買い物・製品レビュー

2018年04月07日

4月10日からTeamViewerの価格が大幅に改定されるそうです はてなブックマーク - 4月10日からTeamViewerの価格が大幅に改定されるそうですこのエントリーをはてなブックマークに追加

知人から、「4月10日からTeamViewerの販売方法が変わるらしい」ということを聞き、TeamViewerのサポートに問い合わせたところ、以下の回答をいただきました。

ご質問頂いた件ですが、2018年4月10日以降、弊社のライセンスはすべて年間ライセンスでの販売となります。
その為、価格の方も変わってまいります。

2018年4月9日まででしたら、買取りライセンスにて販売させて頂きます。

具体的な価格を問い合わせたところ、ビジネスライセンスの場合、
  • 4月9日までの場合は、買い取りで71000円(定価は79000円ですが値引きしてくれました)
  • 4月10日以降は、年間60000円
になるそうです。

年間ライセンスの場合は常に最新のTeamViewerが利用できるというメリットはありますが、買い取りよりもだいぶ割高です。

TeamViewerの購入を考えている方は、4月9日までに購入するのが良いと思います。弊社でも新たに一つ購入しました。


knowledgeflow at 11:43コメント(0) この記事をクリップ!

2018年03月17日

Amazonビジネスアカウントではキンドルの本が読めない? はてなブックマーク - Amazonビジネスアカウントではキンドルの本が読めない?このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonビジネスアカウントに登録すると、Amazonの一部の商品を法人価格で購入することができます。

しかし、不思議なことに、Amazonビジネスアカウントでは、パソコン版のキンドルを利用できません。

弊社では、社員に対し、キンドルがインストールされているノートパソコンを支給しています。勉強用の電子書籍をたくさん購入して社員の能力向上に役立てることが目的です。パソコンでキンドルの本が読めないと、ノートパソコンをタブレットに変更しなければならなくなりかなり不便です。

Amazonに問い合わせたところ、

ビジネスアカウントではお問い合わせいただきました『Kindle for PC』や『Kindle for Mac』をご利用いただけない仕様となっております。

とのことでした。

しかし、Amazonビジネスアカウントに登録する前にインストールしたキンドルは利用できますので、キンドルで新規にログインできないだけのようです。

したがいまして、

(1) Amazonビジネスアカウントの登録を解除
(2) パソコン版のキンドルにログイン
(3) 再びAmazonビジネスアカウントに登録

という手順で、Amazonビジネスアカウントの恩恵を受けつつ、パソコン版のキンドルを利用することができます。



knowledgeflow at 13:22コメント(0) この記事をクリップ!

2016年07月04日

ウイルス対策は大丈夫ですか? はてなブックマーク - ウイルス対策は大丈夫ですか?このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。金井です。めっきり暑くなりましたね。
先日、珍しく(笑)長時間屋外にいたら熱中症気味になってしまいました。水分と塩分補給大事ですね!

さて、今回はウイルス対策ソフトのお話です。
パソコンに「セキュリティソフトが期限切れになっています」という表示が出ていることはありませんか?

2017-07-04_11h06_37

こんな感じの画面ですね。デスクトップにポップアップで出てくる場合もあれば、タスクバーなどから開かないと出てこない場合もあります。
この状態で放置してしまっている方、結構いるのではないでしょうか。

対策ソフトが期限切れになっているとどうなるか?全くセキュリティ対策がされなくなってしまうのか?というと
まだ期限が切れていなかった時までに発見されたウイルスには対応できますが、その後に作られた新種のウイルスには対応できない、という状態になります。
ウイルスはセキュリティソフトに対抗するため日々新しいものが作られていますので、最新版を保っておくことがとても大切なのです。


K0000469383

弊社がおすすめしているのがこちらのESETセキュリティソフトです。
コストパフォーマンスが抜群と評判です。→価格.comでの比較

1台のパソコンにだけインストールできるESETパーソナルセキュリティと、5台までインストールできるESETファミリーセキュリティがあり、それぞれ1年版と3年版が用意されています。
しかし価格の差からすると、ファミリー版の3年版が断然お得だと思われます。PCを買い換えても期限内なら継続して使えるので安心ですね!

