2017年06月04日

ひかり電話オフィスタイプとひかり電話オフィスA(エース)の違い はてなブックマーク - ひかり電話オフィスタイプとひかり電話オフィスA(エース)の違いこのエントリーをはてなブックマークに追加

先日、弊社の事務所では、電話の契約をひかり電話の通常タイプからオフィスタイプに変更しました。

ひかり電話オフィスタイプには、普通のオフィスタイプとオフィスA(エース)があります。

これらの違いが分かりにくかったのでどちらが良いのかを良く調べました。

オフィスタイプの月額料金は1300円(3チャンネル、1番号)です。

オフィスタイプのオプション料金は以下となります。
・チャンネル追加:400円(1チャンネル)
・番号追加:100円(1番号)
・ナンバーディスプレイ:1200円
・ナンバーリクエスト:600円
・ボイスワープ:500円(1番号ごと)
・着信お知らせメール:100円(1番号ごと)
・FAXお知らせメール:100円

一方、オフィスエースは1100円(1チャンネル、1番号)です。

オフィスエースには以下が標準で備わっています。
・ナンバーディスプレイ
・ボイスワープ
・ナンバーリクエスト

オフィスエースのオプション料金は以下となります。
・チャンネル追加:1000円(1チャンネル)
・番号追加:100円(100円)
・着信お知らせメール:100円(1番号ごと)

***

(a) 典型的な小規模な構成では、オフィスエースが少し得になります。

例えば、3チャンネル3番号+ナンバーディスプレイ+ナンバーリクエスト+ボイスワープx1の場合、
・オフィスタイプ:1300 + 100x2 + 1200 + 600 + 500 = 月3800円
・オフィスエース:1100 + 1000x2 + 100x2 = 月3300円

(b) チャンネル数が多くボイスワープを利用しない場合は、オフィスタイプが得になります。

例えば、5チャンネル5番号+ナンバーディスプレイ+ナンバーリクエスト
・オフィスタイプ:1300 + 400x2 + 100x4 + 1200 + 600  = 月4300円
・オフィスエース:1100 + 1000x4 + 100x4 = 月5500円

(c) 電話番号の数が多く、多くの電話番号でボイスワープを利用する場合は、オフィスエースがだいぶ安くなります。

例えば、10チャンネル50番号+ナンバーディスプレイ+ナンバーリクエスト+ボイスワープx50の場合、
・オフィスタイプ:1300 + 400x7 + 100x49 + 1200 + 600 + 500x50 = 月35800円
・オフィスエース:1100 + 1000x9 + 100x49 = 月15000円

***

多くの場合オフィスエースの方が少し得になるのですが、オフィスエースにはFAXお知らせメールが使えないという欠点があります。NTTに何度も確認したのですが、FAXお知らせメールは、ボイスワープと競合するサービスのため、すべての電話番号に自動的にボイスワープの機能が付くオフィスエースでは利用できないそうです。

したがいまして、オフィスエースでFAX装置なしでFAX受信をしたい場合は、他社のサービス(月1000円程度)を利用する必要があります。

弊社の環境は、3チャンネル2番号+ナンバーディスプレイ+ナンバーリクエスト+ボイスワープx1+着信お知らせメールx1+FAXお知らせメールです。

オフィスタイプとオフィスエースの料金は以下となります。

・オフィスタイプ:1300 + 100x1 + 1200 + 600 + 500x1 + 100x1 + 100 = 月3800円
・オフィスエース:1100 + 1000x2 + 100x1 + 100x1 + 1000 = 月4300円


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
i-Web Message
yhayashiにメッセージを送れます

PR広告
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)