K.Oのカープ・ブログ。

またまた作ってしまいました…。

【交流戦】日本ハム3回戦(マツダ)。


 ◇スタメン

【広島】
① 6 田中
② 4 菊池
③ 8 丸
④ 9 鈴木
⑤ 7 バティスタ
⑥ 3 新井
⑦ 5 西川
⑧ 2 磯村
⑨ 1 福井

【日本ハム】
① 8 西川
② 9 大田泰
③ 7 近藤
④ 3 中田
⑤ 5 レアード
⑥ 4 石井一
⑦ 2 石川亮
⑧ 6 中島
⑨ 1 上原


☆先発は、カープが福井、日本ハムが上原。中5日で福井くん、どんなピッチングを見せるか。上原は攻略したいですね。交流戦最終戦、有終の美を飾りましょう!


(F)1回表
先頭①西川 センター前ヒット…初球外角ストレート。
 無死1塁
②大田泰 レフトスタンドへ先制2ランホームラン、日本ハム先制、広0-2日。…3ー1からど真ん中ストレート(-_-;)
 無死
③近藤 ファーストへ痛烈内野安打…0ー2から真ん中低めボール球フォーク。
 無死1塁
④中田三振、⑤レアードショートゴロゲッツー、この回2失点。…中田はフルカウントから外角ワンバウンドのスライダー、レアードは1ー2から真ん中低めボール球フォーク。


(C)1回裏
①田中セカンドゴロ、②菊池三振…田中くんは初球真ん中低めストレート、菊池は2ー2から6球目外角ボール球ストレート。
 2死
③丸 レフトスタンドへホームラン 広1-2日。初球外角ストレート。
 2死
④鈴木 見逃し三振、この回1点。…1ー2から外角高めフォーク。


(F)2回表
⑥石井一 ファーストファウルフライ…1ー0からど真ん中ストレート(^^;
 1死
⑦石川亮 レフトへツーベース…1ー1からど真ん中ストレート(-_-;)
 1死2塁
⑧中島卓也見逃し三振、⑨上原三振、この回無失点。…中島は1ー2から外角ストレート。


(C)2回裏
⑤バティスタライトフライ、⑥新井ショートゴロ、⑦西川ライトフライ、この回三者凡退、無得点。…バティスタはフルカウントから内角低めボール球フォーク、新井さんは2ー2から内角ストレート、西川くんは1ー2から内角高めストレート。


(F)3回表
先頭①西川 四球
 無死1塁
②大田の時、西川盗塁
 無死2塁
②大田泰 レフトフライ…1ー2から内角低めフォーク。
 1死2塁
③近藤 センター前ヒット…2ー2から真ん中低めストレート。
 1死1・3塁
④中田 ライトへ犠牲フライ、広1-3日。…内角ストレート2球で追い込んだ0ー2から真ん中低めストレート。ふむ。
 2死1塁
⑤レアード 三振、この回1失点。…1ー2から外角低めボール球フォーク。


(C)3回裏
⑧磯村ファーストゴロ、⑨福井セカンドライナー、石井一ジャンピングキャッチ、①田中三振、この回三者凡退、無得点。…磯村は2ー2から外角ボール球チェンジアップ、田中くんは1ー2から真ん中ワンバウンドのチェンジアップ(-_-;)


(F)4回表
⑥石井一レフトフライ、⑦石川亮ライトフライ、⑧中島卓也レフトフライ、この回三者凡退、無失点。…石井一はフルカウントから外角つり球、石川亮は1ー0からど真ん中ストレート、中島は0ー1からど真ん中スライダー(^^;


(C)4回裏
②菊池レフトフライ、③丸レフトフライ、④鈴木ショートゴロ、この回三者凡退、無得点。…菊池は1ー1から真ん中低めスライダー、丸は3ー1からど真ん中ストレート、誠也くんは1ー0から真ん中低めストレート。両チーム打ち損じが多いですね(^^;


(F)5回表
先頭⑨上原 ライトスタンドへホームラン、広1-4日。…0ー1から真ん中低めフォーク。何でしょねぇ(-_-;)
 無死
①西川セカンドゴロ、②大田泰三振、③近藤セカンドゴロ、この回1失点。…西川は0ー2から内角高めストレート、大田はフルカウントから外角スライダー、近藤は2ー2から外角低めボール球フォーク。


(C)5回裏
⑤バティスタ三振、⑥新井ショートゴロ…バティスタは2ー2から6球目外角低めチェンジアップ、新井さんは初球内角高めストレート。
 2死
⑦西川 ライト前ヒット…0ー1から真ん中高めスライダー。
 2死1塁
⑧磯村 ライト前ヒット…1ー1から外角高めストレート。磯村がつなぎましたよ。
 2死1・2塁、⑨福井に代打會澤。
⑨會澤 三振、この回無得点。…1ー2からど真ん中フォーク(-_-;)


(F)6回表、⑧磯村に代わり投手フランスア(C)。⑨福井の代打會澤そのままキャッチャー。
先頭④中田 四球
 無死1塁
⑤レアード見逃し三振、⑥石井一三振、⑦石川亮三振、この回無失点。…レアードはフルカウントから8球目外角低めストレート、石井一は1ー2から真ん中つり球、石川亮は2ー2から6球目ど真ん中ストレート(^^;


(C)6回裏、投手公文(F)。
①田中ショートゴロ、②菊池ショートゴロ…田中くんは初球ど真ん中ストレート、菊池は2ー2から7球目真ん中低めストレート。
 2死
③丸 レフト前ヒット…0ー2からど真ん中ストレート(^^;
 2死1塁
④鈴木 三振、この回無得点。…フルカウントから8球目内角低めボール球スライダー(-_-;)


(F)7回表、投手アドゥワ(C)。
⑧中島卓也サードゴロ、⑨公文の代打鶴岡三振、①西川ショートゴロ、この回三者凡退、無失点。…中島はフルカウントから7球目ど真ん中ストレート、鶴岡は1ー2から内角高めストレート、西川は1ー1から外角ストレート。


(C)7回裏、⑦石川亮に代わり投手石川直(F)。⑨公文の代打鶴岡そのままキャッチャー。
⑤バティスタ セカンドライナー…初球ど真ん中ストレート(-_-;)
 1死
⑥新井 セカンド内野安打…3ー1から外角高めストレート。
 1死1塁
⑦西川ショートゴロ、⑧アドゥワの代打松山センターフライ、この回無得点。…西川くんは0ー1から真ん中低めストレート、松山は1ー2から真ん中低めボール球フォーク。


(F)8回表、投手ジャクソン(C)。
先頭②大田泰 センター前ヒット…0ー1からど真ん中ストレート(-_-;)
 無死1塁
③近藤 四球…う~ん(-_-;)
 無死1・2塁
④中田ファーストファウルフライ、⑤レアードライトフライ、⑥石井一セカンドゴロ、この回無失点。…中田は2ー2から真ん中つり球、レアードは0ー1から外角低めボール球スライダー、石井一はフルカウントから8球目真ん中低めボール球チェンジアップ。


(C)8回裏、投手トンキン(F)。
⑨會澤 センターフライ…2ー2から内角高めストレート。
 1死
①田中 ストレートの四球
 1死1塁
②菊池 三振…1ー2から外角ボール球スライダー。
 2死1塁
③丸 センター前ヒット…1ー1から外角低めツーシーム。チャンス。
 2死1・2塁
④鈴木 ショートゴロ、この回無得点。…2ー1から内角高めボール球ツーシーム。


(F)9回表、投手中崎(C)。⑦トンキンに代打田中賢介。
⑦田中賢介 レフトフライ…フルカウントから7球目ど真ん中スライダー(^^;
 1死
⑧中島卓也 センターへツーベース…1ー1から内角スライダー。
 1死2塁
⑨鶴岡 左中間スタンドへ2ランホームラン、広1-6日。…1ー1からど真ん中スライダー。
 1死
①西川 レフトフライ…2ー1から真ん中低めボール球スライダー。
 2死
②大田泰 センターフェンス直撃のスリーベース…フルカウントから8球目ど真ん中スライダー。
 2死3塁
③近藤 ショートゴロ、この回2失点。…0ー2から4球目外角ツーシーム。


(C)9回裏、投手有原(F)。レフト松本。
先頭⑤バティスタ ライトスタンドへホームラン 広2-6日。…1ー2から5球目ど真ん中ストレート。
 無死
⑥新井 四球
 無死1塁
⑦西川 サードゴロをレアードファンブル…0ー2から真ん中高めスライダー。チャンス。
 無死1・2塁、⑧中崎に代打野間。
⑧野間 ファーストゴロ、ランナーそれぞれ進塁。…1ー1からど真ん中スライダー(-_-;)
 1死2・3塁
⑨會澤 0ー1から外角低めボール球ストレートにピッチャーゴロ、3塁ランナー新井ホームタッチアウト、この回1点、ゲームセット。


広島 対 日本ハム (3回戦 広1勝2敗0分 18時00分 マツダスタジアム 30744人)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
F 2 0 1 0 1 0 0 0 2 6
C 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2
勝 上原 6試合1勝0敗
敗 福井 2試合0勝2敗
ホームラン 大田12号②(福井) 丸8号(上原) 上原1号(福井) 鶴岡1号②(中崎) バティスタ10号(有原)

【日本ハム】
      打 安 点 打率 本
① 8 西川  4 1 0 .238 4
② 9 大田  5 3 2 .284 12
③ 7 近藤  4 2 0 .365 8
  7 松本  0 0 0 .108 0
④ 3 中田  2 0 1 .262 16
⑤ 5 レアード
      4 0 0 .234 13
⑥ 4 石井一 4 0 0 .214 1
⑦ 2 石川亮 3 1 0 .400 0
  1 石川直 0 0 0 ---- 0
  1 トンキン
      0 0 0 ---- 0
打 田中賢 1 0 0 .139 0
  1 有原  0 0 0 ---- 0
⑧ 6 中島  4 1 0 .233 1
⑨ 1 上原  2 1 1 .500 1
  1 公文  0 0 0 ---- 0
打 2 鶴岡  2 1 2 .288 1
計     35 10 6 .245 73
残塁6、併殺1

