金城武

April 12, 2009

レッドクリフ part供- 未来への最終決戦 -

レッドクリフ 

4/10に公開になったばかりの作品を劇場で観て来ました。

前編である「 Part機をDVDで観て、まんまと観たい気分になってしまっての鑑賞。

作品が始まる直前に、前作のあらすじと三国志の世界をダイジェストでまとめた「前説」アリなので、前作を観ていなくても楽しめるようになっていて好感が持てました。


後編である今作は、赤壁で互いに陣を構えた曹操の魏軍80万 vs 呉と蜀の連合軍5万のにらみ合う、対決直前から始まる。


圧倒的な兵力を誇る魏軍は着々と連合軍を蹂躙する準備を進めていた。
それに対し連合軍は情報を集め、策を仕込み、大兵力を擁する魏軍を打ち破る為にか細い勝機をなんとか掴もうともがいていた。

そんな中、慣れない土地で疲れきった魏軍に疫病が蔓延する。
次々に斃れていく魏の兵士達。 
だが、曹操はそんな逆境を逆手に取る。
死んだ兵士の死体を使って、連合軍側にも疫病を感染させたのだ。

死者をも利用する非情な曹操の策略。

そんな悪鬼の策略は功を奏する。
連合軍の中にも蔓延していく疫病の前に、劉備が兵を引いてしまったのだ。

結束し、敵にあたらなければならない中での劉備軍の離脱。動揺し、憤る呉軍。

そんな呉軍にただ1人残る諸葛孔明(金城武)。

孔明

「約束は違えない。」その想いを胸に秘める孔明は、天才的な頭脳をもって策謀を巡らし、少しずつ、少しずつ勝機を手繰り寄せていく。

孔明と友情を交わす呉の大都督・周瑜(トニー・レオン)と孔明が手繰り寄せ、辿り着いた勝機の答え、それは「火」。
ただ問題は、今吹くの北西の風では火は逆に自分達を焼いてしまう。

そんな中、孔明が予言する。 「今夜半に東南の風が吹く。」
 
周瑜は、孔明の言葉を信じ魏軍を焼き尽くすための東南の風を待つ。

戦いの命運は、いかに風が吹くまでの時間を稼げるかにかかっていた・・・。


次々に三国志の名シーンや名台詞を盛り込み、登場人物のイメージを大事にして三国志ファンを興奮させた前作。

それに対し、今作はちょっとオリジナル色が強くなっている。
十分に知られた展開でなく、ちょっと筋を変えることによって「どうなるんだろう?」と観客を惹きつけていく。
この作品はいわゆる「実写三国志」でなくジョン・ウー監督の新解釈の下に生み出された「新三国志」であることを強く感じさせる。

敵の陣立てを調べるために単身、敵陣に忍び込む孫尚香。
甘寧をモデルにしながらも、あくまでオリジナルの呉の将軍・甘興(中村獅堂)。
連合軍の命運を握る「時間」を稼ぐために、自分の身を狙う曹操へ下る周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)。
そして、友情に結ばれた孔明と周瑜。

