仕事

April 21, 2018

know_the_base これからを考える。

このブログを始めた13年前・2005年当時は26歳だったknow_the_base氏。
26歳と言えば、社会人3年目とかで。
26歳と言えば、結婚2年目とかで。
26歳と言えば、まだ大動脈瘤の手術もしておらず、健常者で。
26歳と言えば、まだ大動脈解離も起こしておらず。
26歳と言えば、まだ子どもも居ませんでした。

ちょっと振り返っただけでも、この13年で随分と自分の状況は変わりました。

あと2ヶ月もすると40歳になるknow_the_base氏は、次の10年をどうするべきか、どう暮らすべきかなんてことを考えています。

まぁ、本当は10年より先まで計画出来たら素晴らしいんですけど、13年前に自分が障がい者になったり、更に追い打ちが来たり、2人のこどもを育てていたりすることが予想出来なかったことを考えると、20年先とか、30年先なんて、ちょっと無理なんすよね。

せいぜい10年。

まぁ、解離を起こした時に「あと10年・・・」なんて思っていたくせに、5年経ったらまた「10年・・・」なんて思ってんだから、まったく人間てヤツぁよ。


10年後の2028年、僕は50歳。
その頃、娘は19歳になり、息子は13歳になる。
19歳と13歳かよ・・・、まだ大学1年生(現役であってくれ)と中学生じゃん・・・・。

解離を起こした時は、40代半ばで死ぬと思っていて(いや、これから死ぬのかもしれんけど)、50歳になれたらその先は人生のボーナスステージだから引退して好きに生きる。なんて思っていましたが。
とりあえず、50歳で引退は出来ないかな。

でも、正直そんなに長持ちする身体でもないし、なるべく早く引退したいのが本音なのです。
せめて55歳で・・・とか思いますけど、その時に娘24歳・息子18歳か。
んー。
息子氏まだ大学生になるか、ならないか。なんだよなぁ。
せめて息子氏が社会人になるまでは・・・とか思うと、結局60歳になってしまう・・・。

じゃあ60歳になって子どもが独立してしまえば、そこがゴールなのか?
その先の生活費や働けなくなった時の為と思って、その先も働き続けなくちゃいけないのか?

それじゃ延々、いつまでも引退なんか出来ないじゃん。


果たしてそうなのか?

と、アホウは考えました。



と、ここまで書きまして。

こっから先はどうしてもお金の話になるんすよね。

色々考えまして。
色々と具体策もありまして。
色々とつらつらと書いたのですが。

お金の話のタブー感が半端なくてやめました。

変な誤解や勘違いも困りますしね。

さーて。
憧れの引退目指してがんばろー!






know_the_base at 20:27|PermalinkComments(0)

July 07, 2016

誠実な営業さんが報われた話

珍しく仕事の時の話なぞ。


僕の仕事で印刷屋さんの関わる仕事があります。
いつも仕事をお願いしているA社さんは、段取りも分かってて、連絡も早いし特に不満はありませんでした。

でも、マンネリとでも言うのでしょうか、院長が「印刷屋変えよう。」って言い出したんです。

まぁ、もちろん毎年相見積もりも取ってましたし、他社との比較もしてたのですが、なんだかんだでA社になっていました。

そこで、コンペと言う程のことはありませんが、デザイン案から見直す方向で別のB社という印刷屋さんにも話をしてみたんです。
ちなみにB社は、院長がちょっとライバル視している病院の仕事を請け負っていたトコ。


まずいつものA社さんが見積もりを出してくる。
まぁ、最初の叩き台として・・・とは言っても、ちょっとお高い。

次にB社がデザイン案と一緒に見積もりを出してくる。

これが安かった。

A社の2/3以下の価格。
しかも提案のデザインも悪くない。

お。

おぅ。
こりゃあ、B社か?

変えちゃう?


