、ベンチで休んで、寝転び湯で空を眺めて、リクライニングチェアでうとうとして、眩しいからまた寝転び湯に行って、、、

こんなに良いのかよ、ひとり温泉。

サイコーかよ。



ここ10年は、なんだかんだで子連れで行動でしたからね。
完全なひとり温泉なんて、久しぶり。

心の洗濯通り越して、魂の浄化だよ、これは。

はー。

至福。




「妻が実家に帰ったくだりのフォローがありません!」

「ん? あぁ。 な、つ、や、す、み!」


ちなみに帰りは来週のどっかです。


know_the_base at 15:07|PermalinkComments(0) 日記 

August 22, 2019

トミカ博進行中

174F9E36-BD71-4A5D-8C01-6C09E64CED8F


トミカの祭典、トミカ博。

トミカ一色、トミカ博。

5F35D792-0EEB-42C9-B4B2-DCF720657F15

トミカとプラレールで作られた巨大なジオラマや

C005329F-BBC1-4C48-9AF7-BA28A40D907C

トミカの巨大な箱の蓋が開いて、そこにボールを入れるだけの遊び

などなど、商品紹介と紙一重の こどもが喜ぶ展示が盛りだくさん。

DAB9D616-8B9C-4F73-B0DC-61F13353B39F


入場料とは別料金のトミカ釣りや、トミカ組立工場をやってこそイベントとして盛り上がる感じ。

CFC0B23D-F5F2-48EF-9BE2-DB1B715DD291


トミカ工場では、ボディと内部のシートカラーを選べ、お兄さんがその場でボルト留めをしてくれる。

これはナカナカテンション上がる。

まぁ、600円でトミカ1台なので、コスパは、、、ゲフゲフ。


しかし。
入場でトミカを貰い、釣ってトミカを貰い、工場でオリジナルトミカを作り、、、

今日1日で何台トミカ増えるんだよ!



know_the_base at 13:40|PermalinkComments(0) 日記 

横浜にきたど

EC4E06EE-BEE5-4CCD-9A19-BAD65F189D98


今日は3歳の息子氏が大好きなトミカの祭典、トミカ博のためにパシフィコ横浜。

駐車場のために入った商業ビルでお昼。

昼ごはんを食べたらトミカ博にいくどー!


587EC9FB-0C50-475F-8200-F83E405737B2


パシフィコ横浜きたどー!



know_the_base at 12:05|PermalinkComments(0) 日記 

August 20, 2019

67C78163-09A7-4415-9FFA-A7C40BA48B38


仕事帰りに、虹。

手元に一眼レフがない。残念。



know_the_base at 17:34|PermalinkComments(0) 日記 

August 18, 2019

子育てで一番大切なこと 愛着形成と発達障害




2018.09
子育てで一番大切なこと 愛着形成と発達障害
杉山登志郎 著
講談社現代新書


児童精神科医として第一線を走り続けてきた著者が考える、子育てで一番大事なこと。

それは、そんなに難しいことではない。

生き物として当たり前に暮らし、安心できる環境があり、ひとり1人の多様性が認められ、親(養育者)との愛着形成がなされること。

だが、そんな子どもが持つべき「当たり前」が、現代日本には欠けている。

晩婚化による出産年齢の高齢化。
労働の長時間化による生活時間の狂い。
貧困。
一律教育を是とする学校教育。
孤立する育児。
虐待とその世代間連鎖。

生物としての当たり前から逸脱し、子どもにとっての当たり前であるべき環境が欠けている結果、自閉症スペクトラム障害(ASD)や注意欠陥・多動障害(ADHD)になる子どもが増えている。

子どもは大人社会を写し出す鏡。

日本の抱える病理が、子育てを苦しいものにしてしまっている。



登場人物は架空の3人。

児童精神医学の臨床の第一人者であり、ちょっと言動に問題がある大学教授・杉本。
優しい語り口とデータ・エビデンス中心の理論派准教授・矢野。
2人の聞き役となる、出産に少しの不安を抱えた女性編集者・ミサキ。

