2014年05月

2014年05月29日

歯科医院向けコールセンターサービス はてなブックマーク - 歯科医院向けコールセンターサービスこのエントリーをはてなブックマークに追加

先日、整体院を経営している方と、整体院向けの予約システムを販売している会社の方とお話しをする機会がありました。

整体院やリラクゼーションサロンでは、施術者が一人で運営しているというお店も多く、そういうお店では、施術中に他のお客様から電話がかかってくることが悩みだということでした。

そこで、お客様からの電話の対応と予約受付などを代行するコールセンターがあれば便利なのではないかという話しがでました。

***

その話を聞いて、歯科医院向けのコールセンターサービスも事業として成立するかもしれないと考えました。 

弊社では歯科医院向けの予約システムやCTIシステムを販売しており、システム的なものは揃っていますので、歯科医院向けのコールセンターを実現することは難しくありません。

しかし、整体院とは異なり、現在のところは、一人で運営している歯科医院は少ないです。

一方、ここ何年かの兆候に基づく今後の予想として、儲かっている歯科医院と儲かっていない歯科医院の差が大きくなっていくのではないかと言われています。

最近でも儲かっていない歯医者さんが多くなってきていて、メディアなどでたまに「歯科医の年収300万円時代」と言われることがあります。

しかし、これにはからくりがあって、租税特別措置法の26条というのがあり、年間2500万以下の保険収入しか無ければ72%を経費と見なすことができるそうです。

例えば、売上1000万円で26条が適用されると72%が経費になり、280万円が課税所得になります。これがメディアの言う歯科医の年収300万円ということのようです。

実際には、経費削減を徹底して250万円くらいにできれば750万円が余り、さらに280万円に対する税金や保険料しかかかりませんので、可処分所得700万円くらいは可能のようです。

ワープア歯科医師だけど聞きたいことある?という記事にも書かれているのですが、当たり前の医院経営をするのではなく、割りきって26条を利用することを追求すると、1日に5,6人くらいの保険治療をするだけで、普通のサラリーマン以上の生活はできるそうです。

こういうことに気がつく人が増えてくると、今後は一人で運営する歯科医院が増えていくかもしれません。

そうすると、整体院と同じようなニーズができて、歯科医院用のコールセンターの需要が高まるかもしれないですね。


2014年05月22日

キーボードの不良品 はてなブックマーク - キーボードの不良品このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンのキーボードの調子が悪くなったので、キーボードを交換したのですが、2回連続で不良品にあたりました。

一つ目は、HPのサーバーマシンに付属していたキーボード(未使用品)なのですが、左のCapsLockキー(Ctrlに割り当てるのでよく使います)の反応が悪くて、ストレスを感じるので新しくキーボードを購入することにしました。

二つ目は、新しく購入したLogicoolのキーボードです。購入した直後からzのキーの反応が非常に悪い状態でした。

最初に壊れたキーボードを合わせると、3つ連続でキーボードの調子が悪いということになります。

これまでキーボードの不良品にあたったことはありませんでした。こんなふうに、当たり前にできると思っていたことができないということがあり得るんですね。


2014年05月20日

DoCoMoのかけ放題プラン はてなブックマーク - DoCoMoのかけ放題プランこのエントリーをはてなブックマークに追加

携帯電話が来月更新月を迎えるので変更しようと思っています。

現在、携帯電話と固定電話の電話の通話料で、月に10000円くらいかかっています。

以前検討したときは、6月からWillcom(10分間かけ放題)にしようと考えていたのですが、来月からDoCoMoのかけ放題プランが始まるようなので、そちらにしようと思っています。

DoCoMoの料金シミュレーションのサイトで調べると、データ通信をしない場合は月額2700円しかかからないようです。安いですね。

ただし、データ通信をつけると料金が一気に高くなるので注意です。例えば、2GBで月額6500円、5GBで月額8000円になります。

私はWiMax(月額2000円)を持っていますのでデータ通信は不要です。現在WiMaxでどれくらい通信をしているか意識はしていませんが、事務所のパソコンの遠隔操作を良く行いますので、10GBくらい使っているのではないでしょうか。こう考えると、DoCoMoの価格体系は知識不足の人から搾取する価格体系になっていると感じます。(DoCoMoに限らず携帯電話の料金体系はたいていそうなのですが・・・)

***

来月から電話がかけ放題になりますので、外出中だけでなく、事務所から電話をかけるときに固定電話の代わりに使っても良さそうです。


2014年05月16日

「ひかり電話転送」のメリット はてなブックマーク - 「ひかり電話転送」のメリットこのエントリーをはてなブックマークに追加

弊社では「ひかり電話転送」というサービスを運営しています。「ひかり電話転送」は、ひかり電話の転送設定(ボイスワープの設定)を簡易化・自動化するサービスです。


「ひかり電話転送」はほとんど広告などを出していないためあまり知られていないのですが、いつも自分で使っていて便利だと感じていますので改めて紹介します。

「ひかり電話転送」を利用するメリットは以下の2つとなります。

(1) 転送設定のスケジューリングができる
(2) 標準で用意されている転送設定の方法が使いにくいので、その代替手段となる

(1)「転送設定のスケジューリング」について

「ひかり電話設定」を使うと、転送設定のスケジューリングができます。

「ひかり電話設定」の利用者にヒアリングしたところ、「出社前と出社後に自動的に転送設定を切り替えるという設定を数カ月後までスケジューリングしている」という使い方をしている方が多いようです。