ほぼ確ってヤツです。
むしろ、この値段差でA社にしたら、癒着とかが疑われてしまうレベル。

でも、A社の最初の見積もりは叩き台で、再見積もりを出す予定になっています。

今までの付き合いもあるので、僕はA社の担当の方に 「出し直し見積もりは、よほどの見積もりじゃないとヤバイかもですよ。」 と裏情報をあげました。

で、予定通りと言うか、A社さんが改めて本気の見積もりを出してきました。
デザインも頑張ったらしく、悪くない。

んー。
A社さんも頑張った。
頑張った。

頑張ったのは分かるが・・・・やはりB社が圧倒的に安い。

これはB社かなぁ。

全体がB社に決まりの方向で流れ出しそうに・・・


でも、この時点で、僕は考えました。

「このB社の価格って、本当か?」

A社が印刷屋として出せるギリギリの額を、ウン十万レベルでぶっちぎるB社の見積が怪しく見えたのです。

そこで、本決めの前にB社を突っついてみました。

「カラーページの編集は誰がやるんですか?」とか、「カラー編集で追加料金は出ないんですか?」とか。
細々した内容の質問を投げかけてみたのです。


すると、返信がない。

2・3日後になってもこない。
ん?
メール送れてないのか?

再送。

すると、再送の3日後に返信がありました。

おせー。
しかも、そこには驚愕の内容

返信が遅かった理由もなんやかんやと理由をつけ

デザイン料を入れ忘れていたので、見積もりを出し直しました。

とのこと。
で、その見積り、A社より高いでやんの。


おい。

やっぱりか。


僕はピンときました。

これは、とにかくトンデモ価格で契約をしてしまって、後から追加料金でデザイン料とか取る気だったな?


本当のトコは分かりませんが、僕の信用は完全に失ってしまったB社。
ほぼ確から、一気にナシの会社になってしまいました。

てか、そもそも段取りから何から何まで分かってて、更に値段も安いA社から変える必要がないよ。

自分ファインプレーです。
B社の見積りを怪しんだ自分ナイス!

いやー、いい仕事した。


と、この一連の話を嫁様にしていて、嫁様がこう感想を述べました。

「元々、A社さんがちゃんと仕事してたからの結果だね。
仕事しててA社さんが嫌だなと思ってたら、そのままB社でホイホイと決めたでしょ?」

・・・。

まったくです。

僕もA社が本気で出して来た見積もりとの差額が大きすぎることに違和感を感じて、B社を突っついたんですしね。

これは一本取られました。



世の営業マンさんへ。

誠実な仕事には良い結果があることもありますよ。


そんな話。


know_the_base at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 27, 2016

漫画みたいに不運な日

本日の天候・雨。

今朝、出勤しようとして車のエンジンをかけようとしたら、キーが回らない。

なんか、ガッチリロックされた感じ。
ハンドルぐいぐい、ギアをぐいぐい、色々としてみたけど、ダメ。

試行錯誤の末、諦めて嫁様の車を借りて出勤。


職場到着。
現在、いつもの職員用駐車場が工事中のため、別の指定駐車場へ。

その駐車場は、コンクリ部分と砂利部分が混在する、ふるーい駐車場。
どこでも良いかと、コンクリ部分に駐車。

車外は雨。
濡れないように傘をさし、カバンを持ち、弁当カバンを持ち、さぁ降りようとしたら

足元に地面がない。

どうやら、コンクリと砂利のちょうど境目に車を停車していたらしく、車はコンクリの上、足を降ろそうとしていた場所は砂利。
その砂利が、えぐれて、深い穴のようになってたんですね。

