2014年08月

2014年08月27日

スマートダイヤラーを改良しました はてなブックマーク - スマートダイヤラーを改良しましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

(A)
発信データの検索画面で、通話時間で検索できるようにしました。
(これまでは、発信時間で検索することはできましたが、通話時間で検索することができませんでした。)

call_1_3

(B)
発信データに対してできる操作を増やしました。

top_3_1

(1)選択した一つの発信データのメモなどを編集する
(2)選択した一つの発信データの録音データのページを開く
(3)選択した一つの発信データの録音データのURLをコピーする
(4)選択した発信データの情報をコピーする
(5)検索結果の発信データの情報をコピーする
(6)選択した発信データの情報をファイルに保存する
(7)検索結果の発信データの情報をファイルに保存する
(8)選択した発信データの録音データをダウンロードする
(9)検索結果の発信データの録音データをダウンロードする
(10)選択した発信データの録音データを削除する
(11)検索結果の発信データの録音データを削除する

録音データについては、
(a)クラウド上に置く運用
(b)ダウンロードしてローカルに保存する運用
(c)クラウド上に置いて、バックアップのみをダウンロードする運用
などが考えられます。

どの運用にも対応できるようにしました。


2014年08月23日

Y!mobileの場合(通話専用スマートフォン) はてなブックマーク - Y!mobileの場合(通話専用スマートフォン)このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンの通話し放題のプランに関しては、ドコモ, au, ソフトバンクはどこも横並びの料金体系になっています。

今回、Y!mobileの場合について調べました。

***

(1) 月額料金

Y!mobileで、営業電話で使うための通話専用スマートフォンを契約する場合、月額料金は以下となります。(以下は、法人契約で6台以上契約する場合の価格です。)

3980円(スマホプランS)
-1000円(スマホプラン割引(25ヶ月間だけ適用))
+1000円(スーパーだれとでも定額)
-500円(法人割引サービス)
-500円(ビス割サービス)
-------------------------------
合計:月額2980円となります。
(※26ヶ月目からスマホプラン割引が適用されなくなりますので3980円になります。)

ドコモ, au, ソフトバンクの月額2700円とくらべて少し高いですが、その代わり、1GBのデータ通信が付いてきます。これを生かせるなら十分にアリだと思います。

(2) 端末代金

Y!mobileは、新機種の発売頻度がそれほど高くないため、ドコモ, au, ソフトバンクと異なり、一昔前の機種が投げ売りされることが少ないようです。

したがって、新規一括0円の機種はなくて、大抵のお店では、25000円くらいの価格が最安値になっているようです。

高いなあと思ったのですが、昨日家電量販店で調べたところ、以下の機種が期間限定で新規一括9800円になっていました。9800円くらいでしたら、ドコモ, au, ソフトバンクの機種と比べて競合できる金額と言えます。

20140823_1

 ******

ちなみに、電話営業用としてではなければ、スーパーだれとでも定額が不要になりますので、月額1980円となります。

スーパーだれとでも定額を外しても、月に300回まで10分以内の通話が無料でできます。これは安いですね。会社の社員に持たせるスマホとして使うには良いのではないかと思いました。


2014年08月19日

クラウドWatchで紹介されました はてなブックマーク - クラウドWatchで紹介されましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

弊社の「スマートダイヤラー」がクラウドWatchで紹介されました。


 スマートダイヤラーは、ドコモの「カケホーダイ&パケあえる」、auの「カケホとデジラ」、ソフトバンクの「スマ放題」といった各社の新通話定額プランを活用して、低コストでの電話営業環境を実現するサービス。従来かかっていた電話の通話料やシステム構築料・利用料などの高額な運用コストを削減する。

各社ごとのかけ放題のプラン名が書いてあると、具体的な感じが高まって、不思議と説得力が増しますね。


2014年08月18日

通話専用スマートフォンの新規契約で知っておくべきこと はてなブックマーク - 通話専用スマートフォンの新規契約で知っておくべきことこのエントリーをはてなブックマークに追加

スマートダイヤラーのQ&Aのページに以下のように書きました。
通話専用のスマートフォンを契約する場合は、通話定額プランを選ぶのが良いです。

DoCoMoやソフトバンクのスマートフォンを契約すると、通話料無料の基本契約(2700円)に加えて、データ通信のためのオプション(300円+3500円)が上乗せされた契約になります。

このうちデータ通信のオプションは、DoCoMoショップやソフトバンクモバイルショップに行けば解約することができます。 データ通信のプションを解約することにより、通常月額6500円の利用料金を月額2700円に下げることができます。

ただし、データ通信のオプションを解約すると、月月割などの毎月の割引が適用されなくなります。

高額なスマートフォンを分割払いで購入した場合、月月割のおかげで安く運用できていることがあり、そのようなケースではデータ通信のオプションの解約をしても月額料金がほとんど安くならないことがあります。通話専用のスマートフォンを購入する場合は、高価なスマートフォンを分割+月月割で購入するよりも、もともとの価格が安価なスマートフォンを一括で購入する方がお得です。
例えば、以下の価格表の場合は、一括払い69120円のスマートフォンが、「分割払いで月額2880円だが、月月割2880円が適用されるので実質無料です」として売られています。

20140818_1

しかし、データ通信のオプションを外す場合は、外した時点から月月割が適用されなくなり、けっきょく69120円に近い金額がかかることになってしまいます。

したがいまして、通話専用のスマートフォンを契約する場合は、一括払いで安いスマートフォン(例えば以下のような価格表のもの)を購入して、データ通信のオプションを外すと安くなります。

20140818_2

ちなみに、お店によっては、新規契約0円のスマートフォンも売られています。私が上記の写真をとったときにも、お店の方は、「8月いっぱいは、この機種は0円で販売しています。」と言っていました。


2014年08月14日

スマートダイヤラーをリリースしました はてなブックマーク - スマートダイヤラーをリリースしましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

スマートダイヤラーという新製品をリリースしました。

スマートダイヤラー

スマートフォンの無料通話を活用することで、電話営業にかかるコストを大幅に削減することができます。

「スマートダイヤラー」は、スマートフォンによる電話営業のためのシステムです。使い慣れた顧客管理システムをそのまま利用して、スマートフォンによる電話発信を行うことができます。

このシステムは保険代理店の会社からリクエストがあって開発したシステムです。なかなか良いものができましたので製品化しました。



PR広告
最新コメント
最新トラックバック
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)