【広島】
      打 安 点 打率 本
① 6 田中  3 0 0 .267 3
② 4 菊池  4 0 0 .246 7
③ 8 丸   4 3 1 .302 8
④ 9 鈴木  4 0 0 .293 9
⑤ 7 バティスタ
      4 1 1 .256 10
⑥ 3 新井  3 1 0 .233 3
⑦ 5 西川  4 1 0 .250 1
⑧ 2 磯村  2 1 0 .229 1
  1 フランスア
      0 0 0 .000 0
  1 アドゥワ
      0 0 0 ---- 0
打 松山  1 0 0 .311 6
  1 ジャクソン
      0 0 0 ---- 0
  1 中崎  0 0 0 ---- 0
打 野間  1 0 0 .320 3
⑨ 1 福井  1 0 0 .000 0
打 2 会沢  3 0 0 .331 6
計     34 7 2 .256 65
残塁7、併殺1

【日本ハム】
    試 勝 敗 S 回 球 安 三 四 自 防御
上原  6 1 0 0 5 65 3 5 0 1 4.40
公文  23 1 0 0 1 19 1 1 0 0 1.16
石川直 27 0 1 5 1 12 1 0 0 0 3.00
トンキン
    28 3 1 12 1 20 1 1 1 0 2.00
有原  10 4 2 2 1 18 1 0 1 1 6.55

【広島】
    試 勝 敗 S 回 球 安 三 四 自 防御
福井  2 0 2 0 5 80 6 5 1 4 6.55
フランスア
    4 0 2 0 1 23 0 3 1 0 4.20
アドゥワ
    26 1 0 0 1 14 0 1 0 0 2.30
ジャクソン
    27 2 1 0 1 22 1 0 1 0 1.33
中崎  27 0 0 17 1 29 3 0 0 2 2.77

◇盗塁 西川(3回)
◇失策 レアード(9回)
◇走塁死 新井(9回)
◇試合時間 3時間11分


◇日ハム快勝、上原が今季初勝利 交流戦は「貯金2」、セ首位の広島は「借金4」 6/18(月) 21:08配信 Full-Count


◆上原は5回1失点の好投&プロ初本塁打、広島は福井が2敗目

■日本ハム 6-2 広島(18日・マツダスタジアム)

 日本ハムは18日、敵地・広島戦に6-2で勝利し、交流戦を10勝8敗の「貯金2」で終えた。先発の上原健太投手が5回3安打1失点5奪三振無四球と好投。自らのバットでプロ1号も放ち、今季初勝利を手にした。一方、セ・リーグ首位の広島は7勝11敗の「借金4」で交流戦を終えた。

 日本ハムは初回、無死一塁で大田が先制2ラン。広島先発・福井から幸先よく先制点を奪った。その裏に上原が丸にソロ弾を浴びたものの、3回に中田の犠飛で1点を追加。さらに、4回には先頭・上原が福井のフォークを完璧に捉え、ライトスタンドに運んだ。

 上原は2回から3イニング連続3者凡退。5回は2安打を浴びるも無失点に抑え、勝利投手の権利を持って65球でマウンドを降りた。その後は公文、石川、トンキンとつなぎ、9回は有原が締めて勝利。9回には鶴岡の日ハム復帰後初本塁打も飛び出し、交流戦は2つの勝ち越しで終えた。

 一方、広島は福井が5回4失点で今季2敗目。5連敗も喫するなど交流戦は4つの負け越しとなった。


☆ま、打線ですな。


◇緒方監督悔しい交流戦負け越し「乗り越えないと」 6/18(月) 22:12配信 日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:広島2-6日本ハム>◇18日◇マツダスタジアム

 広島が日本ハムに敗れ、7勝11敗で交流戦を終えた。交流戦の負け越しは4年ぶり。先発福井は立ち上がりに2失点すると、修正できないまま5回4失点。9回には中崎が鶴岡に2ランを浴びた。打線は5点ビハインドの9回にバティスタのソロで1点を返し、さらに好機はつくるも、追い付くことはできなかった。広島緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

 緒方監督(自ら話し始め)今日は交流戦最後の試合。それも地元での試合だったので勝って終わりたかったけど、こういう結果になって残念というか、悔しい。

 -追い上げる姿勢は見せた

 緒方監督 そういうところはうちの持ち味。最後まで諦めない攻撃をやってくれた。

 -先発福井はリズムをつくれなかった

 緒方監督 リズム? 前回もあんな内容でしょ。点を取られてはいけない展開の中、失投で点を与えるわけだから。それが彼の課題だと思う。

 -交流戦は投手陣が失点を重ねた。

 緒方監督 この交流戦は本当に厳しい戦いになると思っていた。こういう結果になってしまって…。ここからリーグ戦が再開する。いろんな課題が出ているので、しっかりとした、投手を中心とした守り勝つ野球をできるように修正していかないと。これから先、厳しい戦いが待っているのでね。これを乗り越えないと、大きな喜びもない。それができるように頑張っていきます。


☆投壊は、交流戦前からでしたからね。


◇広島、交流戦の失点12球団最悪 監督「修正しないと」 6/19(火) 0:45配信 朝日新聞デジタル

(18日、プロ野球交流戦 広島2―6日本ハム)

 交流戦の最後も、広島は投手陣がぴりっとしなかった。5回4失点で降板した先発・福井は大田と上原に、抑えの中崎は鶴岡に一発を浴びた。7勝11敗の交流戦の失点は12球団最悪(18日現在)の104で、緒方監督は「厳しい戦いになると思っていた」。

 だが、22日から再開するリーグ戦に向けてすぐに言葉を続けた。「投手を中心とした守り勝つ野球をできるように修正しないとこれから先は厳しいし、これを乗り越えないと大きな喜びはない」。球団史上初の3連覇に向けて、足踏みしている暇はない。


     ◇

 ●緒方監督(広) 「投手を中心とした守り勝つ野球をできるように修正しないとこれから先は厳しいし、これを乗り越えないと大きな喜びはない」

 ●畝投手コーチ(広) 5回4失点の福井について「もう一回、2軍で調整してきてもらう」


 ○上原(日) 5回1失点で今季初勝利。「6回、7回と投げさせてもらえるように、これからはもっとしっかりと信頼を積み重ねていきたい」


☆福井くんは、5回4失点。


◇広島 先発の福井は5回4失点で降板 投手の上原に一発許す 6/18(月) 19:43配信 デイリースポーツ

 「交流戦、広島2-6日本ハム」(18日、マツダスタジアム)

 広島の福井優也投手が、5回80球を投げ6安打4失点で今季2敗目を喫した。試合後は「結果通り。また上がってこられるように頑張ります」と話した。

 初回無死一塁で大田に先制の12号左越え2ランを被弾。1-2の三回は先頭・西川への四球からピンチを招き、中田に右犠飛を浴びた。五回無死からは投手の上原にプロ1号となる本塁打を右翼席へ運ばれた。直後の五回裏2死一、二塁で打席が回り、代打会沢が告げられた。

 今季初登板で初黒星を喫した12日のオリックス戦(京セラドーム)でも2本塁打を打たれており、2試合連続で一発に泣いた。


☆ホームランを打たれるということは、バッターに思い切ったバッティングをされている、ということ。怖さがないんですよね。


☆ただ、四球で崩れる姿は、なくなりました。ホームランを打たれた後も、平気でど真ん中に投げたりしてましたが(笑)、それが本人としては、逃げない、ということだったんでしょう。初回の大田、3回の近藤・中田、そして上原の一発と、打たれたのは全て真ん中近辺。やはり勝負球は厳しく行かないと、打たれます。上原以外はストレートだった訳ですが、もう150㎞近いストレートが投げられる訳じゃなし、制球を磨くなり何なりしないと、先はないかも知れません。




◇広島丸10日ぶり反撃8号「逆方向にうまく打てた」 6/18(月) 19:06配信 日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:広島2-6日本ハム>◇18日◇マツダスタジアム

 広島丸佳浩外野手(29)が今季8号ソロを放った。

 いきなり2点を先制された1回。丸は2死走者なしから日本ハム先発上原の初球、外角真っすぐをたたいた。打球は左中間席へ一直線。「いいスイングで捉えることが出来ました。逆方向にうまく打つことが出来ました」。8日楽天戦以来の1発で、追い上げムードを高めた。


◇広島・バティスタが2年連続2桁本塁打の10号ソロ「去年の倍(22本)は打ちたい」 6/18(月) 22:50配信 デイリースポーツ

 「交流戦、広島2-6日本ハム」(18日、マツダスタジアム)

 広島のサビエル・バティスタ外野手が2年連続2桁本塁打となる10号ソロを放った。九回、守護神・有原の直球を捉え、ライナー性の打球で右翼席へ突き刺した。

 シーズン途中で支配下登録された昨季は、交流戦で大ブレークし11本塁打を放った。2桁到達にニヤリと笑うと「目標はあと1本じゃない。(去年の)倍の22本は打ちたいよ」と意気込んだ。


☆上原には結局丸の一発だけ、2~4回は三者凡退、唯一のチャンスの5回も、会沢が浮いたフォークに、三振。ほとんど歯が立ちませんでした。そんなにいいとも思えなかったんですけどね。


◇広島・新井、交流戦負け越しに切り替え強調「レギュラーシーズンいい入りできるように」 6/18(月) 22:35配信 デイリースポーツ

 「交流戦、広島2-6日本ハム」(18日、マツダスタジアム)

 広島・新井がリーグ戦再開へ気持ちを切り替えた。

 交流戦は7勝11敗。4年ぶりに負け越すなど苦しい戦いが続いた。この日「6番・一塁」で出場し、3打数1安打を記録したベテランは「また次。金曜日からレギュラーシーズンが始まるので、空いた期間を有意義に使って、いい入りができるようにしたい」と力を込めた。


☆投手陣と野手陣は持ちつ持たれつですから、先発が試合を作ってくれないと、打線もなかなか頑張れない。「野球」にならんのです。幸いジョンソンが戻ってきたし、野村くん・中村祐くん・薮田くんも、巻き返してくるでしょう。高橋昂くんもいます。またフランスア・飯田くんが中継ぎで好投しており、これは待望の左の中継ぎ。中田くんも戻ってきたし、一岡くんも戻ってくるでしょう。


☆K.Oはここのところの「投壊」は、組み立ても原因の1つじゃないかと思っていて、今回の福井くんもそうでしたが、どうも無理な「ストレート勝負」が多い気がします。攻めることは大事だし、ストレート勝負自体も悪くはないのですが、やはりピッチングは、コンビネーション。緩急をつけるとか、バッターの裏をかくとか、やはりこういう時は、知恵を絞らなきゃいけません。


☆もう1つはやはり、強い気持ち。ストレート勝負をするなら、思い切ったストレートじゃないと、打ち取れません。どこかで「打たれるかも知れない」なんて思ってたら、中途半端なストレートが行く。そういうピッチャーは、バッターも攻略しやすい。




