昨夜の米国「耐久財受注」の発表値は下記の通りでした。()内は「除輸送機器」の数値です。

12月 -0.6% (+2.7%)

1月 +3.6% (-3.0%)

2月 –0.9% (-0.6%)

為替相場に大きな変化は見られませんでしたね。

そして今夜の21:30(日本時間)には、米国第4四半期GDP3次速報値の発表があります。

前回(2/25)発表された数値は+2.8%でした。(ちなみに1月に発表された速報値は+3.2%)

今夜の為替動向にどのくらいの影響が出ますかね。

(正直に言って、あまり詳しくは知らないのであしからず。)

 

さて今朝のドル/円の為替相場ですが、81円に達すると再び円高方面に引きずられるという値動きをしています。

細かく見ると80円80銭~81円05銭の間でしょうか。

FXチャート 2011-03-25 15M

【201-03-25 15M】

FXチャート 2011-03-25 5M

【2011-03-25 5M】

「保険会社の海外資産売却→ドル売り円買い→円高」と、「G7為替介入→円安」の思惑の入り混じった展開が続きそうです。