2014年03月12日

引きこもり人間にとっての人生の意味 はてなブックマーク - 引きこもり人間にとっての人生の意味このエントリーをはてなブックマークに追加

起業すると、自分に向いている生活スタイルで仕事ができます。

私は引きこもりの生活があっていたようで、5時間睡眠+6時間仕事を1日2回ずつ行う(そして、それ以外は何もしない)という毎日です。

そういう生活を続けて、いつの間にか、人生の折り返し地点を過ぎてしまいました。

最近分かったことは、人生は、お金を稼ぐゲームだったということです。

お金を稼ぐ方法は色々あります。世の中を見ると、新たな価値を何も生み出していない商売が横行しているようです。特に、お客様の錯誤・錯覚に付け込んだ商売だったり、もしくは、他人から搾取することで儲けているという商売が多いようです。

そういう商売をせずに、お客様に価値を提供して、その対価を得るということを守って商売をしていると、「お金を稼ぐ」=「お客様に感謝されて世の中に貢献している」ということになります。

お金を稼げば稼ぐほど世の中に貢献しているということになりますので、後は、どうやって稼ぎを増やすか(=収入という数値をアップさせるか)ということになります。

お金儲けの手段は様々なものがあって、考えられる施策もたくさんあります。収入という数値アップがゴールで、ゴールも明確です。このゲームは一生退屈することはなさそうです。また、このゲームは、収入が高くても低くても同じように楽しむことができます。(所得が低いと税金などをほとんど取られませんので、むしろ所得が低い方が数値のアップを実感できて楽しいかもしれません。)

人生に意味はありませんが、生きていかなければなりません。私にとって人生を生きていくということは、このゲームを楽しむということになります。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
i-Web Message
yhayashiにメッセージを送れます

PR広告
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)