本来の三国志には無い要素が、この作品をドラマティックにしていく。


ジョン・ウー監督の十八番とも言える、次々に展開する流石のアクションシーン。

戦争によって簡単に人が死んでいく悲しさ。
どんなに大義名分を掲げても、どんなに大勝したとしても、勝者など居ない虚しさ。

友情と愛情。憎しみ。

中国映画の良さの出た壮大なスケール。

様々なテーマや要素が入り組み、それでいながら話が散り散りにならずにまとまる。

純粋に単純に楽しませて貰いました。


ラストシーンには「え?」と思うトコも若干ありましたけどね。
まぁ、ドラマ的にボスである曹操との直接対決は必要ですし。アリってコトにしておきます。

リン・チーリン(小喬)がとにかく美しいです。美しさで息をのみます。


やっぱ劇場は良いです。あの雰囲気は堪らない。
そして、やっぱり三国志は良い。


でも、とにかく会話のシーンで顔を寄せすぎww。
むさい男同士でその距離はどうだろう。

顔が近い


最終評価 A−


ランキングに参加してみました。



know_the_base at 20:06|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

March 20, 2009

レッドクリフ part

レッドクリフ

三国志を実写映画化した作品。

レッドクリフの名の通り、魏呉蜀が始めて相対する三国志前半の山場『赤壁の戦い』を前後編の2部作でまとめる。


三国志の主役的存在・蜀を治める劉備。

蜀の地に辿り着く前。
彼は群雄割拠の後漢時代に、その類稀な人望をもって国を興すが、その時すでに絶大なる戦力を抱えた魏の曹操に土地を追われる。

国を追われた劉備は、彼を慕う民と共に南へと下った。

劉備の逃避行「長坂の戦い」から幕は上がる。

命からがら逃げ延びた劉備が強大な曹操に対抗する為の道は1つ。
呉の孫権と同盟し、その大軍を打ち破る。
それしか、道はない。

劉備は懐刀の軍師・諸葛亮を呉に送る。

諸葛亮の説得に、全ての運命が委ねられた・・・。



僕は、自他共に認める三国志好き。
だからこそ「実写版」への抵抗がありました。

偶像とは知りつつも、あまりにも確立された各登場人物への愛着やイメージ。
これらのイメージは日本人の僕が持つイメージなので、たいてい中国制作の三国志とはズレが生じてしまうんです。

それが嫌で、このレッドクリフは見ていませんでした。 が。

この作品は相当イイです!!

誰が良いって、やっぱり諸葛孔明(金城武)!!
その佇まい、表情、態度、言葉、声。かなりイメージに近いです。

呉の軍師・周瑜(トニー・レオン)、呉の王・孫権もなかなかイメージに近いです。
噂通り、曹操はただのスケベ親父で、劉備はわらじを編んでるだけでしたが、それもまた好し。


登場人物がイメージに重なり出すと、そこは三国志好き。
黙ってても勝手にアツくなりだし、エスカレート。

この作品は、三国志好きのツボを押さえた作りになってます。有名なエピソードを随所に織り込み、アクションシーンも迫力があり、飽きさせない。長めの3時間を感じさせません。


前後編作品なので、このpart気蓮屬─次次次!ここで終わり?!」ってトコまで。

ココまで見てpart兇鮓ないは有り得ない。

劇場・・・、見に行っちゃうかぁ。



最終評価 A− (part兇悗隆待も込めて。)


ランキングに参加してみました。



know_the_base at 23:57|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

September 05, 2005

4月29日 LOVERS

No.33
LOVERS
HERO。グリーンディスティニーに続くアジア第三弾。
 
HEROのチャン・イーモウ監督
チャン・ツーイー 金城 武 出演

衰退する唐王朝は各地で起こる反乱に対し、力で捻じ伏せる圧政を行っていた。
それに対し、反乱勢力の飛刀門は民衆の支持を集め、勢力を拡大していた。

唐王朝と飛刀門は互いに密偵を放ち、内偵に内偵を重ね、互いのわずかな隙を狙って水面下の争いを続ける。
そんな中、朝廷側の捕吏リウとジンは、遊郭に住む盲目の踊り子・シャオメイが飛刀門のリーダーに繋がる人物であるとの情報を掴む。

2人の男と1人の女。
飛刀門の本拠地を探る為に女を利用使用とするリウとジン。
しかし、使命とは別に惹かれ合うジンとシャオメイ。
ジンを捨石にしようとするリウ。

複雑に絡み合う思惑の中、リウにもシャオメイにも疑いを抱くジン。
それぞれの想いが交錯し、愛し合いながらも騙し騙される3人。

時代が、愛を翻弄する。


チャン・イーモウ監督のアジアンムービーらしく美しい風景と映像。
そして、超人的なワイヤーアクションの融合が単純に楽しめる。

ストーリーもアクションシーンにも「ちょっと、それはどうかなぁ。無理ないか?」と思うとこがあります。
でも、許容範囲内かなぁ?
うーん。

許容範囲ちょっと出るか。

それでも最後まで飽きる事なく見れます。


最終評価 B+

人気ブログランキングランキングに参加してます。

know_the_base at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(1)