☆打線の方は、下位ですかね。切れ目のない打線は相手ピッチャーも嫌だし、下位が頑張ることで、上位の負担も減る。みんなで勝ってきたチームですから。


☆ヤクルトが交流戦最高勝率となりましたが、何と言ってもピッチャーなんですよね。ピッチャーが頑張って試合を作ってるから、打線も頑張れる。「勝ちの形」を作っていくことが、一番重要なんです。


☆菊池がちょっと心配なのですが、何なんでしょうねぇ、体調なのか、単なる不振なのか。あそこで確実に切れるので、打線がつながらないのは確か。ちょっとバットのヘッドが、重そうなんですよね。




◇交流戦

▽DeNA 4 - 2 西武 (3回戦 De1-2 横浜)
 DeNAは4回裏、宮崎の2ランで先制に成功する。7回には、宮崎が今度はソロを放ち、リードを広げた。投げては、先発・飯塚が5回1失点。その後は三嶋、砂田、三上、パットン、山崎とつなぎ、飯塚は今季初勝利を挙げた。敗れた西武は、打線がつながりを欠いた。
勝 飯塚 1勝4敗0S
敗 多和田 7勝3敗0S
セーブ 山崎 1勝1敗15S
本塁打 [西武] 斉藤彰1号(5回表ソロ) 秋山11号(9回表ソロ) [DeNA] 宮崎13号(4回裏2ラン) 宮崎14号(7回裏ソロ)


☆カープは終わりましたが、まだまだ交流戦は、残ってます。


順 チーム名 試 勝 敗 引 勝率 差
① ヤクルト 17 12 5 0 .706 ー
② オリクス 17 11 6 0 .647 1
③ ロッテ  17 10 7 0 .588 1
④ ソフバン 17 10 7 0 .588 0
⑤ 日本ハム 18 10 8 0 .556 0.5
⑥ 西武   18 10 8 0 .556 0
⑦ DeNA 17 8 9 0 .471 1.5
⑧ 巨人   18 8 10 0 .444 0.5
⑨ 中日   18 7 11 0 .389 1
⑩ 広島   18 7 11 0 .389 0
⑪ 阪神   16 6 10 0 .375 0
⑫ 楽天   17 5 12 0 .294 1.5


☆セ・リーグで下は、阪神だけ。


順 チーム  試 勝 負 分 勝率 差
① 広島   63 34 28 1 .548 ー
② DeNA 61 29 30 2 .492 3.5
③ 阪神   60 29 31 0 .483 0.5
  ヤクルト 61 29 31 1 .483 0.0
⑤ 巨人   64 30 33 1 .476 0.5
⑥ 中日   65 29 35 1 .453 1.5


☆…頑張れ、パ・リーグ(笑)。


◇【18日のプロ野球公示】中日・松坂、ヤクルト・松岡、巨人・内海、阪神・長坂を抹消 6/18(月) 15:20配信 ベースボールチャンネル

 日本野球機構(NPB)は18日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。

<セ・リーグ>
【登録】
なし

【抹消】
阪神    捕手   長坂拳弥
巨人    投手   内海哲也
中日    投手   松坂大輔
ヤクルト  投手   松岡健一

※6月28日以後でなければ出場選手の再登録はできない。

<パ・リーグ>
【登録】
なし

【抹消】
なし

※6月28日以後でなければ出場選手の再登録はできない。


◇6月19日(火)の予告先発投手

○東京ヤクルトスワローズ
D.ブキャナン
12試合5勝4敗 防御率3.14 WHIP1.29
対H 1試合0勝0敗 防御率0.00 WHIP -
 VS (神宮 18:00)
○福岡ソフトバンクホークス
武田 翔太
10試合2勝5敗 防御率4.71 WHIP1.21
対S 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -

○横浜DeNAベイスターズ
E.バリオス
5試合2勝2敗 防御率4.81 WHIP1.56
対E 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -
 VS (横浜 18:00)
○東北楽天ゴールデンイーグルス
古川 侑利
3試合2勝1敗 防御率2.87 WHIP1.60
対DB 1試合0勝1敗 防御率5.40 WHIP -

○阪神タイガース
R.メッセンジャー
12試合8勝3敗 防御率2.58 WHIP1.10
対M 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -
 VS (甲子園 18:00)
○千葉ロッテマリーンズ
石川 歩
11試合7勝3敗 防御率2.31 WHIP1.06
対T 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -


P.S. 今日もアクセス・クリックを頂きました。本当にありがとうございます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

【交流戦】ソフトバンク3回戦(ヤフオクドーム)。


 ◇スタメン

【ソフトバンク】
① 8 上林
② 7 中村晃
③ 3 内川
④ 9 柳田
⑤ D デスパイネ
⑥ 5 松田
⑦ 6 川瀬
⑧ 2 甲斐
⑨ 4 髙田
先発 中田

【広島】
① 6 田中
② 4 菊池
③ 8 丸
④ 9 鈴木
⑤ 3 松山
⑥ D バティスタ
⑦ 5 西川
⑧ 7 野間
⑨ 2 磯村
先発 九里


☆先発は、ソフトバンクが中田、カープが九里。九里くんはここのところボールは走ってますから、内角を有効に使って、打たせて取るピッチングを。打線は、中田は制球がいい方ではないので、ボール球をしっかり見極めて、甘い球を逃さないこと。今日勝って、日本ハム戦へ弾みをつけましょう!


(C)1回表
先頭①田中 四球…田中くんが出ました。
 無死1塁
②菊池 送りバント
 1死2塁
③丸 三振…フルカウントから外角ボール球フォーク。
 2死2塁
④鈴木 四球
 2死1・2塁
⑤松山 センター前先制タイムリーヒット ソ0-1広、1塁ランナー3塁へ。…2ー2から外角低めボール球フォーク、腕を伸ばして二遊間へ。よく打ちましたね。
 2死1・3塁
⑥バティスタ バックスクリーン右へ3ランホームラン ソ0-4広。…1ー0から真ん中低めストレート。いやいや、これは大きな3点。
 2死
⑦西川 見逃し三振、この回4点。…1ー2から5球目内角ストレート。いきなりの4点先制(^^)v


(H)1回裏
先頭①上林 サード内野安打…2ー2から外角つり球。
 無死1塁
②中村晃の時、上林盗塁
 無死2塁
②中村晃セカンドフライ、③内川ショートゴロ、④柳田見逃し三振、この回無失点。…中村晃は2ー2から内角低めフォーク、内川は1ー2から内角低めツーシーム、柳田は2ー2から内角ストレート。147㎞出ましたよ。


(C)2回表
⑧野間 セカンドゴロ…1ー1から外角高めボール球ストレート。
 1死
⑨磯村 レフト前ヒット…1ー0から外角高めストレート。
 1死1塁
①田中ライトフライ、②菊池三振、この回無得点。…田中くんは0ー1から内角低めストレート、菊池は1ー2から内角高めストレート。頑張れ菊池。


(H)2回裏
⑤デスパイネ三振、⑥松田セカンドゴロ、⑦川瀬セカンドゴロ、この回三者凡退、無失点。…デスパイネは1ー2から内角低めボール球フォーク、松田は0ー1から外角高めストレート、川瀬は1ー2から外角高めフォーク。


(C)3回表
③丸センターフライ、④鈴木三振…丸は初球ど真ん中カーブ、誠也くんはフルカウントから外角ストレート。
 2死
⑤松山 四球
 2死1塁
⑥バティスタ レフト前ヒット…2ー2から7球目外角低めカーブ。粘ってヒットにつなげましたね。
 2死1・2塁
⑦西川 ショートゴロ、この回無得点。…2ー1から外角低めフォーク。松山・バティスタが出てるんで、西川くんがポイントになりそうです。


(H)3回裏
⑧甲斐サードゴロ、⑨高田レフトフライ、①上林三振、この回三者凡退、無失点。…甲斐は1ー1から内角フォーク、高田は1ー1から真ん中低めストレート、上林は1ー2から5球目真ん中低めボール球フォーク。


(C)4回表
⑧野間つまったセカンドゴロ、⑨磯村サードゴロ、①田中セカンドゴロ、この回三者凡退、無得点。…野間くんは2ー2から6球目内角ストレート、磯村は1ー2から真ん中高めフォーク、田中くんは2ー2から内角ストレート。


(H)4回裏
②中村晃ショートゴロ、③内川ショートゴロ、④柳田セカンドゴロ、この回三者凡退、無失点。…中村晃は1ー2から5球目外角低めスライダー、内川は1ー1から外角高めストレート、柳田は初球外角フォーク。


(C)5回表
②菊池ピッチャー中田のグラブを弾くもショートゴロ、③丸ショートゴロ、④鈴木センターフライ、この回三者凡退、無得点。…菊池は2ー2から外角ストレート、丸は1ー2から外角低めストレート、誠也くんは1ー1から外角低めカーブ。試合が膠着してきました。


(H)5回裏
先頭⑤デスパイネ レフトスタンドへホームラン、ソ1-4広。…初球内角低めフォーク。この後が大事。
 無死
⑥松田三振、⑦川瀬三振、⑧甲斐三振、この回1失点。…松田は0ー2から4球目外角ワンバウンドのカーブ、川瀬は1ー2から内角高めストレート、甲斐は2ー2からど真ん中フォーク。後をしっかり締めましたね。


(C)6回表
先頭⑤松山 センター前ヒット…1ー1から外角低めストレートを二遊間へ。松山が出ました。
 無死1塁
⑥バティスタ レフトフェンス直撃のツーベース…初球真ん中低めカーブ。さあチャンス。
 無死2・3塁
⑦西川 ストレートの四球…中田、勝負できませんね。これはチャンス。
 無死満塁
⑧野間 センター前2点タイムリーヒット ソ1-6広。…1ー2から6球目内角低めストレート。野間くん、よく打ちましたね。
 無死1・2塁
⑨磯村 送りバントはファーストフライ…(-_-;)
 1死1・2塁、投手笠谷(H)。…笠谷くんは高卒4年目左腕。
①田中 センター前ヒット…初球真ん中低めストレート。
 1死満塁
②菊池の時、笠谷ワイルドピッチ、3塁ランナーホームイン ソ1-7広、ランナーそれぞれ進塁。
 1死2・3塁
②菊池 レフト前2点タイムリーヒット ソ1-9広、バッターランナー菊池は2塁へ。…フルカウントからど真ん中チェンジアップをショート左へ。いや~、菊池に出ましたね~。
 1死2塁
③丸 センター前タイムリーヒット ソ1-10広。…2ー2から外角低めストレート。止まりません。
 1死1塁、投手岡本(H)。
④鈴木 レフトスタンド中段へ2ランホームラン ソ1-12広。…1ー1から真ん中低めカットボール。いやいや、軽~く打ったんですけどね。まあもう何のプレッシャーもありませんわ。
 1死
⑤松山 レフト前ヒット…0ー1から外角高めストレート。
 1死1塁、代走堂林。
⑥バティスタ ショートゴロゲッツー、この回8点。…1ー0から内角低めシュート。あーすっきりした(笑)。