この機会にご自分のウイルス対策ソフトが期限切れで放置されていないか、確認してはいかがでしょうか。


金井


kanai_knowledgeflow at 11:34コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

2016年05月10日

Kindleを購入して、楽しみ(時間の浪費)が増えました はてなブックマーク - Kindleを購入して、楽しみ(時間の浪費)が増えましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

最近、Amazonでは、プライム会員にならないと送料がかかるようになりました。この機会にプライム会員になった人も多いと思います。

Amazonプライム会員になるとKindleが安く購入できます。定価8980円が4980円になり、さらに定期的に1000円引きをしていますので、3980円で購入できます。

ただし、Kindleが安く変えるのは、プライム会員になってから30日後です。私は3980円のセールになっているのを見つけてプライム会員になったのですが、その時点では安く購入できませんでした。そこで、その場ではプライム会員になるだけにしておいて、30日後の次の1000円引きセールのときに購入しました。

********************

Kindleを購入すると、Kindleオーナーライブラリーの中の本を月に1冊無料で読むことができます。

Kindleオーナーライブラリーの中では、「7つの習慣」が一番人気ですが、この本を書籍で購入すると2000円くらいしますので、これだけでKindleの代金の半分くらいは元が取れることになります。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復
スティーブン・R・コヴィー
キングベアー出版
2014-05-23


********************

弊社では、事務所の共有スペースにKindleを置き、漫画を何冊か購入して、昼休みなどに社員が息抜き兼暇つぶしができるようにしました。

安くてそこそこ面白そうな漫画を30冊くらい購入しました。

以下で108円以下の漫画を見つけることができます。


216円以下の漫画を探す場合は以下になります。(上の最後の10800を21600にします。)


********************

Kindleで購入した本は、6台までの端末で読むことができます。(ただし、同一アカウントであることが必要です。)

したがいまして、購入した漫画は私のパソコンでも読めます。

購入した30冊のうち、まだ1冊しか読めていないのですが、50円でもなかなかおもしろいものがあると思いました。


2016年04月07日

タコ足配線は火災の原因になるか はてなブックマーク - タコ足配線は火災の原因になるかこのエントリーをはてなブックマークに追加

今日お客様のところにシステムの設置にお伺いしたのですが、電源タップの配線がタコ足配線になることについて、お客様から大丈夫かどうか聞かれました。

私は新入社員のときに先輩社員から「タコ足配線は絶対にするな」と言われていましたので、「タコ足配線は火災の原因になります」と言い切ってしまいました。
 
しかし、帰ってから調べたところ、タコ足配線が問題(火災)を引き起こすのは、電力がタップの許容量(1500W)を超える場合ですので、許容量以下の場合は大丈夫のようです。

私の先輩社員は理想主義者のようなところがありましたので、タコ足配線の見栄えが悪いことも含めて嫌いだったため、タコ足配線のことを絶対悪視していたのでしょう。

タコ足配線以外によくある火災の現象としては、トラッキング火災と言って、コンセントと差し込みプラグとの間にほこりがたまってそこから発火することも多いようです。また、電気コードの上に物を置いてコードを傷つけたり、電気コードを丸めた状態で利用していて、そこが加熱して発火することもあるそうです。

平成27年度の東京消防庁管内での火災は4433件で、出火原因の内訳は以下となっています。

20160407_1

トラッキング火災が、出火原因の「コンセント」と「差し込みプラグ」のどちらに含まれているのか不明なので、分かったような分からないような何とも微妙なデータなのですが、一つの参考にはなります。

***

火災の予防に便利なタップとして以下があります。9個の差し込み口がありますので、タコ足配線にしなくてもたくさんの機器を接続することができます。また、接続している機器の消費電力の合計が1500Wを超えた場合、ブレーカーが作動し電源が切れるようになっています。さらに、プラグの刃の根元に、トラッキング火災予防に効果的な絶縁キャップが付いています。