この機能を実現する他社製品は非常に高価です。

「ボイスワープ 自動切替」で検索すると他社サービスを見つけることができます。そのサービスでは、1番号あたり月額1000円+転送設定1回につき50円の料金がかかります。したがいまして、1日2回ずつ転送設定を行った場合、30日間で4000円の料金がかかります。

これに対し、「ひかり電話転送」は30日間で400円ですので、他社製品の10分の1の料金ということになります。

弊社のお客様には、1日6回くらい転送設定を切り替えている方もおられます。その場合、他社製品ですと30日間で10000円になりますので、「ひかり電話転送」は25分の1の料金ということになります。

(2)「標準で用意されている転送設定の方法が使いにくい」ついて
 
標準で用意されている転送設定の方法は以下の3つです。

(a) 電話機から電話をかけて設定する方法

これは昔から(アナログ回線、ISDN回線の頃から)ある方法です。私が見てきたところでは、ひかり電話回線を利用している方でもこの方法で設定している方が多くいるようです。

この方法の欠点は、電話をかけて音声アナウンスを頼りに操作を行うので、操作にストレスがかかるというところです。(慣れないと時間もかかります。)

また、外出先から設定できないということも欠点です。私は、昔、出張時に電話の転送の設定をし忘れてしまって、出張先から設定を切り替えられなくて困ったことがあります。

(b) Webブラウザでひかり電話設定サイトにアクセスして設定する方法

この方法は(a)とは異なり、Webブラウザでどこからでも設定できるところがメリットです。

この方法の欠点は、ひかり電話設定サイトが使いにくいというところです。操作性が悪いので少しイライラします。

特に問題なのは、ログアウトせずにブラウザを閉じてしまった場合、一定時間ログインできなくなってしまうところです。他のブラウザや他のパソコンからもログインできませんので、完全に設定ができなくなってしまいます。

私は「ひかり電話転送」を開発する前は、ひかり電話設定サイトにアクセスして転送設定を行っていました。そのときにたまにあったのが、外出直前に転送設定を切り替えようとして、設定の途中で誤ってブラウザを閉じてしまって、その後、設定できなくなってしまうという状況です。そうなってしまうと、転送設定が中途半端なままで外出することになります(外出直前で時間もないので)。

(c) 携帯電話から電話をかけてリモートコントロールで設定する方法

この方法は、通話料がかかり、また、音声アナウンスにしたがってパスワードを入力しなければならないという煩雑さがあり、お薦めできません。



2014年05月14日

顔認識技術の活用 はてなブックマーク - 顔認識技術の活用このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近、顔認識技術を活用して何か面白いものが作れないかを検討していました。

役に立つ(現場の問題を解決する)商品のアイデアを思いついて、売り方や価格などを考えていました。しかし、よく考えると、現在のところは、顔認識は一般の人(顔認識される側)には受け入れられにくいというのが現状のようです。

これまで顔認識技術を活用した製品について少なくとも2回ニュース記事が出ていますが、どちらも批判的な意見が主流となっていました。

・読売新聞 2014年4月5日
 客の顔情報「万引き対策」115店が無断共有

・読売新聞 2012年11月28日
 「顔認識」無断で客撮影して顧客分析に利用…首都圏の商業施設など

現在は、パチンコ店では、当たり前のように顧客の顔画像を撮影して情報を管理しているらしいのですが、パチンコ以外の業種では顔認識の活用は認知されていないので、顧客の抵抗が激しいようです。

というわけで、商品化は保留することにしました。(技術的に面白くて、新しくて、かつ現場の問題を解決する商品のアイデアというのはそうはないので、もったいないのですが。)


2014年05月09日

医院トレンドフェア2014に出展します はてなブックマーク - 医院トレンドフェア2014に出展しますこのエントリーをはてなブックマークに追加

5月10日(土), 11日(日)に秋葉原で行われる医院トレンドフェア2014に出展します。

SMSデンタルアポの展示を行います。ご興味がございましたらぜひ展示ブースにお立ち寄りください。


2014年05月05日

無線LANが「認証を試みています...」と出て接続できなくなった件 はてなブックマーク - 無線LANが「認証を試みています...」と出て接続できなくなった件このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、私のパソコンの無線LANが急につながらなくなりました。

無線LANのアダプタを有効にして接続を行うと、「認証を試みていいます...」と出て、それから先に進みません。

WiMaxのルーター経由ではインターネットに接続できましたので、無線LANルーターの調子が悪いのかと思い、無線LANルーターの交換も検討していました。(しかし、ルーターの交換は、新たなトラブルを生む可能性がありますので心情的にはあまりやりたくありません。)

幾つかやってみたところ、無線LANルーターの無線設定で、無線チャンネルを変更したら直りました。

変更前は、無線チャンネルの設定は「自動」になっていて7に割り当てられていたのですが、これを手動にして11を割り当てたところつながるようになりました。

最近は無線LANの機器が大量にあります(私のパソコンからも無線アクセスポイントが30個くらい見えています)ので、電波が混雑していたのかなと思いましたが、設定の変更の際に無線LANルーターの内部で再起動が走ったことにより、使えるようになったのかもしれません。(というのも、無線チャンネルを7にしたり1にしたり試してみましたが、どうやってもつながりましたので。)

とにかく、使えるようになって良かったです。 


PR広告
最新コメント
最新トラックバック
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)