December 21, 2012

労働意欲を失う話。

ひとつの家庭に生活保護費が月々50万支給されてるらしい。


「ナマポ(生保)」が微妙な配慮で流行語大賞から外される昨今。

芸能人の不正受給が問題となり、社会保障費の増大、低所得層の労働賃金と保護費の逆転、生活保護者の浪費の発覚など、生活保護への風当たりは厳しくなるばかり。
最後のセーフティネットとしての生活保護ですが、少子高齢化に伴い日本の国力自体が衰退していく社会情勢の中では「守ろう」と言う声は小さくなる一方。
そして、安倍自民党は生活保護費の削減を掲げて憚らない。

僕は仕事で生活保護受給者と関ることも多く、しかも、生活保護になるべき人が生活保護になることを支援し、望んでいたりします。

なので、生活保護も世の中には必要なんじゃないか、と思っています。

まぁ、実際問題、そんな人たちも色々で
「オマエは今までの人生を好き放題にやってきて、今更生保なんてフザケンナ。」と思う人も居ますし
「アナタは・・・、そうね、仕方ないよね・・・。」と同情を隠せないほどイタイ人も居ます。

そんな中に、今までの未払い金が大変な額になり、それでも平気で来院し、しかも受診伝票の持ち帰り(万引き)もしてしまうとゆー、散々に手を焼かされてきた一家が居ます。
その一家が最近生活保護になり、未払い金も一定のペースで分割入金するようになってました。

生保の認定以来、その夫婦の毒々さが抜け、すっかり安定した感じに素直に「良かったね。」と思ってました。


その一家に支給されている生活保護費が月々50万円と聞くまでは。


大人2人、こども9人、計11人。
基本的に世帯の構成人数によって加算されていく生活保護費。
まぁ、色々と計算式があるようですが、ざっと計算しても確かにそんな感じの金額になりそう。
そうですか手取り50万ですか。

社会保障費、所得税、医療費なしでソレって、年収換算すると700万クラス?

僕の年収なんて楽々オーバー。
今まで、最低賃金と生活保護の逆転は対岸の火事でしたが、ここにきて僕も逆転。
何も考えずにセックスしまくって、こども産むだけ産んで、働かないで月50万て。
そりゃあ、一般納税ピーポーは労働意欲を失うよ。

んー。流石にどうなのか。

どうなのか。どうなのよ。

それは流石に制度に歪みはありゃあしませんか。



僕の中の生活保護問題への解答。(know_the_base オリジナル)

制度は現状維持。
ただし、受給者は 「外せない」金属製のブレスレット(個別ナンバー有) の着用を義務化。
出来るならショッキングピンクか蛍光イエロー・グリーンなどの奇抜な色。
中学生(15歳)以下のこどもは免除。
毎月確認。もし切ったりしてソレを外した場合は、その時点で受給を停止。
以上。

ただ単に、誰の目にも誰が生活保護か分かるようにするだけ。
もちろん、受給者自身にも。
受給者自身の心の中にある「羞恥心 」を常に刺激する。
それだけ。
以上。

これで暴力団員の不正受給はまず無くなる。
だって、自尊心の肥大した人がそのブレスの着用は耐えられないでしょ。
お風呂で紋々背負って、腕にはピンクのブレスレット・・・、ないわー。

もちろん所得隠しでの受給も減るでしょうし、その烙印は、本当に困窮した人でもその環境から抜け出したいと言うモチベーションを生み出すハズ。

でも逆に、本当に生活に困窮しているのなら、その程度の条件は問題ないハズ。
生存権の保障はします。
文化的な生活もおくって良いです。


この案でどうよ? >アベボン



「更新したと思ったらまた社会問題ですか。しかも禁断の職場絡みネタ。」

「いやー、あんまりのトピックだったので書かずに居られませんでした。」

know_the_base at 06:41│Comments(2)TrackBack(0) 国内問題 | 雑感と意見表明

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by えんどう   December 21, 2012 09:28
確かに、酷い話だ。

差別が起きないかちょっと心配だけどそれぐらいやってもいいね
2. Posted by 管理人   December 22, 2012 22:26
>えんどう
これはちょっと極端な例だけどね。

でも、この話を聞いた午後は、もうヤル気失せたねー。

仕方ないよね。人間だもの。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