July 01, 2019

転職のまえに ノンエリートキャリアの活かし方

転職のまえに (ちくま新書)
中沢 孝夫
筑摩書房
2018-08-07



転職のまえに ノンエリートキャリアの活かし方
中沢孝夫 著
ちくま新書 2018年


ほとんどのビジネスパーソンの仕事人生には何度かの「転機」がある。
そして、そこには「このままでよいのだろうか」という問いがある。
20歳のときの「夢」、30歳のときに知った「現実」も、時間と共に修正される。
それは自己の成長の結果である。
子どものときの被服がすぐに身の丈に合わなくなるように、「志」も「目的意識」も変わるのだ。
さまざまな天気や転換を、中小企業から大企業までの豊富な事例とデータをひもときながら、次の一歩を踏み出す前に一緒に考える一冊。

1944年生まれ・御年75歳の著者は高卒で郵便局に入り、労働組合の専従職員を経て、45歳で立教大学法学部に入学、その後1100社の聞き取り調査を行ったという経歴を持つ。
天下国家や時代といったマクロではなく、個人個人の人生というミクロ領域の専門家。

著者の経歴、紆余曲折なんてモンじゃない。


その価値観の根底に見え隠れするのは

1960年代は生活も給料も酷いものだった。
今は実質最低賃金1000円超であり、月に16万程度は基本稼げる。
2018年の有効求人倍率1.5倍は、恵まれた時代。
海外の本当の絶対的貧困を知ってると、日本の相対的貧困なんてちゃんちゃらオカシイ。

という価値観がチラチラ見える。
こと「転職」をテーマにした本で、作者のその価値観が見えてしまうと、何とも言えない気持ちにはなる。

なぜなら、そこから導き出される仕事観というのは・・・・お察し。

どんな環境でも働き、その働いた日常が繋いで繋いで繋がって、それが人生。
まぁ、分かるけどね。
分かるけど、欲しいアドバイスはソレじゃないんだよなーっていう。


ちなみに、著者が世の中を単純化した大風呂敷(マクロ論)が嫌いと言うのも、非常に良く伝わってくる。

確かに著者が言うように、「単純労働はAIが人間にとってかわる」なんてのは具体的にミクロで考えていくと「本当かよ?」と思う。

新幹線の清掃のような仕事がAIに置き換わるってどういうこと?
ロボット化?

ドローンで配送と言っても、「受け取りは?」「住宅の上も飛ばすの?」「マンションは?」と考えていくと、具体的には良く分からない。

単純労働がAIに置き換わるにしても、本当に具体的に「この仕事はこう置き換わる」というイメージが提示されることが少なくてイメージ出来ない。

著者曰く「マクロ論者は、実際の仕事が分かってない。」
まぁ、確かに。

囲碁や将棋のような一定のルール下でやる競技でAIが人間を負かしたからと言って、だから何だというのは確かにそうだ。
実際の仕事は、将棋盤をひっくり返すような事象や相手に対応しなきゃいけないのだから。

自動運転やAIが人間に取って代わる世界というのを「いずれ」や「かもしれない・可能性がある」を語尾に入れて論じるのは、「宇宙には無数の星々があるのだから、どこかには人間のような知的生命体がいる可能性があり、いずれそれは見つかる。」といった話と大して違わない。確かに。



「転職のまえに」というタイトルではあるのもの、本の中で転職自体の扱いはそう大きくない。

「職業人生の中で転職っていう選択肢もあるよね。しても良いし、元の仕事を続けても良いよね。」
「成功する転職は目的意識がある転職。失敗する転職は逃げの転職。」
くらいのもの。

結論として「転職のまえに」どうすべきかと言えば、あらゆる学びを続けて自分の器を大きくしろ。以上。


「確かにね。」と思う部分もある。
随分と主観でぶった切ってますね。とツッコミたくなる部分もある。

結果、「転職のまえに」というタイトルで手に取った正直な感想としては、「思ってたんと違う。」




know_the_base at 23:38│Comments(0) まじめな本 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