構造主義の難解さはご存知かと思いますが、それゆえに解説書も多いです。

しかし、それらの解説書には当然それぞれの特徴があるため、いわゆる悪書も存在します。

今回は、多作でメディア露出も多い内田樹先生の解説について書いてみようと思います。


寝ながら学べる構造主義 (文春新書)
内田 樹
文藝春秋
売り上げランキング: 3379







マルクス、フロイト、ニーチェを「構造主義が生まれるきっかけ」であるとし、ソシュールを第一の構造主義者として軽く説明した後、「構造主義四銃士」としてフーコー、バルト、レヴィ・ストロース、ラカンを紹介しています。

ここに挙がっている人物たちの思想はどれも難解なので、これらをわかりやすく説明してくれるなんて、夢のような話なんです。

実際、なかなかの売り上げを記録しているそうですね。
良書か悪書かという話では、私はどちらとも言えないと思います。

良い点と悪い点にわけて評しておきます。

○良い点

とにかくわかりやすい!

構造主義の解説書は3冊ほど読んでいますが、私にはこれが一番わかりやすかったです。

具体的な例を挙げて説明したり、簡略化して理解を促したり・・・

とにかく、いい先生だなぁと思ってしまいました。

○悪い点

わかりやすすぎる!

いえ、ほめているのではありません。

確かに読みやすいので、すらすら理解できるのですが、各所各所の理解はできても、結局「構造主義ってなに?」という疑問は払拭されないでしょう。

これでは本末転倒ですよね。

しかしながら、上述の通り、フーコーやラカンをここまで簡単に説明している本には出会ったことがないため、それらを思い出すときに手元に置いておきたい一冊です。

また、このように部分的に理解することを繰り返すうちに、全体像が鮮明になることもあります。

ひたすら「構造主義とは何か」ということを論じている解説書は、なかなか難解になってしまっていたり、誰かの(例えばレヴィ・ストロースの)構造主義を前提にして、それを敷衍しているものがあります。

要するに、どのような形式であれわかりにくいことには変わりないんですね・・・

私としては、まず各論としていろいろな構造主義者の思想に触れ、それを出発点に構造主義を考えることは非常に有効だと思いますので、本書は「はじめの一冊」としておすすめです。

きっとその後の学習の助けになるでしょう。


一応ほかの解説書などもひとことコメント付きで紹介しておきますね。



はじめての構造主義 (講談社現代新書)
橋爪 大三郎
講談社
売り上げランキング: 3043
↑構造主義の解説書としては定番。じっくり読めばかなりの効果。


構造主義 (図解雑学)
構造主義 (図解雑学)
posted with amazlet at 11.03.21

ナツメ社
売り上げランキング: 14203
↑図解というだけあってかなりわかりやすいです。


以下は「寝ながら~」のあとに読むのがおすすめです。

レヴィ=ストロース入門 (ちくま新書)
小田 亮
筑摩書房
売り上げランキング: 84010
↑レヴィ=ストロースをまんべんなく解説しています。


フーコー入門 (ちくま新書)
中山 元
筑摩書房
売り上げランキング: 7488
↑フーコー=意味不明というイメージを払拭しましょう。