October 20, 2019

茨城県自然博物館 第21回 ネイチャーウォークラリー 感想

「茨城県自然博物館 第21回 ネイチャーウォークラリー」に参加してきました。

前もって「往復はがき」で申し込みをしておかなければならない、微妙なハードルを持ったこのイベント。
イマドキ「往復はがき」って・・・と思ってはいたのですが、小学生から80歳の方まで参加するので、何でもかんでもデジタルにすれば良いってモンでもないんでしょうね。


さて、本日の天気は曇り。
ほどほどに日差しがあり、風もなく、雨も降らない。
絶好のウォークラリー日和でした。
54FD2DF7-7A96-4825-A7A5-8169CDCDEF46



9:00頃に茨城県自然博物館の会場着。
博物館裏手の、本来なら出口になっている門が解放されていて、ウォークラリー会場へ直接入れる。

開会式や、準備運動をして、10:00からウォークラリーがスタート。

事前の申し込み段階で、6劵魁璽垢3劵魁璽垢鯀択する。
当然、我が家は3劵魁璽后

申し込んだ人たちは、それぞれの歩く長さに対応した4つのグループに振り分けられている。
これは、戻ってきた往復はがきに書いてある。

ちなみに我が家は「きのこA」。
各グループで違う道順が示されていて、チェックポイントも違う。

運営発表で1200人もの人が参加するイベントなので、全員が同じコースだったら「ただ前の人の後をついていくだけ。」のウォークラリーならぬ、単なるウォークになっちゃいますもんね。

そして、10:00の開始から5分毎に、各グループから10組ずつ、受け付けで配布されたゼッケンの若い番号からスタートしていく。
道順や質問が書かれた紙は、前のグループが出発してから配布される。

一応、賞品とかも出る大会なので、不正対策には気を使っている様子。

ちなみに我が家は2番目スタートの組。

最初こそ同じグループの他の人と一緒に歩きますが、第1チェックポイントでクイズだ何だとやっている間に、もう結構バラバラになります。
まぁ、バラバラになった方が面白いですしね。


このウォークラリーのルールとしては
・スタート時間からゴール時間までにかかった時間が、運営側の設定した「目標タイム 」とより近いほど、高得点になる。→早くゴールすれば良いわけではない。
・3劵魁璽垢砲錬瓦弔△襯船Д奪ポイントで設定された設問に回答する。
・2か所の観察ポイントでは、周囲をよく観察・記録して、ゴールで渡される質問に答える。

上記の3点の合計点数を競うというもの。


なーんて、言ってはいますが、チェックポイントの解答が書いてある案内板の周囲には参加者の人垣が出来ているので、まぁ、ねぇ。
てか、人垣まで行けば、「Aだ!Aだね!」とか小学生が嬉しそうに話してるのが聞こえますしね。

そこは点差にならんだろうという、ね。

設定タイムについては、ある程度は予想は出来ても運要素ですし、考えても仕方のないところ。

結局、参加者が頑張れるポイントは「観察ポイント」のみ。
C0290B77-5B3B-4A1C-8BAC-A05E6C934780


そう考えて、観察してみたのです。

ふふふ、勝ちにいくぜ!

742DDC7F-0EF4-4E19-B54E-56AB5B96BF2B

思わせぶりにある説明看板を、とりあえず画像に残してみる。

だが、まさかこれで終わりではあるまい。

説明看板では竪穴式住居の作り方などが説明されていた。
そして、その周囲には
09E0B365-F396-46CA-8021-BBE889CB2930

竪穴式住居遺跡の再現!!

これだ!
この跡地の数とか大事だろ!
そうなんだろ!

第2観察ポイントの周囲には、意味深な日時計たち!
941D172E-6885-4F9F-8F93-27DFA9C57C67


これか?
これだな?

ふふふ。
勝つぜ、勝ちにいくぜ。


1時間と少し会場の中を「あーでもない、こーでもない。」と歩き回り、休憩し、少し遊び、そんなこんなでゴーーール。(11:30頃)

クリアタイムは、1時間20分というところ。

悪くない、悪くないはずだ!

だがしかし!!
ゴールで配られた観察ポイントに関連する質問は、結局は周囲の説明看板の内容から出題されていて、なんだかなぁな感じ。
なんだよー。
観察じゃないのかよー。

これなら周囲の案内を写真で撮りまくれば良いだけじゃんかー。


ゴールの手続きを済ませ、参加賞を貰って、のんびり昼食。
晴れているし、風もないし、芝生でごろごろ。

13:30の閉会式まで少し時間があるので、自然博物館の中を見て回る。
小学生とか連れてると、いくらでも見るものがある。

ただ、日ごろの運動不足が如実に出て、疲労感が襲ってくる。
それなりにアップダウンのあるコースを歩いていますしね。


13:30 閉会式。

副館長さんの挨拶の後、各賞の発表。

ここが長い。
協賛企業の名前を出さなきゃいけないのは分かるけど、とにかく長い。
あと、段取りが若干悪い。

まぁ、正直、疲れているので・・・もっとパッパとやって欲しいかな。

我が家は当然ながら、何の賞にも引っかからず。

うん。
知ってた。

隠し設定タイムも公表されず。
これはまぁ、設定タイムが分かってしまうと、毎年参加する人が有利になってしまうから公表しないのかな。

3kmコースは、それなりにアップダウンのある内容で、そこそこの疲労感。
でも、4歳児でもしっかり自分の足で歩いてました。

運動不足の大人でも、ね。
いけましたし。
程よい感じ。


そんなこんなで、楽しく充実のウォークラリーでした。

これなら来年も参加したい。



know_the_base at 21:20│Comments(0) 日記 | こども

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