2016年03月31日

b-mobileとDMM mobileの比較 はてなブックマーク - b-mobileとDMM mobileの比較このエントリーをはてなブックマークに追加

b-mobileのSIMカード(100GB/365日のプラン)が、スマートフォンとセットで安く売っていましたので購入しました。

価格は19180円でした。スマートフォンが12000円くらいすることを考えると、月に8GB以上使えて月額600円という計算になります。
 
携帯会社のデータプランは7GBで月額7600円ですので、15倍近い価格の差があります。

携帯会社のデータプランがなぜこれで売れてしまうかというと、携帯ショップには営業マンが常駐していて、この価格が当たり前であると思わせているからです。また、高価な新製品と合わせてセットにして販売するときの割引枠に活用していることもあります。例えば、2年契約だとすると、原価600円x24ヶ月のものを7600円x24ヶ月の価格にしているので、16万8000円の利益が出ることになります。そこで、高価な端末とセットにしたときに、16万8000円の半分を割引することで、「10万円の製品が1万6000円で購入できます!」という売り方をしています。

***

b-mobileを使ってみた感想ですが、DMM mobileと比較して速度が遅い感じがします。

速度を計測してみました(ドコモスピードテストというアプリを使用)。上りの速度はDMM mobileよりも良かったのですが、下りの速度がDMM mobileの6割くらいしか出ていませんでした。これが体感速度の差につながっているのだと思われます。

20160331




2016年02月08日

格安SIM はてなブックマーク - 格安SIMこのエントリーをはてなブックマークに追加

WiMaxの解約月になりましたので、先月からDMMのSIMを試しているのですが、かなり快適です。

これまで利用していたWiMaxは地下に弱いという特性があり、地下鉄車内で使えないことが多くありました。一方、DMM SIMは、DoCoMoの回線網を利用していますので、つながらないということはめったにありません。

DMM SIMは、高速通信モードで月1GBまで使用する場合、月590円(税抜)と安価です。(WiMaxは月2000円くらいかかっていました。)

高速通信をオフにした状態でも、メールを見る分には問題ありません。また、バースト機能によって通信開始の直後だけ高速に通信できるらしく、簡単なWebページを見る分にも大きな問題はありません。

外出先から自宅のパソコンを遠隔で見るときは高速通信をオンにする必要がりますが、5分間で30MBくらい消費するとして、月1GBの契約で3時間程度使うことができます。

アプリも使いやすいので、高速通信モードの有効/無効の切り替えも簡単です。


2015年11月06日

SanDisk社のSSDが使い物にならない はてなブックマーク - SanDisk社のSSDが使い物にならないこのエントリーをはてなブックマークに追加

5月にパソコンを購入したときに、HDDをSanDisk社のSSDに交換したのですが、不良品でした。Windowsの初期のセットアップの際にエラーが頻発して、多くの時間を無駄にしました。

SanDisk社のサポートに電話してすぐに交換してもらったのですが、新しく届いたものも不良品だったようです。3ヶ月後くらいにWindowsが立ち上がらなくなって、診断ツールで診断を行うとエラーが表示されるようになりました。

再びサポートに電話したところ、1度交換した後でしたので、簡単には交換に応じてもらえませんでした。サポートの方に、「あれをやってみてください」「これをやってみてください」と色々と言われた後、最後に「フォーマットしてから診断ツールで診断してみてください」と言われました。

フォーマットしたくらいで直るわけはないと思ったのですが、やってみたところ、完全フォーマットを行ってから診断ツールで診断を行うとエラーが出なくなりました。

その後またしばらく使っていたのですが、それから2ヶ月後くらいにまたWindowsが立ち上がらなくなり、診断ツールでエラーが出るようになりました。

そして今回も完全フォーマットしてから診断ツールで診断を行うとエラーが出なくなりました。

***

今は直ったように見えていますが、数ヶ月に一回おかしくなるディスクは使い物になりません。SSDのトラブルでOSが立ち上がらなくなると、リカバリーをする時間の人件費で数万円がふっとびます。私はこの3回のトラブルで、10万円くらい損をしているような気がします。