足を踏み外した瞬間の気持ち。

「あーぁ。」

停車した車と車の隙間、右手には傘、左手には弁当袋。
もう、完全に抵抗する気力ゼロ。

転ぶに任せて水たまりへバシャっと尻もち。

ドロドロになる仕事着。


まるで、黒猫が目の前を通り過ぎた漫画の主人公のような、分かりやすいダメダメっぷり。

なんだ、これ。



その上、今日は業務時間後に非常に残念な会議があるんですって。

この状況で、早く帰ることさえ叶わないのか。


はぁ、帰りたい。



know_the_base at 12:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

March 20, 2014

なんだかんだで嬉しいもんすな。

今日はウチの職場のXデー。
定期人事異動の内示発表の日です。

転勤するのかしないのか。
意外と重要な転機になってしまう発表が出る日。

この日が来るまで、「今年はあの人が・・・」という虚実混ざりまくった噂話が飛び交い、この日に向けてソワソワして過ごすのが3月の定番です。


でも、まぁ、この身体ですしね。

正直、「転勤は、もう僕にはあまり関係ないや。」とは思ってます。


そうは言っても、表向きは「全員が対象になる。」ってタテマエの転勤を、身体の問題とは言えど「関係ないや。」って態度は感じ悪い。

なので、マナーの観点から、いつもは着ないジャケットをびしーっと着て出勤しました。


ところが。

「備えあれば憂いなし。」とはこのこと。


なんと、「内示なんか、血管ぶっ壊れてる僕には関係ない。」と決め込んで仕事をしてた僕に、上司から連絡が!


え? 内示?

まさかの転勤?!

まじか。

長距離の通勤なんて、血管切れちゃうよ!




いやいや。

あまりに自分と関係ないから忘れてました。
定期人事ですから、転勤の他にも呼び出す理由はあるのでした。

昇格人事です。


うお、まじか。

昇進なんか、すんのか、自分。


というワケで。


今日、ひとつ昇進しました。

ひとつ昇進、と言うか、初めての昇進なのです。


元々、出世とかサラサラ興味の無いほうで。
しかも、この身体ですから、もうソノ手の話題は無関係かと思ってました。

ウチの職場は年功序列が生きる、現代のガラパゴス。
それなりの年数を経た以上、それなりの待遇はしていくという、ウチの職場らしい采配なのだとは思いますけどね。


でも、ま、無視されているよりは、かまって貰えた方が嬉しいのは人情。

なんだかんだで嬉しいもんすな。



入職したての頃は肩書き持ちの人たちは、凄く上の人たちって感じだったけどなぁ。

新人から見た今の自分は、あんな上の人って感じじゃないと思うのだけど。


なーんて、慣れないイベントで新人の時のコトを思い出したりしてしまいました。

丸13年? 

思えば長く働いたモンだ。



「世の中的には何になったんですか?」

「主任・・・かな。13年で主任とか、ベンチャー企業だったら笑うね。」

「笑う? 何気なく13年も続く仕事ってどれだけ貴重か分かってます?」




know_the_base at 21:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

February 27, 2014

久しぶりに、怒ったよ。疲れたよ。

怒る方は怒る方で、疲れる。

と、いう話。


いや、家庭の話でなく、珍しく職場愚痴なのです。

同僚や上司ではなく、納品してる業者さんなのですが。


書店の営業さんなんですけどね。

これが、まーーーーーー、やらかすんですよ。

今回の噴火までに、何度もなんども色々あって、遂に僕も怒りました。
結構、マジなクレームを入れました。

「上司に代われ。」と、人生で初めて言いました。

細かい状況その他諸々は割愛させてください。
長くなりすぎる。


僕の怒りは怒鳴り散らすとかじゃなく、理詰めで相手の退路を完全に絶った上で

「で、どうするんですか? 落としどころはどこなんです? え? ないんですか?」

って相手を追い詰める方なんだと再認識してしまうくらいには怒りました。


そんな怒り方をしたばっかりに。
なんだかんだ「上司と対応を相談させて頂いて、折り返し・・・」とか色々とやって、散々時間がかかったのです。

折り返しの電話待ったり、電話こなかったり。

いつもの仕事をしながら、感情は起伏するし、なにより神経を使う。

疲れる。


怒り慣れてないのもあるけど。

いやー、怒るのって、疲れる。

怒られてる方も大変ですけど。
怒る方も大変。

よく「上司に怒られているうちが華」みたいなコト言うけど、本当だよ。

こっちも疲れるから、どうでも良い人だったら流すもん。
相手を怒るのは、そこに「何とかなって欲しい。」って想いがなきゃ出来ないよ。


しかも、明日もこの続きはあるという・・・。


カンベンしてくれ。



「そんなコトで血圧上げないで下さいね。」

「冷静にやろうとは思うんだけど、ナカナカねぇ。」



しかし、いつもどこでも怒ってる人っているけど、エネルギー余ってんのかな?






