問題:
戦国時代に全国に広まった甲冑である「当世具足」。この「当世」とはどのような意味?
1. 現代風の
2. 天下を獲る
3. 手ごろな値段の

正解:
1. 現代風の

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
解説:
戦国時代には合戦が多くおこなわれ、また鉄砲などの新しい武器も登場したことなどから、大量生産でき、着脱しやすい鎧や篭手、すね当てなどが登場しました。これらは「現代風の」ということから「当世具足」と呼ばれ、全国各地に広まっていきました。