2011年07月

2011年07月31日

2ch返信の通知 はてなブックマーク - 2ch返信の通知このエントリーをはてなブックマークに追加

以前は2chには書き込まないようにしていたのですが、先週は色々と仕事がはかどらないときがあったので、そういうときに2chに書き込んでしまうようになってきました。

それで思ったのですが、2chに書き込んだら、書き込みに返信があったか知りたくなりますよね。スレッドを監視して返信があったら通知してくれるツールはないでしょうか。

なかったら自分で作成しますが、2ch関連のツールや2chブラウザはたくさんあるので、そういうツールもすでにあるような気もします。

2011年07月30日

営業活動を再開 はてなブックマーク - 営業活動を再開このエントリーをはてなブックマークに追加

風俗予約管理CTIの販売ページを一時閉じていたのですが、復活させました。



関西の代理店経由の営業を進めていたのですが、いろいろ追加の開発が必要になりそうですので、しばらくは今のサイトで私の方で販売を続けることにしました。

というわけで、また営業活動を再開しようと思います。

もし興味がありそうな方をご存知でしたら、ご連絡くださいましたら幸いです。

お問い合わせ

2011年07月26日

動画コメントTalkが紹介されました はてなブックマーク - 動画コメントTalkが紹介されましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

動画コメントTalkが、以下のサイトで紹介されました。

【窓の杜】
 ニコ動や「にっこりコメント」を「棒読みちゃん」で読み上げ「動画コメントTalk」

【スラッシュドット】
 ニコニコ動画のコメントをしゃべらせるソフト

動画コメントTalkは、面白くてけっこう笑えるツールですので、試してくれる人が少しでも増えたら嬉しく思います。

動画コメントTalkは、一人で寂しく動画を見るのに耐えられない方、ニコニコ動画のコメントが好きすぎて単に表示するだけでは物足りなくなってきた方、仕事中にニコニコ動画の動画を流しているというようなニコニコ中毒の方、などに特に向いています。

2011年07月25日

アロハND4の代理店になりました はてなブックマーク - アロハND4の代理店になりましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

弊社はアロハUSB, アロハND4の代理店となりましたので、アロハUSB, アロハND4を安定して仕入れることができるようになりました。

アロハUSB, アロハND4を弊社のCTI製品とともに購入される方には、セット価格として大幅割引価格で提供させていただいております。詳しくは以下からお問い合わせください。
【2012年9月追記】 現在、アロハND4単独での販売も行なっております。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム
◆電話:075-203-5254

弊社のCTI製品につきましては以下をご覧ください。

(株)ナレッジフロー CTI製品


2011年07月24日

CTI製品の検討 はてなブックマーク - CTI製品の検討このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社の「風俗予約管理CTI」は、現在、代理店の方に営業をおまかせしている状態なのですが、知り合いから「この製品を他の業種向けに開発してみては」というアドバイスをいただいたので検討しています。

去年公開していた「予約電話ポップアップ」の反応から推測すると、以下の三つの製品が成立するかもしれないと思っています。

(1) 宿泊施設向けCTI製品
(2) マッサージ整体院、サロン向けCTI製品
(3) 何にでも使えるCTI製品(予約情報は記録しない、顧客管理と着信記録のみ)

(1)(2)は、予約情報の項目とレポート機能における集計項目が異なるだけで、基本的な機能は「風俗予約管理CTI」とほとんど同じとなります。

(3)は、予約情報を記録しませんので、どの業種でも使えるものとなります。これまでのお客様の要望を聞いた限り、CTI機能と顧客管理だけできれば良いというお客様も多く、その場合は(3)で良いということになります。

製品の価格については検討中です。

(1)(2)を売る場合は代理店経由で売るのが良さそうですので、代理店のマージンを40%ほど上乗せする必要があります。一方、(3)はネットでの宣伝のみになると思いますので、代理店のマージンは不要です。価格設定をうまくしないと、(1)(2)と、(3)との価格差がつきすぎてしまって、(1)や(2)が売れなくなってしまうかもしれません。

2011年07月23日

何もしていないことに耐える はてなブックマーク - 何もしていないことに耐えるこのエントリーをはてなブックマークに追加

最近、あるお店からアイデアをいただいたので、開発を検討している製品があるのですが、既存の製品が一つ存在していて、それがそれなりに作りこまれていますので、新しく開発するものはどういう製品にしたら売れるのかを考えています。

既存製品とほとんど同じものを作るというのは抵抗がありますし、売りにくいです。例えば、余計な機能を除いただけで、既存製品の劣化版という位置づけになってしまって、売りにくいのではないかと感じています。

製品のコンセプトを少し変えられれば良いのですが、アイデアを思いついていません。

もしくは、機能を限定して価格を大幅に下げて廉価版という位置づけで売りだして、その後、機能を増やしていくというのはありかもしれません。

いずれにしろ、まだ結論が出ていない状態です。

今週は自社製品の営業活動もしていませんので、何もしていないことになってしまいました。しかし、何もしていないことに我慢できず売れないものを開発してしまうと負の遺産になってしまいますので、ここは我慢ですね。

2011年07月18日

自動相互リンクメンテナンスサービス(続き) はてなブックマーク - 自動相互リンクメンテナンスサービス(続き)このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日のブログに書いた自動相互リンクメンテナンスサービスですが、よく考えてみたところ、いくつか変更の必要があるところに気が付きました。

