February 18, 2014

カツ婚

カツ婚! 恋に喝!篇 (ワイドKC キス)
米沢 りか
講談社
2012-08-10






勝つ結婚活動。
勝つ婚活。

すなわち、カツ婚。

Kiss ワイドコミックス
米沢りか 著

大反響! 恋愛指南コミックス
失敗しない恋が出来る必勝法を恋愛のカリスマ・蝶子が伝授!!

間違った努力に喝を入れて幸せな結婚をする方法 
−恋に喝!篇 & 愛で勝つ!篇−



出会いがないと嘆く女友達について恋愛カリスマの蝶子に相談。

すると蝶子はこう言い切った。

出会いが無いって言う人って、自信家ですよね。
だって、自分に足りないのは出会いだけだって思ってるんでしょう?
自信家ですよ。

そして蝶子はネガティブな発言をし、緊張感のない日常をおくる女友達に「楽をするな」と、喝を飛ばすのでした。

その内容をモテる男性上司に伝えた女友達は、男性上司にこう言われてしまいます。

女性の言う「出会いがない」って
「(わたしが好きになれる男性との)出会いがない。」って意味でしょ?
男性が言う「出会いがない」は
「出会いそのものがない」という意味合いが強いですよ。

それでも文句を言うと男性上司はこう返します。

女性のいう「出会いがない」はこういう意味と解釈します

「(好きになれる男性がいたとしても、その人もわたしを好きになってくれる・・・という男性との)出会いがない。」

第一話「出会うまえにしておくべき5つのこと」より


確かに女性の「出会いがない」と、男性の「出会いがない」は意味が違うよねー。
という入り口から始まって、最終的には男性の生態までを分析していく。

なぜ男はひき肉料理が好きか。
男の言う「頭のいい子が好き。」と「ちょっとくらいバカな方がいい。」は同じ意味?
なんで自分磨きをしているのに男にモテない?

そんな疑問に蝶子が出す回答は、男性的にはドンピシャに当たってなくとも、決して遠からず。

全体的に70〜90点くらいの分析力。
そういう面もあるね。と、納得出来る。

所々に「それを言ったらおしまいよ。」と、思うくらいにはズバリと核心に触れるモノもあるので、男性の操り方の参考になるでしょう。


で。

何でオマエがこの作品を読んでるんだ?

よ・・・米沢りかだからかな・・・。

正月に実家に届いたマンガ群の中にあったので読みました。
なぜか我が家のマンガ史にちょいちょい顔を覗かせる漫画家・米沢りか。
姉氏がファンなのか?

米沢さんには女性の御胸様のサイズやら何やらと、沢山の雑学知識を頂いております。

そして今回は恋愛論。

恋愛雑学を仕込ませて頂きました。

で、その雑学が僕の役に立つか立たないかは別問題って話。


まぁ、内容的にはベタな恋愛指南書ってモンなのですが、僕的には男女の考え方のズレについての考察本のように感じました。

10%の人にはクリティカルに役に立ち、30%の人は「確かにそうかも。」と膝を打ち、30%の人は「そういう部分もあるかもね。」と思い、30%の人は「そんなコトねーだろ。」と笑う。
そんな配分。

でも、意外に鋭い指摘なんかが多くて、鼻で笑って流すって内容でもない。

中身は、それなりに面白く、それなりにアホっぽく、それなりにそれなり。
読みやすいけど、結構な言い切り形が多いので、「おいおい、ホントかよ。」とツッコミたくなる部分もチラホラ。

まぁ、レディース誌の「結婚」を大正義とした上での恋愛指南書なので、既婚の30男が真面目にツッコんではいけない気がする。

まぁ、女性目線の恋愛指南書なので、男性目線で読むと本来の狙いとはまた違った味わいといったトコでしょうか。


未婚の女性へ。

これを真剣に読んでいるのもどうかと思うが、この本に書いてあるコトくらいは理解してて欲しい。

そんな感じです。


「なになに? 男は謝ったらゼロ地点に戻ったと思ってる? マイナススタートに決まってるでしょー!」

「まぁ、謝って即ゼロに戻ったとまでは思わないけど、何年も引きずられても鬱陶しいという話です。」




しかし、そんなに結婚(恋愛)中心で生きなくても・・・ 

って、あぶね。余計なコト言うトコだった。



know_the_base at 22:34│Comments(0)TrackBack(0) 楽しい本 | マンガ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