2020年01月23日

英語学習、はじめました はてなブックマーク - 英語学習、はじめましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。白井です。

タイトルの通りなんですが、いろいろありまして英会話学習を始めることになりました。

私が最後にパスポートを使ったのは多分3歳になるかならないかくらいの頃にグアムに行った時でしょうか。
物心もつかない子供の頃なので純日本人の親以外と会話することも特になかったですし、記憶にあるのはナマコまみれのビーチでナマコをとっかえひっかえ揉んでたことグアムに来てまでホテルの朝食が日本食だったことくらいなので特に英語の勉強とかはいらなかったんですが、時は流れてグローバル化した社会で生きることになってしまったので…。

どうでもいい話、そのグアムに行ったときに飛行機で派手に乗り物酔いをしてしまったので飛行機は少し苦手意識があったんですが、その後飛行機に数回乗ったときはまーったく問題なかったので、別に飛行機だから酔うというわけではなかったみたいです。

さて、今回の教材は「レアジョブ英会話」。
1年ほど前に弊社小山が感想をブログに書いていたものです。以下の記事ではレアジョブ英会話がどんなものかがわかるのでよろしければご覧ください。



3行でまとめると

Skypeで
フィリピン人講師と
25分マンツーマンレッスン

です。

Skypeアカウントがなくてもスマホアプリかウェブで「レッスンルーム」という機能を使えばレッスンできます!とのことだったので、Skypeアカウントを用意するのが面倒くさかった私はレッスンルームを……



あっ!!!!!(手元のAndroidタブレットのバージョンが古すぎてアプリが入らない)

レアジョブアプリの対応Androidバージョンは5以上でした。
化石端末め……

結局使わなさすぎて機能制限状態になってたSkypeアカウントを目覚めさせて使うことに。
講師の方とSkype通話ということは講師との通話履歴もアカウントに残りますし、チャットもガンガン使うので、普段遣いのSkypeアカウントよりは学習用にひとつ取ったほうがいいかもしれません。

予約の登録はウェブのマイページなどから行います。よくわかんなかったので(初心者)適当にできそうな時間をポチポチすると、おすすめ講師がランダム表示されました。ガチャかな

勧められるがままに講師を予約して時間を待ちます。フィリピン人どころか外国人どころかSkype通話そのものの初心者なので「他人と通話する」ところにめちゃくちゃ緊張したんですが緊張するところはそこじゃないと思いました

初回のレッスンは自己紹介、レベルチェック、教材を使ったレッスンでした。
レベルチェックは講師の質問に答えていくものです。レアジョブ基準の英語レベルがどのくらいかを判定するものなので、どんどん質問内容が難しくなっていきます。

講師「Your smartphone is broken.Please explain to customer center.(的なことを聞かれた)」
わたし「・・・(スマホが壊れたからサポートに説明する?まずどこが壊れたんだ???)」

レベルチェックには想像力が必要なようです。
(もしかしたらどこが壊れたって言ってたのかも)


その後はテキストを使ってレッスン体験。
テキストを見てくださ〜いと言われたと思ったら画面を見てくださ〜いとなったりするので、通話とテキスト表示の2つを一つの端末でこなすのは難しいかもしれないです。頑張ればいけます。

何だかんだで25分経ち、レッスン終了。終了後はレビューがチャットやマイページから送られてきます。

レアジョブは新規登録時に自分の現在の英語レベルを自己申告するのでとりあえずLv.2(身内の簡単な紹介ができる)程度で申告しておいたのですが、チェックの結果はLv.4(海外旅行に必要な英語を話せる)でした。Really〜?!?!(口から飛び出たその日のレッスンで一番ナチュラルな英語)

レベルチェックによると朝起きたら日本語が通じない英語社会に転生してても最悪どうにかなるようではありますが、どうせならまともな文章を喋れるようにしておきたい!

初めてのレッスンが終わって2日経ちますが、わりと内容を覚えてたりするのでもしかしたら思ってた以上に効果がある可能性があります。
英語をやる前に日本語で話すときに言葉に詰まるクセをどうにかしろという話もありますが、果たしてどうなるのか!
明日はどっちだ!


sakamo_knowledgeflow at 15:46コメント(0) この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
PR広告
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)