July 20, 2019

天気の子

6963FEA1-07D7-49B1-ABCE-E74966299E49


「君の名は。」の新海誠監督作品。


生まれ育った島に息苦しさを感じていた16歳の森嶋帆高(もししま ほだか・CV醍醐虎汰朗)は、フェリーに乗って東京を目指す。

その夏の東京は、異常気象で雨が降り続いていた。

仕事も住む場所もアテの無い家出少年。
当然のように帆高は行き詰っていく。

夜のマックで、コップ一杯のスープで時間を過ごす帆高。
そんな帆高を見かねてハンバーガーを差し入れた少女・天野陽菜(あまの ひな・CV森七菜)と出会う。

帆高は東京で唯一のアテであった、フェリーで出会った怪しい大人・須賀(CV小栗旬)を頼った。
心霊記事や超常現象のデッチ上げ記事を書いている須賀の事務所に転がり込んだ帆高は、住み込みの助手となって、なんとか住む場所と食事を手に入れた。

後日、帆高は水商売のスカウトに連れられて行く陽菜を見かける。
陽菜を救い出そうとしたものの路上で捕まり、良いように殴られる帆高。

思わず、新宿のゴミ箱から拾った拳銃を取り出す。響く轟音。
その拳銃は本物だった。

スカウトから逃げ出す2人。

屋上に小さな神社のある廃ビルで、陽菜はひとつの秘密を帆高に告げた。

「私ね、100%の晴れ女なんだ。」

実際に陽菜の祈りで久しぶりの晴れ間を見た帆高は、「晴れを売る」商売を思いつくのだった・・・。


「君の名は。」で大ヒットを飛ばした後の作品は、一体どんな内容になるのか。

そんな興味もあって、公開2日目に観てきました「天気の子」。

176670A3-0B27-4930-A7CF-BA6CA97B7812


以下、ネタバレを含みます。






社会に居場所が無いと感じていた少年・帆高。
社会から弾かれるのを必死で堪えようとする少女・陽菜。

その2人が出会う。

天候を自由にするという神の所業を、悪意無く利用する2人。
一時は、まるですべてが上手く回っていくかのような気さえしてしまう。
だが・・・

拳銃所持者として警察に目を付けられた家出少年と、保護者の居ないアパートで小学生の弟と2人きりで生活する少女。
そんな2人を、社会は放ってはおいてくれない。

そして、天候を操る力もまた、陽菜の身体を蝕んでいく・・・。

社会は2人を弾きだす一方で、社会のための人身御供となる陽菜。
「たった1人の犠牲でこの雨が止むなら、それが良い。みんなそうだろ?」と須賀は呟く。

「晴れ」によって2人が生み出す、美しい景色と人々の笑顔。
危ういバランスの中で距離を縮めていく2人の淡い恋。

帆高と陽菜の間に良い流れが生まれれば生まれるほど、そのバランスが崩れる瞬間の怖さが募っていく。


ずっと雨が降り続くという「狂った天気」。
そして、天気の狂いを修正するための人身御供となる陽菜。

本来あるべき世界が、歪み、そして修正する方法が主人公たちの手元にある。

普通のストーリーであれば、そこは「何とかして」天気を元に戻し、「何とかして」陽菜も取り戻す。

だが、この「天気の子」は、そんな予定調和で終わらない。

みんなの望む調和のとれた「普通の天気」の世界より、たったひとりの少女を選び取る少年。
結果、世界は狂ったまま残る。

そして、世界はその狂った天気を、そのままに受け入れていく。

普通のストーリーで終わらないラストに、非常に好感を持ちました。


このラストは、多分「なんだよ投げっぱなしで終わりかよ。」という批判を生むのだろう。
そして、新海監督もそんな批判が生まれることは百も承知だろう。

決して「君の名は。」の様に大ヒットや万人受けする結末ではない。
それも踏まえたうえで「君の名は。」の次作として、良いと思います。


しかし、このレベルの風景クオリティを今後ずっと要求され続けるって、大変だろうなぁ。

あと「君の名は。」の瀧くんと三葉が大人になって出てんの、ちょっと嬉しくてズルイ。
こういう演出、やっぱ好き。


最終評価 A



know_the_base at 18:17│Comments(0) 2019年に観た映画 | 映画 た行

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