know_the_base at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 08, 2013

復帰して、引継ぎして、ひとり立ちして。

復帰して、一週間が過ぎ、日曜日を挟んで、月曜日が終わりました。

復帰前に心配していた仕事の配置は、別部署から転勤で出る人の後をそっくりそのまま引き継ぐ形で「良い感じに」使って貰えてます。

先週一週間は、ひたすら前任者からの引継ぎ。
そして、今日からのひとり立ちも、バタバタしながらも何とか無事にスタートがきれました。

新しい仕事は、基本、ひたすらデータと向き合うデスクワーク。
しかも、その内容は今までの医療事務経験が生きる内容。
患者さん相手のストレスもなく、動き回る仕事でもなく、自分も上司も納得の「適材適所」。



と、まぁ、良いコトづくしの様に言ってはみましたが・・・。

その「適材適所」の仕事が引き継いだ全てではなく、他にも幾つかの仕事がありまして。
で、他の幾つかの中に、「図書」なる仕事がありまして。

ね。本て、まとまると重いですよね・・・。
しかも、医療系の海外雑誌とか、分厚い上に写真ページ満載。つまり、一冊でもソコソコ重い。

そんな本の積み下ろしとか、本棚の整理とか、身体的に明らかにダメなんすよね・・・。

購入許可申請・発注・管理とかは問題無い。と言うか、今までと違う内容で面白そうですらあるんですけど、本の管理するのに運搬ナシってワケにはいかない。


まぁ、ダメなモノは、ダメだと伝えましたよ。上司に。
僕の身体も考え、仕事の内容も考えて貰ったってのに、心苦しいったらない。

現在は上の方々、検討中。

んー。どう判断されるやら。

その「図書」以外の仕事も色々あるんですが、そっちも今までの仕事と毛色が違って面白そうなんですよ。
このまま、あの場所でやらせて欲しいなぁ。

「本も少量で扱えば何とか・・・、いやいや、そう言うのが「無理」に繋がるんじゃないか?」とか、色々考えちゃいます。

そうは考えても、無理は禁物。
出来ないことは出来ない。

あぁ、面倒くさい身体。


「まぁ、あの感じだと悪いようにはされないのでは?」

「なぜ知ってる?」


know_the_base at 23:03|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

September 01, 2012

試験が終わりました〜。

この試験終わりの開放感は、何だかんだで良いものです。

いやー、久しぶりに勉強した。
この数日で信じられない量のインプットをして、一気にアウトプットした。

昨日の夜は脳のメモリがフルになって何も考えられなくなったもんね。
1回リセットする為に寝たもんね。
でもって、早朝(4時)に起きて、インプットしたもんね。

まじめに脳細胞のスリ切れる感覚を味わいましたわー。


でも、まぁ、試験は何とかなったかな。と、思います。

あのどうにもヤバスな状況から、何とかしちゃうんだ。
何だかんだでスゲーぜ、自分。 <今日くらいは自画自賛。

ま、明日にはインプットした全てがオートデリートされてる予定。


試験自体には色々言いたいコトや疑問はあるのですが、たまには脳のフルスペックを使い切るのも良いものです。

さ、明日はこの試験のせいで溜まった仕事を処理しに仕事に行きます。

あー、最悪。


「もっと前からちゃんと準備してれば、そんな状況にならないんでしゅ。」

「それが出来れば、違う人生を歩んでました。」





know_the_base at 21:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

July 16, 2012

夏らしい休日。

プール


今日はのんびりと家のコトをやる休日。

すっかり根付いてノビノビになってきてた芝生を刈るために手押し芝刈り機(刈る刈るモア)を近場のホームセンターで購入。

でもって、早速芝刈り。
なんか、晴れた休日に芝刈りしてるのって、なんだかアメリケンな感じしません?

