2021年03月16日

ひかり電話転送、ありそうでなかった機能をリリース!【プレスリリースを行いました】 はてなブックマーク - ひかり電話転送、ありそうでなかった機能をリリース!【プレスリリースを行いました】このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。白井です。

さて、本日弊社では弊社サービス「ひかり電話転送」のプレスリリースを発表いたしました!
"ありそうでなかった"電話転送機能のリリースのお知らせです。

プレスリリースの詳細はこちらからご覧ください。


---------------------------------------------------------

さて、新型コロナウイルスによる外出自粛や、関東1都3県では緊急事態宣言延長真っ盛りといったこともあり、世間ではテレワークが推奨されるようになっています。

しかし、自宅でもできるような業務内容なのに「とある事情」からテレワークにしたくてもできない人達がいるのをご存知でしょうか。

それはズバリ「電話番」

小企業のサポート窓口など、小規模な電話窓口では1日10本程度しか電話が鳴らない場合もよくありますが、それでも電話は電話。何かしらの方法で対応を行わないといけません。

大規模な電話窓口ならばテレワーク用に電話環境を工事して、スタッフが自宅などでも電話を受けられるような環境に整えることもできるかもしれませんが、対して中小企業にはなかなか設備投資のお金がないのも事実。
ここで、要は「事務所に来た電話を事務所外で取れればいい」わけで、「電話転送」を使えば設備にお金をあまりかけずにそれが実現できるんじゃないか?!という名案が出てくるわけです。

しかし、現在最も普及している電話回線である「NTTひかり電話」では、ひとつの電話転送元電話番号に対して転送先電話番号を4つまでしか設定できません。
この状況で電話サポート窓口をテレワークにしようとしても、サポート電話番号ひとつに対して転送先として指定できるサポートスタッフの個別電話番号は4つしか設定できないわけです。



202103-pr

サポートを常時4人以下で回すという状況はそうそうないかと思われるため、これではどうにもなりません。サポート窓口のテレワークは諦め・・・


なくていいんです!!

当ブログでもおなじみ、弊社の「ひかり電話転送」では、このたび、ひとつの転送元電話番号に5つ以上の転送先電話番号を設定できる「転送先番号追加機能」をご用意いたしました!

これでひとつの転送元電話番号に対して転送先電話番号を大量に設定できるため、サポート窓口のテレワーク化もどんと来い!です。
ひとつの転送元電話番号に、何十人ものサポートスタッフの電話番号をぜーんぶ転送先として登録して当番順に転送をかけていく…といったことも可能です。

実はこれ、大手企業様からご相談を受けて作られた機能になります。
その企業様では、主力以外の商品に関するサポート窓口についてまさに上記のような「小さい窓口を電話転送でやりくりしたい」状況だったようで、今では本機能でひとつの転送元から40もの転送先に電話転送を行っています。


ナレッジフローではこれからも皆様のお役に立つ機能をどんどんご提供してまいります!!


sakamo_knowledgeflow at 19:44コメント(0) この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
PR広告
月別アーカイブ
最新コメント
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)