December 22, 2011

恋物語

恋物語


片想いをずっと続けられたら
それは両想いよりも幸せだと思わない?


恋物語
講談社BOX  西尾維新 著  VOFAN イラスト

「ひたぎエンド」収録

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あらすじ

「囮物語」から2ヵ月。
1月1日・元旦。

戦場ヶ原ひたぎは、自分の家族を破滅に追いやった詐欺師・貝木泥舟と会っていた。

本当なら自分の前に立つことなど許せない。
いっそ、刺し殺してしまいたい。
そんな恨み骨髄の相手、貝木泥舟。

そんな貝木に、戦場ヶ原ひたぎは電話をし、詐欺の依頼をした。

「あなたに騙して欲しい人間がいるの。」


公立七百一中学校二年生、千石撫子。
千石撫子は小学校時代から阿良々木暦に片想いをし続けてきた。
だが、阿良々木暦には彼女・戦場ヶ原ひたぎが居る。

そして、その事実を知り、その恋の終わりを知ることで蛇に噛み付かれ、いや、神憑かれ、蛇神になった。

蛇神となった千石撫子は、自分の願いを成就しようとした。

成就するコトのない、成就させるつもりの無かった片想いを永遠にする。
その為に、片想いをし続けてきた阿良々木暦を殺す。
そんな願いを。

阿良々木暦と、伝説の吸血鬼の残り滓・忍野忍。
運命共同体の2人が蛇神になった千石撫子に殺されようとする、2ヶ月前のその時。

「卒業式を待って欲しいの。」

卒業式が無事に済んだら、私も、阿良々木君も殺していいわ。

阿良々木暦の恋人である戦場ヶ原ひたぎの願いを千石撫子は受け入れた。

そして、千石撫子は待つことにした。
想い人の卒業式を。


このままなら、あと数ヶ月で、暦と自分は死ぬ。
戦場ヶ原ひたぎは、貝木泥舟に依頼した。

「千石撫子を騙して欲しいの。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


物語シリーズの最終巻・・・だと思っていた、「恋物語・ひたぎエンド」。

僕が敬愛して止まない戦場ヶ原ひたぎが、シリーズ最初の「ひたぎクラブ」以来のタイトルであり、表紙もつとめるこの作品。
もちろん、今回の語り部は戦場ヶ原ひたぎのハズ。 そりゃあ、待ち侘びずにはいられませんでした。

語り部を務めるキャラは、やはり語り部であるが故に内面をさらけ出さざるを得ない。

無敵の完全無欠委員長・羽川翼が、ただの片想いをする女子高生だったように。
誰もが知るスター選手であり、露出狂の気がある天然モノの変態・神原駿河が、悩みを抱えた女子高生だったように。

周囲から見られているイメージと、本人の内面は、全くの別物。
そう、ワトソンの見たシャーロック・ホームズの事件簿と、シャーロック・ホームズ自身が語る事件簿は、同じ事件を扱っていても全く別の話になるように。

ツンデレを通り越してツンドラと呼ばれ、その氷の仮面を脱いで普通の女子高生に戻った戦場ヶ原ひたぎ。

最終巻だからこそ、遂に、そんな彼女が内面をさらけ出す・・・、ハズだったのに・・・。


そう思ったのに・・・、思っていたのに、語り部・貝木泥舟。

なのに・・・・、語り部・貝木泥舟?

って、えええええぇぇえぇぇぇぇぇ??!!

語り部・戦場ヶ原ひたぎ。じゃ、ねーーーのーーー?!


うわっ、男かよ。

しかも、「偽物語(上)」では、むしろ敵だった謎の詐欺師・貝木泥舟かよっ!

このシリーズでの登場回数は数えるほどの、貝木泥舟かよっ!!

なんつー、壮絶な肩透かし。

しかも、この語り部・貝木泥舟が、意外と良いのがまた悔しい。
しかも、貝木泥舟・・・・なんだかんだで内面を知ればイイヤツなんだもんなぁ。
まぁ、そんなコト言われても本人は「それさえ詐欺師の掌さ。」とか言いそうですけどね。

例えそうだとしても、シリーズの最終巻として最高潮に高まったクライマックスにキッチリとカタを付けてくれた貝木を、もう、嫌う事など出来ない。


で、あれ?

シリーズ主人公の阿良々木君は、今回、出てましたっけ?


ま、何はともあれ。

次巻からは、ファイナルシーズン!!

楽しみ。楽しみ。




know_the_base at 22:53│Comments(2)TrackBack(0) 楽しい本 | 物語シリーズ関連

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by メケ   January 12, 2012 08:03
今更ながらの感想で失礼をば。

私も今巻はガハラさんだと予想してたので、
貝木さんの語りは予想外で驚きました。
けど、読み進めていくと
「こいついい人なんじゃん。」となってしまい
憎めなくなり。
詐欺師って割と真面目な人なんですね。

そして蛇神様になった撫子のアレな感じがもう・・・
「撫子だよ!」の登場シーンとか、
1万円のお賽銭で興奮しちゃうとか、
やはりお子様ですね。
元に戻れないだろうと踏んでたのに、
戻れてしまいここも予想外でした。

真のラスボスは扇?なんですかね?

アララギ君は最後に出てましたよー!
主人公の面目保てましたねw

個人的には、夜は云々と言っていた
ガハラさんと何やってたのか気になりますwww
おーい受験生ー!www
2. Posted by 管理人   January 12, 2012 19:55
>メケちゃん
リクエストにお応え頂き、感謝です。

やっぱり語り部・貝木泥舟はみんな肩透かしを喰らったんだねぇ。
フツーはガハラさんだと思うよね。ま、ソコをフツーにこないのが西尾維新らしいって感じだけどさ。

でもって、貝木は何だかんだで良いヤツと言うね。
最後には貝木の語りで満足っていうね。

撫子は・・・ん、まぁ、あんなモンでしょ。
あの子は・・・まぁ、本来は単に頭が悪いほうの中学生だからねぇ・・。

ラスボスは扇ちゃんで、更に最後には忍野さんたち大人メンバーも勢ぞろいでいくんでしょ。
そうでなきゃ、ねぇ。

夜?
夜、彼らが何をしてたのか?
そりゃあ・・・ナニをしてたんでは・・・。
死を前にした恋人同士ですから、そこはもう、(パン)

ぷしゅー。(死亡)

好奇心と言うのはゴキブリのようなモノね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