その後、毎年恒例の娘っちのビニールプール水遊び。
今日はパパも濡れても良いように水着を装着。
ばしゃばしゃと、じゃぶじゃぶと、じょろじょろと遊ぶだけ遊び、娘っちは自己判断で勝手に満足して撤収。

自由か。自由人か。

一方、もったいないオバケのパパは残されたプールの水を畑に撒いたり、花壇に撒いたり、切られた芝に撒いたり。


畑仕事して、芝刈りして、水遊びして、バケツで水撒きして、で、気だるい午後。
なんだか、The 休日って感じ。

あーぁ。明日から仕事か・・・。
てか、仕事はともかく、例の研修後半戦がなー。あれが面倒くさい・・・。


「私の水着・・・ハンケツになってまちぇんか?」

「ちょっとサイズが小さかったんだよねー。ま、サービス、サービスゥ!!」



know_the_base at 17:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 06, 2012

フツーに五月病。

明日の仕事が億劫で仕方ない。

GWつってもそんなに休んでないのに、いつもの週明けよりも気が重い。
心が立派に五月病。




ま、働くけどさ。

頑張るけどさ。

日曜の夜に気が重いくらいは許されるでしょ。



know_the_base at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 01, 2011

仕事で遅くなった夜は。

娘は寝てるし。
嫁様も寝てるし。
夕飯はひとりだし。
TVはツマランし。
映画を観るには遅いし。

疲れたし。

良いことなし。



know_the_base at 23:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

July 24, 2011

今日は同僚の結婚式でした。

結婚式


今日は同期・同僚の結婚式。
珍しく夕方からの結婚式&披露宴で、終わったのは夜。
2次会もお誘いがあったのですが、会場の場所的に帰れなくなりそうだったので披露宴でお暇させて頂きました。

幸せムードの充満した良い結婚式でした。
祝い事は、何度参加しても良いモノです。



あ、今日でTVが地デジに移行ですね。

はい、オチなしっ。

know_the_base at 21:49|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

July 02, 2011

今日は職場の同僚と旅行に行きます。

今年度の人事異動で他の事業所(僕が前に居た病院)へ行ってしまった同期の送別会を兼ねて、今日は職場の同僚たちと一泊旅行に行ってきます。

場所は茨城県大子町の温泉宿。

特に観光とかじゃなく、温泉&酒のみの旅行ですが結構楽しみです。



ただ、車がキツキツの予定なので、一眼を持って行けないのが残念。

景色が結構キレイだって話なのになー。



know_the_base at 07:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

April 27, 2011

出会いと別れの季節。

もう、すっかり春です。
震災によって1ヶ月ズレてしまいましたが、ウチの職場でも定例の人事異動があります。

僕もこの職場に入って10年。
僕自身も異動を経験しましたけど、この時期は本当に落ち着かなくて困ります。

まず事業所間の異動、それが決まったら事業所内の部門間の異動、そして部門内の仕事間の担当変更。
ひとつ1つの発表に一喜一憂し、次の状況、その次の状況への対応が必要になります。