(H)6回裏、⑤松山の代走堂林そのままファースト。
⑨高田ファーストゴロ、①上林三振、②中村晃ファーストゴロ、この回三者凡退、無失点。…高田は1ー1から外角低めフォーク、上林は2ー2から6球目内角ワンバウンドのフォーク、中村晃は0ー1から内角低めカーブ。


(C)7回表、キャッチャー高谷。
先頭⑦西川 ライト前ヒット…1ー2から6球目内角低めボール球カーブ。
 無死1塁
⑧野間サードゴロ、⑨磯村ファーストフライ、①田中三振、この回無得点。…野間くんはフルカウントから7球目外角つり球、磯村は初球外角カーブ、田中くんは2ー2から真ん中ワンバウンドのチェンジアップ。


(H)7回裏、サード美間。
③内川センターフライ、④柳田センターフライ、⑤デスパイネショートゴロ、この回三者凡退、無失点。…内川は0ー1から内角ストレート、柳田は初球真ん中低めスライダー、デスパイネは1ー1から内角低めツーシーム。


(C)8回表、ファースト塚田、ライト江川。
②菊池 ピッチャーゴロ…初球外角カットボール。
 1死
③丸 四球
 1死1塁、代走上本。
④鈴木 四球…チャンス。ここは堂林くんですね。
 1死1・2塁
⑤堂林レフトフライ、⑥バティスタ三振、この回無得点。…堂林くんは1ー2から7球目内角高めボール球シュート、バティスタは2ー2から外角スライダー。


(H)8回裏、②菊池に代わりレフト下水流、③丸の代走上本そのままセカンド、レフト野間がセンター。
⑥松田セカンドゴロ、⑦川瀬サードゴロ…松田は1ー2から外角ストレート、川瀬は1ー1から外角ツーシーム。
 2死
⑧高谷 センター前ヒット…1ー0から外角高めストレート。
 2死1塁
⑨高田 見逃し三振、この回無失点。…1ー2から5球目内角ストレート。


(C)9回表、投手寺原(H)。
⑦美間セカンドフライ、⑧野間セカンドゴロ…美間くんは1ー0から外角高めストレート、野間くんは2ー0から真ん中低めストレート。
 2死
⑨磯村 死球
 2死1塁
①田中 10球目に四球…チャンス。
 2死1・2塁
②下水流 レフト前タイムリーヒット ソ1-13広。…2ー2から外角高めスライダーを三遊間へ。ぶさいくな当たりですが(笑)、タイムリーはタイムリー。
 2死1・2塁
③上本 三振、この回1点。…1ー2から外角低めストレート。


(H)9回裏
①上林サードファウルフライ、②中村晃センターフライ…上林は2ー2から7球目内角つり球、中村晃は2ー2から7球目外角ツーシーム。
 2死
③塚田 レフトスタンドへホームラン、ソ2-13広。…初球真ん中低めツーシーム。
 2死
④江川 レフト前ヒット…2ー2から内角低めツーシーム。
 2死1塁
⑤デスパイネ レフトスタンド中段へ2ランホームラン、ソ4-13広。…1ー0から内角低めツーシーム。デスパイネ、内角に体を開いて反応。
 2死
⑥松田 初球外角低めカーブにサードゴロ、この回3失点、ゲームセット(/--)/


ソフトバンク 対 広島 (3回戦 ソ2勝1敗0分 13時00分 ヤフオクドーム 38530人)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
C 4 0 0 0 0 8 0 0 1 13
H 0 0 0 0 1 0 0 0 3 4
勝 九里 12試合2勝2敗
敗 中田 12試合4勝3敗
ホームラン バティスタ9号③(中田) デスパイネ15号(九里) 鈴木9号②(岡本) 塚田3号(九里) デスパイネ16号②(九里)

【広島】
      打 安 点 打率 本
① 6 田中  4 1 0 .270 3
② 4 菊池  4 1 2 .250 7
  7 下水流 1 1 1 .264 1
③ 8 丸   4 1 1 .289 7
走 4 上本  1 0 0 .000 0
④ 9 鈴木  3 1 2 .301 9
⑤ 3 松山  3 3 1 .312 6
走 3 堂林  1 0 0 .226 0
⑥ D バティスタ
      5 3 3 .257 9
⑦ 5 西川  3 1 0 .250 1
  5 美間  1 0 0 .139 0
⑧78野間  5 1 2 .322 3
⑨ 2 磯村  4 1 0 .212 1
計     39 14 12 .256 63
残塁8、併殺0

【ソフトバンク】
      打 安 点 打率 本
① 8 上林  4 1 0 .274 9
② 7 中村晃 4 0 0 .289 5
③ 3 内川  3 0 0 .231 4
  3 塚田  1 1 1 .333 3
④ 9 柳田  3 0 0 .343 16
  9 江川  1 1 0 .750 1
⑤ D デスパイネ
      4 2 3 .233 16
⑥ 5 松田  4 0 0 .212 14
⑦ 6 川瀬  3 0 0 .188 0
⑧ 2 甲斐  2 0 0 .233 4
  2 高谷  1 1 0 .143 1
⑨ 4 高田  3 0 0 .157 2
計     33 6 4 .253 86
残塁2、併殺1

【広島】
    試 勝 敗 S 回 球 安 三 四 自 防御
九里  12 2 2 0 9 117 6 8 0 4 3.96

【ソフトバンク】
    試 勝 敗 S 回 球 安 三 四 自 防御
中田 12 4 3 0 51/3 108 7 4 4 8 4.04
笠谷  1 0 0 0 0/3 12 3 0 0 3 ----
岡本 15 1 0 0 22/3 50 3 2 2 1 4.13
寺原  7 0 0 0 1 27 1 1 2 1 0.93

◇盗塁 上林(1回)
◇暴投 笠谷(6回)
◇試合時間 3時間14分


◇広島、投打噛み合い連敗を5で止める ソフトバンクは再び4位へ後退 6/17(日) 16:15配信 ベースボールキング

● ソフトバンク 4 - 13 広島 ○
<3回戦・ヤフオクドーム>

 広島がスタメン全員となる14安打で13得点。投げては先発の九里が、プロ初完投で2勝目(2敗)を手にした。ソフトバンクは本拠地で大敗。DeNAに勝利したオリックスと入れ替わり、再びリーグ4位へ後退した。

 広島は初回、5番松山の中前適時打で先制。さらに二死一、三塁と好機は続き、6番バティスタの9号3ランで4-0とした。3点リードの6回は、再び松山、バティスタの連打などで無死満塁の好機を作り、8番野間の2点適時打をで6-1とした。その後、2番菊池、3番丸にも適時打が飛び出し、2ケタ10得点に到達。さらに、4番鈴木が9号2ランを左翼席へ運び、この回だけで一挙8得点のビッグイニングとした。

 大量援護を受けた九里は、立ち上がりから安定した投球。計3被弾で4点を失ったが、久々に先発マスクを被った磯村とともにソフトバンク打線を封じた。

 ソフトバンクは投打とも振るわず、連勝は2でストップ。先発の中田は6回途中8失点で3敗目(4勝)を喫し、通算100勝到達は次戦以降へ持ち越しとなった。


☆いやいや、人間のすることですから。初回に4点取れたことで、九里くんは余計なことを考えず、1人1人打ち取ることに専念できました。またソフトバンク打線も、そんなに毎回は打てない。九里くんは、そんなに厳しいところを攻めた訳ではありませんが、初回の4点がやはり重かった。


◇広島緒方監督「いい攻撃」猛攻&初完投で連敗止めた 6/17(日) 17:53配信 日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク4-13広島>◇17日◇ヤフオクドーム

 広島が大勝し、連敗を5で止めた。打線は1回に松山の適時打とバティスタの3ランで4点を先制。6回は鈴木の2試合連続アーチなど、打者11人の猛攻で8点を追加した。投げては九里が4失点でプロ初完投を無四球で飾った。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

 -打線がよく打った

 緒方監督 初回、6回とね。いい攻撃をしてくれた。初回の攻撃に応えるように、九里も初回のピンチを切り抜けて、テンポよく打たせて取る投球をしてくれた。磯村のリードもさえていた。ベンチから見ていてもいいリードだった。

 -連敗を止めた

 緒方監督 明日は交流戦の7連戦目(日本ハム戦)があるので、いい形でカープの野球をしっかりやって、セ・リーグの戦いに臨みたい。


☆磯村の起用は、当たりでしたね。例えば今村くんをリードした石原は、いち早く今村くんの不調を察知して、スライダーを交えた配球をしましたが、それが結果的に裏目に出た。若い磯村を起用することで、リードに変化をつけようとしたんでしょうね。左バッターの内角もしっかり突くことで踏み込ませないようにしていたし、フォークも有効でした。


☆ロッテ戦の時、解説の黒木さんは、「ロッテ打線には外角高めの速い球の方が有効かも」とおっしゃってましたが、ソフトバンク打線は、逆。ロッテ打線は体に近いところをうまくさばいて打ってましたが、ソフトバンク打線は、外の球に踏み込んで打ってくる。苦し紛れに投げた内角は狙われますが、内角を見せることによって、バッターは迷うんですね。


◇広島九里2勝!5年目の初完投「次に生かしたい」 6/17(日) 18:17配信 日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク4-13広島>◇17日◇ヤフオクドーム

 広島九里亜蓮投手(26)がプロ5年目の初完投で今季2勝目を手にした。打線の大量援護に守られ、8回までソロ本塁打を含む3安打投球。9回は2本塁打を許して計4失点となったが、117球で投げ切った。

 無四球と制球も安定していた。「課題も見つかったけど、9回のマウンドに上がれたのはいい経験になったので次に生かしたい」。このところ失点が目立っていた先発投手陣を救う働きで、チームの5連敗も止めた。


