クロマグロ

March 18, 2010

クロマグロ審議、モナコ案否決。

クロマグロ


専門家ではないので、この結果の良し悪しは良く分かりません。

大西洋のクロマグロは70年代の15%程度まで減少し、世界に流通するクロマグロの8割を日本が輸入している。

日本は、クロマグロの保護はワシントン条約という枠組みではなく、大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)の漁獲制限で資源管理すべきと主張。

モナコ・EUは、大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)の漁獲制限は不十分であり、絶滅危惧種に指定すべきと主張。

クロマグロが禁輸になるか、ならないか。

日本の食文化・寿司の主役・本マグロ。
その食文化の分岐点に、報道は加熱。

それを僕は「どうなるのかな?」程度のレベルで見ていました。


そして、今日、採決の日。

今日に到るまでは「モナコ・EU側が有利・日本は不利。」との報道だったので、てっきり「その流れのまま禁輸になるのだろう。」と思っていました。

が、この結果。  正直、驚いた。


何に驚いたって、日本が国際的な交渉の場でちゃんと主張を通したことに驚いた。

なんて言うか、日本の国際交渉は下手なんだって印象が強く、不利な情勢をひっくり返せるとは思っていなかった。
特に今回の問題は、客観的に考えて日本に不利すぎる問題。

だって、絶滅さえ危惧される生物の8割を日本が輸入してるんですよ?
日本が高く買うから乱獲も起こっているんですよ?

それをひっくり返した交渉担当官(達)の腕と努力は素晴らしいと思う。

結果の良し悪しはともかく、今はその担当官を賞賛。





ま、日本人はマグロを食いすぎだとは思いますけどね。
美味いけどね。

何事も過ぎたるは及ばざるが如し。

ちょっとやりすぎなんですよ。


否決の結果、この問題は日本人の自覚の問題になったというワケです。

もし、将来クロマグロが絶滅したら、そのレッドノートには「日本の食文化の犠牲となった。」と書かれることでしょう。

そうするも、しないも日本人次第。

むしろ「あの時、強制的に制限してもらった方が良かった。」と思う日が来るかも?




そもそも、自国の食文化を主張するなら、原料輸入頼りってのはどうなの?


know_the_base at 23:54|PermalinkComments(4)TrackBack(0)