ひとつ1つにバタバタ、ザワザワ。

しばらく落ち着かずにバタバタして、半年位するとやっとこ安定して、小康状態がきて、で、また次の異動。

毎年、毎年、毎年。 本当に、もうっ。
まぁ、定年とかありますし、異動自体は仕方ないんですケドねー。

でも、安定するまでのバタバタを思うと・・・   はぁ。 ね。 疲れちゃいますね。


なんか、禁止の職場愚痴になってしまったな。イカン。いかん。


「あんまり気負わない様にするでしゅ。パパは頑張りすぎない位が丁度良いんでしゅ。」

「そうそう、頑張るとすぐに空回りするからね。カラカラカラって。」



know_the_base at 23:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

April 22, 2011

爪楊枝入れ from マレーシア

爪楊枝入れ


今日は、珍しく仕事のコトを書きます。

僕は総合病院の事務員をしてます。
ここ2年ほどは入院の会計を担当してます。

この入院会計担当には、嫌な作業があります。

それはお金が払えない患者さんとのやりとりです。

世の中、色々な人が居ます。色んな事情の人が居ます。
当然、お金のない人も居ます。
でも、誰しもが病気をしたり、怪我をしたりして病院に来ます。

でも、病院もボランティアじゃないので、お金を貰わない訳にもいきません。

なので、様々な対策をとったり、社会制度を使ったり、なだめたり、すかしたり、色々頑張ってお金を払って貰います。
「あれ、これは借金取りと同じだな。」と思ったりすることも、しばしばあります。

それでも、約束を守らなかったり、連絡を無視されたり、踏み倒されたり。
基本、嫌なコトが多い作業です。
多少、人間不信にもなります。

正直、ゲンナリします。



でも、今日は嬉しいコトがありました。

その患者さんは、2年ほど前に入院していたオバチャン。
元々はマレーシアの人で、今は日本人と結婚した人。
日本語は出来るけど、あんまり上手じゃないし、日本語を書くのも苦手。

まぁ、案の定 「入院のお金が払えない。」 と、相談されました。

当然ですが、その人は日本の健康保険制度の知識がほとんどなく、使える補助制度を何も使ってませんでした。

なので、ちょっとだけ世話を焼いて、制度が使えるように役場へ連絡したり、書類を書いてあげたりしました。
そうしたら、その後は途切れながらですが、何ヶ月かは残った医療費を分割で払ってくれていました。

そんなある日、いつものように分割金を持ってきたそのオバチャンが「今度、マレーシアに帰る。」と言い出しました。
「マレーシアからいつ帰るかは分からないが、でも、帰るから。また払うから。」と。
更に「今の携帯は使えなくなる。マレーシア帰るから、解約する。」と。

「まじかー。」ですよね。「おわたー。」ですよ。

その後、1年。 電話連絡しようにも電話番号はなく、督促状を送っても音沙汰なし。

ま、諦めますよね。 だって、無理ですもん。 

マレーシアだもん。 国外だもん。

あーぁ。 残念でした。終ー了ー。

 

ところが。

今日、突然、マレーシアに帰る前と比べると、ちょっと小奇麗になったオバチャンが窓口に現れて 「オニーチャン。オニーチャン。」と僕を呼ぶのです。

そして「お金、全部払うよ。」と言って、本当に残りの入院費を全部払ってくれたのです。

この驚き。 上手く伝わってます?

狐につままれた様だ。 とは、この事です。

そのオバチャンは、更に 「マレーシアのお土産ね。高くないモノだから。」と言って、写真の爪楊枝入れをくれたのです。

この借金の取り立て屋にですよ? お土産ですよ?

