February 07, 2013

朝まで寝る当たり前。

あんまり色々起こるので、昨日の夜は睡眠剤を飲まないで寝てやろうと思った。

夜中に起きてどうしようもないとか、そもそも寝られないとか、問題があれば飲もうと思った。

昨日は眠いのを我慢してみたので、案外とすんなり寝れた。

そしたら、入院してはじめて、睡眠剤無しで朝まで寝られた。

夜中に喉が乾いて少しだけ起きたけど、水分を摂って、すぐに寝られた。

看護師さんが朝の検温に来るまで寝てて、起こされてビックリした。


朝まで寝られた。

こんな、こんな小さな一歩、しかも、今晩も続くとは限らない半歩が、嬉しい。

なんだ、薬なしでも寝られるんじゃん。

なーんだ。


当たり前が当たり前の日常。

それは、もう望めないし、望まない。

それでも、そんな僕だって、朝まで寝られるくらいは当たり前で良いでしょ。


まぁ、でも、気負って寝るモンでもなし、起きたら起きたで仕方なし。
寝られないのも仕方なし。
その時には、薬に頼るも仕方なし。
その位でいきまっしょい。

あぁ、今晩も寝れたら良いな。


「出所後には、パパの安眠の為、私専用ベッドを用意する手はずになっております。」

「君の踵落としで起こされるのを、幸せと感じたのは二歳まででした。」



know_the_base at 07:26│Comments(2)TrackBack(0) 日記 | 療養生活

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by レイフ   February 14, 2013 23:20
寝るのも体力を使いますからねぇ〜〜
2. Posted by 管理人   February 15, 2013 15:57
>レイフさん
昨日は午前に帰ってきて、ひたすら寝て、寝て、今朝になってました。
家のベッドは最高です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