2010年02月

2010年02月18日

サービスの目的を考える はてなブックマーク - サービスの目的を考えるこのエントリーをはてなブックマークに追加

現在弊社で公開している無料サービスは、運営の目的なしに、利用者がいるからということでやっていました。

コスト的には、パソコン代など年間10万円くらいで運営でき、あまり負担ではないので、とりあえず続けてきたという認識です。

しかし、この状態ですと、メールやチャットなどで、日本人的な文面の問い合わせがくると、少しイラッとするんですよねー。(恐らく、日本人的な文面にイラッとするというのは言い訳で、本心としては、意味のないことをやっているということを思い出さされてイラッとするのだと思います。)

というわけで、サービスの優先度や今後の方針などを考えていきたいと思います。

--

1. i-Web Message
i-Web Messageは、有用で独自性が高いサービスですので、機会があったら広めていきたいと思っています。メリットとしては、会社と個人の宣伝になるかと思います。(以前、このサービスに絡めてビジネスができないか検討しましたが、見つかりませんでした。)

ただ、少し作り直したい部分がちょくちょく出てきているのですが、その時間が取れない状況です。開発の優先度としては高めにしたいと思います。

2. Your Phone Number
Your Phone Numberは、独自性が高く分かりやすいサービスですので、話しのネタとして使いやすいです。初めて会った人に笑ってもらうときに使えることがあります。したがって今後も運用を続けようと思います(ただ、悪用する人がいると(´・ω・`)な気持ちになります。)

3. SkWebChat
SkWebChatは、利用者が多く好評なので続けていきたいと思います。しかし、私にとってのメリットはあまりありません。(転職活動するときに、これまでどんな開発をしてきたかの話しのネタくらいでしょうか。)

Skypeのチャット技術に少し不安があるのと、スケーラビリティの検証ができていないので、もうあんまり広めたくはないかなーと思っています。

4. Free Voice Mail, Public Chat Alternative
Free Voice Mail, Public Chat Alternative は、私にとって運用するメリットがまったくなく、これからもメリットが期待できません。ただ、止める理由もありませんので、なるべく放置状態で運用して、それでも使いたい人だけ使うというという感じにしたいと思います。

--

このように書いたらすっきりしてきました。
問い合わせなどには、上記の順番で丁寧に対応しようと思います。


2010年02月11日

自分の原点 はてなブックマーク - 自分の原点このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、昔、一緒に仕事をした人たちが集まっての新年会がありました。

懐かしいメンバーに会って、楽しい時間をすごせました。

ちなみに、今日は上流階級の人たちが多く集まる場だったので、私がやろうとしている事業についての紹介はしませんでした。(私がやろうとしているのは、ちょっとアダルト系が入っていますので(笑))

でも、ちょっとした話しの中で、過去の懐かしい話しを思い出して、元気を貰うことができました。

今日は、スタンフォード大学出身の人で、サンフランシスコで毎年一回開かれるJavaOneによく行っている人が来ていたのですが、彼によると、JavaOneなどで知り合った人と何人かと話していると、私が昔作っていたSobalipseのことを憶えている人がいるそうです。

Sobalipseを作っていた頃は、私は、プログラマ2,3年目くらいでした。最初、会社の上司に企画を説明したとき、全却下されたので、しょうがなく深夜と土日に頑張って作っていたのを思い出します。

私は、20代後半までプログラミングには劣等感があって、会社に入社してからも、プログラマとして生きていくとは思っていませんでした。それよりも、当時は、ワインバーグの本(研究室にたくさん転がっていた)などを愛読していたので、プログラマよりも、人間関係を埋めながらプロジェクトの生産性を高めるための調整役になりたいと思っていたように憶えています。

それが、プログラミングに熱中して、いつの間にか会社も辞めてしまうとは、自分のキャリア的には不覚と言うしかありません。

でも、人間というのは、一度、自分が何かに打ち込む体験をしたら、それを忘れられないのだと思います。独立している間は、自分の原点はそこにあると思って、その思いを大切にしたいと思います。


PR広告
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)