> (1)
> リンク集には、誰でも自分のサイトを登録できる
> → サイト運営者が登録する必要がない

数千個のリンクを作成するようなSEO用の相互リンクツールと混同してしまって上のように書いたのですが、私が考えているサービスは、サイトの横のつながりを強化するために使うものですので、リンクの数はせいぜい数十〜数百個で、リンクの登録はサイト運営者が自分で行うことが自然となりそうです。

> (2)
> リンク集には、逆アクセスが多いもののみが表示される
> (一日一回逆アクセス数をチェックする)
> → 意味のないリンクが自動的に表示されなくなる

逆アクセスが少ないものが表示されなくなると、サイトの横のつながりを強化するのに使えないケースが出てきます。例えば、他のサイトに「リンク貼りました〜」と連絡しても、それがすぐに消えてしまったら関係が険悪になる可能性があります。したがって、逆アクセスが少ないものも表示されるようにしておいた方が良さそうです。

今のところのイメージとしては、BlogPeople のリンク集みたいなものをイメージしています。BlogPeopleでは、更新されたサイトが上の方に表示されて、下にあるものはスクロールしないと表示されません。これを、逆アクセスが多いものが上の方にくる(さらに上の方にあるものはサイトの説明文も表示される)ようにしたものを考えています。

【追記】
↑のように書きましたが、逆アクセスがないものを消さなければリンク集の自動メンテナンスになりませんので、登録後一定日数は(新着)という形で表示しておいて、その後、アクセス数と逆アクセス数のバランスが崩れたときに自動的に消すようにするのが良いかもしれません。

というわけで色々考えたのですが、リンク集のサービスは時代遅れの感もありますので、作るかどうかは決めていません。(関係ないですが、他者とのつながりを強化するのでしたら、例えば毎日2,3人にTwitterで返信するなどをコツコツする方がだいぶ効果がありそうです。)

2011年07月17日

自動相互リンクメンテナンスサービス はてなブックマーク - 自動相互リンクメンテナンスサービスこのエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は「動画コメントTalk」を普及させようと思って少し宣伝してみたのですが、面白いソフトのわりになかな広まらない感じですね。(ツイートのカウンタを見る限り)

にっこりコメントがあまり広まらないことについても言えるのですが、私の作るサイトがなかなか広まらないのは、他者との横のつながりがまったくないことが一つの原因かもしれません。

誰かがまとめブログの運営をしたときの感想として述べていたのですが、アクセスを増やすには、他のサイトとの横のつながりが重要で、そういうのをまめにできている人がアクセスを伸ばしていると書いていました。有名なまとめブログの運営者たちは、常時スカイプで連絡を取り合って、合宿なども行って横のつながりを強化していると書いていました。

これまで私のサイトには、他のサイトへのリンク集さえもない状態でした。メンテナンスが面倒なので付けていなかったのですが、メンテされなくてもないよりはあった方が良いのかもしれません。

効率よくリンク集を作成することはできないかと考えていて、以下のようなリンク集のブログパーツサービスがあれば便利だと思いました。ちょっと自分で作ってみようと思っています(同じようなものがなければ)。

(1)
リンク集には、誰でも自分のサイトを登録できる
→ サイト運営者が登録する必要がない

(2)
リンク集には、逆アクセスが多いもののみが表示される(一日一回逆アクセス数をチェックする)
→ 意味のないリンクが自動的に表示されなくなる


2011年07月16日

CTI製品の代理店 はてなブックマーク - CTI製品の代理店このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、代理店の人と話したのですが、営業と販売を代理店の方にお任せすることにしました。それにともなって、価格体系などは変更となります。

私が電話して営業してもなかなか売れないのですが、代理店の方は、お店の上の方と通じているから売ることができるようです。

代理店に販売をお願いすると、結果として私の手取りは増えると予想されます。代理店もそれなりに手取りをとります。その分、ソフトウェアの価格が上がるのですが、元々が異常に安すぎましたので、性能と比較して割安な価格には落ち着きます。したがって、購入するお店としても損はしていないことになります(また、信頼できる人から購入するということで安心感を得ることもできます)。というわけで、誰も損はしないですね。

本製品の販売を開始したときの最初の目標は、安く大量にばらまいて色々なお店と知り合うこと(そして次の製品につなげる)と考えていたのですが、私が営業してもなかなか製品の良さを伝えきれませんので、代理店の方に販売してもらうことを前提として、むしろ色々な代理店と知り合うことを目標にするべきだったかもしれません。(ちなみに、ある程度売れそうですので、本製品については今回の代理店の方を独占契約とする予定です。)

2011年07月15日

メール読んだのリンク文言の変更 はてなブックマーク - メール読んだのリンク文言の変更このエントリーをはてなブックマークに追加

私はメールを送信するときに、「メール読んだ」のリンクを付加するのですが、最近その文言を変えてたところ、リンクがクリックされる確率があがりました。

これまでは、
※このメールを読んだことを送信者に伝えるには、以下のリンクをクリックしてください

としていたのですが、
※以下のリンクをクリックすると、メールを読んだことを送信者に伝えることができます

に変更しました。

前者の文言のように文言を命令口調にすると、メール受信者に敬遠されてしまいがちです。一方、後者の文言は、こんなこともできるというお得感をメール受信者に感じさせることで、クリックされる確率が上がるのだと思います。「メール読んだ」は、メール受信者のためのメール読了の連絡手段として開発しましたので、サービスの位置づけ的にも、後者の文言の方がふさわしいと思います。

今後利用する方は、後者の文言で利用するのが良いと思いましたので、「メール読んだ」のドキュメントの中の文言も変更しました。

PR広告
最新コメント
最新トラックバック
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)