2012年04月

2012年04月27日

赤ちゃんの借金は誰から借りているのか はてなブックマーク - 赤ちゃんの借金は誰から借りているのかこのエントリーをはてなブックマークに追加

前に国会で日本の借金の話をしていて、「これから生まれてくる赤ちゃんは、借金が700万円以上ある状態で生まれてくる」ということを言っていました。

酷い話です。

野党の人が、「日本には借金と同じくらいの資産がある。つまり貸しているのも日本人だから大きな問題ではない( ー`дー´)キリッ」と言っていましたが、これをよく考えてみると、つまり、今の世代の人たちが適当に数字をいじって将来の子供たちのお金を自分たちのお金に付け替えているということなんですよね。

ちなみに、日本の資産は60歳以上が60%以上、50歳以上が80%以上を持っているそうですので、ほとんど老人が保有しているということになります。これらの権力を持っている人たち(会社などで偉い立場の人たち)が、自分たちの都合の良いように数字の付け替えを行った(行い続けている)ということなんでしょう。

日本の1000兆円の借金は世代間格差を維持するのに役に立っているということになりますが、そうだとすると、この借金が全然減らない理由が分かってきたような気がしますね。

ところで、生まれてくる赤ちゃんの借金の700万円ですが、実際にはこの借金は親がかぶることになります。したがって子供を作らないのが一番得ということになります。それだけで700万円節約することができますので。きっとそう考える人が多いので少子化になっているのでしょうね。

2012年04月20日

スマホの地図機能 はてなブックマーク - スマホの地図機能このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、普段ほとんど外に出ないためガラケー派なのですが、スマホの地図機能は便利ですね。

先週東京に行った時に一回道に迷ってしまったのですが、スマホでGoogleマップの地図アプリを開いて現在位置を確認しながら歩けば迷わなかったと思います。

また、先日あるお店に行ったときに、お店の人がお客さんにお店までの道のりを電話で説明しているのを見たのですが、お客さんが皆スマホを持つようになると、そういうのも不要になるかもしれませんね。

お店のホームページにGoogleマップのリンクを設置して、スマホで簡単に行き方が分かるようになっていれば良さそうです。(ただ、一つ良く分かっていないことなのですが、スマホのブラウザでGoogleマップを開くと、スマホの地図アプリから開くときよりもかなり重くて使いにくいような感じがしています。。。)

また、自分の現在位置をGoogleアカウントを持った友だちに公開することもできるようですので、デリヘルのドライバーの管理などにも使えそうです。(どこにいるのかが一目で分かるようになります。)

以前、デリヘル用の車両トラッキングシステムについて少し検討しましたが、特に何も開発しなくても、スマホ+Googleマップでかなりのことができそうですね。

自分で何か作らないで良かったです。しかし、こう何でも無料で手に入るようになると、有料の商品の開発の余地が少なくなってきます。有料商品は購入先からサポートを受けられますが無料サービスはそうではありませんので、今後、無料サービスを使いこなせる人と使いこなせない人との格差が出てくるかもしれませんね。(実際、スマホ+Googleマップでドライバーの監視をしているところはほとんどないと思います。)

ちなみに、Googleマップに少し機能を追加して自社の製品にしてしまっているという業者もあるようです。Googleマップがこれだけ便利ですと、そうしたい気持ちは分かりますし、そうすることで簡単に高機能な商品が作れると思います。しかし、Googleマップはライセンスの制約があって(有料の契約を結ばないと)クローズドな使い方をしてはいけないのですが、まあバレないということなのでしょうか。(それともその商品を使うお客様(実際に使っているのはお客様ですので)に責任を押し付けているのかもしれません。うーん。。。)

PR広告
最新コメント
最新トラックバック
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)