2019年02月

2019年02月26日

ヤフーニュースに掲載されました! はてなブックマーク - ヤフーニュースに掲載されました!このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。白井です。

さて、昨日プレスリリースを行いました「ティースノート」ですが、ヤフーニュース様に記事を掲載していただくことができました!👏

01


この元記事となっている週刊アスキー様ASCII Health Tech様にも取り上げていただいております。

02
週刊アスキー様


03


ティースノートをこのような大手メディア様に取り上げていただいたこと、誠に嬉しく思っております。
ティースノートをどうぞよろしくお願いいたします!

●ティースノート
https://teeth-note.jp


sakamo_knowledgeflow at 19:10コメント(0) この記事をクリップ!

歯科医院向け診療情報共有サービス「ティースノート」をリリースしました!【プレスリリースを行いました】 はてなブックマーク - 歯科医院向け診療情報共有サービス「ティースノート」をリリースしました!【プレスリリースを行いました】このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。白井です。

さて、弊社は本日歯科医院向け診療情報共有サービス「ティースノート」をリリースいたしました。
pr01

サービス内容は名前の通り、「歯科医院向けに患者様と診療情報を共有する」ものとなっています。

プレスリリース全文に関しては、以下のリンクからご確認ください。
https://www.atpress.ne.jp/news/178007



世界の医療現場では現在、「診療情報共有」がキーワードになっています。
第23回日本顎咬合学会学術大会で2005年に公表された調査では、およそ8割もの患者様が「自分の診療記録を見せて欲しい」と回答しています。
諸外国でも、例えばデンマークでは、個人番号を持つ国民の100%が自らの医療情報にアクセスすることができます。

実際、北米での研究では「自身の診療情報にアクセスできる患者様は、アクセスできない患者様に比べて自身の健康状態などをきちんと理解しているし、治療成功率も治療満足度も高い」という結果が得られています。

診療情報にアクセスできるということは、自身の体の現在の状態や、それを踏まえて医師が何故この治療方法を選んだかといった根拠、そもそも今日の診療で先生が何を言ってたっけ?といった事柄がわかるまで読み返せることになり、治療に対する理解が深まります。

現状をちゃんと理解できている患者様は、医院スタッフ様からの治療説明もすぐに理解することができるため、説明の時間が短くなり、時間と労力の節約に繋がります。

01-01-02


つまり一言で表すと、
患者様が自身の診療情報を確認できる方が、医院様としてもうれしいことだらけ!
ということなんですね!

諸外国では普及しつつある診療情報共有の仕組みは、日本でも大手企業様などから提供されています。
しかし、
利用料が高い!
患者様にいちいち「ユーザー登録お願いします」というのはなかなか難しい!

ということで、普及はあまり進んでいません…。

ここで登場するのが「ティースノート」
SMSデンタルアポでの実績をもつナレッジフローが、歯科医院向けに情報共有サービスを開発しました。

特徴1:今日の診療のポイントを自宅で確認!

pr04


日々の診察記録をティースノートにアップロードすると、インターネットを通して患者様が記録を確認できます。
記録にはコメントのほか、写真やPDF、歯列図などを載せられます。アドバイスも載せられますから、

「ブラッシングは前回お伝えしたようにやってますか?」
「先生が何言ってたか忘れちゃって…😅」
「ではもう一度説明しますね😷」

の流れが、

「ブラッシングは前回お伝えしたようにやってますか?」
「前回聞いたポイントをティースノートで確認しながら毎日やってます!」

になるわけです。

特徴2:患者様のユーザー登録不要!
共有された診療情報は、患者様の専用ページでご確認いただきます。
専用ページをご用意するとなると通常であればユーザー登録が必要となるものですが、ティースノートではそれが必要ありません。

患者番号とパスワードを入力していただければ、いつでもどこでも診療記録を確認していただくことができます。

特徴3:セキュリティもバッチリ!
患者番号とパスワードだけで簡単に患者様の診療情報にアクセスできますが、セキュリティもバッチリ保たれています。
これはナレッジフローの独自技術によるもので、本技術に関しては現在特許を出願中です。

特徴4:どこでも見られる!
ティースノートは医院管理ページ・患者用ページともにどこからでもアクセスしていただくことができます。

パソコンをご利用の場合はもちろん、タブレットだけで情報管理をしている医院様にもお使いいただけます。
pr02

患者用ページはスマホ・パソコンどちらも対応しておりますので、スマホユーザーにもパソコンユーザーにもご利用いただけます。
pr03



そんなティースノートですがなんと…

2020年まで無料で使える!

ということで、現在2020年まで基本料金を完全無料にてご提供しています。
※オプションをご利用の場合はオプション利用料が別途かかります。

ナレッジフローでは診療情報共有サービスの普及を通して、
患者様が自身の健康や今後の治療方針について理解できる
病気の予防や適切な治療により、もっと健康に生きることができる
の流れを社会に作り出すことを目標としています。
サービス普及の第一歩として、まずは導入しやすい無料価格でティースノートをお使いいただき、診療情報共有とはどんなものかを医院様にご体感いただければと思います。

ティースノートをどうぞよろしくお願いいたします✨

●ティースノート
https://teeth-note.jp


sakamo_knowledgeflow at 16:56コメント(0) この記事をクリップ!

