March 07, 2010

バーン アフター リーディング

バーンアフターリーディング


「ノーカントリー」でアカデミー賞を総ナメにしたコーエン兄弟が贈るクライムコメディ。


CIA情報解析官のオズボーンはアル中。
それが理由で部署の移動を命じられ、頭にキタ勢いで仕事を辞めてしまう。

オジーの妻・ケイティは、財務省連邦保安官のハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫中。
オズボーンとの離婚で有利になる為、彼のPCのファイルをCD−Rに移した。

ところが、ソレをスポーツジムの更衣室に置き忘れたコトで事件が始まる。

ジムのインストラクター・リンダは出会い系サイトで出会いを求める美容整形マニア。
憧れの全身整形の為に金が必要だった。

そして、置き忘れのCD−Rを手に入れたのは、リンダの同僚でipod ジャンキーの筋肉バカ・チャド(ブラッド・ピッド)。

CD−RがCIAの機密情報だと知ったチャドとリンダは、オゾボーンから金をせしめようと脅迫電話をかけるが・・・。



テンポも悪く、中身もなく、面白いトコも特になく、盛り上がりどころも無い。

とにかくダラダラと延々と緩慢で、ほんっとツマラン映画だったなぁ・・・。


まさかこのまま終わらんだろう・・・。
なんかラストにキレのある何かがあるんだろう・・・。

そんなコーエン兄弟への信頼が、最後まで裏切られるとゆー結果。

なんか、久しぶりに本当にツマラン映画を観てしまった。

なんじゃコリャ。


最終評価 C



その後、一緒に観た嫁様に

「なんか、色々ゴメンね。」

と謝ってしまいました。


know_the_base at 23:19│Comments(4)TrackBack(0) 2010年に観た映画 | 映画 は行

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ホームズ   March 08, 2010 00:03
久々の地雷作品ですね(笑)

私もハズレ作を観た後にいつも思うんですが、こういう作品を作れる監督ってある意味スゴイですよね。
2. Posted by 管理人   March 08, 2010 20:15
>ホームズさん
地雷でした。
コーエン兄弟とか、ブラピ・ジョージとか、その辺のカモフラージュに上手く隠されてて、完全に踏みました。

僕はアレです。
どんなに前評判が良くても、どんなに他の評価が高くても、ツマランもんはツマランと言ってしまう人間なのです。

そうじゃなきゃ、僕が映画レビューを書く意味なんて無いですもんね。

この映画はツマランです。(キッパリ)
3. Posted by レイフ   March 08, 2010 23:03
¥100になったら見ようかな?
それともパス??
4. Posted by 管理人   March 09, 2010 19:21
>レイフさん
パスが良いと思いますが、御自身で体感して貰うのもアリかと。

これぞ完全地雷作品です。

「深読みして(アフターリーディング)」ってコトなんでしょうが、深読みもまず映画の面白さがあってからです。
深読み前提のタルい映画なんて、最悪です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