September 09, 2007

ヱヴァンゲリオン 新劇場版 : 序

エヴァ 序 パンフ

今度こそ本当に久し振りの1日2更新です。

封切りから一週間以上が経ってしまいましたが、観て来ました『ヱヴァンゲリオン 新劇場版:序』。

メインストーリィとかに関してはもう、多くを語る必要は無いと思います。(良いですよね?)
前も書きましたが、今回の「序」はシンジがエヴァに乗る所から旧作の「ヤシマ作戦」まで。

さて、12年の時を経て、期待値の上がるに上がった新劇場版の出来やいかに!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んー。まぁ、まずファンには堪えられない作品です。
全編にわたって全てが再構築され、映像面は格段に良くなり、アニメ版にあった無駄は省かれ、逆に主要なストーリィには旧作に無かった伏線が張られる。

この作品からエヴァに触れる人にも分かる様に「何故、使徒は第3新東京市を襲うのか?」とか「裏で操るゼーレとゲンドウの関係」とか、旧作では後半まで「謎」だった部分が序章の段階である今回で一応説明(?)されたりします。
しかし、安易な設定説明の回になってしまわないように、コアなファンにも満足される演出も盛り沢山。
旧作のエヴァのテイストはキッチリと残して、しっかりとエヴァを感じさせるのに、全く違う新しいストーリィ、新しいエヴァを受け入れさせる。ナカナカ良く出来た作りだと思います。

むむー、と唸り。次の作品も見てみようと思わせる出来でした。
満足満足。

今回は「序」と言う事で、どんな作りになってるんだろう?って思いながら観てしまいましたが、次からは旧作とは別の新しい作品と思って観る事にしようと思います。


しっかし、エヴァに出てくる大人は本当に理不尽極まりないなぁ。劇場版になって凝縮されると更にソレが際立つ。
あと、碇ゲンドウさんは顎ヒゲが凄いですが、シンジ君も中年になったら、あぁなってしまうのでしょうか?
まぁ、シンジ君はお母さんのユイさん似なんでしょう。良かったね。

さてさて、今回の『新劇場版』は『理解』して終ることが出来るのでしょうか?
四作品を見終えた後の感想を乞うご期待。


あ、ちなみに。
嫁様には受け入れて貰えなかったようで、次回作「破」は1人で見に行くようです(涙)。

あれー? おかしいなぁ。面白いのにな。

最終評価 A− (僕評価)
     どうやら C (嫁様評価)


あれー?

know_the_base at 22:19│Comments(3)TrackBack(0) 2007年に観た映画 | 映画 あ行

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ☆   September 09, 2007 22:59
僕も近々観に行こうと思ってます!

つ〜か、12年前の作品ってことが驚き!

12歳のまさに中学生は生まれる前ってことだよね。。。

ちなみにファンには堪えられないけど、管理人には満足ってどういうこと?
2. Posted by 管理人   September 09, 2007 23:31
>☆

そこの読みは「こたえられない(堪えられない)」でお願いします。
でも「たえられない(堪えられない)」と全く同じ字で、同じおくり仮名なんだって今、気付きました。
前も同じ使い方をどっかでしましたが、誤解を与えてたのかもなぁ。以後気をつけます。

てかねー。面白かったよ。久し振りに新しい「エヴァ」。御薦めです。

本文にも書いたけど、今回の作品はどう終らせるつもりなのか本当に楽しみだ。
映画のレビューでネタバレをしないように書くのに、久し振りにストレスを感じたよ。
3. Posted by いわちゃん   September 11, 2007 16:54
ヱヴァンゲリオンですか。懐かしいですね。ロボットの戦闘シーンはCGをガンガンに使ってそうですね。今回の劇場版のヱヴァの監督は庵野さんでしょうか?3年前にスカパーで放映した3話完結のキューティーハニーをやたんですが、そのときの監督が庵野さんでした。3話だけが、狙ってなのかキャラも演出もヱヴァぽさが全快でしたが
内容はめちゃくちゃ面白かった最初は背景をみていたけどいつのまにやらストーリーのほうに吸い込まれてしまい見おわって、なんか端から端まですみずまで見きった感じで大満足でした。やっぱり庵野さんはすごい方ですな

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