2019年02月18日

弊社は飲み会がございません!!!! はてなブックマーク - 弊社は飲み会がございません!!!!このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。白井です。

さて、この度弊社が「飲み会が嫌すぎて、飲み会のない会社を調べてみた!!【3選】」という記事の中で紹介されました。

01


確かに弊社は飲み会がございません。私もかれこれナレッジフローに入って2年目に突入しましたが、飲み会・社内行事は一度もありません。

ちなみにお昼は基本全員バラバラに食事を取ります。食事中の会話が苦手でも大丈夫!(そもそも一人でご飯を食べるので)
全員お昼ごはんがバラバラ故に、60分の昼休みの間に事務所から徒歩20分の公園へピクニックのような無茶もできます。

月1程度、事務所に出前を取ってもらうこともあります。その時は事務所のみんなで食卓(…?)を囲みますが、特に会話を続けないといけない雰囲気でもないので食事中の会話が苦手でも大丈夫!

私がまさに飲み会も社内行事も恐ろしく苦手だし食事中は何を話していいかわからないタイプなので、この空気感には感謝感謝です。

弊社は定時に帰って帰宅後の時間を有意義に使おう!というタイプの企業ですので、帰宅後に勉強というか自分の道を突き詰めたい人にはうってつけの職場なんじゃないかなと思います。

飲み会とは一切関係ないですが、弊社事務所は湿度管理がバッチリなためか、今年は久しぶりに風邪を引かずに冬を越せそうな予感がしています

弊社の求人は以下になります。飲み会などが苦手なプログラマーの方、ぜひどうぞ。
indeed

sakamo_knowledgeflow at 14:50コメント(0) この記事をクリップ!

2019年02月13日

スマイルクエリーでLINE連携済みユーザーがわかりやすくなりました! はてなブックマーク - スマイルクエリーでLINE連携済みユーザーがわかりやすくなりました!このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。白井です。

さて、スマイルクエリーは昨日2/12にアップデートを行いました。
内容は以下のとおりです。

  • 返信相手がスマイルクエリーとLINEを連携させている場合、返信画面にLINE連携済み表示を出す機能を追加
  • その他使いやすさを調整

ここでは、LINE連携済み表示機能についてご紹介します。

スマイルクエリーは「LINEでもウェブフォームでも問い合わせの答えを受け取れる」点が大きな特徴の一つです。しかし従来のスマイルクエリーでは、やり取りを行う相手がLINE連携済みであるかがわかりませんでした。
つまり、相手がLINEで回答を受け取っているのかウェブフォームで回答を受け取っているのかがひと目でわかりにくい状況だったのです。

今回のアップデートでは、返信相手がLINE連携済みである場合、返信画面の右上部に「LINE連携済みユーザー」という緑の表示が出るようになりました。

01


これで返信相手がどのような手段で返信を受け取っているのかがわかるようになりました。
LINEユーザー限定のご案内の送信など、様々な活かし方でご利用ください!

スマイルクエリーのご利用に役立つこと間違いなしのこの機能は、本日すでにご利用いただけるようになっています。
※本日以前に連絡があったユーザー様に関しましても、LINEとスマイルクエリーが連携済みの場合に緑色の表示が出るようになります。

スマイルクエリーを今後とも宜しくお願いいたします。

■スマイルクエリー ウェブサイト
https://smile-query.jp

sakamo_knowledgeflow at 10:00コメント(0) この記事をクリップ!

2019年02月12日

ひかり電話転送が日本教育新聞に掲載されました! はてなブックマーク - ひかり電話転送が日本教育新聞に掲載されました!このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。白井です。

さて、前々回の記事にて本ブログでもご紹介した「ひかり電話転送 学校向けキャンペーン」を、日本教育新聞様に取り上げていただきました!

01

URL:https://www.kyoiku-press.com/post-198876/

記事では21日間の無料期間について大きく取り上げていただきましたが、学校向けキャンペーンではその他にも「学校関係者専用サポートダイヤル」「1年間分の設定入力代行」といった特典もご用意しています!
電話転送の手間が気になっている教職員の皆様!ぜひ一度、ひかり電話転送をお試しください!

■ひかり電話転送 学校向けキャンペーンサイト
https://school.hikari-warp.com


sakamo_knowledgeflow at 13:13コメント(0) この記事をクリップ!