☆9回は2死を取って、ちょっと真ん中へ集まりましたかね。デスパイネの一発は、あれはデスパイネがすごい。


◇広島の九里、5年目の初完投=プロ野球 6/17(日) 18:04配信 時事通信

 広島の九里が5年目のプロ初完投で2勝目。切れのある直球を軸に無四球で投げ切り、「相手に先に点を与えないことだけを考えた。たくさん点を取ってくれたから、楽に投げることができた」と13得点の味方打線に感謝した。

 昨年は自己最多の9勝をマーク。今季は開幕ローテーション入りを逃したが、薮田の不調、野村の故障などで手薄になった先発の穴埋めを託されている。強力打線を相手に、「逃げの投球だけはしたくなかった。きょうは攻めることができたと思う」と満足げ。ただ、九回2死から2本塁打を献上。「最後のマウンドはしびれた。これを良い経験にして、まだまだレベルアップしたい」と誓った。


☆K.Oの大好きなブロガーさんも九里くんを推してましたが、ここのところ調子はいいんですよ、ずっと。批判好きのブロガーさんは、九里くんを「ローテに定着できない中途半端なピッチャー」と評してましたが、結局そういう見方しかしないから、選手の起用の仕方に不満を持つことになる。実績だけ、結果だけしか見ずに批判するから、例えば「野間の6番はダメだ」とか、「中村恭を1軍で使う意味が分からない」とか、そういう批判の仕方になる。そこには、選手が成長するとか、若手が伸びるとか、経験を積むとか、そういう視点が全くない。


☆下水流が今日、最後にタイムリーを打ちましたが、ずっと1軍にいるんですよね、彼。で、徐々に「1軍の選手」らしくなってきてる。庄司くんや美間くんのように、1軍ではなかなか結果を出せない「1軍半の選手」は多いのですが、ずっと1軍にいることで、徐々に1軍に慣れ、1軍でも結果を出せるようになってるんですよ。これは、野間くんもそう。使い続けることによって、経験を積んで、徐々に結果が出せるようになってるんですよ。


☆もちろん九里くんも、昨年序盤にいいピッチングをしてチャンスをつかみ、結局、9勝。先発の経験を徐々に積むことによって、先発ピッチャーらしくなっていってるんですよ。


☆選手は、使わなければ、一人前にはならない。黙って置いておけば成長する訳ではありません。で、選手を成長させなければ、チームは強くならない。「こいつは使えない」なんて言っていても、いつまで経ってもチームは強くなりません。そうではなく、「どうすれば使えるようになるのか」を考えるのが、指揮官の仕事でしょうが。


☆結果が出なかった選手を「こいつは使えない」と指摘することに、一体何の意味があるの? ならば、「じゃあどうすればいいのか」こそが、語るべきことじゃないの? そこは語らずに、誰がダメだとか、その采配はダメだとか、ダメ出しばかりに興味が行く。チームを強くする話題には、ほとんど目が向かない。


☆それって、理由はたった1つ、「俺は野球が分かってるんだぜ」って言いたいだけ。カープに勝ってほしいとか、強くしたいとか、そういうことじゃない。


☆九里を使うな、野間を使うな、中村恭を使うなと言うんだったら、代わりに誰を使うべきかをちゃんと言いなさいな。中田くんを引っ張るなと言うんだったら、じゃあどう継投すればよかったのかをちゃんと言いなさいな。それが言えないのに批判ばかりしてる人は、自分たちが政権を取ったらどうするのかを言えない野党のようなもの。


☆あのね、結果を見て批判するのなんて、小学生でもできるんですよ、野球を知らなくても。打たれたんだから悪いに決まってる、打てないんだから悪いに決まってる。問題は、なぜ悪いのか、良くするためにはどうしたらいいのか、でしょうが。


☆つまり、「この先どうすればいいのか」こそ、語るべきことでしょうよ。自分が批判してた選手が結果を出したら「いや~良かった」って、あなた本当に先のことを考えて批判してたの?




◇広島松山先制打&バティスタ3ランで1回に4点先制 6/17(日) 14:11配信 日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク4-13広島>◇17日◇ヤフオクドーム

 広島が1回に4点を先制した。

 1回2死一、二塁から松山竜平外野手(32)がソフトバンク先発中田の低めフォークをたたいて二遊間を破った。貴重な先制打となり「ランナーを何とか返したかった。チームに勢いをつけられたので、いい先制パンチになりました」と振り返った。

 なおも2死一、三塁からはサビエル・バティスタ外野手(26)が外寄りの甘い球を捉えてセンターバックスクリーン右へ突き刺した。「アウトコースを狙って、コンパクトなスイングができました。あごをしめて打つことができました」。9号3ランで、5月26日中日戦(マツダスタジアム)以来のスタメン起用の期待に応えた。


☆松山は、昨年好調時に見せた「センター中心のバッティング」に専念しましたね。彼なりに、何とかしなければ、と考えたんだと思います。で、バティスタの3ランが大きかった。ここも新井さんではなく、バティスタを起用したのが当たりましたね。


◇広島、6連敗阻止へ打線爆発 六回に大量8点で5月11日以来の2桁得点 6/17(日) 15:12配信 デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク-広島」(17日、ヤフオクドーム)

 5連敗中の広島が大量8点を追加した。

 3点リードの六回。松山、バティスタの連打で無死二、三塁の好機を作ると、野間が中前へ2点適時打をはじき返した。野間は「打ったのはストレート。追い込まれていたので、何とか必死に食らいついていきました」と振り返った。

 さらに2番手・笠谷の暴投、菊池、丸の連続タイムリー、鈴木の2ランも飛び出し、この回8得点。

 5月11日・阪神戦(マツダスタジアム)以来の2桁得点で、リードを11点に広げた。


☆ここも松山・バティスタが先陣を切って、野間くんがよく食らいつき、膠着しかけていた試合を動かしました。菊池にタイムリーが出た時は、泣きそうになりましたよ(笑)。


◇広島・鈴木、ダメ押しの9号2ラン「追加点になって良かった」 6/17(日) 18:19配信 デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク4-13広島」(17日、ヤフオクドーム)

 広島・鈴木が六回にダメ押しの9号2ランを放った。

 この回は打者一巡の猛攻で8得点。「みんながチャンスで打ってくれたので、気分よく打席に入れた。追加点になって良かった」と振り返った。

 チームの連敗は5でストップ。それでも若き4番は「こういう試合は滅多にできることではないので、接戦で勝てるようにやっていきたい」と表情を引き締めていた。


☆ここはもう、ホームランが出ればおいしいな、という場面(笑)。で、そういうリラックスした場面だからこそ、ああやって打てる訳です。




☆メンタル、というのは精神論として退ける人もいますが、人間は機械ではありませんから、例えば100バットを振って、全く同じスイングができる訳じゃない。むしろその100スイングは、全て違う。技術を肉体によっていかに再現するかは、その時の試合の入り方、心持ち、集中力、慣れなど、あらゆる要素が必要となります。


☆逆に言えばメンタルは、時として邪魔になる。余計なものを取っ払って、どんな状況でも平常心でプレーすること。こういう重苦しい時は、ベテランよりは、あんまり何にも考えてない人の方がいい(笑)。野間くんとか(笑)。




◇交流戦

▽楽天 8 - 0 阪神 (3回戦 E1-2 楽天生命パーク)
 楽天が平石監督代行の初陣を白星で飾った。楽天は2回裏、銀次の2ランで先制に成功する。その後は4回に、アマダーと藤田の2者連続本塁打でリードを広げた。投げては、先発・美馬が7回無失点の力投で今季初勝利。敗れた阪神は、投打ともに振るわなかった。
勝 美馬 1勝6敗0S
敗 才木 1勝2敗0S
本塁打 [楽天] 銀次2号(2回裏2ラン) アマダー8号(4回裏ソロ) 藤田3号(4回裏ソロ)

▽西武 3 - 11 中日 (3回戦 L2-1 メットライフ)
 中日は初回、ビシエドの適時打などで2点を先制する。その後は、4回表にビシエドの3ランが飛び出すなど、終わってみれば15安打で11得点を挙げた。投げては、緊急先発した藤嶋が6回2失点の好投でプロ初勝利。敗れた西武は先発・榎田が誤算で、打線も好機を生かせなかった。
勝 藤嶋 1勝0敗0S
敗 榎田 5勝2敗0S
本塁打 [中日] ビシエド9号(4回表3ラン) ビシエド10号(8回表2ラン) [西武] 森6号(4回裏2ラン) 浅村14号(7回裏ソロ)

▽オリックス 7 - 1 DeNA (3回戦 B2-1 京セラドーム大阪)
 投打のかみ合ったオリックスが快勝。オリックスは2回裏、武田の適時打で2点を先制する。3-1で迎えた7回には、6安打を集めて4点を奪い、試合を決めた。投げては、先発・田嶋が7回1失点の好投で今季6勝目。敗れたDeNAは、打線が4安打と沈黙した。
勝 田嶋 6勝3敗0S
敗 今永 1勝4敗0S
本塁打 [DeNA] 宮崎12号(5回表ソロ)

▽日本ハム 1 - 5 ヤクルト (3回戦 F2-1 札幌ドーム)
 ヤクルトが球団初の交流戦最高勝率チームに輝いた。ヤクルトは1-1で迎えた6回表、荒木の犠飛と坂口の適時打で2点を勝ち越す。8回には、青木の適時打でリードを広げた。投げては、先発・小川が6回1失点の好投。敗れた日本ハムは、打線が毎回の12安打を放つも、つながりを欠いた。
勝 小川 3勝2敗0S
敗 加藤 3勝6敗0S

▽ロッテ 2 - 1 巨人 (3回戦 M2-1 ZOZOマリン)
 ロッテがサヨナラ勝ち。ロッテは0-1で迎えた9回裏、無死満塁の好機をつくると、代打・三木の内野ゴロの間に同点とし、続く平沢の適時打で試合を決めた。投げては、4番手・南が今季2勝目。敗れた巨人は、打線が毎回のように走者を出すも、好機を生かしきれなかった。
勝 南 2勝1敗0S
敗 カミネロ 1勝1敗10S


☆楽天は、「梨田監督ごめんなさい」の勝利ですね(笑)。


順 チーム名 試 勝 敗 引 勝率 差
① ヤクルト 17 12 5 0 .706 ー
② オリクス 17 11 6 0 .647 1
③ 西武   17 10 7 0 .588 1
④ ロッテ  17 10 7 0 .588 0
⑤ ソフバン 17 10 7 0 .588 0
⑥ 日本ハム 17 9 8 0 .529 1
⑦ 巨人   18 8 10 0 .444 1.5
⑧ DeNA 16 7 9 0 .438 0
⑨ 広島   17 7 10 0 .412 0.5
⑩ 中日   18 7 11 0 .389 0.5
⑪ 阪神   16 6 10 0 .375 0
⑫ 楽天   17 5 12 0 .294 1.5


