プレデター

September 09, 2012

プレデターズ

プレデターズ


2010年・アメリカ作品。

シュワルツネガー主演の第1作が撮られてから23年。
手を変え、品を変えて撮られ続けてきたプレデターシリーズの決定版。
宇宙の戦闘民族プレデターたちと地球最強の選抜チームが火花を散らす。


戦闘のエキスパートの元軍人・ロイス(エイドリアン・ブロディ)は、気付いた瞬間、空高くから落ちていた。

何とか開いたパラシュートで命拾いし、叩きつけられた地面はジャングルの中。

何故、自分がココにいるのか。
何故、自分は落ちていたのか。

全てが、謎。

そして、次々に落ちてくる人間たち。落とされてきたのはロイスを入れて8人。
特殊部隊の隊員、南米の暗殺者、囚人、CIAのスナーパー、ヤクザ・・・・、エリート医師ひとりを除いて全員が戦闘のプロ。

天候、風景、状況、どう考えても普通じゃない。いや、ココは地球でさえ、ない。

そして、ジャングルの中を進む中で出会った別の人間の死体や、襲い掛かってきた猟犬のような生物でロイスは気付く。

「俺たちは狩りの獲物だ。」

正体は分からない何者かが、自分たちをこの星へと自分たちを連れてきて、狩りを楽しんでいる。
その獲物が自分たちだと。

ロイスたち地球最強の戦闘エリートたちと、見えない謎の敵との戦いが始まる・・・・。



ん、んーーーー。ん?

んー。

まぁ、お金をかけたB級映画と思えば、観られる・・・かな。途中までは・・・。


オープニングは空をダイブしているシーンから始まり、ツカミは充分にこの作品へ観客を誘ってくれる。
そして、何の目的で集められたか分からない人間が集まり、最初は正体不明だった敵の正体や、自分たちの置かれた状況が判明していく過程はサスペンス的。

おっ、この作品ナカナカ・・・、と思わせて。

途中、と、言うか、プレデターたちと戦いだした辺りからソコまでの緊張感が一気に弛緩していってしまう。

プレデターズ、なのに!!

特に連れ去られたその星で生き延びていたローレンス・フィッシュバーン(役名忘れました)の行動が意味不明で、しかも、非常にアッサリしたヤラレ具合。

てか、行動の意味不明さだったら他の登場人物たちも相当に意味不明。

クライマックスに敵になる戦闘力なしだったハズの医者とか、「この星に来て、アンタのやりたいのはソレ?」とツッコミを入れずにいられないし。

プレデターはプレデターで、狩りをしているのか戦士の誇りなのか、日本刀で戦うコト所望のヤクザとナイフで一騎打ちとかしてるし。
いや、そもそも狩りの仕方が雑すぎるだろ。ロケットランチャーかと思えば素手で殴ってきたり。その光学迷彩はお飾りかっ!!

そもそも主人公は運転の仕方も分からないプレデターの宇宙船を奪って、しかもプレデターを1匹捕獲して地球に帰ろうとか、どんだけ楽観的よ?

で、相討ちでプレデター倒すにしても、同じ方法は使うなよ! 映画だぞ!!


んー。もう少し、何とかなったんじゃないのか?

むしろ、シュワルツネガーのプレデターの方が緊張感も、ラストの戦闘シーンも、断然レベルが上。
まぁ、第1作はA級作品で、コレはB級作品ですから、比較しても仕方ないんですけどね。


最終評価 B−


know_the_base at 23:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 20, 2012

プレデター

プレデター


1987年・アメリカ映画。


最強レスキューコマンド部隊を率いるダッジ(アーノルド・シュワルツネガー)は、かつての戦友でCIA捜査官ディロン(カール・ウェザーズ)の依頼で中南米でゲリラに誘拐された某国の大臣を救う為にジャングルに分け入る。

手馴れた作戦行動によってゲリラの基地を潰したダッジ達だったが、この作戦自体はKGBと重要文書を奪い合うCIAによる偽の作戦だったのだ。

利用された事に憤りながら帰還するダッジ達。

しかし、本当の戦いはこれからだった。

基地から合流地点へと向かうジャングルの中、見えない謎の敵に襲われ、次々に死んでいく仲間達。

光学迷彩により姿を消し、サーモグラフィーで敵の位置を探り、あっという間に敵を殺す。宇宙から飛来した最強の戦闘兵プレデターとの戦いが始まる・・・。


「ランボー」や「プラトーン」的な無敵コマンドー映画が次々に出てきた80年代、もう最強主人公の前に普通の人間じゃ敵にならないので生み出された最強の敵・プレデター。
続編が続いて謎の宇宙生物プレデターの個性がクローズアップしてきて、今やプレデター自体が主人公になる勢い。

で、ちょっと忘れてた感のある初代プレデターを観て思い出す。あぁ、プレデターって、シュワルツネガーのアクション映画だったけ。と。

さて、初代プレデター。若きシュワちゃんのマッチョ感が前面に出た、ゴリゴリドッカンアクション映画。

プレデターとは何なのか、何のために人間を狩るのか、いつから、どうやって?
そんな謎はほったらかしで、ただひたすらにシュワちゃんとプレデターの戦いだけを追うってのは、ある意味で男気炸裂な内容。
展開その他にツッコミ所もあるけれど、ソレは時代と割り切れば単純に楽しめる派手なミリタリーアクションであり、見えない正体不明の敵に追い詰められていくアクションホラーとしての要素もある。

そして何より、若かりし油の乗ったシュワルツネガーの格好良いこと。
マッチョ男が趣味じゃなくても、逆襲を始めるときの松明をかかげての雄叫びはシビレるものがある。

今観ても鑑賞に堪えると言うのは、コレはコレで一流の作品だった証明。


最終評価 B+

know_the_base at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 07, 2005

11月5日 エイリアン VS プレデター

No.85
エイリアン VS プレデター

あのエイリアンとプレデターが対戦したらどっちが強い?

・・・なーんて振ってみましたが、別に興味無いですけどね・・・実際。

南極の地下に正体不明の熱源が発見される。
億万長者の実業家ウェイランドによって、その熱源であるピラミッド的な遺跡を調査するため、専門家によるスペシャルチームが編成された。

地球環境の専門家であり女性冒険家でもあるレックスも、ガイドとしてチームに参加するコトになった。

遺跡は地上のあらゆる遺跡の特徴を持ちながら、そのどれとも異なるものだった。
チームは調査を続ける中で罠によって分断されてしまう。
そして、残された象形文字によって、遺跡の正体が明らかになっていく。

その遺跡は2種の宇宙生物の100年に1度行われる戦いの場であり、彼らは誘い込まれた生贄だった・・・。


エイリアンが勝っちゃったら地球は滅亡するそうです。

で、敵の敵は味方って理論でプレデター側についたレックスは、あっさりプレデターとオトモダチ。

一緒に武器を分け合って、一緒にエイリアンと戦って、一緒に走って、一緒にピラミッドから脱出。


って何?コレ?

このシュールさにやられない人は居ないんじゃないでしょうか?


いやー想像とまったく違ったケド、面白かった。
どーしよー。Aつけても良いんですか?

こんな面白い映像見たこと無いよ。

大爆発をバックにプレデターと一緒に走る女主人公。
爆笑必至。

いやー笑いました。

え?
そう言う映画じゃないって?

いやいや、観てみて下さいよ。笑うから。
 

プレデターとエイリアンの対決より、一瞬プレデターと主人公のラブロマンスに目がいきました。

サイコー。この映画サイコー


最終評価 A−

人気ブログランキングランキングに参加してます。

know_the_base at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(1)