2016年09月

2016年09月22日

コードレス電話機でヘッドセットを使う(その4:ヘッドセット) はてなブックマーク - コードレス電話機でヘッドセットを使う(その4:ヘッドセット)このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニデンの電話機には純正のヘッドセットがありますが、現在は、製造・販売が中止になっており、簡単には手に入りません。

ユニデンの電話機(DECT3288, DECT3280, DECT3188, DECT3080)には、2.5mmのミニミニプラグを挿せるようになっています。

パソコン用のヘッドセットの3.5mmのミニプラグにアダプタを接続して、2.5mmに変換して接続してみました。

しかし、音がうまく取れず失敗に終わりました。

***

調べてみたところ、コールセンター用のヘッドセットの規格で、2.5mmプラグのヘッドセットがあることがわかりました。両耳用のヘッドセットで容易に入手できるものとして以下があります。

ただし、上記の製品は、接続口のところが大きすぎますので、削って加工する必要があります。

20160922

***

今回、コードレス電話機でヘッドセットを使うために、様々な試行錯誤を行いましたが、それだけの価値はありました。ヘッドセットがあるだけで電話対応の負担がだいぶ軽減されます。一度ヘッドセットを使うと、ヘッドセットなしでは電話対応をしたくなくなるくらいです。


2016年09月17日

創立10周年 はてなブックマーク - 創立10周年このエントリーをはてなブックマークに追加

今月の13日は弊社の創立10周年の日でした。
日常の業務の中ですっかり忘れていて、次の日になってから気が付きました。

中小企業は、設立から10年以内に9割以上が倒産するそうです。
幸い、弊社はたくさんの良いお客様に恵まれていて、まだまだ続けることができそうです。

弊社は10周年の日を社長が忘れているくらい地味な会社なのですが、弊社の製品を利用してくださっているお客様のために、安全運転で、10年、20年と末永く続けていきたいと思っています。


2016年09月14日

お仕事ブログ〜大宮ハート歯科クリニック様〜 はてなブックマーク - お仕事ブログ〜大宮ハート歯科クリニック様〜このエントリーをはてなブックマークに追加

20160914_120547

本日大宮ハート歯科クリニック様にお伺いしました。院内は綺麗でした。
大宮ハート歯科クリニック様ではSMSの設定を行いました。本日先生からリコールの患者さまの対応に対して、SMSを送信する機能についてご要望があり、近いうちに対応しようと思っています。




sakamo_knowledgeflow at 18:18コメント(0)トラックバック(0)仕事 この記事をクリップ!

2016年09月09日

コードレス電話機でヘッドセットを使う(その3:電話機のトラブル) はてなブックマーク - コードレス電話機でヘッドセットを使う(その3:電話機のトラブル)このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニデンの電話機DECT3188とDECT3080を購入しました。

DECT3080の方は問題はなかったのですが、DECT3188では、電話がかかってきても着信を取れないという問題がありました。

初期不良として修理に出したのですが、修理して戻ってくるまでに3週間くらいかかりました。

修理から返ってきたものも問題は直っていませんでした。

その後分かったのですが、以下の条件を満たしている場合、DECT3188では電話着信を取れなくなるようです。

・ひかり電話ルーターの設定で、「モデムダイヤルイン」の機能を有効にする
・DECT3188のナンバーディスプレイの設定を有効にする

次回のブログでは、ユニデンの電話機に接続できるヘッドセットについて書きたいと思います。


2016年09月07日

コードレス電話機でヘッドセットを使う(その2:電話機) はてなブックマーク - コードレス電話機でヘッドセットを使う(その2:電話機)このエントリーをはてなブックマークに追加


前回のブログで書いたように、試行錯誤した結果、ユニデンの電話機を使うという結論になりました。

ヘッドセットが接続できる電話機は、DECT3288, DECT3280, DECT3188, DECT3080です。

ユニデンは電話機の製造・販売から撤退していますので、現在の販売店の在庫ががなくなり次第入手が困難になると予想されます。弊社では、DECT3188とDECT3080を2台ずつ購入しました。また、ユニデンの電話機は電池の劣化が早いようですので、電池も10個購入しました。

ユニデンの電話機を使ってまず不満に思ったこととしては、子機の互換性がないこと(例えば、DECT3188の子機をDECT3080の親機に接続することができません)と、充電器台の互換性がないこと(例えば、DECT3188の機器をDECT3080の充電器台に置くことができません)です。大手のメーカーが販売する電話機とは違い、不親切な商品仕様になっていると感じました。

また、今は撤退しているメーカーの製品だけあって、利用にあたってトラブルもありました。次回のブログでは、購入した電話機のトラブルとその対処について書きたいと思います。


PR広告
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)