ちょっとした感動ですよ。コレは。

デザイン的には、ちょっと、ねぇ。アレかも知れませんケド、でも、個人的に宝物ですよ。勲章です。


なんか、嬉しくて、いつもは禁止してる仕事のコトを書いてしまいました。



「パパ、相当に嬉しかったんでしゅねー。」

「だって、クアラルンプールって書いてあるじゃーーん。」



know_the_base at 21:56|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

December 16, 2010

ささやかな幸せ。

ボーナス出ました。

ささやかだし、結婚してるし、家建てるし、なんだかんだで、もう、自分の好きには使えなくても、やっぱり嬉しいモンは嬉しい。


この喜びがまた半年先にあるように、明日からまた頑張って働きます。



「会社に良い様に使われてましゅ?」

「コレは、会社と労働者のwin-win の関係なのさ。」

know_the_base at 23:42|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

August 31, 2010

社会復帰初日。

いやぁ、溜まってました。仕事。

あははは。


やばいね。

どう予定を組んでも、終わるイメージが湧かない。


そりゃあ、2週間も休めば、ね。 仕方なし。


しばらくは、フルパワーな日々になりそうです・・・。

それでも、明日、明後日、明々後日くらいで通常運行に戻すべく、なんとかやってみますかぁ。


あ、でも、無理はしないように心がけますので、ご心配なさらぬよう。




なーんて、珍しく仕事のコトを書いてしまいましたね。

ま、たまには許して下され。




know_the_base at 22:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

May 31, 2010

半年前から憂鬱。

今年の11月に試験があるそうです。
職場の(一応)昇級試験。

何年か前に初級を受けて、今度は中級。

まぁ、僕も10年目ですからね。そう言うのも回ってくる世代。


あーー   メンドくさっ。


正直、今の職場での出世に興味無いし。
ウチの職場で上に行っても良いこと無いし。
試験の内容は業務と関係無いし。

でも、落ちて「アイツは落ちた。」と思われるのも癪に障る。


なんだなぁ。この低いモチベーション。

このモチベーションでペーパーの勉強をするのって、拷問に近い。


果たして投げ出さずにやれるのか!!







ちなみに、僕は投げ出すに1票。



know_the_base at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 28, 2010

今日は歓送迎会。

職場のオフィシャルな飲み会。

ウチの職場は、現代に残されたガラパゴス。
古典的な職場飲みです。

上司やらが沢山居て、酒を注ぎに行ったり、自慢話を聞いたり・・・。

まぁ、皆さんも経験があるとは思いますが・・・。

テンション上がるかと聞かれれば、ね。


転勤で出た人と会えるのは嬉しいけど、雨、降ってるしさぁ。



明日休みだし。よし、ガンバロ。

know_the_base at 07:07|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

January 02, 2010

今日は出勤。

僕の仕事の関係上、三が日を全部休むワケにはいかないので、今日は出勤。

予定では 9:00 に始めて、16:00 頃には終わる予定だったのですが・・。

この休みの間に溜まった仕事は、僕の予想を軽く超えてました。

そりゃあ、日常の業務も遊んでいるワケじゃない。
休日に出たからって、丸々5日分の仕事がチョイチョイで終わるワケもない。

17:30までフルに頑張って、精根尽き果てるまでやったのですが、結局終わらず・・・。


明日の午前中も出る事になってしまいました・・・ orz

あぁーあ、明日はアバターでも観に行こうかと思ってたのになぁ。


正月だって言っても、こんなモンだよね〜。



know_the_base at 19:35|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

November 23, 2009

旅行から帰りました。

想像以上に充実かつ楽しい旅行でした。

食事も美味しく、同僚とのバカ騒ぎも楽しく、観光地は紅葉で美しかったです。

随分リフレッシュになりました。


快く、しかも楽しんで幹事を引き受けてくれた同僚に感謝。

そしてソレ以上に、3連休を僕の自由にさせてくれて、ゆいかと1対1で頑張ってくれた嫁様に感謝。


お土産は、沼津の魚市場で買った干物のセットとデカイ鮭の切り身。

この魚達で感謝の気持ちを現して・・・いるのかなぁ?


ランキングに参加してみました。



know_the_base at 21:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 22, 2008

くれぐれも馬鹿にしないで下さい。

今日、出勤すると僕の机の上に見慣れない箱が置いてありました。
その箱の中身は仕事で使ってるソフトのバージョンアップ用ディスクとその取り説。

「まぁ、インストールくらいすぐに終わるだろう。」
そんな軽い気持ちで手を着けたのが9:00頃。
そこから長い戦いが始まったのです。


ディスクがしょーん。ガリガリガリ。
「同意しますか?」 「同意する。」
インストーラがりがり・・・。 ウィンドウ、ポン。 あれ?早くね?

「空き容量が足りません。」

は? なんで?

