September 22, 2009

X−MEN

X-MEN


スパイダーマン。アイアンマン。デアデビル。
アメリカンコミックから抜け出してきた、御存知マーヴルヒーロー。

その代表格「X−MEN」


人類に突然変異が生まれる。
ミュータントと呼ばれる彼らは、様々な個性的な能力を持つ。

目から破壊光線を出すサイクロプス。
驚異的な再生能力と全てを切り裂く爪を持つウルヴァリン。
天候を操るストーム。
最強の精神感応(テレパス)をもつプロフェッサー。

人とかけ離れた能力を持つ彼らは、社会の中で恐れられ、差別を受けていた。

そんなミュータントの中に2つの勢力が生まれる。

ひとつは、ナチスのホロコーストを生き延びたユダヤ人であり、磁界を操る力を持つマグニートが率いる「人より優れた種であるミュータントが人類を支配するべきである。」と考える集団。

もうひとつは、学校を開いて迫害されたミュータントの子供達を集め、教え、育てる、人類との協調を図ろうとするプロフェッサーが率いる「人類とミュータンントの協調」を模索する集団。
そこで育ち、子供達を教え導く立場になった青年達は「X−MEN」と呼ばれる。


仲間も無く、孤独な放浪生活をおくっていたウルヴァリン。
彼は、肌が直接触れることで他人の生命力やミュータントの能力を奪ってしまう少女・ローグと出会う。

2人が出会って間もなく、ウルヴァリンはマグニートの手先である怪力の男・セイバートゥースに襲われ意識を失ってしまう。
そこを救ったのは「X−MEN」である、サイクロプスとストーム。

ウルヴァリンはプロフェッサーの開いた学校で目覚めX−MENの存在を知る。


その頃、アメリカ上院でひとつの法案が審議されていた。
それは、社会からミュータントを締め出す「ミュータント登録法案」。

法案の審理を止め、ミュータントを認めさせる為、マグニートは一般人をミュータント化する機械を作り出す。

その最初の標的は、法案を強行に推し進めるケリー上院議員だった。

そして、マグニートはNYで開かれる国連の総会を狙う。

ミュータント化する機械のエネルギーとして連れ去られたローグを救う為、X−MEN達は戦いに向かった・・・、


アクションもストーリーも案外としっかりと魅せる作品でした。

ミュータント達の繰り広げるアクションのテンポと、スーパーパワーを持ってしまった悲哀。

人を超えるスーパーパワーを持つコトなんて、実は誰も望んでいない。
それはスパイダーマンにもあったテーマで、マーヴルヒーロー物の根底にはいつもそれがある。
マーヴルヒーローなんて言うと単純な「勧善懲悪」をイメージするが、そんな安易な二元論では決してない。

X−MENがスパイダーマンと異なるのは、スパイダーマンは孤独であり、X−MENには仲間が居るコト、そして、同じ悲哀を抱えた同士が戦い傷つけあってしまうコト。


なかなかバカに出来ないクオリティでした。


最終評価 A−

ランキングに参加してみました。



know_the_base at 07:49│Comments(5)TrackBack(0) 2009年に観た映画 | 映画 あ行

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by レイフ   September 22, 2009 08:52
このシリーズ大好きです!!!
ミュータントの孤独や疎外感の心理描写もよくできていますしね。

日曜日にまた「2」を見ましたよ・・・

現在上映中の「ウルヴァリン」も満足です。
2. Posted by ホームズ   September 22, 2009 12:26
昔、タイトーから出してた「サイキックフォース」というゲームがありましたが、「X−MEN」とかなり重なる部分があります。

強大な力を持つと、迫害されるか支配するかのどちらか。
両方の言い分に筋が通ってるんですよね。

私がミュータントだったら、迫害されるぐらいなら、支配する道を選びそうですね。

3. Posted by 管理人   September 23, 2009 07:45
>レイフさん
レイフさんが薦めてたなーと思って借りてみたんですが、いや、思っていたよりもずっと良い作品でした。
一応、2もファイナルも既に借りてあります。
レイフさんは、ファイナルだけ薦めてなかったのが、逆にどうなのか知りたくなりまして。

>ホームズさん
サイキックフォース!!
だから、ホームズさんはイロイロとカブりすぎなんですってww
3D格闘アクションの中でも空中を飛んでる上下左右アリは斬新でしたよね。

>強大な力を持つと、迫害されるか支配するかのどちらか。
>両方の言い分に筋が通ってるんですよね。

そうなんですよ。別にどっちが正しいとかじゃなく、むしろ敵側の方が人間としては正しいリアクションにも感じます。

僕も差別的な状況で支配されるくらいなら、なんとかしてやろうと思ってしまうと思います。
4. Posted by ホームズ   September 24, 2009 23:41
サイキックフォースは一時期、夢中になりましたよ〜!
ウォン、ガデス、バーンを使ってました☆


「猿の惑星」の3・4作目に重なる部分がありますが、人類が猿に支配されるという恐怖から、猿を支配・抹殺しようとするけど、その事で猿達に憎悪され、結局は猿に支配されてしまうんですよね。

恨み・憎しみ・暴力が自分達に跳ね返ってくる事を、人間はいつになれば気付くんでしょうね。
5. Posted by 管理人   September 25, 2009 18:14
>ホームズさん
サイキックフォースは、もう少しサイキックのレパートリーがあればもっと良かった気がします。
最近のプレステ3スペックを使ってリメイクして貰えたら、嬉しいですね。


暴力と差別の連鎖はもう、人間の業のようにさえ思ってしまいます。
最近、ルワンダの大虐殺を扱う本を読んでいたりするのですが、本当に普通の一般市民と呼ばれる人が虐殺に直接手を染める過程が、恐怖です。

嘆きは深いですが、叶うならば自分がそうならないようにだけはしたいと思ってたりもしています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