トランスポーター

October 12, 2009

トランスポーター2

執行猶予期間の映画鑑賞4本目

トランスポーター2


裏世界のトランスポーター(運び屋)・フランク(ジェイソン・ステイサム)の爽快アクション第2作。


フランクが特例的に引き受けた今回の仕事は、大富豪の7歳になる息子・ジャックの送迎。
日々の送り迎えの中、心を通わせるフランクとジャック。

そんなある日、ジャックを狙う集団が現れる。
誘拐の過程で巻き込まれたフランク。
その犯罪集団は、初めは単なる営利誘拐を思わせるが、その行動には不審な点が多くある。

フランクはジャックと交わした「必ず守る。」その約束を守る為、動き出す。



今作、スゴ過ぎです。彼(ジェイソン・ステイサム)。
ブッ飛び方が半端じゃない。

このブッ飛び方を良しとするかどうかでこの作品の評価は真っ二つになる。

必然性が無さ過ぎるロマンスとアクション。
ナンセンスで、更には過剰すぎるストーリー展開とアクション。
勘違いした日本文化と、意味不明の日本刀アクション。

これらの連続。

車の下に貼り付けられた爆弾を外す為に、加速し疾走、ジャンプ1発1回転、爆弾だけクレーンに引っ掛け、爆破。車も自分自身も無事ですよ。

そんなの連続。 

んー。 素敵にナンセンス。 めちゃくちゃ。無敵。
物理法則なんて知ったことかの世界。

銃弾とか、普通にかわしますからね。


初めは、何だコレ? 地雷か? と思うのです。が、いっそココまでイッてしまえば逆に面白くなってくる。

ここまで真面目にバカでナンセンスに突き抜けた作品も少ない。
ダメな人は本当にダメだと思いますが、その勢いに乗れてしまえば、すんごく楽しめます。

まぁ、とにかく笑わせてもらいました。


最終評価 B+

know_the_base at 22:38|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

October 09, 2009

トランスポーター

ゆいちゃんが来るまでの僅かな執行猶予期間。

ゆっくりと映画を鑑賞してられるのも今だけ。


トランスポーター


フランク(ジェイソン・ステイサム)は凄腕のドライバー。

彼は金さえ払えば何でも運ぶ、運び屋(トランスポーター)。

彼は自分に課したルールに従って着実に仕事をこなし、裏の世界では一目置かれる存在。

ルール1 「 契約厳守 」
ルール2 「 名前は聞かない 」
ルール3 「 依頼品は開けない 」

だが、ある日の依頼で、彼は痛恨のミスを犯す。
依頼品であるカバンを開けてしまったのだ。

カバンの中には1人の女性ライ(スー・チー)が入っていた。

その女性との出会いで、正確無比だった彼の仕事の歯車が狂いだす・・・。



ジェイソンのキマるアクションと、カーアクション格好良さ。それが全て。

ストーリーはアクションの為の味付けにすぎない。

何も考えないで、単純に楽しい。


最終評価 B+

ランキングに参加してみました。



know_the_base at 20:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)