☆ヤクルトが、最高勝率。ヤクルトとは5ゲーム縮まったことになります。


順 チーム  試 勝 負 分 勝率 差
① 広島   62 34 27 1 .557 ー
② 阪神   60 29 31 0 .4833 4.5
  ヤクルト 61 29 31 1 .4833 0.0
④ DeNA 60 28 30 2 .4828 0.0
⑤ 巨人   64 30 33 1 .476 0.5
⑥ 中日   65 29 35 1 .453 1.5


☆…まだまだ何が起こるか、分かりません。


◇【17日のプロ野球公示】阪神・才木、西武・榎田を登録 楽天・則本、DeNA・ウィーランドを抹消 6/17(日) 12:23配信 ベースボールチャンネル

 日本野球機構(NPB)は17日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。

<セ・リーグ>
【登録】
阪神       投手   才木 浩人

【抹消】
DeNA      投手   J.ウィーランド
ヤクルト     投手   M.カラシティー

※6月27日以後でなければ出場選手の再登録はできない。

<パ・リーグ>
【登録】
西武       投手   榎田 大樹
楽天       投手   小野 郁
楽天       外野手  枡田 慎太郎
オリックス    内野手  宗 佑磨
日本ハム     捕手   石川 亮
ロッテ      投手   酒居 知史

【抹消】
西武       投手   N.ワグナー
楽天       投手   則本 昂大
楽天       投手   今野 龍太
オリックス    投手   B.ディクソン
オリックス    外野手  小田 裕也
日本ハム     投手   村田 透
ロッテ      投手   有吉 優樹

※6月27日以後でなければ出場選手の再登録はできない。


◇6月18日(月)の予告先発投手

○横浜DeNAベイスターズ
飯塚 悟史
6試合0勝4敗 防御率3.62 WHIP1.36
対L 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -
 VS (横浜 18:00)
○埼玉西武ライオンズ
多和田 真三郎
11試合7勝2敗 防御率3.72 WHIP1.18
対DB 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -

○広島東洋カープ
福井 優也
1試合0勝1敗 防御率6.00 WHIP1.00
対F 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -
 VS (マツダスタジアム 18:00)
○北海道日本ハムファイターズ
上原 健太
5試合0勝0敗 防御率5.79 WHIP1.71
対C 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -


☆中5日で、福井くんですね。コメントでもKさんがおっしゃってましたが、前回の「悲観していない」が、吉と出るか凶と出るか。打線の援護があれば、案外すいすい行くかも。


P.S. 今日もたくさんアクセス・クリックを頂きました。本当にありがとうございます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

【交流戦】ソフトバンク2回戦(ヤフオクドーム)。


 ◇スタメン

【ソフトバンク】
① 4 川島
② 7 中村晃
③ 3 内川
④ 9 柳田
⑤ D デスパイネ
⑥ 8 上林
⑦ 5 松田
⑧ 2 市川
⑨ 6 川瀬
先発 バンデンハーク

【広島】
① 6 田中
② 4 菊池
③ 8 丸
④ 9 鈴木
⑤ 3 松山
⑥ D 新井
⑦ 5 西川
⑧ 7 野間
⑨ 2 石原
先発 ジョンソン


☆先発は、ソフトバンクがバンデンハーク、カープがジョンソン。ジョンソンはやってくれるでしょう。打線は、バンデンハークのストレートをしっかり打ち返すこと。ボールくさい球は捨てましょう。引きずらず、今日の試合に全力を。1つ、取りましょう!


(C)1回表
先頭①田中 センター前ヒット…1ー1から外角チェンジアップ。田中くんが出ました。
 無死1塁
②菊池 死球…菊池も痛いですが、バンデンハークはもっと痛い。チャンス。
 無死1・2塁
③丸 セカンドゴロを川島後逸、2塁ランナー先制のホームイン カープ先制、ソ0-1広、1塁ランナー3塁へ。…1ー0から外角高めストレート。これはラッキー(^^;
 無死1・3塁
④鈴木の時、1塁ランナー丸盗塁
 無死2・3塁
④鈴木 三振…2ー2から6球目真ん中低めボール球カーブ。三振ですか(-_-;)
 1死2・3塁
⑤松山 敬遠
 1死満塁
⑥新井見逃し三振、⑦西川三振、この回1点。…新井さんは1ー2から外角低め154㎞ストレート、西川くんは2ー2から外角154㎞つり球。う~ん、1点入ってもなかなか続かないんですよね。


(H)1回裏
①川島サードゴロ、②中村晃レフトファウルフライ…川島は2ー2から7球目内角カットボール、中村晃は2ー1から外角低めストレート。
 2死
③内川 センター前ヒット…1ー0から真ん中低めカットボール。
 2死1塁
④柳田 ストレートの四球
 2死1・2塁
⑤デスパイネ サードゴロ、この回無失点。…1ー2から外角低めボール球チェンジアップ。


(C)2回表
⑧野間レフトフライ、⑨石原セカンドゴロ、①田中見逃し三振、この回三者凡退、無得点。…野間くんは初球外角つり球、石原は1ー2から外角低め152㎞ストレート、川島ダイビングキャッチ、田中くんは1ー2から内角153㎞ストレート。


(H)2回裏
⑥上林見逃し三振、⑦松田ショートゴロ、⑧市川ライトフライ、この回三者凡退、無失点。…上林は2ー2から外角低めカットボール、松田は初球内角低めカーブ、市川は2ー2から6球目外角チェンジアップ。


(C)3回表
②菊池セカンドゴロ、③丸三振…菊池は1ー2から6球目外角低めボール球カーブ、丸は1ー2から5球目外角高め153㎞ストレート。
 2死
④鈴木 左中間スタンドへホームラン ソ0-2広。…1ー1から内角ストレート。これはいいところでの追加点。
 2死
⑤松山 ファーストゴロ、この回1点。…1ー0から外角高めチェンジアップ。


(H)3回裏
⑨川瀬サードゴロ、①川島サードゴロ、②中村晃ショートゴロ、この回三者凡退、無失点。…川瀬は初球外角高めカットボール、川島は1ー1から真ん中低めカーブ、中村晃は1ー1から外角ストレート。


(C)4回表
⑥新井三振、⑦西川センターフライ、⑧野間三振、この回三者凡退、無得点。…新井さんは2ー2から8球目外角低めボール球ストレート、西川くんは初球真ん中低めチェンジアップ、野間くんは1ー2から7球目外角154㎞つり球。


(H)4回裏
③内川 レフトフライ…フルカウントから真ん中低めチェンジアップ。
 1死
④柳田 センター前ヒット…初球内角カーブ。
 1死1塁
⑤デスパイネ ショートゴロ、ランナー2塁へ。…2ー0から内角カットボール。
 2死2塁
⑥上林 ショートゴロ、この回無失点。…1ー2から真ん中高めストレート。凌ぎました。


(C)5回表
⑨石原三振、①田中ピッチャーゴロ、②菊池三振、この回三者凡退、無得点。…石原は2ー2から外角高め151㎞ストレート、田中くんは初球外角低めチェンジアップ、菊池は1ー2から外角低め155㎞ストレート。


(H)5回裏
先頭⑦松田 死球
 無死1塁
⑧市川 送りバント
 1死2塁
⑨川瀬三振、①川島キャッチャーファウルフライ、この回無失点。…川瀬は2ー2から外角低めボール球スライダー、川島は2ー1から真ん中低めチェンジアップ。ジョンソン、5回まで無失点。


(C)6回表
先頭③丸 四球…丸が出ました。
 無死1塁
④鈴木 セカンドフライ…1ー1から内角ストレート、ランエンドヒット。
 1死1塁
⑤松山の時、丸盗塁…チャンス。
 1死2塁
⑤松山 セカンドゴロ、ランナー3塁へ。…2ー1から真ん中低めカーブ。
 2死3塁
⑥新井 ファーストゴロ、この回無得点。…0ー2から外角高め153㎞ストレート、内川スライディングキャッチ。


(H)6回裏
先頭②中村晃 センター前ヒット…1ー1から外角スライダー。
 無死1塁
③内川 四球…追い込んだんですが。
 無死1・2塁
④柳田 四球…う~ん、これも追い込んだんですが(-_-;)
 無死満塁
⑤デスパイネ センターへ犠牲フライ、ソ1-2広。…フルカウントから内角高めボール球カットボール。
 1死1・2塁
⑥上林 ピッチャーゴロゲッツー、この回1失点。…2ー2から7球目外角高めカットボール。


(C)7回表
⑦西川ショートゴロ、⑧野間ピッチャーゴロ…西川くんは1ー2から外角高め151㎞ストレート、野間くんは1ー2から5球目外角低めカーブ。
 2死
⑨石原 センター前ヒット…1ー2から真ん中低め154㎞ストレート。
 2死1塁
①田中 セカンドライナー、この回無得点。…初球真ん中低め151㎞ストレート。


(H)7回裏、投手今村(C)。
⑦松田 ショートゴロ…2ー2から7球目外角低めボール球スライダー。
 1死
⑧市川 レフト前ヒット…フルカウントから外角高めスライダー。今日は珍しくスライダーを使いますね。
 1死1塁
⑨川瀬 三塁線へセーフティバント
 1死1・2塁、①川島に代打長谷川勇、代走甲斐。
①長谷川勇 ライト前同点タイムリーヒット、ソフトバンク同点、ソ2-2広、1塁ランナー3塁へ。…1ー0から外角低めスライダー。う~ん、スライダーですか。
 1死1・3塁、1塁ランナー長谷川勇に代走高田。
②中村晃 ライトへ勝ち越しの犠牲フライ、ソフトバンク勝ち越し、ソ3-2広。…3ー1から真ん中高めスライダー。
 2死1塁
③内川 レフトスタンドへ2ランホームラン、ソ5-2広。…初球真ん中つり球。万事休す(-_-;)
 2死
④柳田 三振、この回4失点。…フルカウントから8球目内角低めボール球フォーク。