2019年02月06日

ひかり電話転送が学校の働き方改革を支援します!【プレスリリースを行いました】 はてなブックマーク - ひかり電話転送が学校の働き方改革を支援します!【プレスリリースを行いました】このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。白井です。

さて、弊社の電話転送自動化サービス「ひかり電話転送」は、本日プレスリリースを行いました。
01


内容は「学校教育機関向けのキャンペーンを開始します」というもので、以下の通りとなります。

株式会社ナレッジフロー(本社:東京都町田市、代表取締役:林 良生、以下「ナレッジフロー」)は、提供中のひかり電話自動転送システム「ひかり電話転送」にて、電話転送を通じて教育現場の働き方改革を支援する「学校向けキャンペーン」を開始しました。

■学校向けキャンペーン特設サイト

■キャンペーンの狙い
 近年教育現場では、教員の働き方改革が課題となっています。
 文部科学省の「学校における働き方改革に関する緊急対策」では、改革案のひとつとして、時間外の電話対応を行わない体制の整備が挙げられています。
 札幌市など、業務時間外の着信を教育委員会などが定めた自動音声へ転送し始めている自治体もありますが、業務前後の手動での転送設定自体が、現場の大きな負担となっている現状があります。

 電話の転送設定を自動化する「ひかり電話転送」は、現在多くの学校で実際にご活用いただいており、毎日の電話転送が負担なく行えると大変好評をいただいております。
 また、2018年頃から学校の電話転送を開始した自治体が相次いだことに伴い、本サービスの学校様との契約件数も急激に伸びています。
 2018年下半期の学校教育機関様とのサービス契約件数は、同年上半期と比べて30倍となるなど、教育現場での電話転送の需要は高まっています。

 そこで当社では、学校にて多数実績のある本システムにて教育現場の働き方改革に貢献したく、「学校向けキャンペーン」を開始いたしました。

■キャンペーン内容
 本キャンペーンでは、学校教育機関様からのお申し込みに限り、3つの特典を無料にてご提供いたします。

(1) 21日間の無料お試し期間
 通常7日間の無料お試し期間を、3倍の21日間に延長いたします。
 お試し期間中も、機能に制限なくご利用いただくことができます。

(2) 学校関係者専用ダイヤルによる電話サポート
 学校関係者様にスムーズで手厚いサポートをご提供する、専用ダイヤルをご用意しております。

(3) 1年分の設定入力代行
 電話自動転送の設定について、ご利用開始より1年分の入力を当社にて行います。

 ナレッジフローでは本キャンペーンにより、2,000校の学校教育機関様との契約を見込んでいます。

■ひかり電話転送
学校向けキャンペーン特設サイト: https://school.hikari-warp.com
学校関係者専用サポートダイヤル: 03-6908-8122

◆プレスリリースURL

…ということで、ひかり電話転送では「学校向けキャンペーン」を実施することとなりました。
ひかり電話転送では昨年下半期より公立学校様のご登録が急激に増えています。
リサーチの結果、ご登録いただいた学校様の地域のみならず全国の学校教育機関で「働き方改革の一環として、業務時間外の着信を自動音声案内などに転送する」動きがあることがわかったため、本キャンペーンの実施を決定いたしました。

「業務時間外の電話を音声案内に転送する」というと簡単ですが、そこには先生方の手間があります。
通常の場合、電話転送は手動でON/OFFを切り替える必要があるため、誰かが毎日業務時間前後の一日2回転送設定をする必要があります。
つまり、先生方の負担を減らす取り組みが、逆に毎日の業務をひとつ増やすことになっていたのです。

ひかり電話転送は電話転送のON/OFFを切り替えるサービスです。
すきま時間の5分を使ってひかり電話転送で向こう数ヶ月分の設定をしてしまえば、あとは放っといても自動で転送設定のON/OFFが切り替わります。

定刻に切り替えを行うため、手動のときのように忙しくて転送の時間なのに設定が間に合わない!!ということもありません。

30日で1番号400円(税抜)のワンコインでお釣りが来る価格ですので、電話転送を導入された学校様にぜひお試しいただければと思います。


そして、学校教育機関様からのお申込みに限り、学校向けキャンペーンが適用されます!

02


キャンペーンの特典内容は以下のようになっています。

1.無料で21日間使える!
ご利用登録より21日間(3週間分)は完全無料で全機能をお使いいただくことができます。
通常の無料期間は7日間ですので、お得になっています。

2.学校関係者専用サポートダイヤル完備!
本キャンペーン専用のサポートダイヤルを設置しました。
他製品のお問い合わせなどで混み合うことも多い弊社サポート窓口ですが、学校関係者様専用のサポートダイヤルで手厚いサポートをいつでも優先的にご提供することができるようになりました!

3.1年間の設定入力を代行します!
ひかり電話転送はシンプル・簡単な操作で転送設定を予約できますが、1分1秒が惜しいほど多忙な先生方にはそれすらも負担となる可能性があります。
そこで、弊社にて1年分の設定予約の入力を代わりに行わせていただきます!

上記3つの特典は、学校関係者様からのご登録であることが確認できた場合に限り適用となります。
学校名でのご登録や、お問い合わせからのご連絡にて学校関係者様であることをお伝え下さい!

業務時間外の電話転送を導入の学校関係者様からのご登録、お待ちしております!

ひかり電話転送 学校向けキャンペーン特設サイトはこちらから!


sakamo_knowledgeflow at 12:40コメント(0) この記事をクリップ!
PR広告
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)