この3人の対話という形で書かれた内容は、小難しい専門書と言うより、ちょっとした物語風で読みやすい。


読みやすいとは言っても著者は児童精神科医なので、当然のことながらASDやADHD、知的障害、学習障害の話がメインとなる。

それらの疾病の発生原因に関する最新研究や、良化・悪化する原因などを説明しつつ、疾病を取り囲む社会制度の問題点や、ちょっと奇抜な解決策(?)を提示していく。


妊娠中の女性がダイエットをすると、オナカの中の子どもが「外の世界は飢餓状態だ。 」と勘違いして栄養を溜め込む体質(=肥満体質)になってしまう。

子どもが暴力に晒されることで、脳は委縮しダメージを受ける。
体罰で前頭葉が、親のDVなど見たくないものを見ることで視覚野が、暴言で聴覚野が委縮する。

など、「へぇー。」と思う挿話が沢山ある。


だが。
とりあえず「子育てで一番大切なこと」というタイトルに惹かれ、この本を手に取った育児中の人間は

「こういう内容の本が読みたいと思ったわけじゃないんだが。」

と思うであろうことは請け合い。

新書だし、サブタイトルもあるから騙されてるワケではないのだけど、ノウハウ本ではなく児童精神医療と社会問題を扱った学術書寄りの内容ですからね。


でも、内容も面白く、読みやすさも手伝ってサラッと読了できるし、実際に大事なことも教えてくれる。

・動物として自然で健康な生活を守ること。(バランスの良い食事と睡眠)
・好奇心を大切にすること。
・脳を興奮させ過ぎないこと。
・安心して成長できるように見守ること。
・3歳までは愛着形成期なので、子ども中心に生活すること。
・子どもの多様性を受け入れること。
・子どもに合った教育を選ぶこと。
・無理をさせないこと。
・迫害・挫折の経験を少しでも減らすこと。
・社会全体で子どもを育てること。


簡単に出来るようで、難しい。

特に最後のやつ。

自分が養育里親出来るかと聞かれると、実際はナカナカ・・・

少子高齢化だって言うなら、生まれてきてくれた子ども達を大事にしようよ。という話。


know_the_base at 22:01|PermalinkComments(0) まじめな本 

August 17, 2019

世の中には自由自在な人たちがいる

坂井元碁聖が医師に 医学部卒の囲碁棋士休場
囲碁の関西棋院は16日、同棋院所属の坂井秀至八段(46)が9月1日から休場すると発表した。坂井八段は京都大医学部を卒業した後にプロ入りした異色の経歴を持ち、今後は病院の勤務医になる予定という。休場期間は未定。

坂井八段は兵庫県出身。2001年にプロ入りし、10年には七大タイトルの一つ、碁聖を獲得した。「近年、自分の納得できるような内容の碁が打てなくなり、タイトル獲得を目指して対局に取り組むことが難しくなりました。今後は若い頃に一度目指した医師の道に進む予定です」と、同棋院を通じコメントした。
(日本経済新聞より)


この記事を読んで、どう感じますか?


一流棋士で走り続ける夢破れてしまったんだな。残念だった。
と思うのか。

夢を叶えて棋士になり、碁聖になり、満足に打てなくなったから医者になるって・・・ オイ。
と思うのか。



自分はホント庶民で、ザコで、その他大勢側の人生を歩んでるモンで。

どうしても「医学部 → 在学中にアマチュアチャンピオン → 碁聖 → 医者」と歩んでいく人生を見ると

すげぇな、おい。
人生自由自在かよ。

と思ってしまう。



イメージとしては、職業山という山が世の中には沢山あって、一般のザコ人は下から見上げて地道に登っていくんだけど、なかなか頂きには届かない。

医者とか、プロ棋士とか、宇宙飛行士とか、プロスポーツ選手とかさ。


でも、一方で、その雑魚どもが頂きだと思ってる山頂を、さらなる上空から眺めて「医者も良いけど、棋士もいいなぁ。」と選んでしまう人たちもいる。

世の中にはこういう人たちがいる。
いるんだよなぁ。


もちろん、医者の山にも底辺のヤブ医者から頂きのゴットハンドまである。
プロスポーツ選手もタイトルホルダーから底辺までピンキリ。

こっちが遥か天空から選んでると思ってる人たちにも言い分はあって
その職業に就いてからの方が大変なんだ。
「タイトルに関われない棋士 → ヤブ医者」なんて、何の意味があるんだ。

とか思ってそうなんですけどね。

そもそもその職業にさえなれないザコには、もう話してるレベルが雲の上すぎて、もう。



自分も上から選ぶ側に、なってみたかった。

と、坂井秀至八段の記事を読んで、しみじみ思う。



know_the_base at 14:30|PermalinkComments(2) 日記 

August 13, 2019

貧困のハローワーク




2016.10
貧困のハローワーク
増田昭利 著
彩図社 


飯場労働者
シングルマザー風俗嬢
悪徳訪問販売の営業マン
テレビ番組制作会社AD
トラック運転手
製缶工場の派遣社員
居酒屋チェーン店長
工事現場の警備員
フリーター
ソープランドのボーイ
ブラック企業のSE
フランチャイズ唐揚げ店オーナー
オフィスビル清掃員
年末年始短期バイト
日日紹介の労働者
生活保護受給者の生活
職業ホームレス