(C)8回表、投手加治屋(H)。③内川に代わりレフト福田、①川島の代打長谷川勇の代走高田そのままセカンド、レフト中村晃がファースト、⑧市川の代走甲斐そのままキャッチャー。
②菊池 三振…1ー2から5球目真ん中ワンバウンドのフォーク(-_-;)
 1死
③丸 センター前ヒット…2ー2から外角ストレート。
 1死1塁
④鈴木 ライト前ヒット…初球ど真ん中ストレート。
 1死1・2塁
⑤松山三振、⑥新井セカンドゴロ、この回無得点。…松山は2ー2から7球目内角ワンバウンドのフォーク、新井さんは0ー2から外角高めストレート。松山はあれは振ってはいけません(-_-;)


(H)8回裏、投手中田(C)。
先頭⑤デスパイネ レフトスタンド上段へホームラン、ソ6-2広。…1ー1から内角高めシュート。ものすごい当たり(^^;
 無死
⑥上林ライトフライ、⑦松田三振、⑧甲斐三振、この回1失点。…上林は0ー1から内角スライダー、松田は1ー2から真ん中高め148㎞ストレート、甲斐は1ー2から外角ストレート。中田くん、いいですよ。


(C)9回表、投手森(H)。④柳田に代わりレフト塚田、レフト福田がライト。
⑦西川フルカウントから内角カットボールにショートゴロ、⑧野間フルカウントから7球目外角高めストレートに三振、⑨石原の代打會澤1ー2から真ん中低めカットボールに三振、この回三者凡退、無得点、ゲームセット。


ソフトバンク 対 広島 (2回戦 ソ2勝0敗0分 14時01分 ヤフオクドーム 38530人)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
C 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2
H 0 0 0 0 0 1 4 1 X 6
勝 バンデンハーク 11試合5勝5敗
敗 今村 23試合2勝1敗
ホームラン 鈴木8号(バンデンハーク) 内川4号②(今村) デスパイネ14号(中田)

【広島】
      打 安 点 打率 本
① 6 田中  4 1 0 .271 3
② 4 菊池  3 0 0 .250 7
③ 8 丸   3 1 0 .290 7
④ 9 鈴木  4 2 1 .301 8
⑤ 3 松山  3 0 0 .301 6
⑥ D 新井  4 0 0 .228 3
⑦ 5 西川  4 0 0 .246 1
⑧ 7 野間  4 0 0 .326 3
⑨ 2 石原  3 1 0 .195 1
打 会沢  1 0 0 .338 6
計     33 5 1 .254 61
残塁7、併殺1

【ソフトバンク】
      打 安 点 打率 本
① 4 川島  3 0 0 .265 2
打 長谷川勇
      1 1 1 .333 0
走 4 高田  0 0 0 .167 2
②73中村晃 3 1 1 .295 5
③ 3 内川  3 2 2 .236 4
 79福田  0 0 0 .293 2
④ 9 柳田  2 1 0 .347 16
  7 塚田  0 0 0 .310 2
⑤ D デスパイネ
      3 1 2 .228 14
⑥ 8 上林  4 0 0 .274 9
⑦ 5 松田  3 0 0 .216 14
⑧ 2 市川  2 1 0 .261 2
走 2 甲斐  1 0 0 .237 4
⑨ 6 川瀬  3 1 0 .231 0
計     28 8 6 .254 83
残塁5、併殺0

【広島】
    試 勝 敗 S 回 球 安 三 四 自 防御
ジョンソン
    10 4 2 0 6 96 3 2 4 1 3.09
今村  23 2 1 0 1 30 4 1 0 4 3.48
中田  10 0 1 0 1 13 1 2 0 1 18.41

【ソフトバンク】
    試 勝 敗 S 回 球 安 三 四 自 防御
バンデンハーク
    11 5 5 0 7 108 3 9 3 1 4.73
加治屋 32 1 0 0 1 21 2 2 0 0 1.91
森   27 0 2 14 1 17 0 2 0 0 3.70

◇盗塁 丸(1回)丸(6回)
◇失策 川島(1回)
◇試合時間 2時間55分


◇広島、逆転負けで今季初の5連敗 4年ぶりの交流戦負け越しが確定 6/16(土) 16:56配信 ベースボールキング

○ ソフトバンク 6 - 2 広島 ●
<2回戦・ヤフオクドーム>

 ソフトバンクが、7回に一挙4点を奪い逆転勝ち。広島は7回に登板した今村が1回4失点と崩れ、今季初の5連敗。4年ぶりの交流戦負け越しが決まった。

 広島は初回、敵失で幸先よく先制。3回には4番鈴木が8号ソロを放ち2-0とした。投げては、先発・ジョンソンが好投。6回を犠牲フライによる1失点に抑え、勝利投手の権利を持って降板した。

 しかし1点リードの7回、2番手の今村が、一死から3連打を許し同点に追いつかれた。さらに右腕は、2番中村晃に勝ち越し犠飛を許したあと、3番内川には4号2ランを浴びた。8回には3番手・中田も被弾。終盤の2イニングで5点を失った。

 広島は2015年の交流戦を9勝9敗の5割で乗り切り、リーグを連覇した16年以降は、11勝6敗1分、12勝6敗と2年連続の勝ち越し。しかし3連覇を目指す今季は、これで6勝10敗。あと2試合を残し、負け越しが決まった。


☆先発が抑えたと思ったら、今度はリリーフですか。


◇緒方監督、3年ぶり5連敗「切り替えてやるだけ」 6/16(土) 17:44配信 日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク6-2広島>◇16日◇ヤフオクドーム

 広島が逆転負けし、3年ぶりの5連敗となった。1回に敵失で先制し、3回は鈴木の8号ソロで2点目。先発ジョンソンは6回1失点でまとめて7回から継投に入ったが、2番手の今村が4失点で逆転を許した。この敗戦で交流戦は6勝10敗となり、負け越しが決まった。緒方孝市監督の談話は以下の通り。

 -逆転負け

 緒方監督 切り替えてやるだけ。連敗しているし、明日また全員で連敗を止めて、しっかりした戦いができるようにする。

 -ジョンソンが好投

 緒方監督 粘り強く投げてくれた。前回も良かったしね。


☆打線も2点は取ったものの、ストレートをほとんど捉えられず。


◇【広島】3年ぶり5連敗で交流戦4年ぶりの負け越し決定 高ヘッド「何とか止めたいね」 6/16(土) 17:39配信 スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク6―2広島(16日・福岡ヤフオクドーム)

 広島が15年4月以来、3年ぶりの5連敗を喫し、4年ぶりの交流戦負け越しが決まった。1点リードの7回からマウンドに上がった2番手・今村が代打・長谷川勇の適時打、中村晃の右犠飛、内川の4号2ランで一挙4点を失い、逆転を許した。

 打線もバンデンハークから2点を奪ったものの、3安打しか打てず9三振。交流戦に入り、相手先発が外国人投手のゲームは6戦全敗となった。

 投打の歯車がかみ合わず、最大12あった貯金も6まで減った。高ヘッドコーチは「簡単ではない相手(バンデンハーク)から、よく先制はできたけど、追加点が取れなかった。明日、何とか止めたいね」と連敗脱出を誓った。


☆ジョンソンは6回、際どいところが外れ始め、1点を失います。


◇広島・ジョンソン 来日40勝は次回へ持ち越し 6/16(土) 18:33配信 デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク6-2広島」(16日、ヤフオクドーム)

 広島のクリス・ジョンソン投手が来日40勝を逃した。勝てば球団の外国人投手ではバリントンと並ぶ最多勝利数だったが、次回登板へ持ち越しになった。

 初回から制球力に安定感があり、持ち味の打たせて取る投球でアウトを重ねた。先頭の松田を死球で出塁させた五回は後続を打ち取り無失点。2-0の六回は、無死満塁の大ピンチを1失点で切り抜けた。

 6回96球を投げ3安打1失点で今村にバトンタッチ。だが、七回に逆転されたため勝利投手の権利が消えた。勝ち星こそ逃したものの「非常に良い投球内容だった。ゴロアウトがたくさん取れたし、球数を少なくした投球ができた」と振り返った。緒方監督は「粘り強く投げてくれた」と話した。


☆コメントでも頂きましたが、今村くんは、連敗で登板間隔が開いたのが影響するという、悪循環。最近の今村くんはスライダーをあまり使ってなかったのですが、今日はスライダーが多かった。この辺は石原が、今村くんの調子が今ひとつということで、スライダーも球種に加えたのかも知れません。


☆今村くんが4点取られたところなんて、見たことありましたっけ。


◇広島、交流戦負け越し 3年ぶり5連敗、攻撃陣にも陰り 6/16(土) 20:16配信 朝日新聞デジタル

(16日、プロ野球交流戦 ソフトバンク6―2広島)

 連敗が5に伸びた。広島は故障でエース格の野村を、不振で昨季15勝の薮田、成長株の中村祐を欠く。苦しむ投手陣をもり立ててきたのは攻撃力。そこにまで陰りが見える。

 昨季のパ王者相手に前夜は零封負け。この日は一回に敵失で先制した後、なお無死二、三塁から鈴木が三振。満塁となり、新井と西川も三振に倒れた。重いムードで進み、七回に救援の今村が逆転された。三振は2試合連続で13を数え、迎打撃コーチは「力負けしたということ」。

 5連敗は2015年4月に7連敗した時以来だ。連覇した過去2年は一度もなく、その間、大きく勝ち越した交流戦の負け越しも決まった。高ヘッドコーチは「手ごわい相手が多く、こういう結果になっている」。交流戦前の2位とのゲーム差は4。ヤクルトをのぞくセ球団の体たらくで立ち位置がほぼ変わっていないのは救いだが、広島のこんな姿は珍しい。(竹田竜世)


     ◇

 ●緒方監督(広) 3年ぶりの5連敗。「明日、全員で連敗を止めて、しっかりとした戦いが出来るようにする」

 ●今村(広) 1点リードの七回に救援し、4失点。「うまくいかなかった。切り替えて明日勝てるようにやりたい」

 ●新井(広) 一回1死満塁で三振に倒れるなど無安打。「悔しいね。ここをなんとか踏ん張らないと」

 ●迎打撃コーチ(広) 2試合連続で13三振を喫する。「強い真っすぐを打ち返せていない。力負けしたということ」


☆打線は、13三振ですか。


◇広島 5連敗阻止へ敵失で先制 6/16(土) 14:39配信 デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク-広島」(16日、ヤフオクドーム) 4連敗中のカープがラッキーな形で先制点をゲットした。

 初回無死一、二塁から丸の強烈な打球を二塁・川島が失策。ボールが転々とする間に二走・田中が本塁を駆け抜けた。

 その後も1死満塁と好機は続いたが、新井、西川が連続三振に倒れ1点止まりだった。


◇広島鈴木誠也「いい反応で打てた」内角振り抜き1発 6/16(土) 15:36配信 日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク-広島>◇16日◇ヤフオクドーム

