2012年07月

2012年07月26日

日経産業新聞に掲載されました はてなブックマーク - 日経産業新聞に掲載されましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

弊社の歯科医院予約キャンセル防止システムに関する記事が、7月26日の日経産業新聞に掲載されました。

歯科予約キャンセル防げ、医院向けシステム、ナレッジフロー、前日携帯へメッセージ。

前日に携帯へメッセージ
 ソフト開発のナレッジフロー(東京・町田)は歯科医院向けの予約キャンセル防止システムを開発した。携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を使って、予約日の前日に来院を促すメッセージを送ることで、予約しているのを忘れたり、他の予定を入れたりするのを防ぐ。
 電話などで予約を受け付けた際に、日時をパソコンで入力すると来院の1日前に予約時間を通知するメッセージが患者の携帯電話に送信される。利用料金は1日30件までで8400円、同70件までで14700円。
 歯科医院では10%前後の予約キャンセルが発生すると言われ、収益低下の原因となっている。これまで携帯電話のメールに来院を促すメッセージを送るシステムはあったが、アドレス登録や事前のメール受信設定などの手続きが必要で利用されにくかったという。
 SMSでは携帯電話の番号を登録するだけで済み、利用率の向上が見込める。


nikkei

その他(Web上の記事)
キーマンズネット:ナレッジフロー、歯科医院向け予約キャンセル防止システムを提供
新宿で働くSEが日経産業新聞を読む:小さな病院にITができること…

2012年07月20日

読んでおいた方が良い記事 はてなブックマーク - 読んでおいた方が良い記事このエントリーをはてなブックマークに追加

少し古いブログ記事なのですが、以下を読んで暗い気持ちになりました。

●動物・ペット系専門学校の実態やばすぎ
http://www.honwk.net/archives/11596183.html

ハムスターさん(=相談者)は、動物園に就職する夢があって、専門学校に進むことにした。専門学校に進むことにしたのは、オープンキャンパスで「就職率100%・動物園への就職対策が完璧」という謳い文句を聞いたのが決めて。

ハムスターさんの高校は進学校だったため、大学ではなく専門学校に進むことについて、親を必死に説得したらしい。

しかし、入ってみたら詐欺みたいな内容。平日はスカスカの意味のない授業。土日はオープンキャンパスの手伝いをさせられる。(文句を言うと、上に逆らう人には就職を斡旋できないと脅される。)

卒業時には、就職を自分から辞退するという念書を書かされて、けっきょく就職はできず仕舞い。同じクラスの人もほとんど就職できずに終わった。

けっきょく残ったのは、2年間の空白期間と300万円の借金だけだった。


酷いですね。

この専門学校は、授業はからっぽで、とにかくオープンキャンパスに力を入れるようです。一人生徒を獲得すると300万円の売上になるからです。

大学の研究室なんかでも、若い学生が騙されたりすることがあるみたいですが、こういう若い人の未来を潰すようなことやってお金を稼いで罪悪感はないのでしょうか。

また、子供が夢を求めて他人とは少し違った進路に進みたいと言ったときに、親はどうやって対応すべきかなど考えさせられます。子供の意見を否定しても説得できないですし、場合によっては逆効果になります。恐らく、普段からブラック企業などについての情報を子供に与えておいて、子供に警戒心を植えつけて置く必要があるのだと思われます。

この話で一つだけ幸いなのは、ハムスターさんが自暴自棄になっていないことですね。真面目な人のようですので、やり直して再び夢に向かって頑張っていると思います。

2012年07月15日

位置情報共有サービスをリリースしました はてなブックマーク - 位置情報共有サービスをリリースしましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

先週アイデアを書いた位置情報共有サービス(「いちみせ!」)をリリースしました。

いちみせ!

「いちみせ!」を使うと、地図上で自分の居場所を教えることができます。
「いちみせ!」は、登録不要・アプリ不要ですぐに利用できます。
お店までの道案内や待ち合わせなどにご利用ください。

2012年07月13日

歯科医院向け予約キャンセル防止システム はてなブックマーク - 歯科医院向け予約キャンセル防止システムこのエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院向け予約キャンセル防止システムの提供を開始しました。

歯科医院向け予約キャンセル防止システム

平均10%近くあると言われる予約キャンセルを減らすことで、歯科医院の利益を大幅に増やすことができます。

メールベースのシステムとは異なり、お客様によるアドレスの登録が不要です。本当に使える予約キャンセル防止システムです。

2012年07月12日

Googleの新サービス はてなブックマーク - Googleの新サービスこのエントリーをはてなブックマークに追加

Googleが、地図関係の新しいサービスを始めたようですね。

IT Media : Google、地図上で同僚とコラボレーションする「Google Maps Coordinate」を日本でも発表

下記のサイトによると、価格は1ユーザーあたり月額1200円とのことです。

ワールドビジネスサテライト : グーグルマップで仕事効率化

基本的な機能は「Google Latitude」と変わらないようですが、企業内で使うことを想定していて、メンバーに業務を割り当てる機能などがあるようです。

地図関係の業務用のシステムは、数百万円するシステムも多いと思います。というのも、Google Mapsの企業内での利用ライセンスが年間100万円くらいですので。Googleが低価格で業務用のサービスを出したら、そういう高価なシステムは売れなくなるものも出てくるかもしれませんね。

Googleとぶつかりそうなシステムで商売をしては駄目だということが改めてわかります。ただ、Google Maps CoordinateにはAPIがあるようですので、これを利用して何か作るというのはありかもしれません。

***

ちなみに、先週アイデアを書いた弊社の新サービスですが、リリースは来週になりそうです。先週ロゴやトップ絵を書き上げたら若干燃え尽きて開発がのんびりになりました。(´・ω・`)

2012年07月06日

GPSを使うサービスを作ってみる はてなブックマーク - GPSを使うサービスを作ってみるこのエントリーをはてなブックマークに追加

先週末にGoogle Latitudeを調べて、GPS関係のサービスで商品化するのは無理だと思ったのですが、何か作りたくなったので、ブラウザ上で位置をリアルタイムに表示するような無料サービスを作ろうと思っています。

登録なし・アプリなしで、ブラウザで地図にアクセスするだけで位置が見えるようにします。位置共有用の地図は誰でもすぐに作れるようにします。

知り合いに自分の位置を見せる場合はGoogle Latitudeでいいですが、知り合いでもない人に自分の位置を知らせたい場合に使えるかなと思います。

知り合いでもない人に自分の位置を知らせたいというのは具体的にどういうときかと言うと、お店までの道案内、もしくは、出会い系で知り合った人との待ち合わせですかね。(´・ω・`)

ただ、私はGPS関係は素人ですので何か重要なポイントを見落としているような気もします。作るべきかどうか2日間くらい迷ったのですが、1週間くらいで作れそうですので、とりあえず作っておくことにしました。

とりあえずロゴとトップ絵だけ作りました。(サービス完成までブログに書くことがなさそうでしたので、絵だけアップします。)

mise_img1

mise_img2

PR広告
最新コメント
最新トラックバック
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)