問題:
1591年、三春城5万石を条件に秀吉の直属配下になることを打診されるも、主君への義理からこれを断ったとされる戦国武将は?
1. 片倉小十郎
2. 本多忠勝
3. 前田慶次

正解:
1. 片倉小十郎

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
解説:
参謀として伊達政宗を支えた片倉小十郎(景綱)の才覚を気に入った豊臣秀吉は、1591年の奥州仕置(東北地方における領主再編)の際、小十郎を直臣に迎えるため、三春城の城主の座と5万石の領地を提示します。しかし片倉小十郎はこれを固辞し、主君・伊達政宗への忠義を示したと伝えられています。