 4連敗中の広島が先手を奪った。鈴木誠也外野手(23)が3回、8号ソロを放った。

 1点リードの3回。2死からソフトバンク先発バンデンハークの内角球に左肘をたたみながらコンパクトにバットを振り抜き、左中間席へ運んだ。

 「インサイドのボールに対して、いい反応で打つことが出来ました。追加点につながって良かったです」。3試合ぶり1発で広島先発ジョンソンを援護した。


☆ま、154~5㎞とかになると、150㎞あたりとはまた違うんでしょうね。8回の松山は、あのワンバウンドは振ってはダメ。膝元は弱点ではあるのですが、ボールの軌道は始めからボール気味だったので、あれは我慢しなければ、可能性はありません。


◇広島・新井 5連敗に言葉を絞り出す「何とか踏ん張らないと」 6/16(土) 18:37配信 デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク6-2広島」(16日、ヤフオクドーム)

 広島・新井が悔しさをにじませた。初回、前の打者・松山が申告敬遠され、1死満塁の好機に打席に立ったが見逃し三振。その後も快音を響かすことができず、4打数無安打2三振に終わった。

 試合後は「悔しいね。何とかしたかった」と唇をかみ、チームの5連敗に「ここで何とか踏ん張らないと」と言葉を絞り出した。


☆緒方監督の「また切り替えて」というコメントは、連敗が続くと紋切り型のように聞こえますが、引きずったところで、次の試合も結果が悪くなるだけ。野球はメンタルのスポーツですから、ちょっとでも余計なことを考えていると、コンマ何秒のズレが出たり、集中できなかったりします。


☆そして、明日も試合がある。落ち込んでる暇はありません。重苦しくても、調子が悪くても、試合するのが嫌でも(笑)、明日にはまた試合がある。それが、プロ。


☆で、もう言っちゃいますが、ようやく勝ちましたよ、第3戦。ファンの皆さま、おめでとうございます(笑)。ファンも選手もしんどかったですが、ナインは頑張ってくれました。まだまだシーズン半ば、これからも苦しい戦いが続くと思いますが、苦しい時こそ、選手が頑張れるように、ファンとしてはしっかり応援したいな、と。


☆当ブログによくコメントを下さるひろみさんは、K.Oに「諦めないこと」を教えて下さいました。連敗が続くとついつい落ち込んでしまいがちですが、そういう時こそ、諦めない強い気持ちが必要なんだと思います。


☆そこでどれだけ踏ん張れるか、頑張れるか。そこでその人の真価が問われるんだと思います。




◇交流戦

▽日本ハム 2 - 1 ヤクルト (2回戦 F2-0 札幌ドーム)
 日本ハムが4連勝。日本ハムは1点ビハインドの3回裏、近藤のソロで同点とする。そのまま迎えた8回には、横尾のソロが飛び出し、勝ち越しに成功した。投げては、5番手・トンキンが今季3勝目。敗れたヤクルトは、最終回に一打逆転の好機をつくるも、あと1本が出なかった。
勝 トンキン 3勝1敗12S
敗 中尾 5勝2敗0S
セーブ 有原 4勝2敗2S
本塁打 [日本ハム] 近藤8号(3回裏ソロ) 横尾6号(8回裏ソロ)

▽楽天 1 - 2 阪神 (2回戦 E0-2 楽天生命パーク)
 阪神は1点ビハインドの9回表、中谷の適時二塁打で同点とする。さらに1死一三塁の好機をつくると、代打・高山の適時打が飛び出し、勝ち越しに成功した。投げては、2番手・桑原が今季初勝利。敗れた楽天は、先発・則本が8回まで無失点に抑えるも、9回につかまった。
勝 桑原 1勝1敗0S
敗 則本 4勝7敗0S
セーブ 藤川 1勝1敗1S

▽西武 9 - 2 中日 (2回戦 L2-0 メットライフ)
 西武は3回裏、森の適時打などで2点を先制する。その後同点を許すも、5回に外崎のソロで勝ち越すと、6回には森のグランドスラムが飛び出し、リードを広げた。投げては、先発・カスティーヨが7回2失点の好投で今季5勝目。敗れた中日は、投手陣が振るわなかった。
勝 カスティーヨ 5勝4敗0S
敗 ガルシア 7勝3敗0S
本塁打 [西武] 外崎9号(5回裏ソロ) 森5号(6回裏満塁)

▽ロッテ 1 - 0 巨人 (2回戦 M1-1 ZOZOマリン)
 ロッテが投手戦を制した。ロッテは1回裏、1死三塁の好機から中村の内野ゴロの間に先制点を挙げる。投げては、先発・ボルシンガーが9回無失点の来日初完封で今季8勝目。敗れた巨人は、先発・田口が8回1失点と好投するも、打線が4安打無得点と援護できなかった。
勝 ボルシンガー 8勝1敗0S
敗 田口 2勝4敗0S

▽オリックス 0 - 1 DeNA (2回戦 B1-1 京セラドーム大阪)
 DeNAが接戦を制した。DeNAは両軍無得点のまま迎えた延長11回表、2死二塁の好機をつくると、神里の適時三塁打が飛び出し、試合の均衡を破る。投げては、4番手・三嶋が今季4勝目。敗れたオリックスは、打線が散発の3安打無得点と振るわなかった。
勝 三嶋 4勝0敗0S
敗 近藤 2勝2敗0S
セーブ 山崎 1勝1敗14S


☆セ・リーグは、阪神・DeNAが勝利。


順 チーム名 試 勝 敗 引 勝率 差
① ヤクルト 16 11 5 0 .688 ー
② 西武   16 10 6 0 .625 1
③ オリクス 16 10 6 0 .625 0
④ ソフバン 16 10 6 0 .625 0
⑤ 日本ハム 16 9 7 0 .563 1
⑥ ロッテ  16 9 7 0 .563 0
⑦ 巨人   17 8 9 0 .471 1.5
⑧ DeNA 15 7 8 0 .467 0
⑨ 阪神   15 6 9 0 .400 1
⑩ 広島   16 6 10 0 .375 0.5
⑪ 中日   17 6 11 0 .353 0.5
⑫ 楽天   16 4 12 0 .250 1.5


☆日本ハム戦を取れば、8勝10敗。7勝11敗とは随分違います。


順 チーム  試 勝 負 分 勝率 差
① 広島   61 33 27 1 .550 ー
② 阪神   59 29 30 0 .492 3.5
③ DeNA 59 28 29 2 .491 0.0
④ 巨人   63 30 32 1 .484 0.5
⑤ ヤクルト 60 28 31 1 .475 0.5
⑥ 中日   64 28 35 1 .444 2.0


◇【16日のプロ野球公示】ソフトバンクが内川、笠谷を登録、千賀、城所を抹消 阪神が藤浪を抹消 6/16(土) 12:05配信 ベースボールチャンネル

 日本野球機構(NPB)は16日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。

<セ・リーグ>
【登録】
広島 投手 中田廉
巨人 投手 S. アダメス
ヤクルト 投手 山中浩史

【抹消】
広島 投手 一岡竜司
阪神 投手 藤浪晋太郎
ヤクルト 投手 村中恭兵

※6月26日以後でなければ出場選手の再登録はできません。

<パ・リーグ>
【登録】
ソフトバンク 投手 笠谷俊介
ソフトバンク 内野手 内川聖一
楽天 内野手 西巻賢二

【抹消】
ソフトバンク 投手 千賀滉大
ソフトバンク 外野手 城所龍磨
楽天 内野手 Z. ウィーラー

※6月26日以後でなければ出場選手の再登録はできません。


☆中田くん、上がってきましたね。


◇広島・中田 投壊立て直しへ1軍昇格「いい結果を出したい」 6/16(土) 13:58配信 デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク-広島」(16日、ヤフオクドーム)

 広島の中田廉投手が16日、1軍昇格した。

 今季は中継ぎの一角と期待されたが5月6日に2軍降格。ファームでは9試合に登板し、防御率2・00と復調していた。キャッチボールなどで調整した右腕は「真っすぐをしっかり投げきれるようになった」と手応えを明かし「2軍でやってきたことを出せるようにしたい。元気を出して、いい準備をしていい結果を出したい」と意気込んだ。

 代わって一岡が出場選手登録抹消された。


☆デスパイネに一発浴びましたが、調子は良さそうですよ。一岡くんが降格しましたが、彼と2人でまたブルペンを支えてほしいですね。


◇6月17日(日)の予告先発投手

○北海道日本ハムファイターズ
加藤 貴之
10試合3勝5敗 防御率4.73 WHIP1.29
対S 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -
 VS (札幌ドーム 14:00)
○東京ヤクルトスワローズ
小川 泰弘
5試合2勝2敗 防御率3.86 WHIP1.52
対F 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -

○東北楽天ゴールデンイーグルス
美馬 学
8試合0勝6敗 防御率5.40 WHIP1.52
対T 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -
 VS (楽天生命パーク 13:00)
○阪神タイガース
才木 浩人
3試合1勝1敗 防御率3.75 WHIP1.42
対E 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -

○埼玉西武ライオンズ
榎田 大樹
8試合5勝1敗 防御率2.56 WHIP1.05
対D 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -
 VS (メットライフ 13:00)
○中日ドラゴンズ
松坂 大輔
7試合3勝3敗 防御率2.41 WHIP1.29
対L 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -

○千葉ロッテマリーンズ
酒居 知史
5試合1勝1敗 防御率7.36 WHIP1.68
対G 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -
 VS (ZOZOマリン 14:00)
○読売ジャイアンツ
内海 哲也
3試合1勝0敗 防御率2.55 WHIP1.02
対M 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -

○オリックス・バファローズ
田嶋 大樹
10試合5勝3敗 防御率4.18 WHIP1.34
対DB 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -
 VS (京セラD大阪 13:00)
○横浜DeNAベイスターズ
今永 昇太
4試合1勝3敗 防御率9.00 WHIP2.12
対Bs 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -

○福岡ソフトバンクホークス
中田 賢一
11試合4勝2敗 防御率3.25 WHIP1.32
対C 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -
 VS (ヤフオクドーム 13:00)
○広島東洋カープ
九里 亜蓮
11試合1勝2敗 防御率3.95 WHIP1.50
対H 0試合0勝0敗 防御率 - WHIP -


P.S. 今日もアクセス・クリックを頂きました。本当にありがとうございます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

ko01_coda

プロ野球ニュース
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