私は、SSDは諦めて、HDDを使うことにしました。

前のパソコンのSSDは、3年近くの間、トラブルが一切なかったのですが、今回は運が悪かったようです。

SSDを購入する時、老舗のNANDメーカーであるSanDisk社の実績と技術力を見込んで、また、製品に3年保証を付けているのはメーカーの自信の現れだと思って、SanDisk社の製品を選びました。しかし、結果として多くの時間を無駄にしました。

先日ウエスタンデジタル社がSanDisk社を190億ドル(2兆3000億円)で買収というニュースがありました(日本で2兆3000億円というと、ユニクロやJR東の株の半分を買い取れる金額になるでしょうか??)。そこから判断すると、私の最初の見込み通り、SanDisk社はすぐれた会社なのだと思います。しかし、SSDは、優れたメーカーが作ったから大丈夫ということはなく運に左右されることが多いようです。私はこれに懲りて、当面の間はHDDを使うことにしました。


2015年05月21日

ベビー蚊帳 はてなブックマーク - ベビー蚊帳このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、寝ているときに蚊に刺されることが多いので、蚊帳を買いました。

普通のタイプの蚊帳は大きいものが多く場所を取るので、赤ちゃん用のものを買いました。サイズは 168cm x 105cm x 高さ58cm です。


足を伸ばして寝ると足がはみ出るので、足を曲げて寝るか靴下をはいて寝ています。長さがもう10cmくらい大きいものがあればちょうど良かったと思います。

2015年05月10日

新しいパソコンの購入 はてなブックマーク - 新しいパソコンの購入このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンが壊れたので、新しいパソコンを購入しました。

壊れたパソコンは、購入してから2年9ヶ月くらいしかたっていないのですが、酷使していたので良くもった方だと思います。1年半くらい経過したときにCPUファンが壊れたことがあり、分解して交換しました。それがかなり大変な作業でしたので、パソコンの保障期間は3年間は必要ということを改めて思いました。

今回はマザーボードが壊れたため、修理・交換は現実的ではない(お金がかかる)ということで、新しいパソコンを購入することになりました。

購入するに当たり以下の要件で探しました。
・17インチノートPC
・解像度はフルHD
・3年保証

ドスパラで、上記の要件を満たすものが10万円以下(消耗品として計上できる)でありましたので、購入しました。

***

ところで、今回パソコンが壊れた原因追求をする中で、SSDのディスクが壊れた可能性についても調べたのですが、SSDのディスクはハードディスクと異なり、壊れる前に異音などの前兆がないようです。

したがって、利用中に嫌な予感を感じてからデータをバックアップするということができません。最初からバックアップの運用を考えておく必要があります。

私は、これまでは、160GBのディスクにデータをすべて入れて、そのディスクを定期的にコピーしていました。しかし、160GBのディスクのコピーには30分程度の時間がかかるため、最近は頻度が減っていました。

また、ドキュメントなどの作業中のファイルは自動的にNASにコピーされるようにしていました。しかし、NASもいつかは壊れると思われますので、あまり酷使するのはやめた方が良さそうです。

今回改めて、ディスクの使い方とバックアップの運用を検討しました。

要件は、ディスクが壊れたときに、短時間で環境を復旧できて、仕事に支障を来さないということです。

まず、480GBのSSDディスクを160GBと320GBに分けて、160GBの方にOSとプログラムを置き、それを2ヶ月に1回フルバックアップするということにしました。新しいプログラムのインストールは、2ヶ月に1回くらいしか行いませんのでそれくらいの頻度で十分です。

また、ドキュメントなどの作業中のファイルなどは、320GBの領域に置いて、GoogleDriveに自動的にバックアップが取られるようにするということにしました。

これまでは、私はクラウドにデータを置くことについては消極的だったのですが、Googleのアカウントは2段階認証を設定しているためまず破られることがないということで採用しました。また、今後、社員が入ったときに、同じような運用体制が簡単に作れるというメリットもあります。


PR広告
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)