December 28, 2008

ノーカントリー

2008年の記念すべき100本目。
何にしようか考え、やっぱりこの作品にしてみました。

あらゆる映画賞、そしてアカデミー賞4部門を獲得した作品「ノーカントリー」。

鑑賞前から期待値が上がり過ぎて、悪くない作品もイマイチに感じてしまう「アカデミー賞効果」を越える作品であって欲しいと期待を込めての鑑賞。


ノーカントリー


1980年。
メキシコ国境近くの砂漠。

ハンティング中のルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は死体の山に出くわす。
麻薬取引中のトラブルなのか、銃撃戦があったと思われる現場にはトラック一杯の麻薬と現金で200万ドル。

危険は火を見るよりも明らか。だが、モスは200万ドルを手にした。

当然、追っ手がかかる。

決死の思いで逃げるモスを追うのは、非情の殺し屋アントン・シガー(バビエル・バルデム)。
シガーは着実に、確実にモスを追い詰めていく。

事件に巻き込まれた町の住人モスを、次々に起こる殺人を、犯人を追うのは、老保安官エド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)。

逃げる男、追う男、それを更に追う男。

逃亡劇と追跡劇が始まる。



ん。んーーーーー?

正直、最後が良く、分からなかった。

ラ・・・ラスト、どういう意味?


んー。またもやアカデミー賞トラップか。
アカデミック過ぎて、理解が付いていかないのか。

分からない僕が悪いのか。


途中まではなぁ、迫力があって、リアリティがあって「どうなるんだろう、どう展開してくんだろう。」って緊張感でグイグイ引っ張られていくんですが・・・。

初見では展開を理解できない部分が多い。
ナゼ連絡が取れたのか、ナゼ〜出来たのか。ナゼ、何故?が気になってしまう。
まぁ、そんな細かいトコは無視なのかも知れないですが、気になるモンは気になる。
リアリティがあるから、余計に気になる。


徹底して悪を象徴するシガーの圧倒的な存在感。
正義・良心の象徴であるエドは無力な傍観者。

そして、その両者が交錯しないまま、生き延びる。

概略は分かるんだが、後味も、理解もスッキリしないなぁ。

でも、最後まで一気に見せる力が凄い。
のめり込んで、引き込まれてるのに、最後が分からないなんて悔しい。


なんか悔しい。

うん。よし、もう一回、観直すか。 その価値はある。


最終評価 A−


ランキングに参加してみました。



know_the_base at 10:20│Comments(4)TrackBack(0) 2008年に観た映画 | 映画 な行

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by レイフ   December 28, 2008 11:39
私は面白かったんですが??
この作品は、混沌がテーマだと思います。
なぜ、なぜ、なぜ、連続こそが、コーエン兄弟が一貫して描いてきた・・

まあ、爽快感なんかもともと期待しちゃいませんけどね。。
トミーリー・ジョーンズが最後に
「昔はもっとわかりやすかった」と言ってますよね。
80年代以降のアメリカや国際情勢は目まぐるしい変化を遂げて、心情が社会事情に追いつけない。
悪も心理も分析できないくらいのものに変っている・・

「ファーゴ」と比べると余計、時代の変化がわかる気がしました。

変な髪形のハベル・・いい男なのに
上手すぎるほど怖かったです。
2. Posted by 管理人   December 28, 2008 18:12
>レイフさん

いや、僕も面白かったですよ。
だって、ホラ最終評価はA−じゃないですか。
BランクとAランクの間には自分の中でも1つ壁がありますから。

スゴイ映画だってのは認めた上で、ラストに置いてけぼりを喰った感じが悔しいんです。

ナゼ?の疑問も、話を台無しにするナゼ?ではなく、もう一回観直して、ちゃんと理解したいってレベルのナゼなんです。
なんでモスがシガーの連絡先が分かったのかとか、不思議じゃなかったです?
あれは、すぐに殺されたテンガロンハットの白人が何か接触を取ったんですか?
んー。気になる。やっぱりもう一回じっくり観なければって気になります。

しかし、バビエルさんの圧倒的存在感、ヤバかったですね。
圧倒的に悪で、共感なんて出来ないのに、惹かれる魅力がある。


3. Posted by ばお   December 28, 2008 20:09
風邪、もう治りましたか?
体調悪い時にこれ観るのは、ツライ気がして・・・
因みに私も分かにくい部分があったので、観直ししようと思ってます。
きっと再発見があるはず。かと。
4. Posted by 管理人   December 29, 2008 08:13
>ばおさん

治りましたー。御心配おかけしました。
体調は戻ったあとに鑑賞しましたよ。

この作品は見直しが必要ですねー。細かいトコとか、セリフとか、見逃がしが凄く多い気がしますもん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