October 17, 2009

プラダを着た悪魔

執行猶予に映画を観よう、6本目。

プラダを着た悪魔


大学を出たてのアンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリスト志望。

方々の出版社に応募し、やっと引っかかった面接は有名ファッション誌「ランウェイ」の編集長・ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタント。
「ファッションなんか・・。」そう思いながらアンディはオフィスを訪れる。

ファッションの知識ゼロ。ファッションセンスもゼロのアンディ。
身に纏うのは、単なるブルーのセーターとおばあちゃんの着る様なスカート。

でも、彼女が訪れたオフィスは、全員がスリムでファッショナブル。
そこで会う人、会う人が彼女をヘンなモノでも見たかのような顔をする。
そして、誰もが、彼女自身もが「不合格」だと思った。

だが、ミランダはアンディを採用する。

ファッションに興味を持つ多くの人が憧れる仕事。
でも、アンディは興味ゼロの世界。

その日からアンディの戦争が始まる。

ミランダの一言でデザイナーのコレクションが変わり、ファッションと言うマンモス業界が動く。
そう。彼女はファッション界の女帝。
そして、彼女の振る舞いは、誰もが認めるサディスト。

「ハリー・ポッターの新刊を娘達に。売っている?バカね。出版前の次回作よ。」
次から次へと繰り出される無理難題の山。
間違いなくミランダは「プラダを着た悪魔」だった・・・。

「1年耐えれば、次へのステップになる、扉が開く・・。」
アンディはそう自分に言い聞かせ、ミランダの下で24時間いつでも彼女からの電話に出て、降りかかる難題に耐える日々。

だが、超一流の人間のトップがしのぎを削るファッション業界で、さらにトップを走るミランダの下で働くうちに、少しずつアンディの意識が変わっていく。

彼女自身がミランダのアシスタントとして一流である為に、努力を始める。

でも、それは今まで彼女が築いてきた人間関係を犠牲にしてしまうコトでもあった・・・。



いや、凄く良い作品でした。惹き込まれました。

ファッション業界の華やかさと、歪み。
ファッションの素晴らしさと、空しさ。
私生活を犠牲にしながら仕事に生きる女性の喜びと、悲しみ、決断、後悔。
そして、人として生きることに何が本当に大事なのかを見つめ直す。

ファッションとは何か?
仕事とは何か?
夢とは何か?
自分とは?

恋に夢に頑張る純朴娘のサクセスストーリーと、言ってしまえばありがちなのですが、その切り口がこれほど鮮やかな作品も少ない。

アンディとミランダの1つひとつのセリフ、表情によって微妙に揺れる心理の描き方が絶品。

それでいながら、ファッション業界の裏側や問題点をコミカルに見せ、観客を全く飽きさせない。
ミランダが次々に出す無理難題もソレ自体がスリリングで、それを乗り越えていくアンディの機転と頑張りの過程が楽しい。

音楽も良いし、アン・ハサウェイは可愛いし、メリル・ストリープは流石だし。
言うことナシ。


同系統の作品として「プリティウーマン」があるけど、僕はコッチの方が圧倒的に好き。
特に自分をちゃんと見つめ直して迎えたラストの良さったらない。


これで僕が女性のファッションにもっと詳しかったら、もっともっと違った楽しみもあるんだろうなぁ。


最終評価 A+


ランキングに参加してみました。



know_the_base at 23:07│Comments(7)TrackBack(0) 2009年に観た映画 | 映画 は行

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ホームズ   October 18, 2009 10:30
これ、気になってた作品の1つです!

私もファッションに興味なし・センスはゼロです。
それに、お金かかるし・・・。

ただ、年相応・最低限の清潔感、これだけは心得ておきたいですね。
2. Posted by レイフ   October 18, 2009 14:13
このころから、アンの実力が評価され始めた気が・・
好きな作品の一つです。メリルって、何着ても似合うんですよね。
業界の厳しさを踏み台に自身の生き方を学ぶ!!
このとき、普通にスタバがNYの日常なんだとつくづく・・
3. Posted by 管理人   October 18, 2009 18:08
>ホームズさん
予想以上に良い作品ですよ。完成度が高いです。
僕もファッションにそこまでの興味は無い人間なんですが、その辺の知識が欠けてても充分楽しめる作りになってました。
カルバンクラインとか、プラダ、とかその辺の単語が「ブランド名」と認識できればOKです。

>レイフさん
アン・ハサウェイが可愛いんですよね。
僕の中で、女性のサクセスストーリーNo1の作品になりました。

スタバ、良く出てきましたね。
でも作中、日本で言うグランデサイズを4つとか買い込んでて「アレは冷めちゃうんじゃないか?」とか思ってましたが、ミランダのライフスタイル的に「冷めたヤツは捨てる。」と言うか「コーヒーとして認識しない。」んでしょうね。
僕には勿体無くて出来ませんww。
4. Posted by ばお   October 19, 2009 17:19
やっぱり評価いいですね!
レイフさんのお薦めで、チェックはしてますよ〜♪
5. Posted by 管理人   October 19, 2009 18:32
>ばおさん
オススメですよ。
あんまり前知識無く、サラッと流すくらいの気持ちで観たんですが、どんどん惹き込まれました。

やっぱ映画って最初の15分位にどれだけ観客をその世界に引き込めるかって大事だと思うんです。
この作品はトップにモデルさんたちがゴージャスに朝の支度をするシーンをバーンと持ってきていて、観てるだけで楽しい入りになっているのが「上手い!」と思わせました。
6. Posted by え   February 11, 2012 00:33
この映画大好きっ!
内容も勿論出てくるファッション
や小物とかが素敵でそこは
sexandthecityみたいでした。
見てるとわくわく出来たo(^^)o

A
7. Posted by 管理人   February 11, 2012 22:01
>えちゃん
アン・ハサウェイは可愛いし、ファッション業界の裏は興味深いし。
そんなに期待しないで観てたんだけど、スゴイ良い作品だったんだでグイグイ惹きこまれたよ。

で、最後には成長物語として完成度が高い。

文句なしでした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