マイコンピュータ → Cドライブ → 容量4GB → 残り58MB 
おぉう58メガ。そりゃあ、足りんよ。 
ちなみにDドライブは? → Dドライブ → 容量8GB → 98MB使用 

98メガ? は?

なんだコレ?

これはー、アレですか? このPCを使う人全てがCドライブを使い続けてたってコト?
ですよね。
しかも、分析したらCドライブの中身は分断されたデータで真っ赤か。

「あのー、電算係長殿。コレ、いじっても良いですか?」
「いいよ。」
「じゃあ、イジリます。」

考え付く限りのデータ移動&100%使って無いプログラムの削除をすること小一時間。 
まぁ、何とか最適化出来るだけのスペースをこじ開けて、最適化。
ふーーー、何とか形になったかな。

さて、当初の目的に戻って自分のヤツをインストール。インストールっと。

がしょん。ガリガリ・・・同意同意、許可する、同意・・・。

ん?また何か引っかかった。
なんだ?
エラー? 何で?

もっかい初めからやってみよ。

がしょん。ガリガリ・・・同意同意、許可する、同意・・・。

んー。やっぱりエラー。何で?

こう言うときは、取り説、取り説。
なになにー。このソフトの動作環境はウィンドウズ2000Survice Pack4、XP、Vista。はいはい。

コイツ、2000だしなぁ。問題ないと思うんだけど・・・。

しばし、熟読。

ってー、てか、あれ? この「2000Survice Pack4」の「Survice Pack4」って何?

こう言うときはgoogleに聞いてみよう。
「グーグルせんせー。」

2000Survice Pack4
Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) をダウンロードすると、セキュリティ、アプリケーションの互換性、オペレーティング システムの信頼性、およびセットアップの向上に役立つアップデートを取得できます。SP4 は推奨アップグレードです。

ほほうぅ。
まぁ、要はコレをやらんとイカンちゅー話ね。
僕に職場のPCのアップグレードをしろと。そう言うのですね。
はいはい。やれっつーなら、やりますよ。もう。

さて、コイツ、ネットに繋がってないけど?
んー。じゃあ、繋がってるPCでDLして、自分のメモリで移せば良いか。

てか、DLするにしてもさ、どれよ?
選択肢が5個くらいあるし。どれが何やら分からんし。
まぁ、一番上にある「Windows 2000 Service Pack 4 高速インストール」いってみよう。
ダウンロード、メモリ差し替え、実行!!

ガリガリ・・・。
ERROR。
あり?
もう一回。ガリガリ・・・。
エラー。

んー。出来ない。

これじゃなかったか・・・。
じゃあ、んーと。この「プロフェッショナルVer」いってみるか。よし、いってみよう!!
ダウンロード、メモリ差し替え、実行!!

ガリガリ・・・。
アップロード成功しました。「おぉー。いった。コッチだったかー。」

さて、当初の目的に戻って自分のヤツをインストール。インストールっと。
せっかくだし、Dドライブ使ってみるかぁ。

Dドライブに、インストール。実行!!
ガリガリ・・・・。
終了。

ふー。終わった終わった。ここまで長かったなぁ。
さて、試しに使ってみるかぁ。

あれ?過去のデータ引き継げてない。んー。ナゼ?

んーーーーーー。なぜ? んーーーー。
まさか、アップロードしたらデータ入れ直し?
いやいや、そんなワケねーだろ。

熟考。

ん?

あっ!!

アップロード前はCドライブだったのに、Dドライブにインストールしたから?

はぁーあ。最後は自爆か・・・とほほ。

じゃあ、今インストールしたのをアンインストールして、Cドライブにインストールしなおし。
実行。

ガリガリー。終了。

おー。やっと終わった。 何時?

もう17:00回ってんじゃん・・・・ orz 。


以上、今日の僕の仕事でした。
頑張りましたー。疲れましたー。本当に独力で何とかしました。
IT関係の方々、くれぐれもバカにしないでね。

てかさ、HDが4GBってナシじゃね?

know_the_base at 22:01|PermalinkComments(6)TrackBack(0)