17の底辺職業(?)から見えてくる、現代社会の歪み。

ハローワークと言ってはいるものの、内容はそれぞれの職に就いている(就いたことのある)人にインタビューしたルポタージュ。

一応は、どんな経緯でそこに辿り着き、どんな仕事をして、どれくらいの給料・待遇なのか・・・の記載もあるが、就職経緯はどの人もオンリーワンなので、参考にするのは難しい(参考にしてソコに入っていきたいと思う人もいないとは思うが)。

個別に読んでいくと「それは自業自得では?」と言いたくなる人もいれば、リーマンショックなどの本人と無関係なとばっちりで落ちてしまった人もいる。

ただ、中長期的に人生の計画を立てたり、それに向かって日々を設計して暮らしていくのも、才能だったり、環境だったり、教育が必要だったりする。

どの職・状況でも共通で言えることは「一度そこにハマってしまうと抜け出すのは容易じゃない。」ということ。
他人事のように思っていると、案外簡単に足を取られてしまうということ。

自分が計画的に生きられるから、計画的に出来ないのはソイツが悪い。
そんな理屈で自己責任論を振りかざすのは、あまりに暴力的だ。


100メートルを10秒で走る人に
「10秒で走れないなんて、努力不足なんじゃない?」
と言われても。という話。

現代社会は、100メートル14秒以上で走れない人は脱落していく感じ。

個人的には、ダラダラ歩くのはどうかと思うけど、100メートル16秒くらいで走れれば良い社会であって欲しいワケ。


ちなみに、書き方の問題はあると思うけど「職業ホームレス」が、一番充実してて楽しそうなのが何とも言えない。



know_the_base at 20:13|PermalinkComments(0) まじめな本 

August 11, 2019

花火写真は気象条件が全て

昨日は地元の花火大会。
我が家にとっては、のんびり眺められる穴場スポットを知っている、毎年恒例の花火大会。

毎年、この日だけは「そういえば自分の趣味はカメラだった。」と思い出し、三脚を持ち出し、設定にこだわって写真を撮っている。

のですが。

昨日は、花火に対して、穴場スポットがちょうど風下という気象条件。

IMG_3820


どう頑張っても、花火が出した煙が写真に入ってしまう。

天気も、風の強さも、大気の澄み具合も悪くないのに、風向きだけが悪い。

IMG_3803


花火が上がるほどに煙は増え、写真が撮れなくなっていく。

花火写真は気象条件が全てだなぁと痛感した夜でした。

IMG_3782
IMG_3795

そこそこ綺麗に撮れたのは、やっとこの2枚くらい。

むむむ、くやしい。


天気が良く、風がそれなりに吹き、大気が澄み、そして風向き。
日頃の行いが問われますな。


設定
シャッター 5秒
ISO 100
露出補正 -2



know_the_base at 16:49|PermalinkComments(0) 日記 

August 07, 2019

ヘルプマークを貰いました

3B38AFB5-1646-40FA-8E33-1DA8057AAC2E


自分のような循環器障害や、人工関節、内分泌代謝疾患など、見た目では分かりにくい障害を持っていますと周囲に示すヘルプマーク。

そういうものがあると聞き、役場で貰ってきました。

そしてさっそくカバンに付けました。


いやね、本当に困るんですよ。循環器障害とか。
見た目が普通すぎて、優先席とか座るの躊躇われるんですよ。

パパママ、9歳、3歳で電車に乗ってて、席を譲って貰って、座るのは見た目普通のパパってのは、周囲の目が痛いんすよ。

まぁ、このヘルプマークは、そんなメンドクサイ夫を連れてる嫁様のためでもあると思ってます。


分かりやすいの、大事。



know_the_base at 11:47|PermalinkComments(0) 療養生活 

August 06, 2019

どろどろのどく

現代社会で生きていれば、どろどろのどくが心に溜まってしまうのは仕方のないことだ。

良い人ばかりじゃないし、頭おかしい人っているし。
そういう関わりなしに、生きるのって出来ないし。

でも、このどろどろのどくで家族が嫌な思いをしたり、ブログを読んでくれている人が嫌な気分になったりするのは、嫌だ。

だから、どろどろのどくが漏れ出してしまわないよう、とてもとても気をつけている。




まぁ、嫁様には多少出ちゃってるけどね! ごめんよ!!



know_the_base at 17:45|PermalinkComments(0) 日記